2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

40年代中盤の米艦隊の防空網を突破できる?

1 :名無し三等兵:02/07/14 19:06 ID:YqOwaej4
昭和18〜20年頃の米海軍艦隊防空を突破するにはどうすれば
よいのでしょう。

ピケット艦などによる早期警戒システム
航空管制によって艦隊のはるか前方で行われる迎撃戦闘
CICによる統一された艦隊防空
近接信管や5インチ両用砲・40mmなどの防空火器の充実
駆逐艦の大量生産による護衛艦の充実

日本海軍はこの時期には戦力をすり減らしていたので、
この防空網を突破できませんでしたが、日本に限らず、
突破するとしたら、どのような戦法が考えられるでしょうか。

米軍がこのような艦隊に攻撃をかけるとしたらどうするか、など
あくまで、思考実験として、考えてみませんか。

前提条件として、
・目標はマリアナ海戦時の米艦隊ぐらいを想定。
・ある程度の航続距離をもって海上作戦を行えるようなジェット機は
 実用化されていない。
 したがって戦闘機で最高速度700Km/hくらいまで、艦上攻撃機
 (爆撃機)は最大で搭載量2t程度まで
・電子兵装は上限を米軍程度にする。初歩的なジャミングやチャフ程度。
 遠洋なので陸上設備の支援は当てにできない(航法支援くらいならできる)
・潜水艦は水上20kt前後・水中8kt程度。水中高速潜は量産されていない。
・航空機の全天候能力は専用型に改修された一部の機体があるだけで、
 特に艦載機に関しては極わずか。
・作戦海域等は制限なし
こんな感じでしょうか。別にこれが絶対のルールってわけではありません。


2 ::02/07/14 19:07 ID:YqOwaej4
で、叩かれ台として考えてみました。
・数派に渡って攻撃を繰り返し、ピケット艦や護衛艦をすこしずつ
 削る

 これは、、、迎撃されることを考えると、相当戦力差がないと
辛いですね。陸上基地群との連携しだいでしょうか。


・低空侵攻
 1回は使えるでしょうが、ピケット艦を増やされると辛いですね。
 見つかってしまったら、上からかぶられておしまい。

・夜間攻撃
 投入できる戦力が少なく、嫌がらせはできても致命的なダメージは
 与えられそうにないですね。


むむむ、結局、こちらも防空能力を増して、航空兵力をお互いにすりつぶした
あと、水上戦闘に持ち込む、っていう仮想戦記お得意のパターンぐらいしか
思いつかないです。。。。

3 :名無し三等兵:02/07/14 19:11 ID:???
>>1は四迷

4 :名無し三等兵:02/07/14 19:16 ID:???
矢張り戦力を集中させて飽和攻撃をかけるしかないのではないか。

5 :名無し三等兵:02/07/14 19:41 ID:???
単発質問は初心者スレでお願いします
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1026427445/

6 :名無し三等兵:02/07/14 19:47 ID:???
@アルミ箔で表面を覆った風船を大量に作る
A米艦隊の風上はるかにこの風船を満載した陸攻を飛ばして散布
B米側レーダーに無数に輝点発生(夜間ならなお効果あるかも?)
C米機はこの方向に迎撃を集中する・・・この隙を突く

・・・駄目?

7 ::02/07/14 20:05 ID:???
>>4
あの規模の艦隊に飽和攻撃ですか、、、
でも、結局それしかないかも、、、、、、、

>>5
質問じゃなくて、考えてみませんか?って意図なんですが、
書き方悪かった?

>>6
飛行速度でバレバレのような気が、、、
本物の攻撃隊の規模はどれくらいを考えてます?


8 :名無し三等兵:02/07/14 20:15 ID:JyY/7vKe
戦法
1.大量の特攻機 −> つまり「誘導ミサイル」による飽和攻撃
2.場合によって、対艦ミサイル(フリッツX)使用。ただし敵戦闘機と電波妨害に弱い
3.後は >>2 の「水上戦闘」・・・。

・・・そもそも日本機は、主に何にやられたのか?。敵戦闘機か?、対空砲火か?。
それとも敵戦と対空砲に、半々でやられたのか?。それによって対策も変わって来ると思う

9 :名無し三等兵:02/07/14 20:18 ID:???
>>9
モー○ング編集部

10 :名無し三等兵:02/07/14 20:19 ID:???
自己紹介ご苦労

11 :名無し三等兵:02/07/14 20:29 ID:???
日本は妄想の働く余地もなくダメダメだったので
せめてドイツだったらどうするか、などと考えてみる・・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

Ar234だ!!!

12 :七試三等兵:02/07/14 20:30 ID:???
1.空母の搭載機を全て戦闘機にして、数百機の戦闘機で敵戦闘機隊を撃滅
 撃滅出来なくても、全力出撃した敵戦闘機隊は補給の為、着艦する。
 それで一時的に敵艦隊上空の直援隊が減る。
2.後方の島に待機させておいた攻撃隊を空母に進出させ攻撃。
 目標は敵輪形陣外周部の駆逐艦。輪形陣外周部なら対空火力も比較的薄い。
3.駆逐艦を減らした所で、潜水艦を集中して大艦を攻撃。

13 :名無し三等兵:02/07/14 20:38 ID:???
>>12
1.2.はともかく3.の潜水艦集中って、ドン亀に機動部隊を追いかけさせるんですか?

14 :名無し三等兵:02/07/14 20:38 ID:???
洋上に出られたら手におえないので、泊地で動けないところを攻撃。
長距離攻撃機による夜襲、小型潜による侵入雷撃、もしくは体当たり。

…って、帝國海軍が試みて失敗してるもんばっかやぁぁ。

15 :名無し三等兵:02/07/14 20:41 ID:???
>>6
>@アルミ箔で表面を覆った風船を大量に作る

別に風船じゃなくても・・・・・
艦攻にでものっけて機動部隊への突入寸前にバラ蒔けば
VT信管ぐらいなら誤魔化せそうだな


16 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/07/14 20:58 ID:???
一応、マジレス。やや貧乏くさいし、撃滅は望めないけど。日本のケースでね

まず、第1段階として夜間攻撃を掛けます。使用機は瑞雲水爆と零式三座水偵の
コンビ。零式水偵に吊光弾を搭載し、瑞雲はピケット艦攻撃。瑞雲の夜間攻撃は
史実でも行われていますので、そんなに無茶じゃないでしょうて。

→理由・両機とも2000キロクラスの航続距離がある。水上機は航法の問題をクリ
アしやすい。被弾時の不時着確率が通常機よりは高い。いかに米機動部隊といえ
ども、この当時の夜間防空能力は限定的。

この攻撃によって、レーダー網に極力、穴を開けた上で通常攻撃を仕掛けます。
この際は多方面からの同時攻撃を追求すること。VT信管の特性を考慮し、編隊は
可能な限り、散会して攻撃する。
参加機は零戦、彗星、天山など単発機とします。

→理由・小型機のため、被弾面積が小さい(大型機は頑丈でしぶといという論法
は日本機の場合、必ずしも通用しない)。

まあ、ほんのちょっとはマシになるかもという程度の案だけどね

17 :名無し三等兵:02/07/14 21:20 ID:JyY/7vKe
じゃ米軍機が米艦隊に攻撃を加えたらどうなるかな・・・相打ち?

18 :名無し三等兵:02/07/14 21:27 ID:???
にゃっぱ、ソ連式回答の対艦ミサイルしかないような…

19 :(-_-(-_-):02/07/14 22:14 ID:???
**********************************************************************
昭和13年夏、八幡鐵鋼所で貧弱な実験設備を前に首をかしげる八木博士一同が居た
**********************************************************************

幾度の海空戦でその有効性を証明したレーダーを、艦隊システムとして
他国の追随を許さぬ程完成しつつあった米国艦隊。

お家芸の夜戦を電子の目に封じられ、同程度の電探がドウしても完成出来ない
日本海軍。

20:1の国力/生産力にモノを言わせ繰り出した膨大な艦艇/航空きで米国海軍は、
玉砕の島々を作りだし絶対国防圏に迫りつつあった。

**********************************************************************
**********************************************************************

≪カン良い人≫ならピン!!と来てるでしょうが、レーダーにヨッカかってる、
米軍はレーダーが不能になった時*ウロ*が出ます。
当時それを可能とする糸口は、≪酸化鉄≫
昭和19年か20年頃、日本海軍の実験中のレーダーに戦艦の主砲が映らなかった事が、
有ったそうです。

仮想戦記風に書こうと思ったのですが、疲れて来たので止めマシタ m(__)m

20 :00:02/07/14 22:41 ID:86Tio2rk
日本人名人級ベテランが十分居たとして
あの当時の技術で、夜間低空進入でき
ました?

21 :名無し三等兵:02/07/14 22:45 ID:???
VT信管を誤動作させることは可能なのかな?

22 :WW5:02/07/14 23:01 ID:a3wGzAWM
???当時タイムマシーンがあったら???

タイムマシーンで2004年に行く
アメリカの空軍基地からF−22をぱくる(10機ほど)
ついでに潜水艦、戦艦、航空母艦とF−117[50機]と、トライデントもぱくる

戻る

レーダーで敵の位置を確認しトライデントを発射!!
多分90%以上撃滅
残りの勢力をF−22で、いじめる。>敵は、逃げる
航空機の様子を見ながらF−117で爆撃
アラーの力を借りて南雲機動部隊を復活させる
未来から来た部隊をマンハッタンに送ってニューヨーカーをパニックに陥らせる

何事もなかったように南雲機動部隊が日本に帰る
勝利??




23 :名無し三等兵:02/07/14 23:05 ID:QxauDrZX
>>22

そこまでするならトライデントでワシントン狙った方が・・・・
でも歴史が変わるとF22もアイオワも手に入らないような・・・・
難しいですね>1

24 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/07/14 23:06 ID:???
>20
何も無理に低空侵入する必要はないのさ。

米軍の夜間戦闘能力はP-61を筆頭として大したものだが、艦載機に関して言えばF6Fなどに
夜戦タイプがあったとはいえ、限定的なもの。

ピケット艦狙いの侵攻ならやり方は色々あるでしょ。

っつーか、漏れの案自体、史実よりちょいマシかも? というレベルの案でしか
ない。良くも悪くも鉄壁だよ、当時の米機動部隊は。

25 :名無し三等兵:02/07/14 23:10 ID:???
史実でも電波欺瞞紙まいてから突入とかやってなかったっけ

26 :名無し三等兵:02/07/14 23:19 ID:???
超巨大陸上砲からの砲撃で対抗しよう。
これなら一度発射されてしまったら迎撃は不可能です。
射程1000kmくらいあるやつがいいなあ。
もちろんピンポイントで空母を狙えるだけの精度もあるやつね♪

27 :名無し三等兵:02/07/14 23:21 ID:???
有人SSMでいいじゃん

28 :00:02/07/14 23:23 ID:86Tio2rk
 >24
 ということは、夜間にアメリカ軍の位置を
確定できれば、打つ手はあるかもしれませんね。
 レーダー管制を、チャフ等で妨害すれば、
VT信管といえど、防空能力の効果は落ちるで
しょうし


29 :名無し三等兵:02/07/14 23:24 ID:???
竹 林 1 号 方 式 で 逝 こ う
V2にタングステン棒を詰め込むの


ぎゃわー



30 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/07/14 23:29 ID:???
個人的には太平洋戦争後期の米機動部隊に付け入る隙があったとすれば、夜間
以外にないだろうと思う。

海軍航空隊には零式吊光弾を利用した夜間攻撃法があったから(どれほど有効
なものだったかはさておき)、この路線をもっと発展させていれば特攻以外に
も戦い様があったかもね。

31 :00:02/07/14 23:33 ID:86Tio2rk
 あの当時の日本が持つ技術で、どんな機体と
兵器があれば、良かったのだろうか・・・・・
 ギャグだけど、
 航続距離と搭載量を犠牲にする代わり、
打たれ強さと、スピードがある4発爆撃機を作る
とともに、有線型誘導弾(コストが高いけど
作るには作ったはず)を開発する。
 でダメ??


32 :名無し三等兵:02/07/14 23:36 ID:???
>>14と言い、夜間攻撃荒天時攻撃(T部隊)と言い、欺瞞紙散布と言い、当時の聯合艦隊の
やり口って、決して的外れじゃなかったんだなあ。

…実施部隊の力量が枯渇し尽くしてたんで、結果がついてきませんけど(涙

33 :00:02/07/14 23:46 ID:69OpqH92
 >32
 実施部隊の力量さえあれば、打つ手は
あったでしょうか?

34 :七試三等兵:02/07/15 00:47 ID:???
スレの趣旨から外れるが、米艦隊に「勝利する」ためなら、
真正直に米機動部隊を攻撃する必要は無いんだよな。
12の戦法等使って全力で「米上陸船団」を撃滅しさえすれば、
米機動部隊は無傷でも、後退することになると思う。

35 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/07/15 00:49 ID:???
>33
沖縄戦で夜間爆撃に出動した瑞雲隊は比較的、練度が高くそれなりの戦果を挙げたようです。

もっとも、後期は練度が低い航空隊も参加したそうですが、辛かったらしい

36 :名無し三等兵:02/07/15 01:55 ID:???
夜間攻撃はそれになりに有効だけど、アレは小数機の点滴攻撃だからなりたつ
わけで、大規模攻撃を行うとそう上手くはいかないような気がする。

時間的余裕があれば、誘導弾や航跡追尾魚雷あたりの技術にかけた方がまっと
うな気がする。まぁそれも数次第だけど。

まぁ究極的には現実には、上述の方法をもっともローコストで行うために特攻
作戦が選択されるんだけど。

37 :名無し三等兵:02/07/15 17:02 ID:NuWDLKn7
>21
信管からの電波波調を解析されれば可能。
当時の開発担当者自身からの報告にアリ。

…だから陸戦主体の欧州ではギリギリまで使用禁止だったんだろね。

38 :名無し三等兵:02/07/15 21:16 ID:???
>>35
いやだから、個々の錬度じゃなくて戦力としての総合的な力量だよ。

39 :名無し三等兵:02/07/16 00:40 ID:???
米艦隊の防空網突破よりも
ガトー級から輸送船団を守る方が肝要

40 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/07/16 00:51 ID:???
>38
ゴメソ(・∀・)

瑞雲に限って言うなら運用した隊が少ないので練度も無視できないっつーことで
勘弁してちょ

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)