2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【復興】同人女の釣り方

1 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:49 ID:l+n7i0iR
1 名前:1 投稿日:01/11/05 17:49 ID:r64dtKoG
まず、車を用意します。そこにサスケ、キルア、クラピカなどの絵を書きます(貼ります)
ポイントは同人マンガ即売会会場などがポイントでしょう。
ポイントについたら餌(コスプレしたあなた)をまきます。
あとは釣れるまでひたすら待つ。

2 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:50 ID:l+n7i0iR
2 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 17:49 ID:M8PdXMAf
sage

3 名前:肉棒荒らし 投稿日:01/11/05 17:52 ID:LQlPdVji
肉棒

4 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 17:54 ID:gt3YRHV8
釣れんでいいそんなもん。
そんなもんより俺を釣れ。餌はさくらタンだ。

3 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:50 ID:l+n7i0iR

5 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 17:56 ID:SuNQqB/Q
折れはおんぷたんだな。…ハァハァ…

6 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 17:59 ID:X/ofLtUL
>>1
おれはお前さえいれば釣られるYO…(;´Д`)ハァハァ

7 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 18:01 ID:SuNQqB/Q
ここの6×1のやおい小説キボンヌ

8 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 18:02 ID:X/ofLtUL
覚悟しろよ、>>1・・・ハァハァ…ウッ

4 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:51 ID:l+n7i0iR
9 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/05 18:16 ID:a5GU9PZN
r64dtKoGの一片の無駄な肉の無いまろやかな双丘がX/ofLtULの無骨な
両手によって左右に開かれ、いまだr64dtKoG自身ですら触れた事も、
ましてやじっくりと見つめた事もない場所が露わになる。
r64dtKoGは、その部分にX/ofLtULの欲情した視線を感じ、羞恥に震え
た。
>覚悟しろよ…
そういうX/ofLtULの言葉に息をのむ間もなく、無情にもr64dtKoGの、
未だほころぶ気配を見せない、薄桃色の蕾にX/ofLtULの熱い楔が打ち
こまれた。

5 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:51 ID:l+n7i0iR
13 名前:X/ofLtUL 投稿日:01/11/05 18:31 ID:iwQ5NUot
どうだい、>>1よ…

回線切ってる間に一線超えちまったな…ハァハァ

15 名前:X/ofLtUL 投稿日:01/11/05 18:37 ID:iwQ5NUot
どこにいてもこの肉棒無しではいられないように…ハァハァ
昼夜問わず日付も分からん程に>>1をヒィヒィ言わせてやるよ…


って俺は小説化できないんだけど(w


6 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:51 ID:l+n7i0iR
27 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/07 16:59 ID:HHo6JogJ
こうなってから、もうどれぐらいの日数が経ったかr64dtKoGには分からなかった。
3〜4日のような気がするし、2週間以上経っている気もする。
窓の無いこの部屋では今が昼なのか夜なのかもわからない。
部屋には簡素なベッドひとつと片隅に便器。
終日を通して全く刺激の無いこの部屋にいると、自分が生きているのか死んで
いるのかすらも分からなくなる。
日に二回、r64dtKoGをこの牢獄に閉じ込めているドアの下から差し入れられる
簡素な食事をとっている時だけが、r64dtKoG自身が、まだこの世に生きている
と実感できる唯一の時間だった。…そして…
ガチャリと重々しい鍵を開ける音がして、この四角い牢獄にその男が入ってきた。
r64dtKoGをこの忌々しい牢獄に閉じ込めている男、そして現在のr64dtKoGに
とって、この世の全てである男。

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:52 ID:l+n7i0iR
28 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/07 17:00 ID:HHo6JogJ
X/ofLtULは口元に、冷酷な微笑みを浮かべながら、r64dtKoGの全身を舐める
ような目でじっとりと見つめた。r64dtKoGは、その瞳に促されるように自身
を包む、粗末な白い服を脱いだ。
「素直になってきたじゃないか…」
r64dtKoGの染みひとつ無かった白い裸体には、この牢獄に繋がれるように
なってから付けられた、無数の無残な紫のアザが、まるで花のように付けられた。
r64dtKoGはX/ofLtULの欲情した視線から逃れるように背中を向け、そして、
四つんばいになり、尻を向けた。
「そう…俺を誘ってみろ…よーし…いい子だな…」
数日前には、堅く、そして可憐な蕾だったr64dtKoGのその部分は、今やX/ofLtUL
にの手によって咲き誇る淫乱な花となってひくひくと、今や遅しとX/ofLtULの熱い
楔を待ち望んでいた。

8 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:54 ID:6RMktkco
29 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/07 17:00 ID:HHo6JogJ
>昼夜問わず日付も分からん程にヒィヒィ言わせてやるよ…
r64dtKoGに薬を嗅がせ、この牢獄に閉じ込め、絶望の表情に彼に言ったX/ofLtUL
の言葉。
最初はただただ苦痛なだけだった。
男の情欲を煽るだけと知らず、r64dtKoGは苦痛を訴え続けたが、回数と時間を重
ねるにつれ、その場所から快感と言う細波が広がり始め、やがてX/ofLtULの肉棒
無しではいられない身体にr64dtKoGはなっていった。

9 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:59 ID:6RMktkco
38 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/08 18:36 ID:no/GbS7p
さくら(タン)が咲き誇る頃、X/ofLtULによって奪われ、快楽という名の牢獄に
閉じ込められたr64dtKoGがようやく解放されたのは、おんぷタンもときめき、
月姫オンリーで都産貿もざわめく木犀匂う頃。
もともと身寄りも友達もなく、ひきこもりのr64dtKoGが失踪した所で、誰一人
事件として届け出る者はいなかった。

勿論今年の夏コミに行けなかったr64dtKoGは、楽しみにしていた渡辺製作所の
新作は買えなかった。
解放後初めて行ったイベント「月姫祀〜秘初〜」。
以前あれほどr64dtKoGの心を占めていたイベント、同人誌、同人ソフト…。
気がつくとそれらの表紙にある人の顔が重なっていた。
「…X/ofLtUL…」思わず、漏れるその人の名。

10 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 08:59 ID:6RMktkco
39 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/08 18:36 ID:no/GbS7p
初めての快楽、初めての熱、他人の体温。愛されているかもしれないという
甘く、そして残酷な希望。

そう、r64dtKoGは寂しかったのだ。その寂しさ故、誰かに構ってもらいたか
った故に同人板に建てたスレッド「同人女の釣り方」。
この煽りスレ、きっとヒステリーな同人女なら食い付いてきてくれるに違い
ない…。しかし、帰ってきたのは予想外に、同じ同人男達からのレスだった。
「そんなもんより俺を釣れ。餌はさくらタンだ。」
「折れはおんぷたんだな。…ハァハァ…」
そして、次のレスにr64dtKoGは目を見張った。
>>1おれはお前さえいれば釣られるYO…(;´Д`)ハァハァ」
その瞬間、r64dtKoGは自分の中から、何か熱い物がこみ上げてくるのを感じた。
全く初めての感覚。そう、数年前初めてマルチに出会った時と似たような、それ
でいてその「萌え」とは微妙に違った感覚。
r64dtKoGはその感情の名…「恋」という言葉をまだ知らない。

40 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/08 18:37 ID:no/GbS7p

ほどなくr64dtKoGは、X/ofLtULと同人板を離れて運命の出会い…出会いと
いうには余りにも乱暴で、そして残酷な再会を果たす。
それは、r64dtKoGにとって淫猥で、甘美な地獄の始まりでもあった。

11 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:00 ID:6RMktkco
42 名前:X/ofLtUL 投稿日:01/11/08 18:52 ID:SebliXfD
をや、話が進んでますな。。。ハァハァ


そうやって俺様無しではもう生きる事も死ぬ事も出来ないようになって逝くんだな、
r64dtKoGタン……心も身体もアソコも俺様でイパーイにしてやるYO…

12 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:01 ID:6RMktkco
49 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/09 17:49 ID:g0CvE/Gl
晴れて自由の身となったというのに、r64dtKoGの心は未だ縛られたままだった。
「シャネルは女性をコルセットの不自由から解放したかに見えるが、実際は美しい
体型維持を課するという、現在にまで至る新たなコルセットで女性を縛り付けてし
まった」
“同人男容姿向上計画”スレを読んでいる時に、ファッションで検索して入れた
雑学である。X/ofLtULへの気持ちを例えて言うならそういう所かもしれない。
X/ofLtULは、r64dtKoGを見えないコルセットで縛り付けてしまったのだ。

r64dtKoGは誰が待つ訳でない、六畳一間のアパートの自室に、夕食であるコンビニ
弁当の袋を下げて帰宅した。r64dtKoGを出迎える壁一面の12人の妹達。
以前なら、r64dtKoGの脳内から少女達の「兄チャマ」「兄君さま」「おにいたま」等
の声が聞こえていたはずだった。
しかし現在、少女達は微笑むばかりで何も語っては来ない。
それどころか、r64dtKoG目には12人の妹達も、はずきタンも、メテオさんも誰も映って
はいなかった。
彼の心を縛りつけるのは、彼を奪い、狂わせ、快楽の底に突き落として行った男。

13 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:01 ID:6RMktkco
50 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/09 17:50 ID:g0CvE/Gl
彼は始めからやさしくはなかった。まるでr64dtKoGの苦痛を楽しむかのようにいた
ぶり、舐り、乱暴にねじ込んでいった。
幾日もの夜を重ね、X/ofLtULの乱暴な扱いに慣れてきた頃には、苦痛は快楽となって、
新たにr64dtKoGの心を苛んで行った。

憎いはずなのに、何故こんなにも自分の心を縛り付けるのか。
r64dtKoGは電気もつけず、12人の妹達が見守る中、X/ofLtULとの行為を思い出しなが
ら自らを慰め始めた。

『…r64dtKoGタン…欲しいんだろ…さあ、どうやってねだるんだ?教えてやったろう…』
『こ…ここに…r64dtKoGの淫らなお尻に、い、入れて…欲しいにょ……!』

行為を思いだし、自らを慰めながら切ない声で、r64dtKoGは喘ぐ。
「…はにゃーん…」その瞬間、r64dtKoGはX/ofLtULを思いながら、弾けた。
壁の亞里亞と鞠絵と咲耶の顔に、r64dtKoGの白濁した液が降りかかり、伝い落ちた。

14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:01 ID:6RMktkco
51 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/09 17:51 ID:g0CvE/Gl
白濁した思いを抱えたまま、もうすっかり冷えたコンビニ弁当の袋を抱え、PCの電源
を入れ、いつものように2ちゃん同人板に繋いだ。
心臓が止まるかと思った。自ら建てたスレが上がっているのだ。
彼が、彼がいるかもしれない。r64dtKoGは震える手で「同人女の釣り方」スレをクリッ
クした。

>そうやって俺様無しではもう生きる事も死ぬ事も出来ないようになって逝くんだな、
>r64dtKoGタン……心も身体もアソコも俺様でイハ゜ーイにしてやるYO…

まるでたった今行った行為を見透かされたかようなレスに、r64dtKoGの顔は上気した。
そう、俺はもう…心も身体も、全てX/ofLtULの物なのだ。
このレス通り、X/ofLtULがいなければもう、生きる事も死ぬ事も出来やしない。
「…X/ofLtULに会いたい…」涙でモニターがぼやけて見える。
コンビニの袋にポタポタとr64dtKoGの涙が落ちていった。


15 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:03 ID:6RMktkco
57 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/12 18:10 ID:ikhF2JaE
朝と夜が逆転した生活を送っているr64dtKoGが、いつものように2ちゃんに繋げる
と同人板は冬コミの当落でにぎわっていた。
当選確実の男性向け大手の本しか買わない買い専のr64dtKoGには、全く関係の無い
話だったが、それでも今までこの時期になると
「ピコはコミケのスペースの無駄なので、今後申し込まないで下さい」
「売れない小手に存在価値は無い」などの煽りレスを入れて、その後の反応を喜ん
でいた。
ひきこもりで、友人のいないr64dtKoGにとって、唯一他人とのコミュニケーション
を図れる事の出来る瞬間だったのだ。
だが今回は煽りレスを入れる気にはならなかった。
ただただ、

>239 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 :01/11/12 16:41 ID:7YG+fSkQ
>初参加落ち。
>612xx-2xxx
>なんかくやしいよぉ
58 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/12 18:11 ID:ikhF2JaE
>247 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 :01/11/12 16:53 ID:ukU+exy8
>61***-***4 当選 通常 島中だと思う
>3回同ジャンルで落ちた後、前回初当選。
>で、今回はジャンルを変えて連続当選。

等のレスが流れて行くのをぼんやりとみつめるだけだった。
モニターを見つめているとぼんやりと浮かぶX/ofLtULの顔。
r64dtKoGはX/ofLtULに会いたくて仕方が無かった

16 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:03 ID:6RMktkco
59 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/12 18:12 ID:ikhF2JaE
しかし路上でいきなり薬を嗅がされ、目隠しをされて監禁され、快楽の道具に
され続け、更に解放の時も、ほぼ同じような状態で目隠しされ再び路上に放り
出されたr64dtKoGには、X/ofLtULの本当の名も住所も知る術はなかった。
ただ分かっているのは、X/ofLtULはこの同人板の住人であるという事。
もしかしたら、この当落スレの中で取れた・取れなかったと一喜一憂している
かもしれない。もしかしたら、そう、冬コミで再会する事ができるかもしれない。

来場数40万人のコミケでの気の遠くなるような絶望的な望みであるにも関わらず
その思いにr64dtKoGはすがりつかずにはいられなかった。
X/ofLtULのいるであろうジャンル。
r64dtKoGが監禁され、奪われ、快楽のどれみタンではなく、快楽の奴隷にされている
時、X/ofLtULは「欲しいです“にょ”と言え」「イク時は“はにゃーん”感じてい
る時は“ほええ”だ」等の萌え言葉を強要した。
手がかりはその辺りのジャンルか…。
コミケ最終日の男性向けほぼ全部をカバーしなくてはならなくなる。
更に最近の男性向け大手は、混雑解消の為、女性向けの日に分散して配置される
事が多いのだ。
r64dtKoGはますます絶望的な気持ちになった。

17 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:03 ID:6RMktkco
60 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/12 18:13 ID:ikhF2JaE
「当落か…今回、ちゃん様(`□´)はスペースを申し込んだんだろうか…?」
ちゃん様(`□´)とは某有名エロゲーでその名と人気を博した、超大手男性向け
女性同人作家の通称だ。
r64dtKoGはちゃん様(`□´)の大ファンだった。
勿論r64dtKoは、彼女のスペースでのあの傷ましく凄惨な事故に居合わせた人間の
かなり大勢の一人だった。
そして前回の夏コミの彼女の不参加に心を傷めた、かなり大勢の人間の一人だった。

彼女の不参加で夏コミの楽しみは半減だったが、結局、r64dtKoGはX/ofLtULに監禁
され、夏コミには行けなかったのだ。
彼女の不参加は、哀しい事ではあったが、ある意味そんな状況のr64dtKoGには、
慰めというか、幸いであったかもしれない。

61 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/12 18:14 ID:ikhF2JaE
あの時…列に将棋倒しされ、酸っぱい臭いをさせたうぐぅTシャツを着た、推定
120キロの男の下敷きになった時、自分を助け出してくれた手…。
あの時、殺伐とした男性向け同人男にも良いヤツはいるもんだと、凄惨な場面で
申し訳なかったが、ふと、心温かい気持ちになったもんだったな…。

……!あの手…X/ofLtULに似ているかもしれない。
すぐにr64dtKoはその考えをうち消した。バカな。あんな沢山の人間のいる場所で
そんな偶然に会う訳が……でも…。
幽かな、そして余りにもバカげた希望だった。
だが、r64dtKoはその思いにすがりつくより他なかった。
それほどまでにX/ofLtULを愛してしまったのだ。

18 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:04 ID:6RMktkco
62 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/11/12 18:15 ID:ikhF2JaE
もしそうならば、もしかしたら、ちゃん様(`□´)のスペースでなら、会えるか
もしれない。ちゃん様(`□´)のHPは閉鎖されたままで、今回申し込んでいる
かどうかも分からない。
更にその助け出してくれた男は本当にX/ofLtULだったのか。
「…かもしれない」の連続で全く確信のない無謀な賭けにr64dtKoは出ようとして
いた。

19 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:04 ID:6RMktkco
64 名前:X/ofLtUL 投稿日:01/11/13 17:14 ID:0Ma8ffSR
>しかし路上でいきなり薬を嗅がされ、目隠しをされて監禁され、快楽の道具に
>され続け、更に解放の時も、ほぼ同じような状態で目隠しされ再び路上に放り
>出されたr64dtKoGには、X/ofLtULの本当の名も住所も知る術はなかった。

俺めちゃめちゃ鬼畜ですな。つーか人でなし。(w


初めから全部仕組んであったんだよ、r64dtKoタン…
俺様だけを追いかけて求め続けるように…
仕込んだのはユーの身体だけじゃなかったのさ…

…ネタフリ

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:05 ID:6RMktkco

79 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:01/12/04 00:43 ID:Ht+56USc
暇っていうか…

病気orキティ?

21 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:05 ID:l+n7i0iR
140 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/01/23 15:16 ID:02A9847A
>暇っていうか…
>病気orキティ?
もう日もとっぷりと暮れ、雨さえ降ってきたというのに傘もささずにぼんやりとr64dtKoG
は、その店の前にたたずんでいた。
その店の名は「寅-books」。最近全国にも展開し始め、
「貴方の中古同人誌売ります買います・貴方のサークル同人誌・委託販売致します」
と声高に宣伝し、その買取の高さから一挙に業界トップに上り詰めた男性向け同人誌
専門店である。
Ht+56UScはその店の店員であり、そしてアキバ店・店長でもあった。
店はもうとっくに閉店の時間を過ぎている。Ht+56UScは店のシャッターを下しながら面
倒くさそうにr64dtKoGに声をかけた。
「ここんとこ毎日毎日閉店までうちの店にいるけど、一体なんなんだ?客だと思って何
も言わないでおこうと思ったけど、いい加減気味が悪……オイ!!ちょっ……!」
Ht+56UScが言い終らないうちに、r64dtKoGはHt+56UScのチェックのネルシャツの胸に倒
れこむ。慌ててHt+56UScは身体ごとr64dtKoGを受け止めると、綾波キーホルダー付きの
店のシャッターの鍵が、チャリンと音を立てて雨で濡れたアスファルトの道路に落ちた。
「オイ!ちょっ…しっかりしろよ!何のつもりだよ!」
r64dtKoGは、ただ目を閉じて、苦しそうに荒く、熱い息を吐いていた。
「!…すげぇ熱…」
「……UL…ハァハァ(*´Д`)」肩で荒い息をしながらHt+56UScの胸でr64dtKoGはつぶやく。
「…ったく面倒なもんに関わっちまったな…」Ht+56UScは溜め息混じりにぼやくと、
r64dtKoGを抱え挙げ、店のビルの最上階にある、自室へのエレベーターに乗りこんだ。

22 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:06 ID:l+n7i0iR
141 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/01/23 15:18 ID:02A9847A
r64dtKoGが目を醒ますと、そこは知らない部屋だった。
真っ白な壁に、部屋の壁片面を覆う、天井までの高い本棚。そこに整然とジャンル別に
整理・収納された同人誌。
額に貼りついた「熱さまシート」をはがす。…一体誰が?と思う間もなく、r64dtKoGはその
本棚にくぎづけになった。今まで寝かされていた清潔な布団から起き上がり、それらの本
を思わず手に取る。r64dtKoGの知っている(それどころか毎回徹夜で並んで入場したり
何時間も並んで買っている)男性向け大手の本もあったが、いつもは見向きもしない女
性向の同人誌(切れ長で、目の垂れた独特の輪郭の美形キャラクター達が「…三蔵!…
あっ…」とか「悟空…くっ…」と喘ぎながら男性同志絡みあっていたので、どうやら西遊
記のやおい本である事は分かった。ただ何故、今更西遊記なのかは分からなかったが)
や、少女・少年創作漫画、紅茶や宝石の評論や旅行記の同人誌まで、恐ろしく多岐に渡
って収納されていた。
こんな、「寅」に転売しても余り高値のつかない本持っててどうするんだ…手元に置いて
おくにしろ、エロでも無い本じゃ全然ヌケねーし…、キシベシローとかニシダトシユキが元ネタのやお
い本でヌクなんてゾッとしねーし…全く何処が面白いんだか…。
せっかくだからといつもは買わないそれらの本をパラパラと読んだ。
…………………………………………………………………………………………。
(…そうか、イギリスのB&Bにも色々ランクがあるんだな。俺なら雨露しのげれば30£の
部屋でも全然構わないんだが)
…………日はとっぷりと暮れていた。空腹に時が経った事に気づき、夢中でむさぼり読ん
でいた「貧乏英国旅行記」から目をあげる。

23 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 15:22 ID:1Gm4rKVz
歓喜の復活記念age

24 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 15:28 ID:lo+9Dey0
復活記念sage。
314までのログ持ってるから今も読み返してるよ…。(*´Д`)ハァハァ

25 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 16:39 ID:kVcHHKIc
まさかこのスレが復活するとは…(藁

26 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 17:46 ID:cc5k89Xe
ここ何スレ?

27 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 19:32 ID:89iJHPpX
>>26
X/ofLtUL×r64dtKoGタンスレです。
復活嬉しいっス。
(;´Д`)ハァハァ

28 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 22:10 ID:dywmBVN6
1さん乙華麗。
私も実はログ整理して復興狙ってました(w
あとは神が降臨するのを待つばかり…。

29 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/02 17:02 ID:oFlgxYYp
色んなスレが復活してるのに、このスレの前スレは復活してない…。
誰もログ出さなかったのかな。
私ログ持ってるけどどうすればいいのか分からない…。
取り敢えず神降臨待ちage(;´Д`)ハァハァ

30 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/04 18:39 ID:18o1IsPB
(;´Д`)ハァハァ…age
神はまだか…。

31 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/04 23:25 ID:i7JRuJu2
復活して嬉し(・∀・)イイ!!

X/ofLtUL@眼鏡美形×1Ette54L×O2nDRKozタンも
前スレ310の1Ette54L×O2nDRKozタンにも未だ萌え…。

319までのログはあるけど
どうすれば良いのか分からないよう。:。・゚・(ノД`)・゚・。

32 :31:02/07/04 23:28 ID:i7JRuJu2
コピペをミスってます。

X/ofLtUL@眼鏡美形×r64dtKoGタンも
1Ette54L×O2nDRKozタンにも未だ萌え

と書くつもりが3Pさせてしまいました。
ごめんなさい。

33 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/04 23:35 ID:VJRFxIaE
>31
これかな?

302 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/06/18 11:49 ID:1Ette54L
あらせ

307 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/06/20 04:27 ID:O2nDRKoz
おいおい…何だよ このスレ(藁
ここに居る野郎共はコテコテの同人女と付き合いたいの?
同人女って見るからにヲタって感じでヴスな奴に限って理想が高すぎ。
つーか妄想?(藁 キモイから消えてくれ。

309 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 メェル:sage 投稿日:02/06/20 08:16 ID:c39+lFb1
ここには同人女と
自分をホモ小説に登場させて欲しい男しかいないよ。

ということで、>302 1Ette54Lタンと、>307 O2nDRKozタンも
参加させて上げてください。


34 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/05 00:08 ID:fyN+q0BQ
>33
そう、それとこの設定も。


310 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/06/21 02:00 ID:HcE9NaEm
ID:O2nDRKozタンは悪ぶってはいるが寂しがりや。
本当は愛されたいのに…どうしても素直になれない。
そんな自分をごまかすように、
彼は素性の良くない仲間とつるむようになった…
たまにID:O2nDRKozタンに手を差し伸べる者がいても、
「うるせーんだよ、テメエに関係ねえだろ!!」
「ほっとけよ、オレのことなんか!」
と突き放してしまう。彼は孤独だった。
本当の愛をさがすID:O2nDRKozタン。愛に飢えたID:O2nDRKozタン。

↑というキャラで登場キボンヌ。


311 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/06/21 08:19 ID:WjdFfPGx
>310
そんなO2nDRKoz(受)タン相手には大人の男1Ette54Lを是非!
夜の雑踏での中で一段と危険な香りのするダークスーツの男を!
金持ちで強引で性格悪くてHが上手い謎の男1Ette54Lキボーン。
今の趣味全開でハァハァ(´д`;)
しかしそんな二人も夏コミにはちゃん様のスペースに…(藁


35 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/05 00:27 ID:7gI8DheN
そのまま(ダイジェストとか無し)ですが、ログ314までをウpしますた。勝手にスミマソ。
後から来た人、是非一緒に(;´Д`)ハァハァしよう。
そして神の降臨を待つべし待つべし。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/4180/2chdoujin.htm


36 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/05 07:47 ID:FYO05Wbr
復活おめでとう〜。

つーか、せっかく新作うぷされてたのに飛んじゃってる・・・。
Ht+56USc×r64dtKoGだったのに(涙

ホカーンしている人はいませんか?

37 :コピペ:02/07/05 07:51 ID:730wakCG
316 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/06/25 18:22 ID:9IVOoPAj
「まる2日気を失ってたのおぼえてるか?」

この男は誰だ?何を言ってるんだろうか?
記憶がぼやけている。確か、俺はX/ofLtULの手がかりを
同人板で見つけてそれから…なんだ、よく思い出せない。

「お前、うちの店の前で倒れてたの憶えてる?」

「貧乏英国旅行記」を読みふけっていたせいか、自分の置かれている状況を理解していなかった。だが、思考を覆う霧が晴れ、徐々に記憶が鮮明になる。
そうだ、X/ofLtULは!
無意識にX/ofLtULの名前を叫んでいた。この男はX/ofLtULの事を知っているかも…。可能性はほぼ0だ。しかし藁にもすがりたい気持ちで今、r64dtKoGはいっぱいだった。
X/ofLtULに会いたい…
だが、その期待はあっさり裏切られた

「X/ofLtUL?誰だ。そりゃ。」

知るはずは無いと思っていた。しかし、実際に会えないと思うとX/ofLtULへの思い一気につのる。あれほど、脳内で繰り返されていた妹達の声はもう聞こえはしない。ただ、X/ofLtULの自分をなじる声。それだけが壊れたカセットデッキのように脳裏にこだまし続けている。


38 :コピペ続き:02/07/05 07:51 ID:730wakCG
317 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:02/06/25 18:23 ID:9IVOoPAj
「お、おぃ、泣くなよ!」

泣いてる?言われるまで気づかなかった。X/ofLtULに会いたい。会ってもう一度自分を辱めてもらいたい!X/ofLtULの熱い肉棒を思い出し、身体がうずく。狂気とも思える体の叫び。知らず知らずのうちに顔は上気し、息が荒くなる。

「抱いてよ。」

囁きもれた自分の声にr64dtKoG自身が驚いた。意志とは関係なく体はX/ofLtULを、X/ofLtULの熱い楔を求めている。

「な、なんだよ!そういう趣味俺にはねー!!」

必至に拒絶するHt+56USc。だが、r64dtKoGのうつろな瞳からなぜか目をそらす事が出来ない。静寂に包まれた室内に、r64dtKoGはゆっくりとHt+56UScのチャックを降ろす。ジィーという乾いた音が夕暮れの室内に静かに響いた。

(上手く舐めろよ!歯なんて立てたらわかってるだろうな!)

脳裏にX/ofLtULの声が響く。r64dtKoGにはもはやHt+56UScの姿は見えていない。ただ、目の前のモノに一心不乱で奉仕する。睾丸の裏側を念入りに舐め、亀頭を包み込むように口にほうばる。

(あぁ、X/ofLtUL。喜んでくれるんですね。)

上目ずかいで、Ht+56UScの表情を確認する。いや、r64dtKoGの目にはほくそ笑むX/ofLtULの姿が移っていたのかもしれない。

(あぁ、喜んで下さっている…)

亀頭の裏から頭に掛けて下の先で転がすように舐める。一瞬ビクビクっとHt+56UScの物が振える。次の瞬間、r64dtKoGの顔一面にはHt+56UScの白濁した熱い滴がべっとりと覆い尽くしていた。

39 :37:02/07/05 07:57 ID:730wakCG
>36さんのご希望はこれかな?
かちゅに残ってたので。

これはこれで萌えだが、
X/ofLtULさんファンの私は
「他人が後ろにいれるのは指くらいまでにならないか…」
と儚く祈っているのでした。

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 21:41 ID:Zl2BhzTu
age

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)