2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何故死刑廃止運動をするのか? Ver.6 Redo.1

1 :死刑廃止運動者は偽善者だ:02/06/27 19:40 ID:oboEgrVp
サーバーの内容が飛んで、今までのが無くなってしまったので、やり直し(Redo)と言う形で出します。
今回も白熱した議論頑張って下さい。

2 :朝まで名無しさん:02/06/27 19:48 ID:0NVBpdtI
さてどう再開しようか


とりあえず2


3 :朝まで名無しさん:02/06/27 20:58 ID:lV6eJu2z
だから>1よ、
いいかげんにそのHNの恥ずかしさに気付け。

4 :名無し:02/06/27 21:39 ID:koLdJcLy
dfgdfgdgdg

5 :死刑廃止運動者は偽善者だ:02/06/27 21:41 ID:eGAw2yTs
>>3
良いじゃないですか。ででーん。としてるし(なんとなく)

6 :朝まで名無しさん:02/06/27 23:06 ID:Y7K18Y/F
>>1 情状酌量を鑑み、特別の温情で1に切腹の栄誉を与える。
辞世の句をカキコするのを許可する。

7 :朝まで名無しさん:02/06/27 23:49 ID:YxALm1LY
いやです

8 :Ver5:4:02/06/27 23:53 ID:zNiN+u2z
>>何故死刑廃止運動をするのか? Ver.6 684
>>683
>戦時中の国家権力は国民の敵でした。

これは物凄く変な意見だと思うぞ。
太平洋戦争当時の日本政府は日本国民の敵だったって言いたいわけ?
いくらなんでもそれは偏りすぎた意見だろー。

・・・・「国家権力が敵」かよ・・・・(あ〜あ)」

まあ確かに、戦時中については「仕方が無かった」という意見も有りますが。
では北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)やイラクについてはどうですか。
おそらく反体制派や政敵を死刑で片付けているでしょう。同じようなことに
なるのはあまり考えられませんが、そういう事態に備えておくべきだと
思いますし、備えることがそういう事態を招かないひとつの要素に
なると思います。

9 :朝まで名無しさん:02/06/27 23:53 ID:JFmkzo4z
死刑廃止運動とともになぜ犯罪者が出るのかについて
考えよう。明日食べるべきものさえないという貧困が
ゆえの犯罪は日本人ならないのでは?
やっぱり、家庭環境?

10 :Ver5:4:02/06/27 23:56 ID:zNiN+u2z
>>何故死刑廃止運動をするのか? Ver.6 686
「しかし、裁判が信用出来ないというのなら論点は全ての冤罪についてにするべきであり、
死刑問題に関してだけ冤罪の問題を持ち出すのはおかしいのではないでしょうか?
 裁判制度のあり方と死刑制度のあり方は飽くまで別次元で取り扱ったほうが良いと思います。」
この話は何度も出てきていますね。私は、冤罪死刑のリスクは他の冤罪の
リスクより特別に大きく同列には論じられない、と考えます。

1.冤罪をはらす一番重要な主体である本人がいなくなる。汚名を
着せられると言う点は同じでも、本人が汚名をはらす機会が奪われる点が
違う。この点を冤罪死刑になる人がどう感じるか考えると、冤罪死刑は
一種の凶悪殺人である。
2.本来死刑にされるべき真犯人が罰せられない。しかも真犯人にとって
他人が身替わりに死刑になった方が都合が好い(死刑になってしまえば
もはや本人が冤罪だとは言わない)。

あなたが冤罪死刑と他の冤罪は同列だと言う論拠を教えて下さい。

「論理展開とは「条件命題(仮定)⇒論理⇒結論」というように行われるべきです。
今の日本社会から条件命題を抽出し、論理的に結論を出すのであれば、その結論は今の日本に適用されるべきでしょう。
逆に今の日本社会とは異なる社会を想定し、そこから条件命題を抽出して結論を出しても、その結論は「今の日本社会と異なる社会」
に適用されるべきものであって、「今の日本社会」に適用されるべき結論ではありません。
少なくとも論理的な意見ではありません。」

難しくてよく分からないのですが、将来あり得る事態を想定して備えると
言うのは、法律の役割では無いと言うことでしょうか。

11 :朝まで名無しさん:02/06/27 23:59 ID:JFmkzo4z
なんかさー、犯罪者を作らないのが一番なんだと思うなー。
病気といっしょで一番大切なのは予防では?

12 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:01 ID:z4QhthNT
やっぱ、家庭環境がおかしいのでは?


13 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:13 ID:z4QhthNT
死刑するの辞めて、何か社会に役立つことさせよう。
地雷撤去作業とか。

14 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:21 ID:z4QhthNT
どうして、犯罪(殺人とか)するのかなあ・・・
しかも、訳わからない犯罪は圧倒的に男性が多いね。

15 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:21 ID:Z4yhzVKr
>地雷撤去作業とか。
NGOや自衛隊海外派遣部隊を愚弄する響きがあります。


16 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:23 ID:z4QhthNT
愚弄する響き・・・そうかな??

17 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:27 ID:z4QhthNT
いいことすると自分の存在意義がうまれるのではないかな?
極度の傲慢さとかの人格障害の人以外は、
犯罪者は家庭環境がおかしいような気がする・・・


18 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:36 ID:KvavDgsl
>>14
そのとおり。確かに男が圧倒的に多い。

ロバート・K・レスラーによれば、異常犯罪(快楽殺人・猟奇殺人)は
「20−30歳の白人男性」が多いんだそうだ。
黒・黄色人種はかなり少ないらしい。
ちなみに女性は人種を問わず稀だそうだ。

また人種が混在している環境では、加害者と被害者は同民族であることが殆どだそうだ。
うーみゅ。

19 :18:02/06/28 00:43 ID:KvavDgsl
>>9
レスラーはまた、異常犯罪を「先進国特有の病」とも表現している。
貧困国には殆ど無いらしい。

満ち足りた生活してると、世の男の中の何かの引き金が引かれるのかもなー。
業が深くてゴメンナサイ。

20 :朝まで名無しさん:02/06/28 00:47 ID:94YBIKbp
>>10
>冤罪死刑は一種の凶悪殺人である。

それは逆説的に「凶悪犯罪は償いようのない重い犯罪」とうことですね?
だったら取り返しようのない刑罰=死刑を求めて当然と思います。

>冤罪死刑と他の冤罪は同列だと言う論拠を教えて下さい

死刑だろうが他の刑罰だろうが冤罪だった場合に
その受刑者の不利益が回復されないという意味でしょうね。

求めるべきは正確な審理だと思うのですが。

21 :朝まで名無しさん:02/06/28 01:00 ID:O4ThC7yM
>>20
>それは逆説的に「凶悪犯罪は償いようのない重い犯罪」とうことですね?
>だったら取り返しようのない刑罰=死刑を求めて当然と思います。

犯罪に対して犯罪で応えてどうする?
それって私刑じゃん。

22 :朝まで名無しさん:02/06/28 01:03 ID:94YBIKbp
>>21

犯罪に対して犯罪で応えろという意味ではありません。
>10は勝手に死刑を犯罪行為にみなしていますが。
あくまで一個人への仕打ちとしての重みの話を同等に言ってるのです。

23 :前前スレ96:02/06/28 01:03 ID:62NflfjC
>>10
僕は別に「冤罪死刑」と「一般の冤罪判決」が同列だとは言ってません。
あなたが「裁判は信用出来ない」と言ったから、そこから冤罪死刑の話に飛ぶのはおかしいと言ったんです。
冤罪死刑の問題は「裁判が信用出来ない」から問題なのではなく「人間の作ったシステムは完全ではない」
から問題なのです。
ニュアンスの問題かも知れませんが、あなたの「裁判が信用出来ない」発言からは裁判全体に対する不信感が
感じられます。それなら問題となるのは全ての冤罪でなければならないはずです。


「難しくてよく分からないのですが、将来あり得る事態を想定して備えると
 言うのは、法律の役割では無いと言うことでしょうか。」

 それなら法律が目指すべきは、そのような恐怖政治を行う政権があらわれないよう防止策を取ることであって、
その政権に制度が悪用される可能性があるから制度を廃止するなどと言うのは本末転倒な話です。
 あなたが言っていることは「包丁が殺人に使われる可能性があるから、全ての包丁を廃棄しよう」と
言っているようなものですよ。まず対策をとるべき点が間違っています。

24 :朝まで名無しさん:02/06/28 01:04 ID:94YBIKbp
それに、そいう観点なら
逮捕監禁だって犯罪にもなりうるし刑罰にもなりうる話。

25 :23前前前スレ96でした:02/06/28 01:05 ID:62NflfjC
改名しようかな。

26 :朝まで名無しさん:02/06/28 01:11 ID:cdJ8a5uN
なんか冤罪とか難しいことわかんないんだけど、
某事件のような目撃者多数の大量殺人現行犯逮捕の人に対しても
(要するに冤罪の可能性ゼロ)死刑廃止論者は死刑廃止を適用すべき
といってる訳で・・・
確かに、冤罪はこわいにょー。

27 :朝まで名無しさん:02/06/28 01:21 ID:94YBIKbp
>>26と同様に疑問に思うのですが、
死刑廃止を訴える人は、冤罪の可能性ゼロの場合でも
死刑はあるべきではないと思うのでしょうか?


28 :朝まで名無しさん:02/06/28 07:50 ID:tsjwK+p8
>>26
冤罪といっても、無罪を有罪にするだけでなく
傷害致死なのに殺人で裁いてしまったり
殺人と窃盗を強盗殺人で裁いてしまったり
そういう冤罪もあるので、単純に現行犯だから冤罪はないとは言えない

29 :朝まで名無しさん:02/06/28 10:00 ID:bE8KZsRp
>>28
>単純に現行犯だから冤罪はないとは言えない
これの正しい使い方は
「世の中の現行犯全てに冤罪がないとは言えない」だね。
犯罪1つ1つをみれば明らかに冤罪でない事件もある。
それに焦点は冤罪の有無ではなく冤罪死刑の有無。
オウム関連でまた死刑になったように、明らかに冤罪じゃない事件にだけ死刑適用すればいいんだよ。
実際日本はそうだ。


30 :前前前スレ96:02/06/28 10:15 ID:JJKNWX4H
>>28
死刑問題とは無関係なレスになりますが、「傷害致死」などの「〜致死罪」や
「〜致傷罪」は廃止すべきだと思います。アメリカやフランスのように
人が死んだら原則殺人罪、傷害を負ったら原則傷害罪にして、それぞれの罪状の中で
「謀殺罪」「故殺罪」「第一級殺人」「第二級殺人」等の分類をすべきだと思うんです。
「〜致死」とかは言葉が軽い。人が死んだという結果を軽んじてるとしか思えない。

犯罪はまずその行為の結果から全体輪郭を判断すべきなのだと思います。
「殺人と窃盗」という罪状にしても「人が殺され、金も奪われた」という結果から
「強盗殺人」と判断すべきであって、もし金を盗むという動機が薄かったのであるなら、
「強盗殺人罪」に対する量刑から動機が薄い分を引くという処置を取るべきであって、初めから「殺人と窃盗」
というように結果を軽視するような罪状にするべきではないと思います。

法律は専門でないのでこのことには詳しくないのですが、どなたか詳しい方いましたら
教えて下さい。

31 :山本秀雄:02/06/28 10:23 ID:Z55UT59h
たとえ死んでも神様が助けてくれるはずだから…創価学会の人間は信号無視
でも死刑にしてあげて下さい。

32 :朝まで名無しさん:02/06/28 17:25 ID:tsjwK+p8
>>29
異なる二人の人間が同じ程度の犯罪、例えば殺人で3人殺したとして
片方は冤罪の可能性は0ではないので死刑にならず
もう片方は現行犯で冤罪の可能性が無いので死刑
となったら、かなり不公平だと思うが、この点についてはどう思う?

33 :朝まで名無しさん:02/06/28 18:35 ID:Av4IVTMg
>>28
武富士の5人焼死の事件が死刑になったとしても冤罪だって言うんでしょうか?
あれ、殺意は否認してるんでしょ?

34 :朝まで名無しさん:02/06/28 18:47 ID:tsjwK+p8
>>33
まず、被告に本当に殺意がなかったのか
あそこで火をつければ死者が出ることは予想不可能だったか
という問題があるので難しいが、
このまま死刑になったのなら、冤罪が含まれている可能性があるね

35 :Ver5:4:02/06/29 02:08 ID:CFh4kqi0
>>23
>あなたが「裁判は信用出来ない」と言ったから
私が書いたのは「そこまで裁判を信じる気にはなりません」ですよ。
「人間の作ったシステムは完全ではない」と同じ意味です。
裁判はおおむねしっかりしていると思っています。

>それなら法律が目指すべきは
今回も難しくてよく分からないのですが。法律が目指すべきは
防止策を取るのがすべてなどと言うつもりはありませんが、
防止策を取るという要素も必要に応じて有るべきだと考えます。
「防止策を取るのは法律が目指すべきものではない」ということでしょうか。

>>27
>冤罪の可能性ゼロの場合でも
>死刑はあるべきではないと思うのでしょうか?
この場合の問題は、冤罪の可能性ゼロの場合とゼロでない場合を明確に
分けられるかどうかです。私は明確に分けられるない、どちらとも
言えないケースは有り得る、と思いますので「冤罪の可能性ゼロ」としか
思えない場合も死刑にすべきでないと考えます。

36 :朝まで名無しさん:02/06/29 03:10 ID:fNFrhNho
>>20
>それは逆説的に「凶悪犯罪は償いようのない重い犯罪」とうことですね?
>だったら取り返しようのない刑罰=死刑を求めて当然と思います。

「取り返しのないもの」「償いようのない重い犯罪」に対して
どんな重罰や残虐刑でのぞんだところで「取り返し」はつかないし、
「償い」にもならない。
よって死刑は本質的に無意味。
むしろ害のほうが大きいな。
「場合によっては人間は同族を殺してよい」という規範を許すことは
人間の存在そのものの自己否定につながりかねない。

37 :朝まで名無しさん:02/06/29 04:07 ID:7+zS1ID7
>>36

人間という殻を捨て、動物の1種に戻ればいい。
場合によては、共食いも許す。

38 :朝まで名無しさん:02/06/29 06:01 ID:IvWQzzV6
そもそも、いくら重犯罪を犯したからと言って、既に逮捕されている
犯罪者を殺す必要性は無い。
これが人質を取って立てこもってるとかなら話は別だがな。

また、ソイツが再び社会に出てくるのはマズイというのなら、終身刑を
導入すればそれで十分。

結局「死刑にしたい理由」はあっても「死刑にすべき理由」は無いのだ。

39 :朝まで名無しさん:02/06/29 06:13 ID:ZzWMv+f1
>>38
感情として、そんな奴を一生食わせるために国民の税金を使う。。
ってことに納得する奴は少ないおもわれる。
論理的には、一応憲法で生命の自由を奪うことを認めてるしw(微妙だが




40 :朝まで名無しさん:02/06/29 09:03 ID:8ps5CNqS
>>39

現実として、死刑囚を何十年も養っているが、不満はでない

実は死刑も終身刑もコストはあまり変わらない


41 :朝まで名無しさん:02/06/29 10:33 ID:hsi7BLhk
>>40
それは何十年いようと最終的には処刑されるからじゃないの?
「死刑から逃げ切った」つまり、処刑されずに天寿を全うした死刑囚は平沢貞通だけでしょ?(病死は他にもいたらしいけど)

例えコストが同じくらいでも、最終的に絞首台に立たされるのと天寿を全うするのとじゃあ、>>39の言う通り国民感情には天地の差があると思うが…

42 :朝まで名無しさん:02/06/29 10:40 ID:NXmdV1FG
>>41
つまり、国民感情なんてその程度のものなんだよな。
そんなものを絶対視するのは危険だ。
国民感情を法理論よりも大事にすべき理由はないわな。

43 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:00 ID:8ps5CNqS
>>41
例えば40年前の事件の犯人が
今日死刑になるのと
今日病死するのとで
天と地ほどの差があるか?

44 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:12 ID:GfrVzIyN
冤罪死刑は絶対に避けないといけないけど、
確実な事件だったら死刑もあり。
そして臓器移植に使いましょう。
最後くらい世の中のために働きましょう。

45 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:13 ID:8vIh3T8Q
既に6200億円は投入済で、今回の7800億円を合わせると1兆4000億円になります。
また、韓国民団系金融機関救済に投入されている1兆6000億円と合わせると

『合計約 3 兆 円』です。

いまさら民族系金融機関を残す必要がありますか?
3兆円もの巨額を投じる必要がありますか?
私たちの税金がこんな事に使われて納得出来ますか?

なぜこれほど重大な事件がテレビや新聞で扱われないのでしょうか?
住専の時を思い出してみてください。

ソース
http://www.sankei.co.jp/news/020618/morning/18iti003.htm
http://www.tanteifile.com/news/200206/20.html#kiji0

フラッシュ  ← かなりの力作!
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/4734/chogin.html


知らない人は多いからコピペしる!!
              

46 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:16 ID:kohU3F5z
きっと迷宮のどんづまりのねずみの穴みたいなところの議論に
なってしまうんだろうけど、簡単にいえば"CREATION"つまり神に創られたという
感覚が日本人には薄いんだろうな。
花が咲く力、鳥が飛ぶ力、と同じものが生きているものには
すべて働いているという…。

税金で食わすの食わさねえのっていっている段階でもう終了している
気がする。それってモロ、企業の論理だよね。企業の論理で人の命を語るわけだ。
さぞステキな優秀社員でいらっしゃる...?

47 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:27 ID:R89aHsEm
っていうか、極悪犯罪人は人体実験とか、危険作業とかに有効利用せよ。

48 :  :02/06/29 11:32 ID:HZtVuy6Y
結局は、”公共の福祉のために人を殺すことは許されるか”
って事だと思いますが、何か?

49 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:40 ID:7+zS1ID7
>>46
>きっと迷宮のどんづまりのねずみの穴みたいなところの議論に
>なってしまうんだろうけど、簡単にいえば"CREATION"つまり神に創られたという
>感覚が日本人には薄いんだろうな。
この感覚をあまり持ち合わせていないことの、どこがいけないんだ?
創造主の思想は、外国のものだろ。
そういった思想の背景を持たない日本人に、CREATIONの感覚が薄いのは当然。
欧米の宗教観の押し付けじゃないか?

50 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:41 ID:NXmdV1FG
>>49
>>46は別にいけないとは言ってないだろ。早とちりしすぎ。

51 :朝まで名無しさん:02/06/29 11:44 ID:7+zS1ID7
欧米が「唯一の絶対神」を思想の根源として持っているのに対し
日本は「万の神」だろ。
だから、エロ画像をウpするだけで「神」といわれるんだよ。
それでいいじゃないか。

52 :朝まで名無しさん:02/06/29 12:11 ID:d/EqwtnY
欧米人の行動規律が、神の意向に逆らわないということに基づくのであれば
日本人の行動規律は、良心に逆らわないということに基づくのかな。
そうであれば、良心に逆らわないためにも、死刑制度があってもいいんじゃないか?

53 :朝まで名無しさん:02/06/29 12:32 ID:cDfzeBiz
>>43
それってつまり「何十年も経てばもうみんな忘れてるから死刑を執行しなくてもいいだろ。」ってこと?

そう言えば平沢の件でも「執行されずに30年経てば『執行の時効』だから釈放しろ。」なんて支援団体も言ったことがあったらしいね。

それだったら、再審請求を繰り返したり支援団体と連携して圧力をかけさせて執行を引き延ばし、何十年も経ったからもう執行もいいだろう、って戦略をとる奴らも出て来るだろう。

実際、平沢の支援団体は定期的に法務省に押しかけて執行するなと懇願(と言う名の脅迫)をしてたらしい。法務省はこれを皮肉を込めて「定期便」と呼んでたんだとさ。

それと、仮定の話はともかく、今一番長く収監されてる死刑囚って何年いるの?

54 :朝まで名無しさん:02/06/29 12:35 ID:NXmdV1FG
>>53
そうじゃなくて死刑執行という形で死ぬことと
病気で死ぬこととそんなに違うのかってことじゃない?

55 :朝まで名無しさん:02/06/29 12:42 ID:cDfzeBiz
>>54
全然違うと思うよ。
病死は人間の死の中で最も自然で普通な死。
死刑は人間の死の中で最も異常な死。

死刑囚になるほどの犯罪をやった連中が「自然で普通な死」を迎えるのが、死刑執行とそんなに違うのか、って発想自体、全く理解できないね。

56 :朝まで名無しさん:02/06/29 12:47 ID:8ps5CNqS
>>53-54
54が近いけど
事件から執行まで何十年もかかるのだったら、死刑執行と病死とで違いはあるかということ

終身刑で40年後に死ぬのと、死刑で1年後に死ぬのとでは違うだろうが
終身刑で40年後に死ぬのと、死刑で40年後に死ぬのでは違いが有るのだろうか

日本の死刑はやる意味がほとんどないから、死刑に切り替えた方がいい

57 :56:02/06/29 13:04 ID:8ps5CNqS

×日本の死刑はやる意味がほとんどないから、死刑に切り替えた方がいい

○日本の死刑はやる意味がほとんどないから、終身刑に切り替えた方がいい


58 :朝まで名無しさん:02/06/29 13:05 ID:N6UdjZej
死刑囚は”明日死刑が執行されるかも”という恐怖におののきながら生きるのに対し
終身刑囚は”あーあ、俺一生壁の中かよ”という愚痴で終わる気楽さがある。

その違い

59 :朝まで名無しさん:02/06/29 13:21 ID:4vRnsmOn
>>56
例えばあの永山は、事件からは約30年だが、確定からは7年で処刑されてる。これは知ってのとおり裁判が無意味に長引いたためで、2審無期→最高裁差し戻しが無ければもっと執行は早かったろう。

また永山と同じ19歳で4人殺して確定した関の場合、事件は92年だから、約10年で確定したわけ。これから執行まで何年かかるかわからんが、仮に10年以内にあるとすると事件からは約20年以内ってことになる。執行時の年齢は30〜40代くらいだろう。
これで「病死と違いはあるか」って言えるだろうか?

これらは特別若いケースだが、もっと年配の死刑囚でも、事件から何十年ってのはそんなにあるんだろうか…?

少なくとも「事件から何十年もかかるからやる意味がほとんど無い。」ってのは極論だと思うが…



60 :朝まで名無しさん :02/06/29 13:21 ID:2n62Xwhp
やっぱ思想の違いじゃないか(w
日本では廃止ならないよ。

61 :朝まで名無しさん:02/06/29 14:00 ID:e8tGcoys
以前、ある談話室で耳にしたんだけど、
「死刑は残酷だから廃止すべき」という話がでました。
だったら、超凶悪な犯罪人はどうすればいいの?
終身刑にすればいいの?
でもさ、「残酷」っていう観点からすれば、終身刑も死刑も残酷な事には
変わりないと思うのだけど。
終身刑って残酷ですよ〜  一生自由を奪って、なんの希望も得られない生き地獄。
要は、死刑という制度に賛同すると、自分も公的「人殺し」賛同しているという
負い目みたいなものを感じるのがイヤなだけじゃない?
ちょっと自分勝手。

62 :朝まで名無しさん:02/06/29 14:02 ID:FO2hcI9P
>>61
犯罪者はむかつくから殺してしまえというのも相当自分勝手だがな。

63 :処刑人:02/06/29 14:11 ID:e8tGcoys
殺されたってしょうがないじゃん、それだけの事をしたのなら。
もし死刑以上の刑罰が許されるのなら、かつて古代ヨーロッパなんかがやってたみたいに、
拷問に拷問を重ねてゆっくりジワジワ殺していく。
…ってのも有りかなと思うがどうか。
そんな死刑をしないだけでも、最近の死刑はずいぶんと良心的だと思うが?

64 :朝まで名無しさん:02/06/29 14:20 ID:e8tGcoys
確かに昔の戦国時代頃の日本は、犯罪人が出ると、その家族まで同罪として罪の一端を
かぶせられたりした歴史もあったような。
わかった!! 死刑じゃなくロボトミー手術を施して、単純労働者として社会復帰させてみよう。
少しは社会のお役に立つかもしれん。
それがダメなら、やはり臓器提供者にでもなるしかない。

65 :朝まで名無しさん:02/06/29 14:40 ID:caUVBLQ4
>>63
それだけの事をしたってのがまず曖昧なんだよな。
例え何百人殺したとしても、判決が無期懲役なら
その罪は無期懲役相当の罪ってことになるんだよ。
それを無視して、いや死んで当然だってのはただの感情論だしな。


66 :朝まで名無しさん:02/06/29 14:51 ID:e8tGcoys
裁判というもの自体、人間の作った制度だし、不備があるのは当たり前。
感情論もしかたないと思う。
だいたい人が人を殺すのって、感情のもつれが大半。
ヒットマンみたいにビジネスで人殺しする奴は極少数だし。
判決なんて、感情論おおいに結構。
でなきゃ罰を与える必要なんてないんだし。本来なら関係ないでしょ、他人が他人を殺そうと。
国民感情的に納得いく半ケツを出すには、死刑もやむなし。

67 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:24 ID:4w3Mw9sF
昭和45〜6年に8人の女性を殺害した殺人魔・大久保清の死刑が執行されたのは昭和51年。

ほんの20数年前までこんなに迅速に裁判も死刑も執行されてたのに、何で今の裁判は無意味にダラダラ長くなったんだ…?

68 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:27 ID:e8tGcoys
やっぱり死刑の半ケツを出したり、執行を行なうのに、躊躇しているのでしょう。
裁判官も人の子。

69 : :02/06/29 15:32 ID:2WSedeqs
吉外集団を牛耳る効果的な方法を考えているのでは。
>いつまでも生かしておく
へたに死刑をすると、狂信者がテ□るから。

70 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:37 ID:d/EqwtnY
「殺された被害者は既に人間じゃないの人権はない」という理由で「犯罪者の人権だけを守れ」という
暴論があったが、そうであれば死刑判決と同時に、死刑執行できるようにすればいいんだよ。
被告席が電気椅子になっているとか、判決が出れば床が抜け落ちるとか。
そうすれば、すでに人権がなくなっているわけだから、問題にならないってことになる。

71 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:42 ID:lqo58q+J
>>70
自分でもちょっと無理あるかなーとか思ってるだろ?

72 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:45 ID:e8tGcoys
人権って美しい言葉だけど…
人を殺した時点で、被害者の人権をないがしろにしたのだから、
加害者の人権もないがしろにされて仕方ない。罰は必要。たとえそれが死刑でも。
感情論ではあるけれど、理屈ですべてを割り切れる程、人間はまだ進化していない。

73 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:48 ID:lqo58q+J
>>72
殺人って絶対悪じゃないんだよなぁ。
もしそうなら、今のじいちゃん連中なんて何人殺したことやら。
国の命令で仕方なくやったから罪はない、という例外が存在するなら
人を殺したら殺されても文句は言えない、と単純に図式化することも出来ないんだよ。
そのために裁判があるわけだし、弁護士もいるわけだ。
何でハムラビ法典みたいな論理を持ち出して
さも正しいかのごとく強弁できるのか理解に苦しむよ。

74 : :02/06/29 15:51 ID:2WSedeqs
判決後即紙型案は、「犯罪者の人権だけを守れ」派は、
判決が出るまでの間においしい思いをするわけだから
意味なしと思われ>>70
かえって紙型になりたくない必死の犯罪者側から
金をむしりとりやすくなってオッケーかも。

75 :70:02/06/29 15:57 ID:d/EqwtnY
>>71
確かに、即死刑は無理があると思う。

76 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:58 ID:e8tGcoys
逆に聞きたいが、『死刑』って、いけない事?
ときどき死刑反対論者と話をする機会があるけど、彼等の言い分って、いつも的をえない。
「なんとなくイヤ」だとか…
裁判という制度を認めるなら、そこで死刑という判決が出れば、それに従うべき。
確かに死刑制度そのものを見直す動きも出てきているのは事実だけど、
感情論を越えた納得できる代案も出てこないのが現実。
死刑制度は必要です。というより、しかたないけど廃止はできない、というべきか…

77 :朝まで名無しさん:02/06/29 15:59 ID:Y0lCId2R
>>76
できないこたないだろ、廃止してる国もたくさんあるのに。

78 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:07 ID:e8tGcoys
死刑制度を廃止しても、被害者や国民の感情は解決できない。
もっとも、死刑にしたからって、解決するものでもないが…。
だからといって現行の制度をすぐに廃止しろというのは無理。できない。
死刑はあっていい。残念だが、これが現実。
むしろ、死刑制度がなくなる事のメリットが知りたい。


79 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:09 ID:Y0lCId2R
>>78
死刑制度のデメリットも知らないで議論に参加するつもりだったのかYO
それくらい自分で過去ログ調べるなり勉強するなりして来たらどうだ?

80 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:12 ID:d/EqwtnY
>>79
この間の鯖落ちは痛かったよなぁ。今までの全部飛んだんだろ?

81 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:12 ID:e8tGcoys
だって、実際なんのメリットもないもん。
デメリットの方が多すぎる。国民の多くはそう思っているよ。
一部の人だけが騒ぎ過ぎてる。『公的殺人』に加担したくないがために。

82 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:13 ID:Y0lCId2R
>>80
え?そうなん?それは知らんかった。

>>81
ないんじゃなくて、お前が思いつかないだけだろ。
逆に聞くが、死刑制度のメリットってなんだよ。
国民感情を鎮める以外にどんなメリットがあるって言うんだ?

83 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:17 ID:IFVkD465
>>67
やはりEU諸国と国連決議のプレッシャーが大きい。
「日本は国民感情もあってまだ死刑は廃止していないけれど、人権にも配慮して
年に数件しか執行していませんよ」というところか。

かろうじて米国が全州で廃止していないので、それに便乗しているだけ。
できれば執行せずに獄中死してもらったほうがありがたいというのが本音。
ただ、死刑制度を有名無実にするのも治安上まずいとのことで、年間数名処刑しているのが実情。

それと政府と法曹関係者の間では、死刑制度そのものの廃止により、国家体制の
土台が揺らぐと危惧する声も多く、当面はまず不可能だろう。
すでにこのスレでも指摘されているが、死刑制度は存置のまま「重懲役刑(事実上の終身刑)」
が導入されるだろう。
死刑問題は、すでに国際問題であり21世紀の大きな政治問題であるともいえる。

ちなみにあの有名な帝銀事件の平沢貞道だが、何度か執行目前のときがあったようだが、
歴代の法務大臣は誰も執行命令書に捺印できなかった。
これは執行後に冤罪が発覚した場合「無実の人間を死刑台に送った政治家」との烙印を
押され、選挙に影響するのをほとんどの大臣が嫌ったためとも言われている。

19歳のときの犯罪で死刑判決を受けた(一審は無期)永山則夫は、あの神戸の
「サカキバラ事件」で少年が逮捕されたあと執行された。
平沢と永山の例をみると、死刑執行というものがいかに政治的に決定されているかがよく分かる。

84 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:18 ID:e8tGcoys
国民感情を鎮めるだけで充分メリットはある。
それだけでも死刑制度の価値はある。
ならば、死刑廃止のメリットをぜひ教えて。
冤罪防止だとか、野蛮だとか、そういうくだらない言葉じゃなくて。
死刑以上に、国民感情を鎮める別の代案をさ。

85 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:20 ID:IFVkD465
>>83 訂正。 平沢貞道→平沢貞通

86 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:21 ID:Y0lCId2R
>>84
お前、デメリットが多すぎると書いておいて
メリットは国民感情を鎮めるだけで十分ってか。メチャクチャだな、ヲイ。
あと、冤罪防止・野蛮がなぜくだらないのかをまず教えて。

87 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:28 ID:e8tGcoys
死刑も就寝刑も、残酷な行為には変わらないやん。
だいたい犯罪自体、野蛮なものなのだから、言ってきかない奴は、人殺し野郎が犯したのと同じ行為、すなわち野蛮な方法で対応するしかないでしょうが。
現時点では、より多くの国民感情を鎮める力のある死刑制度を維持した方が賢明。
それよりさ、死刑以上に国民感情や被害者の気持ちを鎮められる代案があったら、はよ教えてくれ。


88 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:31 ID:Y0lCId2R
>>87
まずお前は、刑罰は遺族や国民の気持ちを鎮めるために存在してるわけじゃないことを知ってくれ。
じゃあ何のため?なんて厨房臭い質問しないでね。自分で調べろ。
まぁ国民感情を鎮めるという側面もあるが、それが至上目的じゃないんでな。
代案なんて必要ない。加えて、遺族が死刑を望まなくても死刑になるケースもある。

89 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:38 ID:e8tGcoys
いいじゃないの、死刑制度あって。
遺族が死刑を望まなくても死刑になるケース???
そんな「極まれな少数意見」を例として取り上げても説得力ない。
代案なんて必要ない???
それこそ、いってる事ムチャクチャよ。
もっと説得力ある言葉で、おれを説得してみてくれ。
言葉が思い付かないのなら、そのままでいい。
いいのよ、超極悪人は死んでも。
「公的殺人」に加担したくないのが本音のくせに、
真実を語らない綺麗ごとには、いいかげん飽き飽きしている。



90 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:40 ID:Y0lCId2R
>>89
要するに「殺人犯はむかつくから殺してくれ」に終始するわけだね。
>>84あたりからそんな予感はしてたが、議論にならないらしい。さよなら。

91 :朝まで名無しさん:02/06/29 16:43 ID:e8tGcoys
やっぱり、説得する論拠を持っていなかったようで。
残念ですね。
もっと成熟した議論のできる方、いらっしゃいませんか?

92 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:06 ID:AcWTu2P6
廃止派を装ってテロリストのお仲間を助けたがっている連中が存在している。
こいつ等の思惑どおりにさせないためだけでも死刑存置の価値はある。

93 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:16 ID:rYSNghsJ
>>90 >>殺人犯はむかつくから殺してくれ
被害者・遺族にとっては一番大事なことと思われ

94 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:19 ID:e8tGcoys
人間の数千年の歴史を見ても、死刑という制度は続いている。
死刑制度反対の人は、公的殺人に加担したくないという小心者が多いのかな?
もちろん死刑の存続・廃止にはそれぞれメリット・デメリットがあるだろうけど、
今のところ死刑制度存続の意義の方が大きいと思われる。
だって、長い歴史を経て続いてきている制度だもの。
それを後から「廃止」しようなんて言うのなら、具体的に分かりやすく死刑賛同者を
説得してみせなくてはいけない。
そうでしょ? だって現行の制度は、論議に論議を重ねて完成したものなのだから。
「いままで死刑制度がなかったけど、今日から死刑制度を導入します」って言ってる訳じゃないんだからさ。
「代案なんて必要ない」という意見もあったが、それこそ暴論だと思いますよ。


95 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:26 ID:Y0lCId2R
>>93
>>90
まぁ、気持ちはわかるよ。俺も遺族になったら犯人を殺したくなるだろうし。
ただ、それをそのまま死刑制度の是非の論拠には使えないってだけ。

96 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:26 ID:Y0lCId2R
>>90じゃなくて>>88だった。スマソ

97 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:35 ID:e8tGcoys
死刑制度の是非の論拠って、いったいなんだろう?
仮に死刑賛成派の論拠が「感情」だとしたら、
反対派は、何を論拠として反対するの?
今までの議論の中では、「説得力のある」死刑反対意見に出会っていない。
早く意見をださないと、この瞬間にも次々と絞首刑で死刑囚が死んでいくよ。
…な訳ないか。


98 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:39 ID:IvWQzzV6
>>94
例えば奴隷制度なんかも、人類そのものと同じくらい長い歴史を持っている。

「長い間それでやってきたから」というのは、制度を支持する理由にはならんだろ。


99 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:40 ID:Dxb1UoC6
死刑=犯罪抑制効果&遺族の復讐?なのかな・・・みせしめ?
それより、死刑にされるような犯罪をさせないようにしよう。

100 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:43 ID:Y0lCId2R
>>99
死刑というか、刑罰そのものだね。
どうでもいいが、洗濯物干してたのに今気づいた。雨でビショビショだよ。鬱。

101 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:48 ID:IvWQzzV6
>>97
「死刑制度の是非」というのはあまり正確な捉え方ではなくて、「刑罰をどう設定するか」
というのが正確な捉え方なんだろうな。

現行の死刑という「最高刑」は、実際には単に「それを一番重い刑罰にしよう」という決め事の
結果であって、実際には死刑よりもずっと重い刑罰や、あるいは逆にずっと軽い刑罰を「最高刑」に
する事は十分に可能だし、実際そうしてきた人々は多い。

「死刑」を絶対視しすぎる傾向は、存続派にも廃止派にも見られるようだ。


102 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:51 ID:Dxb1UoC6
でも、つぐないは必要だな。
犯罪者が社会の一員としてルールを守って社会復帰していくためにも。
ただ、犯罪にもいろいろあって、情状酌量の余地のあるものもあるけど、
犯罪者の人格(ひいては脳)・環境・などを分析して反社会的行動の原因をみつけ、原因
を潰さないと。もっと、科学的な見地からの解明が必要なのでは?


103 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:51 ID:8/o+X+v6
死刑反対派の人に聞きたいんですけど、
生存のためではなく、利己的な欲望を満たすために人を3人殺した
Aさんが、いま、あなたの目の前にいます。

Aさんは反省して罪をつぐないたいと考えています。
でも、どうすればいいのかわかりません。
どうすればいいのか、Aさんはあなたに助言を求めています。
あなたは、Aさんにどう助言しますか?

104 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:53 ID:Y0lCId2R
>>102
それは社会制度の見直しとかストレスが云々とか、そういうこと?
それも大事なことだろうけど、死刑問題とはちょっとずれてる気がするね。

105 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:54 ID:e8tGcoys
奴隷制度と死刑制度は、制度は制度でも同じでもまったく別物。
制度つながりだからといって、一緒にしちゃあいけない。話がややこしくなる。
話をシンプルにしましょう。
要は、長い間死刑という制度が維持されてきたのは、維持されただけの理由が
あるんじゃないかって事。
本当に死刑ってものが100パーセント極悪な制度なら、とっくの昔に廃止されてるはず。
それが今まで続いているのは、それなりの理由があったのでしょう。
奴隷制度や人種差別は、長い歴史を持っているけど、死刑制度はこれらと比較して、
反対論者がいうほど世界的な非難をあびていない。
こんな議論は10年前にも100年前にもされたかも知れない。
でも、結局今日まで続いているでしょ?
という事は、やはり死刑制度を長らく維持してきた先人たちの結論があるのよ。


106 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:55 ID:vmxqL3P0
あああ・・・・・・
またしても無限ループに・・・・・
こつこつと積み上げてきた議論が・・・・・・

もういやだーーーーーー!!!!!!!

107 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:57 ID:Y0lCId2R
>>106
過去ログ飛んだらしいから仕方ないよ。
それに結論に近づいてたのかも怪しいし。ずっと平行線のような気が・・・

108 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:58 ID:e8tGcoys
いいじゃん、どうせこの場で結論でる訳ないし。

109 :朝まで名無しさん:02/06/29 17:58 ID:Dxb1UoC6
>>103
アフガンにいってクラスター爆弾の不発弾の処理をし、農地を
作り出す仕事をさせる。
でも、あれって米が金出して、現地の人にやらせてるんだよね。
なんか、一列に並んで爆弾がないかどうか探しながらあるくらしい。
死んだ人もいるらしい。

110 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:13 ID:KUGgr9dO
>>104
>>社会制度の見直しとかストレスが云々とか
というより、もっと医学的なアプローチ

111 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:13 ID:IvWQzzV6
>>105
奴隷制度だって100パーセント極悪ではなくて、メリットもあればデメリットもある。
特に「現に存在している奴隷制度の廃止」ともなれば、それこそ廃止にも存続にも
一長一短あって、どちらかが一方的に良いとも悪いは言えない問題だった。

現代を生きる>>105には想像もつかないかもしれないが、かつては奴隷制度の支持者が
「現実的な常識人」とされ、奴隷制度の反対者が「非現実的な理想主義者」と扱われていた。





112 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:16 ID:Y0lCId2R
>>110
人が犯罪を犯すメカニズムを解明するってことか?
そういうのって功罪併せ持ってて、表裏一体のような気がするんだけどね。

113 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:17 ID:KUGgr9dO
>>112
んー、でもアメリカは日本に比べてその手の研究はすすんでるね。

114 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:18 ID:Y0lCId2R
>>113
そうなんだ?そのへんは無知だから、あまり突っ込まないことにしておくよ。

115 :段造:02/06/29 18:22 ID:16jdud1Y
ロボトミー手術のこと?
アメリカの一部の州でやられているとか。
確かに合理的だけど、日本に導入できるのかね。

116 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:24 ID:KUGgr9dO
>>115
そこまでは・・・
キレやすいのを治すとかそーゆーこと。
さて、103さんの意見への答えは?
結局、死刑ですか?

117 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:27 ID:e8tGcoys
こうした議論に結論が出る訳ないのは、みんなも承知。
数百年も結論がでないような議題が、短期間にこんな場所で出るとは誰も思っていないでしょう。
こうしたカキコの場は、結論よりも過程が大切。
そして、いろんな人の意見をぶつけあうのが大切。当たりまえよね。
議論にならないからといって退席するような輩は、もっともアカンね。


118 :段造:02/06/29 18:31 ID:16jdud1Y
>117
同意です。
ループしても良いから議論を続ける。

119 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:37 ID:vfk7ZYw3
賠償の一環として北朝鮮に輸出
シュリのオープニングみたいに役に立つかも

120 :朝まで名無しさん :02/06/29 18:42 ID:uJVHsfRC
このスレッドみてから真剣に死刑のことを考えるようになった。
今まではただなんとなく感情とかから死刑賛成だったけど
ここを見てからはもっと深い意味で死刑制度が必要だと感じられるようになった。



121 :朝まで名無しさん :02/06/29 18:45 ID:uJVHsfRC
ほんとに良いスレですね。もっとたくさんの人にみてもらいたい。

122 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:56 ID:IvWQzzV6
>>103
とりあえず自首する事を勧める。

123 :刑罰は教育だ:02/06/29 19:23 ID:SMk3oipc
だいたい刑罰が犯罪抑止のためにあるなどということが時代おくれ。刑罰は教育の
ため、反省させるためにあるのだ。だからその意味で終身刑も人権を全く無視
した残酷な刑罰なので反対。一生を独房の中で希望もなくただ生きなければなら
ないのは考えただけで恐ろしい。やはり無期というのが一番適切な刑罰だと思う。

 人を何人も殺すような犯罪者も、その人だけが悪いとはいえない。教育や社会も
その責任の一端を担っているのに死刑などという殺人行為で社会から抹殺するなど
というのは民度が低いと言われても仕方ない。

 無期であれば反省したことが認められれば社会復帰もできるわけで、より人権に
配慮した刑罰といえる。極端なことを言えば麻原やビンラディンでさえ、死刑や終身刑
でこの社会から抹殺してしまえばそれですむとはとても思えない。彼らにでさえ確固
たる人権があるのだ。人権とは人間らしく生きる権利である。どのような理屈をつけて
も何人もこれを奪うことは許されないのだ。

 たしかに彼らは犯罪を犯したが、たしかにそのままでは社会に迎えることはできない
だろう。しかし彼らが十分に反省し、自分のやったことを後悔しているのだとしたら、
彼らを殺したり、一生独房に閉じ込めることにどんな正当性があるのだろうか。

 刑罰は前近代的な残酷な刑罰から進化し、どんどん教育に主たる目的を置くように
なってきた。このような正当な進化の先には刑罰など存在しなくてよい社会が待っている
はずだ。

124 :朝まで名無しさん :02/06/29 19:35 ID:aXxU+SEP
>人権とは人間らしく生きる権利である。どのような理屈をつけて
>も何人もこれを奪うことは許されないのだ。
まずここが受け入れられないだろうね。思想の違うから。
まんま人権派の思想だから反発多そう(w 狙ってやってるとは思うけど。

125 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:40 ID:IvWQzzV6
>>123
>人権とは人間らしく生きる権利である。どのような理屈をつけて
>も何人もこれを奪うことは許されないのだ。

正確には、『「…は許されないのだ。」という事にしようね!という約束事』だな。

人権というモノは、「有る」のではなく、有るという約束事に従う人が「居る」という
事なんだよな。

126 :刑罰は教育だ:02/06/29 19:40 ID:SMk3oipc
>>124

私から言わせればここの死刑存置派も廃止派も大差はない。人権というものを
全く理解していないのだろう。死刑存置派は問題外だが、死刑を廃止して、その
変わりに終身刑といってる連中も、人権がただ生きる権利ということではなく、
人間らしく生きる権利なのだということを全く理解していないで感情的に死刑に
反対しているだけなのだろう。

127 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:43 ID:d/EqwtnY
本当に心のそこから反省し、自分のしたことに対する後悔を繰り返し、いっそ死んでしまいたい
という思いに悩まされながら一生苦しんでいく終身刑より、死刑で楽にさせてあげたい。

128 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:43 ID:ziqX3a7q
人権は幻想なんだよ。そもそも「無い」んだ。

自然の世界に人権は当然無いよな?
狩られるウサギがウサギ権を主張したりはしない。
人間も同じ。人間はそもそも野獣。
人権っていう概念は便利だが、存在を証明することはできない。
イヌが知恵づいて、イヌ権を主張しだしたら、人間は反論できない。

129 :段造:02/06/29 19:45 ID:16jdud1Y
>>123
なぜ、人権は奪うことが出来ないのか。説明希望。

130 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:47 ID:Y0lCId2R
>>128
人権を否定すると、殺されるのも止む無しってことにならんか?
ウサギがオオカミに食われても、ウサギはウサギ権を盾に責任求めないからな。

131 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:55 ID:ziqX3a7q
>>130
私は「人権」っていう概念はあったほうがいいとは思う。
だが、現実の世界では、
人権思想が額面どおりに実行されているケースは稀。
「殺されてもやむなし」、っていうより、、、
殺人もレイプも強盗も戦争も、何でもあるのが現実世界で、
殺される側の人間が「人権」を主張しても、認められないのです。
死刑囚も同じ。死刑囚が「殺さないで」と嘆願しても無駄。
んで、改めて、人権って言うのは幻想なのだよ、
ルソーの発明品なのだよと言いたい。
死刑廃止論者は人権を見たことがあるのだろうか?
なんでそこまで確信をもてるのか判らん。

132 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:57 ID:Y0lCId2R
>>131
なるほど、中立的な立場からの意見なわけね。
そりゃ人権も社会も法律も幻想には違いないわな。

133 :段造:02/06/29 20:01 ID:16jdud1Y
人権、というのは人間が作り出した概念。
それにどんな内容を盛るか、も人間が決定する。
だから、人権だから、奪うことは許されない、というのはあまり意味が無い。

134 :朝まで名無しさん:02/06/29 20:07 ID:ziqX3a7q
人権の思想が尊ばれたフランス革命政府で、
ギロチンが活躍しまくった罠。

135 :前前前スレ96:02/06/29 21:02 ID:JvFAi1Vd
伸びすぎ。

136 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:28 ID:x+tCVV6i
>>刑罰は教育だ
中国共産党の細胞つくりの洗脳収容所かよ。

137 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:39 ID:e8tGcoys
おれも刑罰は教育だとは思わないね。
例えばさ、人質をとって民家にたてこもる凶悪犯がいるでしょ。
どうにも説得ができない事態になったら、犯人を射殺する場合だってあるじゃないですか。
でも銃を発砲した警官は、法的に裁かれない。殺された犯人に対してだって、
「射殺されても仕方ない」という意見が、大半を占めるのではないか?
刑罰は教育?
だったら、たてこもり犯人に対して、何日も何ヶ月も何年も、その場で説得を
続けているしか方法がないね。
現実問題として、「殺されても仕方ない」という事は、残念ながらこの世の中にある。

138 :段造:02/06/29 22:43 ID:16jdud1Y
>137
それは刑罰とは言わないけど。


139 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:44 ID:IvWQzzV6
>>134
昔の断頭刑は執行者が手でやっていたから、失敗して死にきれずに苦しむ死刑囚が少なくなかった。

ギロチンは「死刑囚の苦しみが長引かないように」という目的で発明された、(当時としては)人道的な
思想に基づく発明品なんだよ。

140 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:44 ID:x+tCVV6i
大量殺人を犯したカスを赦し更生させるなんぞ
お釈迦様やキリストでもできなかったこと。
お前は、ウルトラマンコスモスを信じるお子様か?
「夢を追いかけて、全てがかわる〜・・」

141 :刑罰は教育だ:02/06/29 22:47 ID:SMk3oipc
>>137 >>だったら、たてこもり犯人に対して、何日も何ヶ月も何年も、その場で説得を
続けているしか方法がないね。

そのとおりだ。わかってるじゃないか。人間は話せばわかる。そこが動物と違うところ
だ。そもそも警察が拳銃などという殺人の道具をもっていることに反対だ。暴力では
何も解決しないことは歴史を見ればわかる。

142 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:48 ID:IvWQzzV6
>>137
バカだな。
住宅街をうろついて危険なほど人間に近づいた熊は射殺するけど
動物園の檻の中の熊は射殺しないだろ。


143 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:53 ID:e8tGcoys
単純な話。
「殺されても仕方ない」という事は、残念ながらこの世の中にある、ということ。
檻とか、そういう問題を提示している訳ではない。
ただそれだけ。

144 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:55 ID:Y0lCId2R
>>140
なんでお釈迦様やキリストでも出来なかったと言えるんだ??
オークツラマの話とか知らない?

145 :朝まで名無しさん:02/06/29 22:56 ID:e8tGcoys
>暴力では何も解決しないことは歴史を見ればわかる

ごもっとも。
しかし「説得」でも問題が解決しない事もたくさんある。
歴史を見ればわかる。

146 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:03 ID:x+tCVV6i
>>144 麻原のように最終解脱してくれ。

147 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:05 ID:SMk3oipc
>>145

 説得で解決できないのは「未熟」だということだ。解決できないから暴力
というのは「野蛮人」のやることだな。

148 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:05 ID:Y0lCId2R
>>146
わけわからん。経典や聖書の話を無視するなら
釈迦やキリストを引き合いに出す意味がないだろ。

149 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:06 ID:q9wqs+le
>>141
話せばわかるのは、同じ価値観をもってる場合のみ。
麻原や宅間を説得できると思うならやってみろ。

150 :結論がでました:02/06/29 23:07 ID:x+tCVV6i
死刑廃止論者=悪い宗教にハマッタ頭の弱いガキ
死刑存続論者=一般常識人
でよろしいでしょうか?

151 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:09 ID:Y0lCId2R
>>150
宗教の話を始めたのはお前だろ?
お前が宗教をハマってるんじゃないのか?頭悪いな。

152 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:09 ID:j+vn+wuG
>>141
>そのとおりだ。わかってるじゃないか。人間は話せばわかる。そこが動物と違うところ
>だ。そもそも警察が拳銃などという殺人の道具をもっていることに反対だ。暴力では
>何も解決しないことは歴史を見ればわかる。

ビン・ラーディンを説得する具体的な方法を提示してから、刑罰は教育だと言え。

153 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:09 ID:q9wqs+le
>>147
通り魔がいても抵抗するな、やめるように説得せよ
刺されるやつは未熟ってことか?


154 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:10 ID:IvWQzzV6
>>150
頭悪いまとめだな。

155 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:14 ID:q9wqs+le
暴力では解決しないって言うけど
暴力を用いたほうが解決は早いんじゃないの?
手っ取り早く犯人殺せばそいつの再犯はないよ。

156 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:17 ID:j+vn+wuG
調べたらこういうのが出てきた。

 「刑罰の目的は、罪を犯したことに対する報復措置という面があることは
 否定できませんが、近代刑法のもとでは、「罪を憎んで人を憎まず」と
 いうことで、反社会的行為をした人を更生させるという教育刑を理想と
 しています。」

理想と現実のギャップは埋まらないんじゃないのか?
理論として理想をあげるのはいいが、システムは現実に対応させるべき。

157 :そのとうり!!:02/06/29 23:19 ID:JST2esiV
>>150
自分の家族が全員ぐちゃぐちゃに惨殺されて犯人が捕まったとき、
それでも死刑廃止を訴える馬鹿な奴はいない。

158 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:21 ID:Y0lCId2R
>>157
馬鹿なと言うか、そんな聖人はいないわな。
別に廃止派はそこは否定してないだろ。何を今更。

159 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:25 ID:q9wqs+le
>>156
>反社会的行為をした人を更生させるという教育刑を理想

問題は刑法で定められた量刑が
十分に教育的な効果があるかどうかの議論もないままに
「教育刑」の概念を用いてることかもね。

160 :そのとうり!!:02/06/29 23:26 ID:JST2esiV
>>158
ごめん、ちょっと言い過ぎたかも。

161 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:27 ID:SMk3oipc
>>157
 そう信じてるおまえが馬鹿だ。自分を基準にしてものを考えるな。

162 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:28 ID:Y0lCId2R
>>160
いや、別にいいんだけど、またループしそうだったから。

163 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:31 ID:SMk3oipc
>>152

 人権の大切さを真剣に伝える。

>>153

 説得できなかったのなら仕方ない。だからといって通り魔を殺す権利
など誰にもない。

164 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:34 ID:IvWQzzV6
>>160
細かい話で恐縮だが「そのとうり」ではなく「そのとおり」が正しい。

165 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:36 ID:q9wqs+le
>>163
>説得できなかったのなら仕方ない。

いきなり通り魔に襲われたら抵抗するのではなく
説得を試みろってことですね?

>だからといって通り魔を殺す権利など誰にもない。

だれか通り魔を刺せなんて話をしましたか?

166 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:36 ID:e8tGcoys
急いでキー打ってると、間違いはよくある。
寛大にみてあげましょお。

167 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:38 ID:q9wqs+le
>>1刑罰は教育だ
のIDをよくみると
“SM系”だ。

168 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:39 ID:e8tGcoys
「殺されても仕方ない」という事が、世の中にはある。
…という事を前提にして話をしないと、議論が先に進まない。
ていうか、この前提じたいを否定する人もいるだろうけど。

169 :そのとおり!!:02/06/29 23:39 ID:JST2esiV
>>164
直したよ

170 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:40 ID:IvWQzzV6
>>143
>「殺されても仕方ない」という事は、残念ながらこの世の中にある、ということ。

>>137の書き込み内容について書いているのなら、これは間違ってる。
正しくは、「世の中には『殺す必要性が高い場合』と『殺す必要性が低い場合』がある」
君は両者をごっちゃにしている。

171 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:42 ID:SMk3oipc
>>165
>いきなり通り魔に襲われたら抵抗するのではなく
>説得を試みろってことですね?

 そうだ。その通り魔もそんなことをするには必ず理由
がある。まずそこを聞く。何時間でもとことん聞いてあげるのだ。
そして人権とは何か。なぜ人の人権を尊重しなければならないか
を一緒に話あう。わかりあえるまで。





172 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:42 ID:IvWQzzV6
>>169
ありがとう。 靴の中の小石を取り出せたような気分だ。

173 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:44 ID:e8tGcoys
>172
ほほえましい光景だ。


174 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:44 ID:q9wqs+le
教育刑だというなら
再犯の率が、国民全体に対する犯罪者の率まで下がるだけの量刑にしなければならないと思う。
ということで言えば、量刑は上げるべきなのか下げるべきなのか?

175 ::02/06/29 23:45 ID:lOR+izYJ

人間は、理性的で愛情深い論理的な者ばかりではなく、
暴力と本能に突き動かされている者もいるのだ。

その中で、特に社会に害を与える存在だと認定されるなら
消滅(死刑)させることも止むなし。

それが、死刑の存在理由だと考える。


176 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:46 ID:e8tGcoys
量刑は上げるべきでしょう。
大半の国民は、「刑が軽すぎる」って感想を持っていると思う。

177 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:47 ID:q9wqs+le
>171
なんだネタか。
マジレスして恥ずかしい・・・

178 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:47 ID:8ps5CNqS
ありゃりゃ
すっかり賛成派のオナニースレか

179 :朝まで名無しさん :02/06/29 23:49 ID:eB72RnE+
マゾっ気のある廃止派の為のスレです

180 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:50 ID:5dZX8atX
>>171
話合いができるほど、冷静なやつが通り魔になるだろうか。
宅間が来たりて、児童を殺してる最中に、「どうしてそんなことするのか」
とか聞くのかー?

181 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:50 ID:SMk3oipc
>>175

>暴力と本能に突き動かされている者もいるのだ。
>その中で、特に社会に害を与える存在だと認定されるなら

 そういう人間になってしまったのはその人間の責任だけでは
ないだろう。適切な教育をしなかった国家・社会の責任も重い。
社会不適合者を排除してすむなら教育などいらないではないか。


182 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:51 ID:IvWQzzV6
>>175
>その中で、特に社会に害を与える存在だと認定されるなら
>消滅(死刑)させることも止むなし。

消滅させなくても、社会と隔離すればそれで事足りる。


183 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:53 ID:j+vn+wuG
>>171

こういう奴の存在が日本の限界だな。
単なる教育刑過信論者かと思ったら、テロ相手に話し合いをというタイプだ。

184 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:54 ID:SMk3oipc
>>177
 私の意見をネタという感覚がすでに麻痺しているんだよ。
アメリカのように問答無用にすぐに射殺するのがいいと思っている
のか?

185 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:55 ID:e8tGcoys
世の中には、話し合いの通用しない奴が、残念ながら存在するのよ、いつの時代でも。
理想論は耳に優しいけど、もっと現実を直視しなきゃね。

186 :朝まで名無しさん :02/06/29 23:56 ID:eB72RnE+
まあ廃止派は良い環境で育ってきたのでしょう。
世の中全ての人は話しあえればわかるなんて考えは
よっぽど善人に囲まれて育たないと持てないと思うね。
ほんとに殺意を持った人は有無をいわさず襲ってくる。
まあ実際そういう凶悪人にあったら説得を試みるんじゃなく
まず逃げることをお勧めする。

187 :刑罰は教育だ:02/06/29 23:57 ID:SMk3oipc
人権とは絶対不可侵のもの。こういう場合には人権も無くなるとか
あいう場合は仕方ない、とか、そんな甘いものではない。国民全て
が全力で守り抜くものなのだ。

188 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:57 ID:8ps5CNqS
年に数人しか死刑にならず、なったとしても
判決から執行まで早くても10年ほどかかる現状のどこが
「理想じゃなくて現実」なんだろ
役に立ってない

189 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:57 ID:YSWL1K0E
>>171

私も廃止論支持だけど、とりあえず逃げてください。で、警察に容疑者
がつかまってから、十分に説得してください(´Д`)
あ、ちなみに警察が正当防衛で射殺するのは容認です。

190 :朝まで名無しさん:02/06/29 23:58 ID:q9wqs+le
>>182
社会の害悪を隔離しようとも
その存在のためのコストは社会に跳ね返るのでは?

>>184
じゃあ聞くが、自分に向かって包丁振りかざして向かってくる人間を
刺されるまでの時間(せいぜい2,3秒)で説得できるのか?


191 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:02 ID:XPdeEmNv
掲示板で時間をかけても
自分と違う意見(死刑存続派)を説得できない人間が
通り魔のような突発的な事件でも説得せよという。


192 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:03 ID:HKu6oTdt
>>190

 説得できなければもちろん殺される。だからといって先に相手を殺すことは
ない。殺すよりは殺される方を選ぶ。

193 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:03 ID:J8xT9Xvi
通り魔の話は関係ないような気がしてきた。
とりあえず、話し合いのできる状態じゃないと選択の余地がないよ。

194 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:03 ID:dpjUf/ay
>>187
違うね、人権とは、幻想だよ、幻想。そんなものねーんだよ。

195 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:04 ID:pDRKJT/0
>>191
上手いこと言うね

196 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:05 ID:avmzRicH
>>191
まったく同感。
あまり意味のないスレでごめん。

197 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:06 ID:HKu6oTdt
>>189
 正当防衛だから殺していいなどというやつが死刑廃止論などとは
笑止千万。自己矛盾に気づけ。

198 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:06 ID:pDRKJT/0
>>193
だね。何で通り魔の話になってるんだ?

199 :そのとおり!!:02/06/30 00:06 ID:X30nITLK
>>180
宅間はこの間ニュースでやってたけど、自分の生い立ちや子供を殺した理由も冷静
に話してて、児童を殺したことが自分の中で整理がついてるって言って普通の人よりも
頭いいみたいだよ。だからといってわかりあえるということにはならない。
無実の児童を殺傷したことに変わりは無いんだから。

200 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:06 ID:iKcVLCZr
まず逃げないとやられちゃうよ!
大事な人の命がなくなっちゃうよ!
小さな子供とか説得が苦手な人も無理せず、まず逃げるんだよ
廃止派のように相手を100%説得できる人だけが話しあいにいけばOK
一般人はとにかく逃げろ!


201 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:08 ID:XPdeEmNv
>>193
>とりあえず、話し合いのできる状態じゃないと選択の余地がないよ。

だから、話し合いのできない犯罪者がいた場合には
死刑もしかたないじゃない?

>>192
被害者の命よりも通り魔の命のほうが大切ってことですね?
今ここに死刑廃止派は
一般国民の命より犯罪者の命が大切と白状しました。

202 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:09 ID:HKu6oTdt
正当防衛だから、殺していいなどという論理がまかりとおれば
それはつきつめれば死刑もいいんじゃない?戦争もいいんじゃ
ない?ということにいきつく。

203 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:10 ID:phkEuXzE
>>202
たしかに世の中そういう国のが多いね。


204 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:11 ID:HKu6oTdt
>>201
 どちらが大切だということはない。人権は全て平等に価値
がある。

205 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:11 ID:pDRKJT/0
>>201
お前、一人の廃止派の意見を全廃止派の意見にすりかえるなよ。
お前みたいな頭の悪い存置派や廃止派が話をややこしくするんだよ。

206 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:11 ID:r5qfZafh
>>202
正当防衛は、1人殺せば別の1人以上の命が助かる
戦争も同じ

死刑は、逮捕した時点でもう犯人が新たな犯罪を犯さないのに、わざわざ命を奪う

さらに、戦争、正当防衛は殺すことを目的としていないのに対し、死刑は殺害を目的としている

全く違うよ

207 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:11 ID:avmzRicH
正当防衛って、いけない事なの?
知らなかった。


208 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:11 ID:dpjUf/ay
>>200だよなー。
>>192逃げる気はないのか?

209 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:12 ID:Po9uqS97
>>197

どうしてですか?自分が殺されそうになったときに、保身から相手を傷つけたり
、殺してしまうというのはあり得ることでしょう。現実にあり得ることについて、
それを否定するほうがバカです。

で、死刑はなくすことができるものなんだから、廃止を支持したって、矛盾は
しません。私が死刑廃止支持なのは、死刑を受けるほどの犯罪をおかした者に
、自分の行為を後悔させてやりたいからです。べつに体罰を課すわけではありま
せんが。

210 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:12 ID:7pzsh4YI
死刑がいい悪い、なんてものは合理的な理由がつくもんじゃないだろ。

211 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:14 ID:dpjUf/ay
>>206
わっ戦争肯定するか?死刑に反対して!

212 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:15 ID:XPdeEmNv
>>205
では違った感じでの廃止はの意見を述べてみたら?
罵倒だけするんじゃなくってさ。

213 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:16 ID:r5qfZafh
>>211
日本人の生命を守るためには、他国と戦闘になるのも仕方がない

言っておくけど、賛成派が頭の中に飼ってるような
「左翼・人権派の死刑廃止派」なんて滅多にいないからな


214 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:16 ID:pDRKJT/0
>>212
知らねーよ。俺は廃止派じゃないからな。

215 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:16 ID:avmzRicH
>>209
>死刑を受けるほどの犯罪をおかした者に、
>自分の行為を後悔させてやりたいからです。
>べつに体罰を課すわけではありません

そんな奴は後悔なんかするか。


216 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:16 ID:cdTM/EOv
>>刑罰は教育だ

お前、kouei35@非戦主義か?

217 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:18 ID:HKu6oTdt
>>206

 全く理解できないな。

 死刑だって抑止力だ、社会秩序の維持だ、という意見がまかりとおっている
じゃないか。人一人を殺すことによって他の通り魔やら殺人をくいとめているん
だという論理を許すことになる。

 戦争の話もよくわからない。殺すことを直接の目的にしていなくても大量に
死者がでることを容認して攻撃するんだろう。

218 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:20 ID:XPdeEmNv
>>214
ばーか。


219 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:20 ID:phkEuXzE
>>206
めちゃくちゃだ あまりにも他人を馬鹿にしすぎ
そんな内容で丸め込まれる人いるわけないよ

220 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:20 ID:dpjUf/ay
死刑に反対する理由
凶悪犯は使える、次の戦争で!

221 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:21 ID:pDRKJT/0
>>218
ホントに頭悪いんだな・・・

222 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:21 ID:lWtoC43f
女子高生輪姦コンクリート殺人事件
今、このスレ見てきた。

223 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:22 ID:r5qfZafh
>>217

>死刑だって抑止力だ、社会秩序の維持だ、という意見がまかりとおっている
それは賛成派の意見。反対派はその理論に根拠やデータがないので認めていない。

>殺すことを直接の目的にしていなくても大量に死者がでることを容認して攻撃するんだろう。
あくまで死者は結果であって目的ではない。
地上戦ならできるだけ相手は怪我をさせても殺さないように戦うし
例えば降伏した者や捕虜は殺さないだろ


224 :終身刑は軽い!:02/06/30 00:22 ID:X30nITLK
>>206
逮捕された人間がもう犯罪を犯さないわけないじゃん。現に脱獄囚が人を殺し
た例だってたくさんあるんだから。終身刑なんて口だけで仮釈放とか言って
すぐ出てこれるじゃん。終身刑になった人が二度と出てこないならわかるけど。

225 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:23 ID:pDRKJT/0
>>222
その事件はひどいな。死刑とはちとずれるが、少年法はなくてもいいと思う。

226 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:24 ID:r5qfZafh
>>219
別に丸め込もうなんてしていないし
死刑制度はマターリ考えれば良いんだから

>>206におかしなところがあるなら言ってみてよ



227 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:24 ID:avmzRicH
>>223
なんか戦争論みたくなってきたな。
大丈夫か、この板?

228 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:25 ID:r5qfZafh
>>224
終身刑にして仮釈放しなければ済む話
脱獄囚は、最近の日本にいる?

229 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:25 ID:dpjUf/ay
>>223
相手を殺さないように闘う。論理の破綻にもほどがある。

230 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:26 ID:b5S//gOz
>>228
今後考えられる。具体的に言うと、オウム関連でも信者が救出に乗り出すことも考えられる

231 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:29 ID:r5qfZafh
>>229
何故?
殺すのが目的でないので、足を撃たれて動けない奴をそれ以上攻撃しない
殺すのが目的でないので、白旗あげてる奴を攻撃しない
それだけでしょ

232 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:29 ID:XPdeEmNv
>>221
おまえがバカ。
自分のやった批判の根拠を関知しないといってるんだから
バカの言葉でも足りないくらいだよ。ばーか。

>>228
>終身刑にして仮釈放しなければ済む話

それは教育刑という意見は否定ととっていいんだよね?

233 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:31 ID:pDRKJT/0
>>231
一方的な戦争ならそんなシチュエーションも想像できるが
混戦や接戦なら、そんな余裕はないと思う。
足を撃たれてるからって見逃そうとしたのに、
そいつに後ろから撃たれる可能性は濃厚だしな。

234 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:31 ID:dpjUf/ay
>>231
戦争でそんな悠長なこと言ってられっか。


235 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:32 ID:HKu6oTdt
>>223

 逆にいえば死刑に抑止力や社会秩序維持の効果があるという根拠
やデータが発表されれば次の日から死刑賛成派にくらがえするという
ことか?そのような人間は本当の意味での死刑廃止派ではない。

 戦争の目的はいろいろだ。防衛の名のもとに相手の戦力をたたく
のは重要な目的とされてきたじゃないか。戦力には当然人間(捕虜でなく、
戦闘意思のある兵士)も含まれる。なぜ目的でないといえる。

236 :終身刑は軽い!:02/06/30 00:32 ID:X30nITLK
>>228
いないかもしれないけど、仮釈放とか模範囚で途中で出てこれるなんてのは廃止
してもらいたい。そうすれば納得する。

237 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:32 ID:b5S//gOz
>>231
ちょっと無理があるねえ
そんなこと言ってたら爆弾なんか使えんぞ

238 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:33 ID:pDRKJT/0
>>232
ハァ?ホントに頭悪いな。
一人の廃止派の意見を、全廃止派の意見のように言うから馬鹿だって言ったんだよ。
何で俺が廃止派の意見にまで関知しなきゃならん?馬鹿は黙ってなよ。

239 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:33 ID:Z/usakm0
戦争と犯罪をごっちゃにして考えることを止めた方がいいか、
ごっちゃにして考えた方がいいか、
突き詰めると、
悩むな。


240 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:34 ID:r5qfZafh
>>230
オウム信者が救出に乗り出し
それが成功し
さらに脱獄者が新たな犯罪を犯す
そんなまずありえないシチュエーションのために死刑にする必要はない



241 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:34 ID:r5qfZafh
>>232
凶悪犯罪者は、教育よりも社会を守ることが優先されるべき


242 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:35 ID:dpjUf/ay
>>239
突き詰めるとな!同意だ!

243 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:35 ID:b5S//gOz
>>240
まずありえないではまだ足りない
確実にありえないとなれば良いが


244 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:36 ID:dpjUf/ay
>>240
ありえないなんて言えねー!

245 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:36 ID:XPdeEmNv
教育刑っていうのは更正することにが目的だと思うんだが
終身刑で一生世間に出さないというのは
教育効果なんかどうでもいいということになり
矛盾する。
懲罰としての刑なら終身刑でも意味がある。
そして当然死刑の存在の意義もあると思う。


246 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:37 ID:cdTM/EOv
>>240

飛行機でビルに突っ込む世の中だよ。
どうしてありえないと言えるんだ?
まさか、「日本に限って・・・」じゃないだろうな。

247 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:37 ID:HKu6oTdt
>>208

 あたりまえだから書かなかったがもちろん逃げる。逃げまくりだ。
それでもつかまったら、という話だ。

248 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:38 ID:r5qfZafh
>>233 >>234

激戦の場合は下手に相手を殺してしまうと
敵も負傷者を救助する必要が無くなるから余計戦力が上がる
だからわざわざとどめを刺すようなことはしない

まあ、相手が一発で死んじゃった場合は仕方がないけど

249 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:38 ID:avmzRicH
戦争に関していえば、絶対悪とはいいきれないと思う。
まったく価値観も言葉も何もかも異なる宇宙人が地球に攻めてきた時、
どうやって説得するの?
この場合、不本意でも宇宙戦争をするしかない。
つまり、やらねばならない「戦争」もあるってこと。

250 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:39 ID:pDRKJT/0
>>248
爆弾を投下する場合はどうするんだ?砲撃とかさ。
今時、白兵戦オンリーな戦争なんてないだろ。

251 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:39 ID:cdTM/EOv

戦争の話をしたい奴は、別スレ立てろ。

252 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:40 ID:HKu6oTdt
>>245

 そのとおりだ。だから終身刑にも反対している。刑罰が教育である以上、
反省し、後悔し、社会の一員として受け入れることができるような人間に
生まれ変わったならば独房に閉じ込めておく理由は何も無い。

253 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:40 ID:b5S//gOz
戦争の話しでも廃止派のいってること おかしい

254 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:41 ID:r5qfZafh
>>235
>そのような人間は本当の意味での死刑廃止派ではない。
ハア? なんじゃそりゃ

だから、相手の兵士を戦えなくすることが目的であって、殺すのが目的ではない

255 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:42 ID:b5S//gOz
なんか死刑廃止、存置以外でも廃止派の言ってることは
一般人ばなれだよ。しかも間違った方向にね

256 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:42 ID:HKu6oTdt
>>254
>>だから、相手の兵士を戦えなくすることが目的であって、殺すのが目的ではない

 言葉遊びだな。意味がない。

257 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:43 ID:XPdeEmNv
>>252
ということは教育効果に言及しなければいけないはずだが
現状の再犯率の高さを見てどう思う?

258 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:43 ID:dpjUf/ay
>>252
反省して後悔したフリなんて、簡単だぜ、甘いな。てゆーか、おめでたいよな!

259 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:43 ID:pDRKJT/0
>>255
二回も同じこと言うな。

260 :初心者:02/06/30 00:43 ID:Z/usakm0
俺は死刑より思い刑罰があってもいいと思う。死刑制度存続派。

死刑は金がかかる。終身刑も金がかかる。
金をかけないで、死刑と決まったらさっさと殺せばいい。
大臣のハンコが無いと執行出来ないのも問題だと思う。

死刑賛成の理由、
1.犯罪抑止力としての効果がある。
2.更正に期待するより殺す方が一般人の安全、人権保護になる。
3.税金の無駄遣いになる。(死刑もやり方を変えるべき)


261 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:45 ID:r5qfZafh
>>237
>>250

あれは威力が大きい=戦車など防御力の大きいものを破壊でき、また1回で広範囲の敵に被害を与える
から使うのであって、確実に殺せるから使うものではない



262 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:45 ID:56H/IWI7
>>190
犯罪者をほったらかししておくならともかく、警察力や刑罰を
設ければ必ずコストは発生する。
死刑が必ずしも安上がりな刑罰じゃない事は既出だし、
そもそもコストの問題は二次的なもので、コストの高低で
刑罰を決めるのは本末転倒。


>>正当防衛と戦争と死刑を区別できない連中
アホか。


263 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:46 ID:b5S//gOz
>>261
くらったらまず死ぬだろう? w

264 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:47 ID:avmzRicH
そろそろ死刑そのものの議論に戻さない?
戦争論は、きりがない。
ひとつ言えるのは、戦争も、殺人も、そして死刑も、
おそらく100年たったってなくならないだろう。
戦争や殺人はともかく、やはりどこかで死刑制度って、被害者側から求められているのじゃないかな。
それと国民感情的にも。

265 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:47 ID:pDRKJT/0
>>261
広範囲の敵に被害を与える、の被害は殺すってことだろ?
絨毯爆撃はするが、殺すつもりはないなんて笑い話にしか聞こえんよ。

266 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:48 ID:r5qfZafh
>>246
明らかに起こる確率が少ないわけで、
それならもっと直接的な対策がいくらでもとれるだろ


267 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 00:49 ID:AfMIroxu
結局、死刑廃止の賛否は、犯罪者に人権を認めるか否かにかかっています。
犯罪者に一個の人権を認める場合、彼を殺すことは出来ません。
日本国憲法は基本的人権の尊重を原則としているのですから、
死刑制度(明治時代の立法)の存続はその精神に反するはずです。
また、刑のバランスからいっても終身刑(無期じゃない)が
憲法解釈上残虐刑として認められていないことに鑑みれば、
死刑は、当然それ以上の刑罰であると考えられ、やはり認められない筈です。

死刑賛成の人は、犯罪者に人権を認めない人です。
その理由は感情的には理解できますが、憲法の近代的精神に照らせば、
憲法改正がない限り、認めることは出来ない、と考えます。

結局この議論は、人権を本当に万人に認めて良いか、という問題に
集約されます。
これは法理論の問題ではなく、思想の問題であるため、
どんなに議論しても、平行線をたどるしかないと、思います。

268 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:50 ID:r5qfZafh
>>263 >>265
だから、広範囲の敵を戦闘不能にするのが目的であって
殺すのが目的ではない
別に死んだってかまわないが

殺すのが目的でないのと 殺すつもりじゃないのとは違うぞ



269 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:50 ID:dpjUf/ay
>>265
だよなー。なんか真面目に笑い話するやつ多くない?このスレ!

270 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:51 ID:avmzRicH
平行線、おおいに結構。
結論は誰も期待してない。
異なる意見を耳にする事に意義が有る。

271 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:51 ID:lLOKTV/E
>これは法理論の問題ではなく、思想の問題であるため、
>どんなに議論しても、平行線をたどるしかないと、思います。
そうそのとおり!で廃止派の思想は日本には合わない と。


272 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:52 ID:pDRKJT/0
>>269
真面目なんかな。ネタでやってるようにしか見えんが・・・

273 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:52 ID:XPdeEmNv
>>262
>そもそもコストの問題は二次的なもので、コストの高低で刑罰を決めるのは本末転倒。

コストは国民生活に跳ね返るものだから無視はできない。
終身刑になんのメリットもなければ
コストの話が持ち上がっても当然。

274 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:54 ID:HKu6oTdt
>>267

 君は終身刑を容認するのか?

君も十分「犯罪者に人権を認めない人」ではないか。終身刑によって一生
独房に閉じ込められる人間の気持ちが考えられないのか?いくら反省しても、
後悔しても、一生狭く苦しい独房での不自由な生活がつづくのだ。
 何か勘違いしている気がする。

275 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 00:54 ID:AfMIroxu
>>271
憲法の精神の一つに少数意見の尊重というのもあります。
多数決は決して、必ず正しい意見であるわけではありません。

276 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:54 ID:r5qfZafh
>>273
コストの面では、死刑も終身刑もそれほど変わらないはず

277 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:54 ID:lLOKTV/E
廃止派になりきった釣り師がいるかもね。
うまいこと突っ込み所も残ってる。この辺の絶妙さには頭が下がる(w


278 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:54 ID:XPdeEmNv
>>267
では、あなたは犯罪者に人権が認められるというの?
そういう観点なら懲役だって不当な逮捕監禁になるし
公民権だって認めろってことになるよ。

279 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 00:56 ID:AfMIroxu
>>274
いいえ、終身刑は残虐刑であるとして認めない現在の通説に賛成です。
私の文章のどこを読んで容認していると思われたのか、出来たら教えていただけますか?
実際に、そう思われたなら反省しますので。

280 ::02/06/30 00:57 ID:E9ddLG9t

法律や刑罰は、社会の利益を最大化するために存在する。

つまり、犯罪者を教育することが利益になる場合には
教育のための刑罰を適用し、
犯罪者を消滅させることが利益になる場合には
死刑もしくは終身刑を適用し、社会から抹殺/隔離することが
目的にかなっている。


もしかすると、隔離/抹殺する手段が
「死刑」でなくても良いかもしれないとは思うよ。
「仮釈放なき、文字どおりの終身刑」ならばね。

ついでに、罪人を養うコストをまかなうため
「強制労働つき終身刑」というのを希望。(w


281 :朝まで名無しさん:02/06/30 00:57 ID:56H/IWI7
>>269
素手で檻の中に居る敗残兵は殺されない。
素手で檻の中に居る死刑囚は殺される。

それぞれの「目的」の違いを理解しろよ。

282 :朝まで名無しさん :02/06/30 00:57 ID:lLOKTV/E
廃止派のいってる人権って命さえあれば良いということ?



283 :刑罰は教育だ:02/06/30 00:59 ID:HKu6oTdt
>>279
 ああごめん。よく読んだら違ってました。

284 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 00:59 ID:AfMIroxu
>>278
現在の日本では基本的には、当然犯罪者には人権が認められていますよ。
懲役や禁錮等の自由刑は憲法の認める範囲内での人権の制限。
基本的人権を否定しているわけではありません。

285 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:00 ID:lLOKTV/E
死刑は憲法でみとめてないの?


286 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:01 ID:AfMIroxu
「刑罰は教育だ」さんってちゃんと刑法を勉強した人?

287 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:02 ID:R5369H9J
死刑が無くなりゃ私刑がふえるだけ。
麻原が終身刑なんかになったら、下手すりゃ刑務所が襲撃されるだろう。
廃止は一般市民の感情を逆撫でして、犯罪に走らせる危険がある。

288 : :02/06/30 01:02 ID:Z/usakm0
>>280
強制労働で稼いでくれるのは微々たる金。
残虐な犯罪者で死刑の場合、どうしても保障能力が不足する。

『人権剥奪刑』として『人』とは認めず動物として扱い、
人体実験動物として国が医療団体などに売却すれば億単位の金が出来る。
この方が保障は出来るし医療の発展にもつながり、犯人も最後に役に立てると。


289 :終身刑は軽い!:02/06/30 01:03 ID:X30nITLK
終身刑が教育だなんていってる奴は何にもわかっちゃいない。冤罪は別として、何の罪も無い人を
無差別に、無残に、無意味に殺した時点で、そいつには死ぬ義務が生まれるんだ。遺族にとって
最愛の人は存在してないのに、殺した張本人は存在してる。しかも遺族が貧しくて
食べるものがなくなっても、殺した張本人は何十年先までメシは保障されてる。遺族も払っている税金
で自分の家族を殺した人間を養ってやってるんだ!おかしいじゃないか!
そういう奴は生きてること自体罪なんだよ。教育では無い!!

290 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:03 ID:avmzRicH
人権って美しい言葉よね。
でも犯罪人は、人権は制限されてしかるべき。生命も含めてね。
だって悪い事したら身柄拘束されるでしょ?
生命の保証だって制限されていいじゃないか。
人を殺せば逮捕されて、場合によっては死刑にされるなんて事は、
子供だって知ってる事だもの。
それなのにあえて大量殺人・計画的殺人を実行するような輩は、
人権を口にする資格なし。

291 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:04 ID:AfMIroxu
>>285
憲法の解釈の問題です。
はっきり認めたわけでも、否定したわけでもない。
私の解釈に拠れば憲法上認められないと考えます。

>>282
違います。受刑者は刑務所の中でもかなりの人権を保護され、
不当な人権侵害は許されていません。
正当な人権侵害は認められていますけれどもね

292 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:05 ID:7pzsh4YI
刑罰は私刑を取り上げる代わりのガス抜きだろ、もともと。

293 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:06 ID:pDRKJT/0
ループしてんね、相変わらず。

294 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:06 ID:56H/IWI7
なぜ憲法を絶対視するヤツがいるのかわからん。
憲法は刑法の上位にあるが、変更可能なルールである事にかわりは無い。

295 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:06 ID:lLOKTV/E
>>291
>正当な人権侵害は認められていますけれどもね
この正当な人権侵害に死刑が入ると思うんですが...難しいですねえ

296 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:06 ID:avmzRicH
憲法に不備や時代に合わない部分が出てきたらどんどん改正しよう。
法のために人がある訳ではなく、人のために法がある。

297 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:07 ID:XPdeEmNv
>>291
被害者の人権についてはどう思います。
「死んじゃったから、消えちゃった」って感じですか?

298 :刑罰は教育だ:02/06/30 01:08 ID:HKu6oTdt
 今日はもう寝るのでまとめる。
 死刑存置派が時代遅れで問題外なのは言うまでも無いが、
廃止派も廃止派で、死刑のかわりの刑罰に終身刑などとは笑
止千万。人権とは絶対不可侵のもの。その意味でここの廃止
派も存置派も人権というものの本質がわかっていないので
はないか。
電気イスに無理やり座らされた人間の心の叫びを聞け。心臓の
波動を感じろ。  話はそこからだ。 おやすみ。

299 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:09 ID:AfMIroxu
>>294
別に憲法を絶対視なんかしてません。
ただ、現行憲法にのっとれば解釈上駄目、という理論を組み立てているだけ。
憲法を改正すれば別の理論を組み立てますが。

ただし、変更可能であるとはいえ、その限界はあります。
基本的人権の尊重については、その限界外にあるというのが通説です。

って、法学部でもない人にこんなこといっても理解できないんだよね。。。
啓蒙思想も勉強してないんだもんね。。。


300 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:09 ID:XPdeEmNv
>>298
頭悪い言い訳で逃げますなあ(w

301 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:09 ID:avmzRicH
理不尽に殺された者の心の叫びを聞け。
心臓の波動を感じろ。
話はそこからだ。 おやすみ。

302 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:10 ID:7pzsh4YI
人権の絶対性を根拠にするなら全刑罰廃止を主張しなはれ。

303 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:11 ID:lLOKTV/E
>人権とは絶対不可侵のもの
だからここ 決め付けてるって(w 世の中全員そんな考えもってはいないよ。
まずそれをわからないとね。

304 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:12 ID:B5iv8QgE
議論の腰を折るような質問なんだけど、
死刑廃止論者にはいわいる左翼が多数を占めるじゃないですか。
んで、彼等の論調ってのは死刑は人権を侵害する刑罰である。
しかし加害者には人権があって、その人権は何人たりとも侵せない。
故に死刑には反対である。と概ねこんな感じの枠で議論してますよね?
んで、ここから本題の質問なんだけど、この枠から外れた、もっと別の
視点から死刑廃止を謳っている人っていらっしゃいます?
もし、いたらそういう人の意見もちょっと聞いてみたいんですけど。

305 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:12 ID:YNwCTW9P
シャバより塀の中のほうが、人権の保障が厚かったりして?
自分の家族が殺されたら、相手を殺して自首するか、死刑がなければ!

人権って、理性的な方々の妄想ですか?

306 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:13 ID:AfMIroxu
>>297
そうです。死刑賛成派に反対派が受け入れられない理由の一つが、
その考え方ですよね。

でも、人はいつからいつまで人かといえば、出生から死亡までです。
出生と死亡の正確な定義については幾つか説がありますが割愛します。
出生前の胎児を殺しても殺人ではなく堕胎になり、
死亡後の死体を毀損すれば殺人ではなく死体損壊になります。
こういう思想に立って、亡くなった方の人権は考慮しません。

307 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:13 ID:R5369H9J
>>298
人権が絶対不可侵ってのも考え無しだな。
人権を絶対不可侵とおくのは、神に与えられた自然権が存在する世界の話で
キリスト教圏ならともかく、日本人の精神性や社会から
人権を絶対不可侵の元として扱わねばなら無い理屈は出てこないんだが。
そういう基礎が抜け落ちているてんで、現行憲法は変な物なんだがね。

308 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:13 ID:X30nITLK
>>302
そうだ、そうだ、いいぞ!言ってやれ、言ってやれ!!

309 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:13 ID:XPdeEmNv
>電気イスに無理やり座らされた人間の心の叫びを聞け

ほんとバカだな、おまえは。
殺人犯はその場で初めて、無辜の市民が殺害された重みの
ほんの端っこだけしか窺い知れないんだよ。
ホントはしっこだよ。
「何で殺されるの?」というのと「殺されるってこういうことか」を
何で等価に考えるんだろう・・・


310 ::02/06/30 01:14 ID:E9ddLG9t
>>300
いや、彼は一級の「煽り職人」だよ(藁
最後の言葉だけちょっとあざとかったけどね。


311 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:15 ID:pDRKJT/0
>>304
人権派や左翼の廃止論者はあんまりいないと思うけど。ここは知らんけどね。

312 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:15 ID:AfMIroxu
>>305
かなり的を得た意見だと思います。皮肉なのは承知していますが

313 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:15 ID:XPdeEmNv
>>306
じゃあ死刑は無罪ね?

こいつもネタか・・・

314 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:16 ID:pDRKJT/0
>>305
妄想ってのは言い過ぎだろ。
表現の自由とか信じてるだろ?それも人権なんだからさ。

315 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:17 ID:R5369H9J
判例では
13条及び31条で刑罰としての死刑の存置を想定し
これを是認したものと解すべきである
とされた。

解釈の一つだけどね。

316 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:18 ID:56H/IWI7
>>305
敵討ちで人一人殺したくらいじゃ、今の日本では絶対に死刑にならない。
もしもの時は安心して犯人を殺せ。

317 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:18 ID:lLOKTV/E
中絶や安楽死は認めるけど死刑はだめだって言う廃止派いるかな

318 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:19 ID:cdTM/EOv
人間は必ず死ぬし、死に様を自分で決める権利もあっていい。
自分の犯した罪を心から悔やみ、死をもって償いたいと考える犯罪者がいたとして
その望む死に方が、死刑執行だというものだった場合でも、「生かしておいて一生
苦しんでろ」ってことにつながるので、死刑は必要。
だいたい、人権のなかに「死」の権利がないというのがおかしい。

319 :くじら547:02/06/30 01:20 ID:+o45dO03
>>304
亀井静香(死刑反対議員団の会長だったかな)がサンプロで言ってたけど、
 人間のすることに100パーセント正しいことは無い。
 誤審で冤罪になるかもしれない人がいる以上、
 死刑という取り返しのつかないことはしてはいけない。
みたいなことを言っていたよ。

320 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:20 ID:56H/IWI7
俺は中絶も安楽死も認めるけど、死刑は廃止した方がいいと思うよ。

321 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:20 ID:AfMIroxu
>>307
まさしくその通りだと思います。
近代の人権思想はあくまでキリスト教の思想の影響を色濃く受けています。
そして、19世紀以降、それが急速に世界標準になって行ったのです。
日本でその思想を私達「人権派」がうまく説明できないのは、
キリスト教の思想がコンセンサスとして有る欧米と決定的に
思想的土壌が違うからです。
しかし、ごく一部の凶悪犯罪者に関する取り扱いを甘くしなければならないという
点を除けば、この思想は非常にわれわれの福祉に役立っています。
まぁ、わたしはこんな書き方をしてはいますが、心の底から死刑制度には反対なんですけど。
それは、有る程度キリスト教の影響を受けているからです。確かに。

322 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:21 ID:lLOKTV/E
>>320
おお ちょっと 質問したい


323 ::02/06/30 01:21 ID:E9ddLG9t

「人権」って言葉とその運用も
社会の利益を最大化するためのフィクションに過ぎない。

ちょうど、
キリスト教における「奇跡」「永遠の生命」というのが
信者の数を最大化するためのフィクションであるように。

実際のキリスト教の利益とは
その教義により、社会の利益を最大化させるためにある。

よって、死刑や終身刑により、社会の利益が最大化するならば
それらを運用することに何ら問題はない。


324 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:22 ID:7pzsh4YI
>>319
それなら、3審で終了なんて制度も廃止だな。
間違って取り返しつかないことには変わりないから。

325 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:23 ID:R5369H9J
ちなみに
憲法31条
何人も、法律の定める手続きによらなければ、
その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科されない

つまり法律の定める手続きによれば、生命を奪われる事もありうる。

326 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:23 ID:7pzsh4YI
なんで死刑だけ特別扱いで反対するのかよくわからんな。

327 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:23 ID:lLOKTV/E
k.wさんは中絶と安楽死も反対ですか?

328 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:24 ID:AfMIroxu
>>315
そうですね。
はっきりいって、違憲立法審査権は有っても憲法の審査権はない
裁判所の限界だと思います。
31条でほぼ死刑の存置を認めていますから。
ただし、31条は13条に違反するというのが私の考えです。

329 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:25 ID:R5369H9J
>>325
は、そういう解釈が成り立ちうる、って程度に読んでくださいな。

330 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:25 ID:AfMIroxu
>>322
わたしも安楽死は微妙ですが、中絶は反対ではありません。

331 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:27 ID:AfMIroxu
>>319
ちゃんと再審制がありますよ。
どんな刑事裁判でも理論上上告審で完全に終了するということはありません。

332 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:27 ID:56H/IWI7
>>323
全くもってその通り。
人権というのは「みんなが人権ってモノを持ってるって事にしようね」という約束事でしかない。
人権が「ある」のではなく、人権と言う約束事を守る人達が「いる」というだけの事。

333 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:27 ID:cdTM/EOv
>>328

公共の福祉については、どうお考えですか?

334 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:30 ID:AfMIroxu
>>326
人権の制限と否定は全く違うと考えるからです。
教育を目的とした自由刑は人権の制限。
人権の制限は刑罰でなくても日常的に行われています。
例えば、義務教育は子供に対する人権の制限だし、
納税は財産権の制限です。
その延長としての自由刑は正当な理由があり、
また、受刑者の利益の為に行われるものであるため、
認めます。

335 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:31 ID:avmzRicH
>319
>人間のすることに100パーセント正しいことは無い。
 誤審で冤罪になるかもしれない人がいる以上、
 死刑という取り返しのつかないことはしてはいけない。

亀井静香がそんな事いってたのか。驚きだ。
ならば何年もの間、身柄を拘束されて失った歳月というものは、
取り返しがつくというのか。時間は戻らないぞ。
アホな政治家やね。

336 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:32 ID:cdTM/EOv
>>335

冤罪死刑の最大の原因が、冤罪逮捕にあるからじゃないの?

337 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:33 ID:7pzsh4YI
>>334
そしたら人権の制限もやめようよ。

338 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:33 ID:XPdeEmNv
>>334
死刑と、他の刑罰の違いが見えないのですが・・・

339 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:36 ID:R5369H9J
>>334
私は死刑囚の人権が否定されてるとまではいえないと思います。
烈しい苦痛を伴う残虐な刑罰をなされない、という程度の保証ですが。
(絞首刑は、絞まったとき意識が落ちるとききます。)
それでも法にのっとった形式でなされるという保証があります。

人権が否定された場合、そりゃもう人間扱いされないわけですから
四肢を切断してだるまにしようが、そのまま見世物にしようが
被害者の家族に生贄として献上しようが、かまわないわけで。

340 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:36 ID:AfMIroxu
>>333
生命は人権の享有主体として最低限認められなければならないと考えます。
その生命すら公共の福祉のために認められない事例が理論上一つだけ有ります。
それは、正当防衛です。
一言正当防衛について説明しますと、刑法によれば、
「急迫不正の侵害」に対してのみ認められる攻撃です。
急迫性と不正性がなければなりません。
急迫性とは現実に危険が目の前に迫っていること、
不正性とはその危険が不正なものであることです。

341 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:41 ID:AfMIroxu
人権の制限は、金銭で賠償出来るもの、とします。
失われた時間は取り戻せないのはもちろんですが、
金銭による賠償で補償が可能で有る、と考えます。


342 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:43 ID:lLOKTV/E
犯罪人が死刑を求刑されて、罪人も終身刑とかより死刑をを望んだとする。
この場合でもやっぱり死刑は駄目なのかな。

343 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:44 ID:7pzsh4YI
>>341
死に対する賠償もあるでしょ。
受け取るのは遺族だから、本人の人権に関係ないというのかもしれない
けど、それはそれで西洋個人主義という別の土台があるわけで。

344 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:46 ID:56H/IWI7
>>335
時間を含め、冤罪によって失ったモノは何一つ戻ってはこないわけだが、
だからと言って、現実問題として刑罰を全て廃止するわけにはいかない。

一方、冤罪の可能性が否定しきれない以上、冤罪による被害に対して
なんら軽減手段を講じないというわけにもいかない。

死刑廃止というのは、その両者のバランスの「妥協点」なのだよ。

345 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:47 ID:HKu6oTdt
>>341

獄中死しちゃったら本人に賠償できないんでは?

346 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:47 ID:AfMIroxu
>>339
死刑囚に対する人権的配慮が最大限なされていることは認めます。
現行の処刑法(絞首)がいわゆる残虐な処刑法でないことも認めます。
しかし、処刑そのものがやはり残虐だといわざるを得ないと思います。
まぁ、これは思想の問題かもしれませんが。

殺された人についてもも人権を制限されただけだとは考えません。
それと同じことですが、いかがでしょう。

347 :朝まで名無しさん :02/06/30 01:48 ID:lLOKTV/E
自分の人権の制限を自分で決めるのはどうなのかな
それもやっぱりゆるされないのかな

348 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:51 ID:YNwCTW9P
>339
激しく同意します、もし自分が死刑囚だったら、刑の執行日を
教えてほしいなぁ、

死刑に関しては必要と考えています、ゆえに、無実の罪で
死刑になっても、モンクはいえませんね、
治安の維持に繋がるのなら!

むしろ、死刑執行人の人権のほうが・・・

349 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:51 ID:AfMIroxu
>>343
その賠償は、大切な人を殺されたことへの精神的苦痛への賠償だと考えます。
現実の裁判での解釈はもっとドライで、被害者が稼いで家族にもたらすしただろうと
考えられる金額を賠償します。
被害者に家族や利害関係人がいない場合、賠償の問題が発生しないことが
本人との無関係性の証明だと思います

350 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:52 ID:R5369H9J
>>346
>生命は人権の享有主体として最低限認められなければならない

このあたりがキリスト教的な価値観と、日本的(とあえていいますが)価値観との
差異が現れるところかもしれない、と考えます。
だるまにして見世物として転がしていても、生きていればそれでいいのか?
自殺をも基本的に否定するキリスト教的価値観なら、神に頂いた生命を「殺す」のは許されないでしょう。
しかし、日本人なら「もういっそ殺してやった方が」と考えるのではないでしょうか?

例は極端ですし想定状況が少し異なりますが
最低限残してやらねばならないのは生命である
というのはきわめて思想的な背景を必要とする、と考えます。
そして、日本人全般にとってそうした思想を求められるとも思いません。

351 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:56 ID:AfMIroxu
>>347
放置してごめんなさい。
それは、国家に対して自らの人権の制限を求めることは出来ません。
「じぶんでやれ」ってことです。
自分でやるのは自傷行為と言って犯罪では有りません。
ただし、他人に依頼した場合、依頼されて実行した人は、
障害なら障害の罪、殺人なら同意殺人の罪にとわれます。
例としては、ユビツメをやったやくざの兄貴分やが前者に該当し、
三島由紀夫の介錯をつとめた青年が後者にあたります。

352 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 01:57 ID:AfMIroxu
>>339>>348
そういえば執行の日時は知らされていない、と書いた本をよんだことがあります。
そこは改善点でしょうね。

353 :朝まで名無しさん:02/06/30 01:57 ID:R5369H9J
>>350のだるまの話は、刑罰でなされた場合を想定してくらはい

354 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 02:00 ID:AfMIroxu
>>350
お説はごもっともですが、そういう二択的議論とは違うので、
少々論点がずれていると思います。
その両方を尊重すべきなのはキリスト教でも当然のことです。
キリスト教的価値観でもその場合、殺すことは許されると思います。
最近議論になっている尊厳死、というやつです。

355 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:01 ID:cdTM/EOv
地球上のすべての生命は、他の生命を利用して自己の生命を維持している。
それは人間も同じはずなのに、人間の生命は最低限認められなければならないという。
人類の傲慢だとしか言えないね。
もし神の裁きがあるのであれば、人類が処刑されそう。

356 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:03 ID:cdTM/EOv
>>354

尊厳死はあくまでも他人に与えてもらうもので、自殺じゃない。
キリスト教の思想では、自殺はやはり認められない。

357 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 02:03 ID:AfMIroxu
>>355
全ての命を尊重すべきだ、という発想はともかく、
全ての命を軽視すべきだ、という結論にはいたらないと思います

358 :K.W死刑廃止派 ◆VW.PiwSU :02/06/30 02:05 ID:AfMIroxu
いやいや、確かに自殺は認められません。
私が尊厳死にたとえたのは、いっそ殺してくれ、
といわれているような状況で、殺すことです。

359 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:06 ID:AfMIroxu
>>358>>356です

360 :朝まで名無しさん :02/06/30 02:07 ID:+mJ/S42A
それは安楽死といえるものかな

361 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:07 ID:cdTM/EOv
>>358

その考えであれば、「死をもって償いたいが自殺は出来ない」という考えの人間のために
死刑があってもいいんじゃない?

362 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:07 ID:AfMIroxu
あ、トリップかわっちゃった。
すみませんWest、の方が本物だったんで、VWとWestは
同一人物です。

363 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:08 ID:R5369H9J
>>354
例が良くなかったので、論点がふやけてしまいましたが。

議論したかったのは、生命を奪う行為=人権剥奪ではないだろう、ということです。
処刑その物を残虐とするのは、そうした思想からでしょう?
命に絶対の価値を置かなければ、死刑廃止論はでてこない。
しかし、生きていること=絶対価値、ではないのではないか
ということをいいたかったわけで。

364 :朝まで名無しさん :02/06/30 02:12 ID:+mJ/S42A
まあk.wさんも前のレスで思想の違いとは言っているね。
それでぶっちゃけた話し、その思想は日本にあうのかどうか。またその思想にしなければいけない理由があるのか。
それを聞きたいですなあ。

365 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:13 ID:AfMIroxu
>>361
裁判所は被告人がより重い刑を望んだとしてもそれに応えるわけでは有りませんから、
それは死刑存置の理由にならないと思います。
肉体的苦痛については安楽死は認めていいと思います。
また,尊厳死と安楽死は違うのですが、誰か知ってたらお願いします。
厳密なことは分からないので、私は説明は避けます。
精神的苦痛については自分で解決すべき問題だと思います。
その態度は被害者に対しても一貫して取られています。
例えば、本当に嫌なたとえですが、
暴行された女性が自殺をしても、加害者は殺人には問われません。

誤解されると嫌なので、蛇足を承知で付け足せば、
強姦の罪は刑が軽すぎると思います。

366 :朝まで名無しさん :02/06/30 02:19 ID:+mJ/S42A
たしかに強姦の罪は軽過ぎですね。故意に行いそして相手が自殺してしまったとまでなれば
死刑で妥当だと思います。

367 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:20 ID:AfMIroxu
命が尊いもので有る、という命題には誰でも賛成すると思います。
命は何よりも尊いもので有る、とすると、どうでしょう。
確かに難しい。命より大事なものは有るかもしれません。
この辺は「法理学」といわれる議論ですが。。。おいといて。

内乱と外患、殺人と放火、この四つだけに殺人の規定を置いています。
前二者は置いておいて、後二者はいずれも生命に関する罪です。
放火は人が死ななくても死刑が適用されることがあります。
これは不特定多数の人が死ぬ可能性が非常に高いからです。
殺人未遂(刑は殺人と同じ)の一つ上、というところでしょうか。
逆説的な言いかたになってしまいますが、やはり、
現行刑法は人の命を何よりも大切なものとしています。
そして、死刑賛成の皆さんも、人の命を大切に思うがゆえに、
死刑に賛成しているのだと思います。
思想の違いといっても、その、紙一重のところだと思います。


368 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:20 ID:R5369H9J

○安楽死
死期の切迫した病者が絶えがたい苦痛に悩んでいる時に
その嘱託のもとに、医学的処置を施して楽死させる行為。同意殺の一形態。

○尊厳死
単に死の延長に過ぎない末期状態(植物人間)を継続させるための
生命安全装置を取り外し、死に至らしめることをいう(品位ある死を確保する)
これを安楽死の一つとする見解もあるが
@肉体的苦痛を伴わないことA死が目前に迫ってないことB患者の同意が実際上ありえないこと
等に相違がある。

369 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:21 ID:avmzRicH
>365
>強姦の罪は刑が軽すぎると思います。

似たような行為を行なっても互いの同意があれば、それは互いの快楽となる。
つまり考え方しだいでどうにでも価値が変わるものなので、罪を軽くしているのではないか?
裁判姦は、男が多いし。

370 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:22 ID:kKLSkm88
>>365
現在の強姦の刑が軽くて、凶悪殺人の刑(死刑)が重いと思うのなぜだ?
結局主観じゃ無いか?

371 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:25 ID:R5369H9J
>>367
命の重さには差異がありうる、という考えが抜け落ちて見えます。
一般市民の命は重く、殺人者の命は軽い、とするが故の死刑制度でしょう。
差異がありうるか否か、は思想的にも結構な違いだと思います。

372 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:27 ID:AfMIroxu
>>370
いや、自由刑と生命刑では刑の質が違うと考えています。
そりゃ、主観では有りますけど。

>>369
裁判官ではなく立法府が刑を決めるんです。

373 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:28 ID:AfMIroxu
>>371
そうですね。確かにそうです。

374 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:28 ID:R5369H9J
そろそろ寝ます。

375 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:29 ID:cdTM/EOv
>>368

非常に分かりやすい説明なんだけど
>B患者の同意が実際上ありえないこと
は違うんじゃない?
植物状態になる前に、自分の考え方=尊厳死を選ぶってこともあるでしょ。


376 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:31 ID:R5369H9J
>>375
Wセミのデバイスの丸写しなんで
不備があったら適当に補完してください。(無責任ですみませんです)

377 ::02/06/30 02:32 ID:E9ddLG9t
>確かに難しい。命より大事なものは有るかもしれません。

 個人の命より大切なものがあるとすれば
 「国家」ではないかとおもいます。

 個人の命を大切にできるというのも
 国家の後ろ楯あってのことですから。


>内乱と外患、殺人と放火、この四つだけに殺人の規定を置いています。

 内乱と外患に死刑を規定しているのは、
 日本国という社会の利益を大いに減じるばかりではなく
 国家の消滅を意味するからです。

 戦前の日本では、敵前逃亡は銃殺刑だったそうですが、
 国家という存在を保持するため、やむを得ない運用だったかと
 おもいます。

 有事の法の運用と、平常時の法の運用は同一視すべきではないかも
 しれませんがね。



378 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:32 ID:AfMIroxu
>>375
実際にその状態になってから、の意思が大事なのでは?

379 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:33 ID:kKLSkm88
>>372
刑の質は罰金刑と懲役刑でも違うんじゃない?

380 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:34 ID:cdTM/EOv
>>378

ついこの間、テレビでドイツ人夫婦の例をやってたんだよ。
いままで何事も夫婦で決めてきたので、尊厳死についても夫婦で決めたって。

381 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:35 ID:AfMIroxu
>>377
個人の人権を保護する民主国家としての日本を守ること、
ということですね。
国家が個人の命より大切だということではないと思います。
どうどうめぐりみたいですが

382 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:37 ID:cdTM/EOv
魂の存在を信じる人にとっては、命よりも大切だと思うんじゃないかな。
結局、生命というのはこの世において魂を修行させる道具に過ぎない
という考え方も出来るし。

383 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 02:38 ID:AfMIroxu
>>379
いや、質が違うところに論点があるわけではないので、、、
懲役刑を認めている以上、それより軽い罰金刑は全く問題ないと思います。

>>380
尊厳死については定義がいまいち曖昧なのです。
パーキンソン病なんかで動けなくなる前に、という場合も尊厳死とよんだりします。
それは彼の説明した尊厳死とは別のものです。ってーか、
その辺がよくわからない。

384 :朝まで名無しさん :02/06/30 02:45 ID:YK9FOBAm
廃止派の信仰している思想も1つの答えで間違ってはいないと思う。実際そういう国もあってうまくやっていけてる。
そして現在の日本もまた違う思想をもとにうまくやっていけてる。これも1つの正しい答えなのかもしれない。
ただここでお互いに相手に押し付けようとするのは正しいことではないと思う。


385 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:45 ID:kKLSkm88
>>383
死刑より終身刑の方が重いと考える人が出てくるなら、
懲役刑より罰金刑が重いと考える人もいるのでは?
無職で財産の無い人は罰金刑の方が重いと思うかもしれん。

386 ::02/06/30 02:46 ID:E9ddLG9t
>>381

「個人の命」と「国家」はにわとりと卵のようですが、
私には、「国家の存在」の方が大きいようにおもいます。

内乱罪、外患罪いづれとも
ひとを一人たりとも殺さずとも死刑が成立し得ることから
そのように思います。


387 :朝まで名無しさん:02/06/30 02:50 ID:cdTM/EOv
軍人が国家のために威信をかけて戦い、名誉ある戦死をするというのも
個人の命より、国家が大切だっていうことの証だと思う。
けっして、国家のために死ねということではなく、命をかけて守るべきもの
という意味で。

388 :名無しさん:02/06/30 02:51 ID:rz1ILc8H
>1
暇だからでしょ。

389 :朝まで名無しさん:02/06/30 03:18 ID:+VSuZucX




命が大切?馬鹿逝っちゃいけない、たった2000円で人が殺される時代ですよ。


390 :Ver5:4:02/06/30 08:55 ID:9+0jGPnA
>>344
同意。うまいことを言いますね。

冤罪死刑が有り得ると言う点で、私は死刑に反対(ただし「死刑の
メリットに対して4」のケースを除いて)します。万一、冤罪死刑が
無いことが制度的に保証できるようになれば、私は死刑に反対しません。
「冤罪と言う点では他の罰でも同じ」と言う意見も有りますが、次の点で
冤罪死刑は特別だと考えます。

冤罪死刑のリスク
1.冤罪をはらす一番重要な主体である本人がいなくなる。汚名を
着せられると言う点は他の刑罰と同じでも、本人が汚名をはらす機会が
奪われる点が違う。この点を冤罪死刑になる人がどう感じるか考えると、
冤罪死刑は一種の凶悪殺人である。
2.本来死刑にされるべき真犯人が罰せられない可能性が非常に高くなる。
死刑になってしまえば警察は動かないし、本人が冤罪だとは言わない。

死刑のメリットとされることに対しては次のように考えます。

死刑のメリットに対して
1.殺人の抑止力
    有ったとしても冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。
2.罪と罰のバランス、被害者、国民の感情
    冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。
3.社会不安の除去。再犯の可能性が0になる
    終身刑で充分だと思います。
4.脱獄の可能性がなくなる
    テロリストの仲間が脱獄させる危険性は冤罪死刑のリスクを
   こえる可能性を認めます。この危険性が有る場合に限って
   死刑を認めます。その他の種類の脱獄の可能性は冤罪死刑の
   リスクをこえるものとは思えません。

391 :朝まで名無しさん:02/06/30 09:49 ID:NoGsAmv3
>>390 >>2.罪と罰のバランス、被害者、国民の感情
    冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。
てめえの勝手な価値判断がここに混じってやがる。
だから廃止派はいつまでも電波レベルなんだよ。

392 :朝まで名無しさん:02/06/30 09:58 ID:derFFwnl
>>391
死刑がないと国民感情を納得させられないって存置派の主張も
てめえの勝手な価値判断だろ?だから存置派はいつまでも電波レベルなんだよ。

393 :朝まで名無しさん:02/06/30 10:19 ID:upsZlI+8
>>392
電波発見

394 :朝まで名無しさん:02/06/30 10:22 ID:r5qfZafh
相変わらず勢いだけのレスしかつけられない賛成派が多いね
理論には理論で反論してみろよ

395 :朝まで名無しさん:02/06/30 10:27 ID:derFFwnl
>>393
残念。俺って存置派なんだよな。
ただ391があまりに馬鹿だからつい煽っちゃったんだよ。

396 :朝まで名無しさん:02/06/30 11:25 ID:P0eLgmrM
>1.殺人の抑止力
>    有ったとしても冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。
>2.罪と罰のバランス、被害者、国民の感情
>    冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。

それを言うと全ての刑罰が否定されるのでは?
無期懲役や死刑をくらったけど長期に渡って執行されなかった囚人あたりに、たまにいるよね。
かなり長期に刑に服した後、被害者・証人あたりが死んだ頃に再審請求出す奴が…

397 ::02/06/30 12:03 ID:E9ddLG9t
>>396
>かなり長期に刑に服した後、被害者・証人あたりが死んだ頃に再審請求出す奴が…

 自分は冤罪なんだと、長期にわたって自己暗示をかけているうちに
 その気になってしまったということでしょう。

 そういえば、ヒ素カレー女/ハヤシマスミは
 獄中で、冤罪関係の本ばっかり読んでるそうだ。


398 :朝まで名無しさん:02/06/30 12:45 ID:upsZlI+8
釈放→再犯のリスクも国民が負えと?
終身刑ってったって模範囚やってたら出れる制度になるだろうしね、日本なら

399 :朝まで名無しさん :02/06/30 12:48 ID:oNMSQ4iW
恩赦なんかもあるかもね

400 :朝まで名無しさん :02/06/30 12:50 ID:oNMSQ4iW
まあ凶悪犯罪人からすれば
冤罪とかの理由は死刑からの逃げ道でしかない と

401 :朝まで名無しさん:02/06/30 12:54 ID:derFFwnl
それと本当に冤罪被害に遭う人がいることは別の問題。

402 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 13:04 ID:dewa4bw/
無期懲役なんて、演技して模範囚やっていれば、20年で出てくる。
凶悪でずる賢い奴ほど演技する。
そんな奴が出てきて、また好きなように人を殺して良いと云うのなら、好きなだけ死刑に反対するが良い。
反対していて、自分の家族が殺されてから、「死刑にしろ」なんて都合の良い事を言わないように。
それに死刑がないと、つまらないだろ。

403 :段造:02/06/30 13:16 ID:tuq0L4+T
>402
確か、最近のデータだと平均13年ぐらいだった、と記憶しているが。

404 :名無し三等兵:02/06/30 13:23 ID:YH1M+rsa
凶悪犯罪増えてる今こそ拷問刑導入しろ
もしくは片足切り落とすとか


405 :朝まで名無しさん:02/06/30 14:26 ID:/GzgHA+5
取り敢えず、これ以上議論を進展させるためには、一度だけでも完全公開処刑を実施した方が良いと、私は考えているのだが、皆さんはどうだろうか?
しかしながら、法務省や賛成派の一部などは、非公開にすることに意味があると言うのだが、これはおかしい。だいたい人に見せられないことが良い事であるはずはない。それなのに、国家が人の命をも奪う事が公共の福祉(幸福)になるのであれば、誰に見せたとしても良いでは?

406 :朝まで名無しさん:02/06/30 14:55 ID:X1LYuFq/
>反対していて、自分の家族が殺されてから、「死刑にしろ」なんて都合の良い事を言わないように。

これを都合の良い事と受け取る頭の弱い存置派は議論に参加しないで欲しいね。
過去ログ読んだのかと問いたい。


407 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:05 ID:NzTmZK5j
>>405

つーか、死刑は原則全て公開処刑&NHKで生中継にするべきだろう
何も後ろめたい事が無いのならば。
公開処刑の方が犯罪犠牲者遺族の皆さんの無念も晴れるだろう。
一罰百戒の効果も高まる。


408 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:07 ID:Mpj6pp2B
愛する人間が無残に殺された場合、犯人を殺したいと思うのは人間の自然な感情だと思う。
その自然な感情に基づいて生きていくのが、本当の人間らしい生き方なのではないだろうか?
そういう意味で、基本的人権にあまりにもこだわりすぎることは、人間らしさを失わせる結果
となり、死刑廃止派の葛藤の原因になっているのではないだろうか?


409 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:12 ID:NzTmZK5j
綺麗な女性が歩いていた場合、強姦したいと思うのは人間の自然な感情だと思う。
その自然な感情に基づいて生きていくのが、本当の人間らしい生き方なのではないだろうか?

410 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:13 ID:X1LYuFq/
>>408
感情に従って生きるというのは理性の放棄と受けとっていいのか?

411 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:19 ID:RAPFI7cc
この国の死刑存置論が胡散臭いのは犯罪被害者保護立法が大幅に
立ち遅れているにも関わらず(できたのはようやく最近)
被害者感情を理由に死刑を許容しようとするところ。
本当に被害者のことをどれだけ理解しようとしているのか、大いに疑問。


412 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:27 ID:RAPFI7cc
>>407
>死刑は原則全て公開処刑&NHKで生中継にするべきだろう
死刑を存続させるなら同意。
死刑囚の呪いの言葉と断末魔の声を聞くことは死刑賛成派の義務。
目を逸らしちゃ逝けない。

ついでに、
死刑執行する場合は、死刑に賛成する人間は全員執行を容認する旨連署し、
後日冤罪が判明した場合は自らも殺人罪で裁かれるというシステムにすべき

413 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:35 ID:Mpj6pp2B
>>409

ごくろうさん。

>>410
感情に従うということは、死刑に反対するなってこと。
廃止派の中でも「愛する人が殺されたら賛成するかもしれない」と言う
人間がいるだろ。


414 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:37 ID:X1LYuFq/
>>413
何で死刑問題だけ感情に従うのが良くて
他のときは感情を抑えるのがいいんだ?メチャクチャだね。

415 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:38 ID:J8xT9Xvi
>>412
そりゃ人権無視じゃねーの。極端すぎ。

416 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:46 ID:EmA/sXGh
>>415
>>412のどこが人権無視?
具体的にプリーズ。

417 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:50 ID:CzxKDPyH
>>412
それなら死刑に反対するものは、現在死刑に相当すると思われるものが懲役刑となり、出所後犯罪を起こした際に同様の罪を負うべきである。

418 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:51 ID:YKk8Y3SL
死刑はやっぱ廃止だろ。
たしかに俺も弟を車でひき殺されたときは、そいつを殺してやろうかと
思ったけど、やはり冤罪の人もかならず出てくるはずだから、
死刑は廃止したほうがよい。

419 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:56 ID:CzxKDPyH
冤罪叫ぶ人へ、現在の死刑囚が全て冤罪であると仮定した上で、冤罪で死刑になる確率とあなたが車の運転で人殺す確率はどちらが高いと思う?冤罪が怖いから廃止なら、当然運転もしないよね?


420 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:59 ID:EmA/sXGh
>>417
>現在死刑に相当すると思われるものが懲役刑となり、
そりゃ裁判官の責任だろ。
大体再犯の責任を余人に転嫁しようというなら、
犯罪者は全て死刑にしなければならなくなる。
そもそも再犯の防止をいうなら終身刑で十分。
そんなこともわからんのか。

421 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:00 ID:J8xT9Xvi
>>416
>後日冤罪が判明した場合は自らも殺人罪で裁かれるというシステム
ここ。賛成者のみにリスクありすぎでしょう。

422 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:02 ID:EmA/sXGh
>>419
>冤罪で死刑になる確率とあなたが車の運転で人殺す確率はどちらが高いと思う?

明白に前者ですが何か?


423 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:06 ID:eWUO1vlW
>>421
無辜の人間を殺したんだから、当然でしょ?殺された側の感情からすれば。

424 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:10 ID:CzxKDPyH
>>420
そりゃわかってるけどあくまで412の返事やからな。終身刑って懲役やないから労働はないんかな?やけど、最低限の生活は保障され、そいつのために毎年数百万の税金が使われる。この金無駄やと思わんの?




425 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:12 ID:iMlGuZqe
>>424
金が無駄やから殺してしまえ、と。
いかにもエコノミックアニマルな日本人的発想だね。

426 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:13 ID:CzxKDPyH
>>422 おい今の死刑囚って100人ちょっとやろ?少なくとも交通事故死亡者数10000人弱には遠く及ばんやろ!?

427 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:15 ID:CzxKDPyH
ちゃうわ!この金ワクチンや薬にしたらいったい途上国の子供何人救えると思ってるん?

428 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:19 ID:qKVTnVNl
>>424
>この金無駄やと思わんの?
何度も既出。
では、その金を自分で負担できる人間は死刑を免れるとして良いわけだな?
金持ちと貧乏人で適用される刑が異なって良いと。
全く大した正義だよ。

429 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:20 ID:CzxKDPyH
>>424
なんで命をなんとも思わんやつに金使って、何の罪もない子供助けるための金を出せん?そこが間違ってる思うわ!大体エコノミックアニマルやいつの時代の話しや?

430 :422:02/06/30 16:23 ID:NT88uaE9
>>426

私は自動車運転しないんですよ

431 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:25 ID:HQVWJFLA
>>430
今後仕事の都合やらなにやらで免許とって事故る可能性の方が
免罪死刑の可能性よりよっぽどあんだろ。

432 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:26 ID:bOlIYoOv
>>385
?現行法では、終身刑(無期懲役ではない)は死刑より重いとされていますよ。
いずれにせよ、罰金刑は間違いなく金銭による補償が可能なので、問題ないです。
それから、罰金刑を科されて支払不能の場合、労務の提供によってこれに変えます。
これは、懲役刑の役務だけを科して、身体的拘束をしないというものです。
どちらのほうが軽いか、一目瞭然でしょう。


433 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:26 ID:CzxKDPyH
>>428
いやそんなアメリカみたいに金で部屋変わるような刑務所や無いやろ?大体正義?おれは自分の意見が正義やなんて全然思ってないよ?

434 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:28 ID:iMlGuZqe
>>429
途上国には途上国の政府があるんだから、そっちに任せときゃいいんだよ。

435 :422:02/06/30 16:29 ID:NT88uaE9
>>431
無いですね。都会は交通の便がいいし。
私は捜査機関の不祥事から来る誤認逮捕、冤罪のほうが怖いですね。


436 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:29 ID:bOlIYoOv
>>386
内乱、外患は民主主義と人権思想を保護するこの国を破壊し、
全ての人権と人命を危機に落とし入れる行為であるために
死刑が適用されます。いわば放火以上の殺人未遂。
ちなみに殺人未遂も人を殺してはいませんが、死刑の適用はあります。
やはり、国家の破壊はそれそのものが問題なのではなく、
高度、というか極度の人権侵害が問題なのだと思います。

437 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:34 ID:HQVWJFLA
>>435
車が必要になるのは交通の便云々より、仕事の内容によるもんだと思うがね。
免許が必要になるケースの方が、捜査機関の不祥事にあうより可能性は何倍も多い。
あんたがどっちを怖がるか、なんて主観的な話を別にしてね。

438 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:37 ID:bOlIYoOv
>>419
当然、車の運転はしていません。
マジで人を引くのが怖いから。
現在、わが国では年間約10000人が交通事故で死んでいます。
車の運転をすることは、殺人の未必の故意があると言っても過言でないほどの
酷い数字です。

439 :422:02/06/30 16:37 ID:NT88uaE9
>免許が必要になるケースの方が、捜査機関の不祥事にあうより可能性は何倍も多い。

じゃあ計算してください。

440 ::02/06/30 16:40 ID:E9ddLG9t
>>436
個人の人権(=生命)と国家の関係も、やはり「鶏と卵の関係」と
なりそうですね。



441 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:42 ID:bOlIYoOv
再犯については、将来の可能性にすぎません。
車を運転している>人を引く可能性がアル>有罪
というのと
人を殺したことがアル>人を殺す可能性がアル>刑の加重
というのは同じ構造です。
可能性で人を裁くことは許されません


442 :422:02/06/30 16:42 ID:NT88uaE9
安全運転を心掛ければ早々人間を轢死させることなんて無いと思いますけどね
世のドライバーさんはみんな「人を轢くかも」と思って運転してるんですかね
だったら運転なんてなおさらする気になれませんな

443 ::02/06/30 16:45 ID:E9ddLG9t
>車の運転をすることは、殺人の未必の故意があると言っても過言でないほどの
>酷い数字です。

 日清戦争並の数字だと聞いた覚えがありますが、
 そのため車をなくせという話は寡聞にして聞きません。

 それは、「車による社会の利益と不利益を天秤にかけた結果
 利益が上回ると判断されている」結果だと判断しています。

 よって、死刑・終身刑を含むあらゆる制度も
 社会の利益に結びつくと判断されている間は、消滅することは
 ないでしょう。

 余談ですが、「煙草」は、社会に与える害の方が大きいので
 課税率を更に上げることで、徐々に消滅させることが望ましいと
 かんがえています。


444 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:46 ID:bOlIYoOv
>>440
なんども「近代的」という言葉を使って恐縮ですが、
近代国家は、あくまで啓蒙思想を土台にしていますから、
当然個人の人権があって初めて国家が存在すると思います。

だって、個人がいなければ国は存在しませんが、
国が存在しなくても、個人は存在できますから。
個人が国を守る為に有るのでは有りません。
国家が個人を守る為の社会契約として成立しているのです。

昨日は挨拶なく寝てしまってすみませんでした。
おきたら、PCはつきっぱなしでした

445 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:48 ID:iMlGuZqe
>>443
国民が白と判断しているから白で正しいのだ、という意見なら
議論なんて最初からする必要ないね。というか何の意味があるん?その主張。

446 :AAA AMERICA AUTOMATIC ASOCIATION:02/06/30 16:48 ID:TgcWt+NL
デジタル、インターネット等IT関連は使い方次第で、個の力を何倍もの力に変えることが可能です。
費用対効果で他の媒体にこれより優れたものは無いでしょう。
それを船井幸雄やハーバード大学での講義さえある21世紀型流通の姿ともいわれるMLM
に活用してみましょう。それは長い目で見ても、素晴らしいネットワークビジネスといえます。
最先端のITを駆使するネットワークビジネスは、在庫をもつ必要がなく、
製造メーカーの製品を直接広める形態をとるものです。
製造会社の製品であると同時にIT部門を持ち、面倒なことはすべてお任せです。
流通コストを消費者に還元して製品を広めるというこのシステムは、
人間的かつ将来有効なシステムを創っていける可能性の大きいものだと感じます。
実際、アメリカでは、全商品の30%がMLMです。
有名な大会社AT&T、GM、マスターカードなども採用しだしています。
興味のある人には、ぜひ以下のホームページも御覧ください。
http://ailove22.fc2web.com/lpd/index.html

447 :422:02/06/30 16:49 ID:NT88uaE9
どこの国家にも属していない難民みたいな人はどうなんでしょうね
クルド人でしたか?
彼らは人間じゃないのだろうか
ついでに台湾は国家なんですかね


448 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:51 ID:HQVWJFLA
>>442
あんたの周囲じゃそんなに犯罪が起こるんか?
周囲で犯罪が起きた上、冤罪で逮捕される
なんて事が、実際で周囲で起きてるわけか?
住む場所変えて友人も選んだ方が良いぞ。

449 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:52 ID:bOlIYoOv
>>443
そうですね。ちなみに業務上過失、いわゆる交通事故の刑の軽さも、
車の存在による危険は高いが、利便性に鑑みて国民全体で、
その危険を甘受しなければならない、ゆえに刑は軽く設定されている、
と刑法の教科書に書いてありました。
だから、「私は」そんな危ないものは運転しません。
ちなみに、その業過の刑を先ごろ殺人並に加重しました。
少年法改正も最近ありました。
どうも、一般大衆というのは犯罪に関して刑を重くしよう重くしようとする
傾向にあります。

予断ですが、私の父は裁判官でした。
何人も死刑判決を書いています。
今でも、彼らの顔を夢に見るそうです。

450 :納税奴隷:02/06/30 16:55 ID:SXmjaSKn
>445
国民が白と言っても裁判官(検察)の判断で黒にしてしまう。「裁判官は世論
に左右されてはいけない」ことになっています!

451 :422:02/06/30 16:56 ID:NT88uaE9
>>448
正すべき国家の制度のほうでしょう。
なんで私だけが負担を負って住居や職業を変えるなきゃならないんですか?


452 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 16:58 ID:bOlIYoOv
>>448
年間10000人が交通事故死、百万人が交通事故で負傷しています。
人口を一億と概算すれば一パーセントが交通事故に会っています。
10年で一割。ま、単純計算すぎますが、どうすくなくみつもっても
10年で3パーセントぐらいの人は事故に会っているわけです。
これは半分以上が業務上過失致死傷という犯罪です

453 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:58 ID:iMlGuZqe
>>450
そりゃそうでしょ。国民なんて法とも律とも知らん無知ばかりだからな。
そんな連中の言い分を真に受けて裁判できるわけがない。

454 ::02/06/30 17:00 ID:E9ddLG9t
>>447
クルド人は、国家に属していますよ、
イラン・イラク・トルコなどに分断されてはいますがね。

もちろん人間だし、それぞれの国で社会生活をおこなって
いることでしょう。

その所属している社会での公益を最大化するためのルール=法律にも
したがっていることであろうとおもいます。



455 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:02 ID:bOlIYoOv
>>453
その通り。
一番タチの悪いのが、法律のバックグラウンドを学ばず、
法律の文言だけをみてあれこれいう人達です。
背景思想や歴史的背景、運用の現実を見もせずに、
喧々囂々と騒ぎ立てる人がもっとも愚かしく映ります。

456 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:02 ID:F9bjowff
>>449
あんたの親父サンは最高裁の判事だったのか?
地裁・高裁の裁判官だったら、
キャリアを通して、何人も死刑判決を下す「機会」はないぞ・・・
(普通は1、2件あるかないかだろ)


457 :422:02/06/30 17:05 ID:NT88uaE9
>>454
>その所属している社会での公益を最大化するためのルール=法律にも
>したがっていることであろうとおもいます。

イラク北部のクルド人は反フセインだと思うんですが

458 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:06 ID:bOlIYoOv
>>454
どうもあなたは、社会や国家があって初めて個人が有る、という
考えかたが可能だと考えているようですが、
そんなことは絶対にありえません。
個人がいて初めて国家が存在するのは当然の事実です。
国家、というのが何を意味するのかは議論がまた別になりますので、
定義には踏み込みません。

私の従姉妹は、ついこのあいだ国籍法が改正されるまで国籍がありませんでした
でも人間です。
社会の公益を最大化するためのルールという考え方は、
いわゆる功利主義で、ベンサムの唱えたものですが、
すでにスチュアート=ミルによって否定されています。
詳しくは「自由論」でもよんでください。

459 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:08 ID:upsZlI+8
>>458
当然の事実?
社会勉強し直してみた方が良いよ(w
両方とも極端で一般論には成りえてないから。

恥ずかしい。

460 ::02/06/30 17:09 ID:E9ddLG9t
>>458
スチュアート=ミル「自由論」ですね。紹介ありがとう。
読んでみます。


461 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:10 ID:kKLSkm88
>kw

>>432
わかるよ。じゃあ終身刑より死刑の方が重いのは同意するか?

>>444
啓蒙思想が根元の社会制度はプロセイン以来失敗続きなんだが..
啓蒙主義、共産主義・社会主義・全体主義
結局啓蒙思想はエリート主義。
エリートがこの世の価値を決める制度が失敗続きなのはなぜだと思う?


462 :チャンドラ太郎:02/06/30 17:10 ID:2K5E/14J
http://ruin.s12.xrea.com/top.html

463 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:15 ID:bOlIYoOv
>>458続き
端的に言えば10人を助ける為に9人を殺すのが認められるのが功利主義です。
いわゆる「最大多数の最大幸福」という言葉に集約される理論です。
しかし、その量的幸福の他に質的幸福も考慮されてしかるべきである、
という考え方で、別の言いかたをすれば、
ベンサムが一旦社会の福祉を量で計算するという単純化を図ったのに対し、
そこに道徳の観念をいれるべきだ、としたのがミルです。
なお、カントの哲学も大きな意義を持っているそうです。
こちらは読んだことはありませんが、単純に言うと、
「人間をなにかの手段として用いてはならない、人間は全て目的であるべきである。」
という考え方です。

464 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:16 ID:bOlIYoOv
>>459
人がいなくて成立している国家が一つでもあれば
考えを改めますが、そういうものはないはずです。
逆に国家がなくても存在する人は沢山います

465 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:18 ID:upsZlI+8
>>464
>どうもあなたは、社会や国家があって初めて個人が有る、という

社会が無い所に人は存在しませんが?
人は社会を作るが人は生まれた時点で回りの社会的環境に影響されずには
育ち得ない。
鶏と卵の問題にしたいわけ?
デュルケムもウェーバーも両方とも絶対真理なわけじゃないよ

466 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:18 ID:F9bjowff
>>458
>ついこのあいだ国籍法が改正されるまで
・・・ついこのあいだ、っていつの話だ?

親父サンが裁判官で何人も死刑判決を下したという話といい・・・
話を作ってないか???

467 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:20 ID:bOlIYoOv
>>461
終身刑と死刑の比較ですか。。。
やはり死刑のほうが重いと思います。
しかし終身刑も、残虐刑にあたる為違憲であると思います。

啓蒙思想が根本の社会制度が失敗続きというのは、
何をさしているのか、説明を求めます。
私は現行の日本の制度は啓蒙思想を元にしていると考えます。
そして、この制度がそう失敗しているとは思いません。

468 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:22 ID:upsZlI+8
しかし、憲法では生命を奪うことを認めてるんだがな。。

469 :422:02/06/30 17:26 ID:NT88uaE9
>憲法では生命を奪うことを認めてるんだがな。
死刑については解釈しだいでしょう。
緊急行為はありますがね。

470 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:26 ID:F9bjowff
>>463
その考えを前提にしたとしても、
社会を維持する上で個人の権利を制約すること自体は
否定はできない。

で、「死刑問題」で問題となるのは、
「生命権」を他の権利と同様に考えるのか、
特別な物と考えるのか、ということ・・・

あんたは、特別なモノと考えているようだけど、その根拠は?


471 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:27 ID:YH1M+rsa
>>464
パレスチナやチベットの悲劇を見ろ
国家の体をなしてない状態がどんなか
国家が存在して初めて当然個人の人権が守れるんだよ
日本が平和だから気づかないだけ

あと交通事故の話を持ち出すのはナンセンス

472 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:28 ID:bOlIYoOv
>>466
国籍法の改正は平成5年のことです。

父については、そうですね、ちゃんと数を確認したわけではなく、
そういぅはなしを聞いただけ(何しろ守秘義務がありますから)ですので、
いいかげんかもしれません。
この20年にいいわたされた死刑判決はおよそ100件程度
地裁判事が500人程度。刑事課と民事課に分かれていて、
そのなかでも重大なものと軽微なものにわかれているので、
重大犯罪に携わる者が100人程度。と概算すれば、
一人1件、まぁ、3人でやりますから、3件というところでしょうか。
ただ、重大犯罪担当の判事が軽犯罪と同程度用意されているかどうか、
ちょっと分かりませんが。

473 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:29 ID:iMlGuZqe
>>471
今話してる個人ってのは人権と同義で使ってるのか?

474 :422:02/06/30 17:29 ID:NT88uaE9
>>470
そうではなくて、
「社会を維持する上で死刑が必要不可欠であること」の理由を
死刑存置派が説明すべきでしょうね。

生命が尊重されるべきなどということは当たり前ですから。

475 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:30 ID:upsZlI+8
>>469
31条を死刑禁止と取るのはよっぽど曲解しないと無理だろう。。

476 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:30 ID:bOlIYoOv
>>470
他の権利を奪われても人は人として人権の享有を出来ますが、
生命を奪われれば、もはや人で無くなってしまいますから。
すくなくとも私は言論の自由や、学問の自由を奪われても、
金銭による補償で我慢しろといわれれば、我慢しますが、
生命権だけは、絶対に奪われたくありません。

議論のポイントを絞ってくれてありがとう。

477 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:33 ID:F9bjowff
>>474
罪と罰のバランス感覚だろね。
「死刑相当の犯罪」がある、と考える人間が多数を占めている社会で、
「死刑相当の犯罪」を死刑にしなかったら、
司法(法)システムに対する信頼が失われることになるだろ・・・
これは社会(法)秩序の維持という点で問題がある。

478 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:34 ID:upsZlI+8
K.Wに>>465に答えてほしい。
というか俺は落ちるがw


479 :422:02/06/30 17:34 ID:NT88uaE9
>>475
できないことはないですね。
少なくとも憲法は「凶悪犯は死刑に処されなければならない」とはしていない

480 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:34 ID:bOlIYoOv
>>475
そうですね。判例もそう言ってますしね。
しかし、それはただの文理解釈による場合。
法解釈上はもうすこし別の解釈が可能だと思います。

ただ、わたしはあなたと同意見です。
ゆえに、31条は改正の必要が有ると考えています。
外出ですが、13条に矛盾すると考えています。

すみませんが、ここで離席します。
また、夜。
ドイツの応援に横浜に行きますので。

481 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:35 ID:sVNBBmLK
>>477
立法府なんて、いつだって国民の意志を無視して法制定してるじゃんよ。何を今更。

482 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/06/30 17:36 ID:bOlIYoOv
>>478
より厳密な意味では、やはり人は社会なしで存在しうると思います。
それがまだ人と呼びうるのか、という問題は残りますが。
社会は絶対に人なしで成立しないというのは問題ないと思います。

483 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:36 ID:Uje3z97j
遺族になったら、やっぱり同じ苦しみを味わいながら死んで欲しい
と思うのだろうか?
>>476
>>生命権だけは、絶対に奪われたくありません。
でも、死刑になる人は他人の生命権を奪ってしまっている訳で・・・

484 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:36 ID:F9bjowff
>>477
これは逆もまた同じで、
どんなに重大な犯罪でも死刑を科すべきではない、
と考える人間が多数を占めている社会での死刑は、
司法(法)システムに対する信頼を失わせることになるだろね。

485 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:39 ID:F9bjowff
>>481
選挙では毎回、投票率が低く、
自民党政権が続いているのはなんでだろね(w

486 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:42 ID:F9bjowff
>>482
そりゃ、無人島で一人で生活することだってできるからね(w
でも、二人以上の人間が共同生活するには、
ルールが必要になるワケで、それが「社会」って話でしょ・・・

487 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:43 ID:sVNBBmLK
>>485
国民が政治には期待してないってことだろ。
だから、法改正は国民の意思を反映すべきなんて理想論だよ。

488 :422:02/06/30 17:44 ID:NT88uaE9
>>477
結局「多数者が納得するかどうか」ですか。
まあ、大方そんな説明に落ち着かせるしかないことは予想できましたが。
では、
「死刑相当の犯罪」を死刑にせずとも、司法(法)システムに対する信頼が
失われること の無い社会・国民性を育むことが大事と考えますね

どう考えても「殺人対して殺人で報いる」ことは
ダブルスタンダードですから



489 ::02/06/30 17:45 ID:E9ddLG9t
>>476
>>>生命権だけは、絶対に奪われたくありません。
>でも、死刑になる人は他人の生命権を奪ってしまっている訳で・・・
 聖書にも書いてある有名な言葉
 「目には目を」が、もっとも原始的ながらも
 わかりやすい刑罰の適用なのでは。



490 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:48 ID:F9bjowff
>>487
少なくとも「立法論」においては、
国民が期待していないから、国民の意思を無視していい
ということにはならんよ。

491 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:51 ID:F9bjowff
>>488
他人の命を奪った者の命を絶対的に保障するというのも
ダブルスタンダードだけどね・・・

492 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:52 ID:sVNBBmLK
>>490
そりゃそうでしょ。国民の代表が国会議員なんだから
名目上は国会議員の意志が国民の意志ってことになるわけだし。

493 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:54 ID:F9bjowff
>>492
なら、死刑問題でも、国民(の多くが)どのように考えるか、
という話をしても、問題はないね?

494 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:55 ID:sVNBBmLK
>>493
あぁ、名目上の話でもいいわけね。それなら別に問題ないよ。

495 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:56 ID:xqtO09DC
やっぱ、殺人犯を作らない社会を目指せ!!
殺人犯の背景を社会、家族、教育、人格、脳に渡って分析せよ。
反社会的人格は思春期にはその兆候が出ているはず・・・・
もっと科学的なアプローチを!

496 :422:02/06/30 17:58 ID:NT88uaE9
>>491
絶対的に保障するというのは建前ですよ。
警察力にも限界がありますから。
警備をかいくぐって犯罪者に私刑を課すことも不可能ではない。


497 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:59 ID:F9bjowff
>>496
「私刑」を肯定するの?

498 :422:02/06/30 17:59 ID:NT88uaE9
さてW杯もあることだし…

499 :422:02/06/30 18:01 ID:NT88uaE9
>>497
しませんが

500 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:02 ID:xqtO09DC
500だ

501 : :02/06/30 18:03 ID:NzTmZK5j
だから、国民の多くがどう考えようが、その結果を隠すな。
堂々と晒せ、全日本全世界に晒せ。

死刑囚が糞小便垂れ流しながら吊される姿を公開しろ。

502 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:05 ID:F9bjowff
>>499
だよねぇ(w
死刑廃止で「私刑」が横行したら、
法治国家の体をなしていないもんな・・・


503 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:07 ID:9TQGfbHF
俺は、代替案として、ロボトミーがいいと思う

504 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:30 ID:vyAJqtym
寿命まで生きると魂の階層が1段階あがり、楽園に近づいていく。
死刑とは、階層の上昇をさせないことによる魂の再教育制度である。

というような考えも、宗教的には可能だと思うんだけど、宗教的な思想って言うのは
捨て去らなくてはいけないものなの?

505 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 18:38 ID:AqzyMJ6X
社会に役に立たないと判っていて、生かして置こう考えるとは、おかしいんじゃないか?
なんで、そんな奴に税金使われるのか?
刑務所の金、家族に負担させれば良いのに。
1日あたり、2000円くらいで。
カプセルホテルより安い料金なのに、負担出来なかったら死刑。
それなら楽しいと思うのだが。

506 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:41 ID:lpme1uKZ
>>501
まったくだね。死刑にできるということは、人を殺す権利を得たということでしょう?だったら何らかの義務を負わないといけないのは当然である。それは何かと言えば、執行をしっかり見届けることではないだろうか。これに異論のある人はいますか?
はっきり言って、現状のシステムのままでは、刑務官に対して「金は払うから適当に始末してくれ」と言ってるみたいで非常に気分が悪い。

507 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:50 ID:xtdKWuQu
>>505
社会の役に立つとはどういうことかしら?
例えば、あなたやその家族が寝たきりになったら、もう役に立たない人間になったということだろうか?その時は誰かがあなたを速やかに葬る手筈ができているのでしょうね。

508 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:56 ID:NzTmZK5j
刑務官や検察官ししわ寄せして誤魔化してる今の制度はおかしい。
全国民は自分たちの持つ権利に基づき「処刑」が行われるのを
見届けるべき。

首吊されて、もがき苦しみ、手足をバタつかせ、死に至るまで
20分でも30分でも公開、全国放送しなくてはならない。

番組のオープニングではやはり晴天にはためく日の丸をバックに
厳かに君が代を演奏し、「本日この凶悪犯が処刑されることは
誠に喜ばしいことであります」の天皇スピーチも必須。


509 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:01 ID:hvrnCfk4
>>508
2ちゃんで実況スレが大変盛り上がることでしょうな
楽しみ!

510 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:09 ID:J8xT9Xvi
>>508
いいんじゃねえの。
まさかそれで死刑の残虐さを訴えてるつもりじゃないよね。
殺人犯の場合、被害者はそれより残酷に殺されてるんだけど。

511 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:12 ID:sVNBBmLK
>>510
どうせ俺たちの窺い知らないとこで起きたことだからな。
お前だって一年前に殺された被害者のことなんて覚えてねーだろ?
その程度の関心しかないくせに、さも被害者の痛みをわかってるような口を利いてさ。

512 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:22 ID:NzTmZK5j
>>510
さあ、その映像を見て何を感じるかは、視聴者の勝手ですから。

被害者の親類、友人はさぞかし喜ぶでしょう。
被害者が残酷に殺されてる場合、犯人はその3倍位の苦痛を
味あわせて殺すのが良いんじゃないの?

「逆さ磔」とか「鋸引き」なんて復活させても良いでしょう。
あとは犯罪者の手足を一寸ずつ切り刻むやつとか。

513 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:26 ID:+V4Mu9PS
不況の憂さを公開処刑で吹っ飛ばすわけか。
江戸時代みたいだね。

514 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:31 ID:NoGsAmv3
死刑はいる
世の中には救いようがなく、決して赦してはいけない鬼畜もいる。
女子高生輪姦コンクリート殺人事件
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1025342034/l50

515 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:32 ID:ySJnvTNF
んでもって子供達の間で処刑ごっこのいじめが大流行と。
あと、その映像を世界の変態に輸出でもしますか?

516 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:34 ID:J8xT9Xvi
別に輸出する必要はないと思うけど。それにいじめはいけないよ。

517 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:35 ID:sVNBBmLK
>>514
それは死刑問題より少年法問題を先に語るべきだな。
とは言え、そいつらはマジで鬼畜。一番胸くそ悪い事件だな。

518 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:40 ID:NoGsAmv3
死刑はいる
世の中には救いようがなく、決して赦してはいけない鬼畜もいる。
滋賀県・障害者リンチ殺人事件
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1018734844/l50
自分で体を支えることすら出来ない障害者をカラオケに行くからと騙して呼び出し集団で暴行。
コンクリートに頭から何度も落すなど暴行を繰り返す。
脳外科医でさえ見た事がないほど脳が潰れ脳死状態のまま救急車で搬送。
脳死状態のまま6日後に死亡。

519 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:44 ID:Q+3uVmGj
沖縄女子中学生暴行殺人事件
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1023946851/l50

520 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:48 ID:NzTmZK5j

>あと、その映像を世界の変態に輸出でもしますか?

グッドアイデアですね。
世界の変態から集めた金で国債償還の足しにしましょう。
世界の変態様達のニーズに応えてマニアックな処刑方法を
開発するのも良いでしょう。



521 :朝まで名無しさん:02/06/30 19:57 ID:VqeOuUaA
栃木リンチ殺人事件もね
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1020411944/
人として許せない鬼畜はいるよね

522 :朝まで名無しさん:02/06/30 20:08 ID:ySJnvTNF
ニュースになるような事件は普通に事件と比べて例外中の例外な凄惨な事件なんだからそれを
基準にして現行法がどうこう言うのは間違っていると思われ。


523 :朝まで名無しさん:02/06/30 20:23 ID:9zme3Ssk
>>522 死刑の対象になるような奴は、例外中の例外の鬼畜ぞろいである
ように思うが・・
たいてい3、4人惨殺した殺人鬼・・

524 :朝まで名無しさん:02/06/30 20:30 ID:ySJnvTNF
>>523
そういう単純な話ではない。死刑の適用が簡単になるとそれに引きずられて
他の刑もどんどん上がってくるのがお役所仕事というもの。

525 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 20:32 ID:DhIiXmSb
>507
悪い事している奴は、社会に必要ない。
一生懸命頑張って、動けなくなった人は保障される必要がある。
お前は犯罪と犯罪者を容認しているクズだ。
粛清に値する。
悪く思うなよ。

526 :朝まで名無しさん:02/06/30 20:35 ID:NzTmZK5j
>>525

つーか、お前さんは何か社会に貢献してるの?

ロクに役にも立たず他人様に粛正だの言ってる人間こそ粛正に値する
と思われるが。

527 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 20:42 ID:DhIiXmSb
>526
俺様、きちんと税金払っているし、デザイン会社の経営者だから人を雇っている。
会社起こして、税金払っているんだぞ。
犯罪者は払ってない。
それだけでムカつくのだ。

528 :朝まで名無しさん:02/06/30 20:49 ID:sVNBBmLK
ふぅ、やっと前半終了か。

>>527
税金払ってるかどうかが問題?じゃホームレスは全員死刑だな(ワラ


529 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 20:50 ID:DhIiXmSb
あと、募金もしてるよ。
526は、そんなこというんだから、きちんとやってるんだろうね?

530 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 20:54 ID:DhIiXmSb
>528
ホームレスは、関係ないだろ。
俺様は、死刑になるような犯罪者の事を言っている。
快楽の為に人を殺すしか脳のない奴の死刑を希望して何が悪いのか?

531 :朝まで名無しさん:02/06/30 20:59 ID:sVNBBmLK
>>530
快楽のために人を殺すしか能のない奴なんて、何でお前に言いきれるんだ?(ワラ

532 :朝まで名無しさん:02/06/30 21:03 ID:9zme3Ssk
ワールドカップ中はさすがにカキコが激減するな・・
試合も見ずに書いてる俺も・・空しい。

533 :恐怖皇 にゃんすけ:02/06/30 21:10 ID:DhIiXmSb
>531
ただの偏見。
でも、大抵は合っているよ。

534 :朝まで名無しさん:02/06/30 21:38 ID:y1KFyOet
>>恐怖皇
あなた以前、どこかで「死刑というイベントが好き」って言ってましたよね?でもあなたが死刑を大いに楽しめるのも、何処の誰とも知らない人間が、別の何処の誰とも知らない人間を殺してくれるおかげなんですよ、これが。

会社起こして、税金たんまり払っているなら、異常性癖者でも大口叩ける国なんですね。日本は。

535 :朝まで名無しさん:02/06/30 21:43 ID:sVNBBmLK
もうだめだ。ブラジル優勝か、つまんね。

>>533
ただの偏見なのに、なんで合ってるってわかるんだよ。ホント頭弱いなコイツ。

536 :太郎:02/06/30 21:49 ID:nDWcCEaD
死刑は必要だろ
無期懲役で無期じゃないんだから
軽すぎるんだよ、刑が
その上、恩赦だと!!甘すぎなんだよ
アメリカ並みに刑300年とかなら死刑がなくても許すがな

麻原しょこー、人食い宮崎 が無期終えて
大手振って街歩ける姿は・・・・どう考えても不愉快で不利益だろ



537 : :02/06/30 21:56 ID:ydr5TnVI
すいません。
ここは飲酒投稿OKですか?。

538 :朝まで名無しさん:02/06/30 22:12 ID:r5qfZafh
>>537
おれいつも酒飲みながら書き込んでるよ

539 :前前前スレ96:02/06/30 22:56 ID:e0sUjiD/
伸びるの速過ぎ。付いて行けない。しばらくROMに回ります。

540 :朝まで名無しさん:02/06/30 23:09 ID:r5qfZafh
ニュー速+から人が流れ込んできてるんだな
で、今までの議論や死刑制度のメリット・デメリット・問題点を知らずに書き込むから
どんどん伸びる、と。
もう過去ログもないし

541 :朝まで名無しさん:02/06/30 23:39 ID:NzTmZK5j
だから無期懲役の上に終身刑を設置した上で
死刑廃止と普通の死刑廃止論者は言ってるだろう

542 :前前前スレ96:02/06/30 23:39 ID:e0sUjiD/
途中まで読んだところだが、まず「刑罰は教育だ」さんはネタだと思う。
まだ>>200までしか読んでないけど。

543 :?¨??・?¢?1/2:02/06/30 23:43 ID:gBoDr4HF
死刑、あってよし。
殺された者の恨みを遺族がはらしていた時代はかつてあった。
それは間違い無く人間の感情の自然な姿。嘘いつわり建て前のない正直な姿。
人権派を名のるエセ・ヒューマニストの死刑廃止論は、人間の自然な感情に反している。非人間的。
死刑制度は、復讐を国家が税金を使って代行してくれるありがたい制度なり。

544 :朝まで名無しさん:02/06/30 23:46 ID:vyAJqtym
殺された人は、怨霊になるんだよ。
その霊の鎮魂のためには、殺した人間を処刑するのが一番。
いまだに怨霊信仰国の日本では、それでいいじゃないか。

545 :朝まで名無しさん:02/06/30 23:47 ID:duOgDIRK
>>543
ツッコミどころ満載でネタとしか思えません。

546 :太郎:02/06/30 23:54 ID:nDWcCEaD
>>541

つうか先に終身刑を整備すれ
ヤクザに無期懲役なんぞ甘すぎだ
死刑なくすなら、それ相応の罪の贖い方法を考えるべし
社会復帰を前提に死刑を無くすのならハンターイれすョ
犯罪者が原因で失われた時間と財産に伴う対価を支払うべきだ
それが出来なきゃ、塀の中で一生を閉じてくださいな




547 :朝まで名無しさん:02/06/30 23:56 ID:duOgDIRK
>>546
犯罪者の命を奪うことでどんな対価を得られると言うのか。
なんつーか、マイナスでしかない。リサイクルしろよ。

548 :太郎:02/06/30 23:59 ID:nDWcCEaD
>>547
人食い宮崎に君は何を望む?
麻原と同居する社会は平穏といえるのか?

549 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:01 ID:rbdtFZIn
>>548
誰が釈放しろつったよ。
獄中で働かせるとかいろいろあるだろ。
俺は死刑廃止・恩赦仮釈放無しの終身刑設置希望。
死刑は冤罪・刑執行者の問題があるにも関わらず、
遺族の気持ちを慰める以外にさしたるメリットもない。
犯罪者の命奪ったところで何の利益にもならないからな。

550 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:02 ID:43NjS3oF
>>547

一番のリサイクルは、塵にかえすことです。

551 :??N???E????1/2:02/07/01 00:03 ID:H+NuY/kF
>548
死刑にすれば、獄中のメシ代がうく。

552 :太郎:02/07/01 00:08 ID:rvgmJQHh
>>549
>遺族の気持ちを慰める以外にさしたるメリットもない

被害者の関係者は遺族でしょ
それが最大の償い

こけし人形作っても微々たる収入
犯罪者を養っているのは、被害者を含めた税金
税金の方が多いという罠

553 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:11 ID:rbdtFZIn
>>552
その、養う金が勿体無いって意見はさ
死刑の方が終身刑より金がかかるって知ってて言ってるんだよね?
殺せばそこで終いだから、終身刑の方が安上がりなはずって思い込みだけで語ってないよね?

554 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:12 ID:VAIHtEgP
>>547
>なんつーか、マイナスでしかない。

では、どんなマイナスは?
犯罪者を延命させて何の得が?

555 :??N???E????1/2:02/07/01 00:13 ID:H+NuY/kF
>553
建て前は聞き飽きたから、いいかげん正直にいったら?
死刑廃止を唱えないと、
国家が執行する「公的な殺人」に自分も加担してるような気がするから嫌なのよ、とね。

556 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:13 ID:rbdtFZIn
>>553
終身刑の方が→死刑の方が
間違えた。

557 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:14 ID:43NjS3oF
>>553
>死刑の方が終身刑より金がかかるって
根拠無いだろ。
今までもこの問題については、さんざん論破されてるのに、まだ言うか。

558 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:14 ID:rbdtFZIn
>>554
>>549

559 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:14 ID:rbdtFZIn
>>557
それじゃ死刑の方が安上がりって根拠はあるのかい?

560 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:16 ID:rbdtFZIn
まぁ、別に金がかかるからどうとか、そんなことは問題じゃないけどな。
そんなら懲役刑囚も全部死刑にしてしまえば金がかからなくていいよ。

561 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:17 ID:43NjS3oF
>>559

ケースによって違うんだよ。

こういうときに、過去ログに誘導できれば・・・・・

562 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:17 ID:oyiSxivP
終身刑囚が病気したりしたら、金食うんだろうなぁ。
保険はきくんだろうか(w

563 :??N???E????1/2:02/07/01 00:18 ID:H+NuY/kF
死刑囚はさっさと殺そう。
金をなるべく使いたくないなら、崖から突き落とすか、
マグロ漁船に乗せて遠洋で海に放り込めばいい。
一生死刑囚を喰わせていくより、コストパフォーマンスはいいぞ。

564 :太郎:02/07/01 00:18 ID:rvgmJQHh
>>560

....壊れるの早すぎ


565 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:18 ID:VAIHtEgP
>>559
まあ、先にコストを口にしたあんたから提示してみたら?

566 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:21 ID:rbdtFZIn
>>565
犯罪者を養っているのは、被害者を含めた税金
税金の方が多いという罠

先にコストを口にしたのはこれだろ。



567 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:22 ID:gmmLVF8d
とりあえず何度も書き込んでるやつさー、レス番でいいからコテハンにしろよ。
議論したいなら毎回名無しじゃわかりにくいだろ。廃止派なんか前レスから
5人ぐらいしかいないのバレバレなのに。違う人間のふりしたいのか?

568 :とんちんかん:02/07/01 00:24 ID:sCRcQCzD
政府はあだ討ちの権利を代替行使しているに過ぎない
ただ、政府がそのあだ討ちの相手を間違えてしまうことも確か
意図的でなく結果的に殺してしまったとか言うならまだしも
今の日本の死刑は大抵よっぽど残忍な殺人者にしか
適用されていないように感じる。
そんな奴らは公開処刑すべき。
ではもし、自分が殺されて、殺人者はのうのうと生きているのを雲から見て
うれしいか




569 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:24 ID:VAIHtEgP
>>566
言い方がわるかった。
いい直す。

死刑と終身刑ではどっちがコストがかかるかを
先に口にしたアンタが、まず提示したら?

570 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:25 ID:43NjS3oF
>>566

文章読解力がないね。
こけしの収入に対してって書いてるだろ。

571 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:25 ID:rbdtFZIn
>>569
あぁ、そういうことね。今手元にソースないから無理だ。

572 :太郎:02/07/01 00:26 ID:rvgmJQHh
>>566
死ぬまで こけし作って
死んだ人間の対価とみなすのか?

さっさと、死刑にしたほうが遺族が喜ぶじゃねーの?
アンケート取るといいぜ
人食い宮崎の延命の為に貴方の税金が投入されていますが、
その税金は有意義な使い方とおもいますか?っとな

573 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:27 ID:oyiSxivP
現行の絞首刑にどんだけコストがかかっているのだろうか・・・・

574 :??N???E????1/2:02/07/01 00:27 ID:H+NuY/kF
ここ掲示板を見ていて気が付く事がある。
死刑存続派の方が説得力のある意見を出している。
それに対し、死刑廃止派の意見はまるで説得力がない。
反論できない問いかけには、まったく答えず、反論しやすい意見にのみ、
反論意見を述べている。
もし本当に死刑がいけない行為なら、とっくの昔に廃止されてるって。
それが廃止されないで今日まで続いているのは、法律や人権の専門家が結論を出して、
死刑という制度を導入し、維持しているのよ。
こんな単純な図式すら理解できないの?

死刑廃止派って、エセ・ヒューマニストだけでなく、頭も悪いようだ。

575 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:27 ID:43NjS3oF
>>571

あんたの方こそ、思い込みなんじゃないの?

576 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:28 ID:VAIHtEgP
>>571
ソースはいいから、死刑がなんで金かかるか教えて。
普通に考えたら、殺したらそっから先にコストがかからないと思うんだけど。

577 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:28 ID:rbdtFZIn
>>570
うん、そこは別に問題じゃないだろ。
それじゃ、こけしじゃなくてもっと金を稼げるものなら死刑にしなくていいって意見か?

578 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:30 ID:43NjS3oF
>>577
さっきから問題をすり替えてばかりだな。


579 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:30 ID:rbdtFZIn
>>575
そうかも知れないな。ソース見たのだいぶ前だし。

580 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:30 ID:rbdtFZIn
>>578
どのへんが?

581 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:32 ID:rbdtFZIn
>>575
死刑はすぐに行われるわけじゃない上に
他の囚人よりも厳重に警備しなきゃいけないから。

582 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:32 ID:VAIHtEgP
>>579
ソースはいいから、どうしてコストがかかるのか教えて。


583 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:33 ID:43NjS3oF
>>580

>>570>>566に対するレス。


584 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:34 ID:43NjS3oF
>>581

その意見ね、前スレで論破されたよ。

585 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:35 ID:VAIHtEgP
>>581
すぐに行われないってのは終身刑よりコストがかかる根拠にならないし
そもそも、迅速に刑を執行すればいいだけでしょ?
警備については、どういうことでしょう
隔離しとくとかいうこと?

586 :ひとこと:02/07/01 00:35 ID:H+NuY/kF
死刑廃止論者にひとこと。
反対意見に対して、「過去のログを見ろ」というのは、やめた方がいいですよ。
死刑廃止の根拠を簡潔にその場で述べられないのなら、それは説得力のある意見ではありません。
「分からない奴はどうでもいい」という考えなのでしたら、それは極めて野蛮な考えです。
「人権」という言葉を口にする資格はありません。

587 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:37 ID:rbdtFZIn
>>584
そうなのか。じゃあ俺が間違ってたのかもしれないな。
よければどう論破されたのか教えてくれると助かる。

588 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:39 ID:43NjS3oF
>>587

316 名前:朝まで名無しさん 投稿日:02/06/20 11:10 ID:/Y3vE8Sa
>>312
ちょっと検索すればソースが出てくると思うが
理由として、
・死刑囚は他の囚人と比べて厳重警備
・執行までにかなり時間がかかる
・裁判費用(裁判が長期&大がかりになって、費用が増大)
というのがある

欧米ではむしろ
「死刑のメリットのために、余分な金をかけてでも死刑にしなければならない」
という賛成論だそうだ。

319 名前:朝まで名無しさん 投稿日:02/06/20 11:39 ID:9RGsfILK
>>316

>死刑囚は他の囚人と比べて厳重警備
厳重警備だからということが、コスト高になるとは限らない。
6ヶ月間の厳重警備と、20年の普通警備とを比べた場合でも、コスト高と言えるのか疑わしい。

>執行までにかなり時間がかかる
これは、判決が出ているにも拘わらず執行をしないという問題であり、死刑制度の有無とは
関係の無い問題である。

>裁判費用(裁判が長期&大がかりになって、費用が増大)
死刑が廃止され終身刑が設けられたとしても、同じように裁判が長期&大がかりになるという
ことは、十分考えられることである。

したがって、「死刑の方がコストがかかる」とは言えない。

589 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:45 ID:rbdtFZIn
>>588
あくまで刑が速やかに執行されると言う前提の上での論破だな。
15年の厳重警備と20年の普通警備じゃ前者が高コストだろうし、
現実問題、刑がすぐに執行されるのは難しいだろうし。
まぁ、それは死刑制度の是非とはまたちょっと違った問題だろうけど。

590 :太郎:02/07/01 00:49 ID:rvgmJQHh
>>589

>>572の反論もきぼーん

591 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:50 ID:43NjS3oF
>>589

「死刑の方がコストがかかる」といった意見には、完璧な論破でしょ。
「死刑の方がコスト高になりやすい」という意見ならともかく。

ちなみに俺は「死刑の方がコストがかかる」とは思っていない。
「どちらとも言えない」と思っている。

592 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:52 ID:43NjS3oF
>>591の訂正

「死刑の方がコストがかかる」とは思っていない。

「死刑の方がコストがかからない」とは思っていない。

593 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:53 ID:VAIHtEgP
>>589
>それは死刑制度の是非とはまたちょっと違った問題だろうけど

ちょっとじゃなく、まったく別の問題です。

594 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:54 ID:oyiSxivP
コストに関しては運用しだいということで

595 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:54 ID:rbdtFZIn
>>590
あ、悪い、見落としてた。
俺は別に犯罪者を養えって言ってるわけじゃなくてさ
すぐには代案を思いつかないけども、
獄中でこけしや家具だけ作ってりゃいいとは思ってないよ。
ただ、抑止力という点からも隔離という点からも
冤罪や刑執行者の問題を避けるという点からも
終身刑に落ち着くのが一番ベターじゃないの?って思うだけ。
確かに凶悪犯罪者を税金で養ってると言えば聞こえは悪いだろうけどな。

596 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:57 ID:VAIHtEgP
>>589
死刑までの15年20年のコストを問題にするのならば
死刑廃止ではなく、速やかな刑の執行を
もっといえば即日死刑を求めるべきじゃないですか?

597 :朝まで名無しさん:02/07/01 00:58 ID:rbdtFZIn
>>596
だから、前レスのどっかでコストは別に問題にしてないけどって書いたよ。
少なくとも俺はね。

598 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:04 ID:VAIHtEgP
>>597
とにかく死刑のほうが終身刑よりコストがかかるというのは撤回するね?

599 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:06 ID:rbdtFZIn
>>598
あぁ、それは撤回するよ。


600 :太郎:02/07/01 01:08 ID:rvgmJQHh
>>595
>抑止力という点からも隔離という点
死刑の方が効果的だよね

>冤罪や刑執行者の問題を避けるという点
これは官の職務怠慢です、自衛隊は人を殺します、それが仕事だから



601 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:09 ID:VAIHtEgP
>>599
では、終身刑は死刑よりも
遺族や国民感情にも叶わないうえに
コストとしてもメリットがないということだ。

602 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:12 ID:rbdtFZIn
>>600
死刑の方が終身刑より抑止力があるのなら
死刑廃止された国では軒並み犯罪率が上がってなきゃおかしくね?
あと自衛隊は人を殺すが、それは最終手段で、
そうならないように最大限の努力をするだろ。

603 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:13 ID:rbdtFZIn
>>601
そうだね。

604 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:13 ID:oyiSxivP
>>602
抑止力の効果の有り様は国によって違うだろう。
他国を持ち出しても無駄。

605 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:14 ID:rbdtFZIn
>>604
じゃあ日本じゃ死刑の方が終身刑より抑止力があるって証明も出来ないわけだ。

606 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:15 ID:VAIHtEgP
>>605
その逆を証明しない限り
死刑廃止は不可能だよ。

607 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:16 ID:oyiSxivP
>>605
証明はできんでしょう。やってみなきゃ。

608 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:16 ID:rbdtFZIn
>>606
他国を引き合いに出しても無駄なら、どう証明しろと言うのか。

609 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:17 ID:AaYs+LOP
殺してしまうと、冤罪の時やり直しがきかん。
なにせ警察なんて、捕まえたら証拠捏造してでも有罪に持ち込みたがるからな。

610 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:19 ID:VAIHtEgP
>>608
逆といったのは
「死刑より終身刑のほうが抑止力がある」
ってことだよ。
目に見えるメリットを出しなさいってことだ。

611 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:20 ID:rbdtFZIn
>>610
終身刑の方が死刑より抑止力があるってことは、まずありえない気がするなぁ。

612 :太郎:02/07/01 01:21 ID:rvgmJQHh
>>602

兵隊さんが努力するのは命令に対してです(自己判断は職務違反)
執行者は職務を遂行して当たり前です

犯罪率が軒並み上がっていようが、いまいが
遺族には関係ありません

613 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:22 ID:rbdtFZIn
>>612
ちゃうよ。日本政府や日本国民が。

614 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:23 ID:fyVOOfjq
>>609
だから冤罪問題は刑罰廃止が主ではなく、捜査、立件の段階が
一番の問題なんじゃないのか。
やり直しがきかないのは対象者が死ねば全て同じ。
冤罪対象者の死因は死刑だけとは限らない。

615 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:30 ID:VAIHtEgP
>>611
ということは、またも死刑廃止のメリットが一つ消えたということだよ。

616 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:31 ID:AaYs+LOP
自分も残虐犯を見ると死刑賛成したくもなるが
自身が冤罪でぶち込まれた時のことを考えると・・・ブルブル。

617 :前前前スレ96:02/07/01 01:33 ID:7g6m+ara
ここまで読んだ。確かに堂堂巡りだね。
でもそれでいいんじゃないかな?どうせ答えは出ないんですし。

コストの問題は上に書かれている通りで、死刑制度そのものの問題ではないし、
現状では「どちらとも言えない」というのが結論でしょう。
ただそれ以前に、社会の秩序と善良な国民の権利を守ることを最大の責務としている
国家の政策としては「より正しい」と思われるものが選ばれるべきであって、「より安い」
からと言う理由で選ばれてはならないと思います。
正しく、国民に利益(金銭面以外も含む)をもたらす政策であれば、多少の支出を覚悟しても
その政策を実行すべきだと思います。ですからコスト云々の話はなしにしましょう。

618 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:37 ID:rbdtFZIn
>>615
そうなるな。けど、死刑のメリットなんて
国民感情や遺族感情に迎合するかもしれない程度のもんだからな。

619 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:39 ID:VAIHtEgP
>>618
刑罰ってそんなもんでしょ。

620 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:39 ID:fyVOOfjq
>>602
日本はたしか戦後量刑が軽くなってきているけど犯罪率も下がってきていたはず。
量刑の軽減より教育の普及や経済状態の向上など他の要因も有るのじゃないのかな。
廃止国の死刑廃止後の犯罪率は廃止前の犯罪率の低下割合と比較する必要が有ると思うな。

621 :太郎:02/07/01 01:43 ID:rvgmJQHh
>>618

>国民感情や遺族感情に迎合するかもしれない程度

っていうか、これが世論であり、政治の根本であり
社会認識なんじゃないの?
国民感情を無視した刑罰は法の独走だべ

622 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:48 ID:v0Rb2vy2
>>612
被害者の遺族の感情を慰めるっつーのは死刑存続の根拠にはならんのよ。
この理屈は、少なくとも以下の3つのケースで成り立たなくなってしまう。

(1)被害者に遺族が居ない場合。
(2)遺族が死刑を望んでいない場合。
(3)遺族自身が犯人である場合。

っつーかな、そもそも刑罰って被害者のリクエストに応じて決めるってもんでもないだろ。

623 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:49 ID:fyVOOfjq
冤罪死刑についてだが、アムネスティは死刑を10年以上執行していない国を
事実上の廃止国と解釈している。
この解釈でいくと日本は事実上冤罪死刑が無い国になるよな。

624 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:51 ID:VAIHtEgP
>>622
>そもそも刑罰って被害者のリクエストに応じて決めるってもんでもないだろ。

でも法は国民のリクエストで決められるものですよ。
国民感情は根拠になりますよ。

625 :太郎:02/07/01 01:51 ID:rvgmJQHh
>>622

人食い宮崎を延命することで
何のメリットがあるか述べれ!

626 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:52 ID:rbdtFZIn
>>621
>>622も書いてるけどさ、国民や遺族のリクエストで法は決まらんでしょ。
そういう圧力と司法は無関係であれってのが司法の独立って意味だし。

627 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:53 ID:CtKWWeGY
>>626
司法と立法がごっちゃになってるぞ(w

628 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:54 ID:oyiSxivP
>>626
死刑制度存廃の問題は立法府の問題でないか?

629 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:54 ID:VAIHtEgP
>>626
司法が決めるのは有罪かどうかと量刑であって、法ではないよ。

630 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:54 ID:rbdtFZIn
>>626は間違えた。今問題にしてるのは司法じゃなくて立法の方だったな。

631 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:55 ID:rbdtFZIn
う、早々と三人にも突っ込まれてたよw

632 :朝まで名無しさん:02/07/01 01:56 ID:v0Rb2vy2
>>614
たまに見かける意見だけど、コレって勘違いなんだよな。

死刑廃止のメリットっつーのは、「冤罪の防止」じゃなくて
「冤罪による被害の軽減」にあるのよ。

自動車にたとえるなら、シートベルトやエアバッグみたいなモノ。
シートベルトやエアバッグで交通事故の発生は防げないが、
だからってシートベルトやエアバッグが意味ナシとは言えんだろ?

633 :前前前スレ96:02/07/01 01:58 ID:7g6m+ara
>>627
確かに。
国民や遺族のリクエストで「判決」は決まらないが、
国民や遺族のリクエストが「法律」に影響することは当然のこと。
最近の例では「ストーカー規制法」と「危険運転致死傷罪」の制定があります。


634 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:00 ID:v0Rb2vy2
>>625
宮崎みたいなゴミ虫野郎をブチ殺すために、俺達皆が
冤罪死刑のリスクを背負わなきゃいけないって事の方が
問題あると思うぞ。



635 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:04 ID:rbdtFZIn
議論も一段落したみたいだから、そろそろ寝ようかな。オヤスミ。

636 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:06 ID:oyiSxivP
弁護士付で三審制のうえ再審制度まであって
それでも免罪死刑の気にするっていうのも
司法の信用も地に落ちてるなぁ。自業自得か(w

637 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:09 ID:VAIHtEgP
>>632
喩えがおかしいよ。
それじゃあ、はなっから犯罪者は守られるべきって意味になるのでは?

事故=冤罪
シートベルト=終身刑(被害の最小化)
安全運転=確実な捜査・審理
ってとこでしょ?
加害者への配慮だけじゃない。
「適当な罰則」はどう喩えるのですか?

638 :太郎:02/07/01 02:10 ID:rvgmJQHh
>>634
>冤罪死刑
だからこれは死刑と関係ないってさ

警察制度改革すれば解決するだろう

取調べに対しVTR撮影の保存義務
証拠物件をアメリカ並みに自由に取り扱える
弁護士に対し補助金を支給

これで冤罪は格段に減る
実行すれ

639 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:12 ID:v0Rb2vy2
>>637
たとえ話がおかしいと思うなら無視して良いよ。

要するに「死刑廃止で冤罪は減らないが、冤罪による被害は減る」って事。
あんたが、自分の勘違いを理解してくれればそれで良し。

640 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:13 ID:v0Rb2vy2
>>638
>>632を参照のこと。

641 :太郎:02/07/01 02:18 ID:rvgmJQHh
>>640

ずいぶん気の長い話だ
自己軽減の為にシートベルト?
その前に道路整備すれ(中央分離帯や信号が先だろ)
分母を減らさないでどうするんじゃい

642 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:19 ID:fyVOOfjq
>>632
ふむ、前半は理解したが防止より被害の軽減を重視する考えは理解できんな。
後半の例えはよくわからん。

643 :前前前スレ96:02/07/01 02:21 ID:7g6m+ara
僕は死刑存置派だが、冤罪者への死刑執行は死刑制度の一番の問題だと思っている。
現に、フランス、イタリア、イギリスで死刑が廃止(イギリスは一般犯罪に対してのみ)された
のは冤罪者への死刑執行が問題になったからだ。
ただこれは現実に起こってみないと国民の側も理解出来ないのだろう。
今まで戦後50年西さんの例を除き、冤罪者への死刑執行が行われたことはない。
(西さんの例はかなり特殊、検索すれば分かると思う。)
将来日本でも冤罪者への死刑執行が起きてしまったときには世論も死刑廃止の方向に動くかも
知れない。しかし現状の執行状況では、あと10年はそのような事態になることはないと思われる。

644 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:22 ID:fyVOOfjq
>>634
そのリスクの話だけどオレの>>623の解釈はどう思う。

645 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:23 ID:v0Rb2vy2
>>641>>642

死刑廃止して、警察制度改革もやればいいだけの話。
別にどっちか片方しか出来ないわけじゃないんだから。

646 :太郎:02/07/01 02:27 ID:rvgmJQHh
>>645
警察制度が改革されれば冤罪率が格段に減る罠
故に、延命によるメリットも格段に減る罠

647 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:28 ID:v0Rb2vy2
>>644
こりゃ「最近発覚した冤罪死刑は無い」って事だろ。

発覚してない冤罪死刑が無いとは言えないし、
将来的に冤罪死刑が起きないとも言えないな。


648 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:30 ID:oyiSxivP
>>643
冤罪だとわかった時点で通常は執行はされないだろうが
実は冤罪だったのに再審請求が通らず死刑になる事はあるだろうなぁ。
とか書いてみる。


649 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:30 ID:v0Rb2vy2
>>646
道路を整備して、皆が安全運転するようになったら、
シートベルトもエアバッグも不要になるのか?


650 :太郎:02/07/01 02:37 ID:rvgmJQHh
>>649
電車にはシートベルトがないのはなぜか?
それはルールが確立されていて危険の度合いが少ないからだ

651 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:39 ID:+LkVY5VY
>>643
冤罪は発覚するまでは普通の犯罪と同じだからな。
みんな気づかずに冤罪被害に遭ってる人が何人いるか。
いないんじゃなくて、発覚していないだけの話だろ。

652 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:40 ID:Vp2k52FP
大変いい抜け穴を思いつきました。
制度改革の必要もほんのちょっとですみます。

死刑は廃止しない。
かわりに、冤罪のおそれとかも十分考えなくちゃならないから、
ものすごく慎重に裁判なりなんなり、とてもゆっくりやる。
で、被疑者が老衰で死ぬまで審議するの。

これで、死刑は執行しなくていいし、
新しく終身刑を定めなくても、実質的にこれが終身刑だし。
どう?


653 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:41 ID:fyVOOfjq
>>647
発覚して無い可能性と、将来に起こる可能性もあるからと言う事?
だったらその事実上の廃止国も実は死刑にしたのが発覚して無い可能性もあるし、
将来死刑復活になるかもしれないジャン。

654 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:44 ID:fyVOOfjq
>>647
10年以上無い事は事実上無い事とする。
この解釈をどう思う?

655 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:44 ID:+LkVY5VY
>>646
警察制度の改革と簡単に言ってくれてっけど、それに何十年かかんだよ(ワラ
とりあえず死刑廃止して、きちんと改革されたら復活ってのでどうだ?

656 :太郎:02/07/01 02:47 ID:rvgmJQHh
>>655

同じ言葉を返しますよ
死刑廃止に何十年かかるでしょうね?

もちろん、冤罪を理由に廃止を叫ぶのでしょうけど
それは、警察改革を強いる事に相当すますよね
さて、どちらがさきでしょうか?

657 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:50 ID:+LkVY5VY
>>656
まだいたのか。お前宛てにいろいろレスが来てるぞ。
返しやすいのだけ返してないでちゃんと全部に答えろよな(ワラ

658 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:50 ID:43NjS3oF
>>655

それだったら、復活してからの人間しか処刑されない。
死刑は存置しておき、執行を停止すればいい。
冤罪問題がないと判断されるケースでは、執行停止を解除すればいい。

659 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:51 ID:fyVOOfjq
>>652
冤罪疑惑者に関しては、今の日本はそんな感じじゃないかな...

660 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:53 ID:hesDke5a
冤罪死刑のデメリットに目を瞑っても死刑制度を維持する必要があるなら、もし冤罪で死刑が行なわれた場合、国民全員が責任を負担すればいいのさ。警察や裁判所のミスだから、一般市民には関係ないというのは、通らないだろうね。
で、責任の取り方だけど、国民全員を死刑や懲役にはできないから、冤罪死刑を出した翌年一年間は消費税を上げて、冤罪死刑被害者の遺族への補償やそのほかの犯罪被害者のための基金に廻すのはどうか?

661 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:55 ID:lJkbisXM
>>656
横レスだけど、何十年もかかる?
ヨーロッパじゃほとんどが廃止されてるって聞いたけど・・・

662 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:55 ID:oyiSxivP
>>658
それは現状の裁判で死刑判決出すのを新潮にすればいいだけでないのか?

663 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:57 ID:43NjS3oF
>>662

両方すればいい。
死刑そのものを廃止する必要は無い。

664 :朝まで名無しさん:02/07/01 02:57 ID:oyiSxivP
>>662 新潮→慎重 ね

665 :太郎:02/07/01 02:59 ID:rvgmJQHh
>>657

私あてにレスの山?
一応、答えてるつもりだが
コテハンで呼ばれないので見落としていたかも
ちゅうことで、どれとどれさ?

666 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:06 ID:fyVOOfjq
「冤罪防止」より「冤罪被害の軽減」が先って話は変じゃないか?
懲役刑の被害を軽減するために量刑の軽減又は廃止???
罰金刑の被害を軽減するために減額または廃止???


667 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:13 ID:Vp2k52FP
>>666
それはいくらなんでもひどい誤解だと思う。

>懲役刑の被害を軽減するために量刑の軽減又は廃止???
>罰金刑の被害を軽減するために減額または廃止???

「懲役刑の被害」「罰金刑の被害」とこの2つは
いったいどこから出てきた単語ですか?電波?


668 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:14 ID:43NjS3oF
「冤罪被害の軽減」ではなく「冤罪死刑の撲滅」とせねばならんだろう。
そしてそれは、すべての死刑の廃止運動ではなく、個別のケースにおける
冤罪死刑の撲滅運動によって達成されるべきものだ

669 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:15 ID:fyVOOfjq
>>667
だから冤罪の場合のって話。

670 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:17 ID:43NjS3oF
>>668に付け加えると、個別のケースにおける冤罪死刑の可能性を0にする方法が
存在しないときにはじめて、死刑廃止という選択肢が生まれるのである。

671 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:21 ID:fyVOOfjq
>>667
ちなみに「冤罪被害の軽減」は>>632が言い出した事、オレじゃない。

672 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:28 ID:fyVOOfjq
>>670
冤罪死刑についてだが、オレの>>623の解釈はどう思う。

673 :667:02/07/01 03:31 ID:Vp2k52FP
fyVOOfjq様
よくわかりました。すいません。
しかし懲役刑や罰金刑の場合は、冤罪であった場合でもその被害者は
とりあえず生きてるわけで、償うことはできるわけでしょ。
しかし冤罪で死刑にしちゃってあとで冤罪だったことがはっきりしちゃった場足は
どうしようもないわけでしょ。
同列に扱える問題ではないと思いますが

674 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:46 ID:fyVOOfjq
>>673
それについては>>614で陳べたつもり。

675 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:46 ID:oyiSxivP
>>673
冤罪懲役にしても、過ぎた時間それ自体はどうしようもないから
妥当な償いができるかどうかは、ケースによりそうだな。

676 :朝まで名無しさん:02/07/01 03:55 ID:Vp2k52FP
>>674
>>614も読んでみましたが、もちろん捜査立件段階でちゃんとやるのは当然ですね。
で、それと平行して、それでも起きてしまった冤罪についての被害を減らそうと考えるのは、
普通に並立する考えであって、おかしいことはないと思うんですが。

>>632はなにも、死刑廃止して冤罪の被害を減らせば、冤罪そのものを防ぐ努力をしなくてもいいじゃん、
なんてことは一言も言ってないので、なんでそこにつっかかってくるのかよくわからんですが。


677 :朝まで名無しさん:02/07/01 04:56 ID:OL1AeX1R
>>676
じゃ、冤罪ではないと確実に言える囚人なら死刑に処しても問題ないの?

永山則夫みたいに、幼いときの環境が悪かったから犯罪犯しちゃったけど
被害者に金払ってるし反省してんだから
再審請求認めれゴルァって言っていた囚人もいたよね。
結局、死刑執行されちゃったけど。

あいつを見てて、人の命を奪ったことをなんだと思ってるのかと思ったよ

678 :朝まで名無しさん:02/07/01 05:00 ID:OL1AeX1R
被害者じゃなかった。被害者は死んでいるから遺族ね。
ここ訂正。

679 :朝まで名無しさん:02/07/01 07:25 ID:2YR3w0p2
>>677
再審請求じゃなく無期に減刑しろってことじゃなかった?

680 :670:02/07/01 09:20 ID:hd6RuEQM
>>672
遅くなってスマソ。
個別の冤罪死刑可能性の面で、死刑廃止派につっこまれる要素がある
と思うな。死刑をすべて廃止するのはおかしいということを、廃止派に
分からせるには、やはり個別のケースで対応するしかないのでは?



681 :朝まで名無しさん:02/07/01 09:26 ID:hd6RuEQM
>>677
>冤罪ではないと確実に言える囚人なら死刑に処しても問題ないの?
問題ないね。

冤罪死刑の可能性を理由に死刑廃止を訴えてる人間は、冤罪死刑の可能性が
0になれば、死刑賛成にならないとおかしいから、冤罪死刑根拠の死刑廃止派でも
問題なしとしか言えない。

682 :太郎:02/07/01 09:34 ID:rvgmJQHh
>>677
>、冤罪ではないと確実に言える囚人なら死刑に処しても問題ないの?

問題無し、それは裁判官の判断だから
それを否定すれば司法を否定する事と同義

683 :朝まで名無しさん:02/07/01 10:26 ID:XA6tQYSG
同じような罪を犯した場合でも、
たまたま、冤罪の可能性がなければ死刑で
たまたま、冤罪の可能性が有った場合は死刑にならなかったら
運で被告の刑罰が左右され、不公平だと思うが


684 :朝まで名無しさん:02/07/01 11:17 ID:+tIK8+9x
>>683
そりゃ死刑に限ったことじゃないよ。
死刑を終身刑や無期懲役に置き換えてみなよ。
ところであなたの言う平等な方法を教えてくれ。
両方とも平等に刑罰無しなんて言うなよ(w


685 :朝まで名無しさん:02/07/01 11:30 ID:kFpKJmUM
死刑制度廃止するとどんなメリットがあるの ????

※冤罪に関しては 死刑になるならないは別にしてあってはいけないことで
それを理由に廃止というのは止めてね・・・


686 :朝まで名無しさん:02/07/01 11:45 ID:XA6tQYSG
>>684
どうも伝わってないようだ
冤罪の可能性で死刑かどうか決めていたら
例えば4人殺した事件が別々に2件有ったとして
片方は現行犯で捕まったから死刑
もう片方の事件は、あとから捕まったので冤罪の可能性があり、死刑回避
なんてことになったら不公平だろ

冤罪の可能性があるから終身刑や無期懲役にしないなんて意見は出てないよな

687 :朝まで名無しさん :02/07/01 11:47 ID:+tIK8+9x
>>685
結局根本的に思想が違ってとにかく死刑を完全に悪とするか、そうでないかの差だと思う。
冤罪や抑止力でのメリットうんぬんなんかはお互いの思想を元に後付けしてるのでずっと平行線。
でもそれぞれ思想として間違っては無いと思う。ただ廃止派の掲げる思想が日本に合わないのは明らか。
また逆も当然あうはずが無い。
そして廃止派は国それぞれであるのは気に食わないらしい。


688 :朝まで名無しさん :02/07/01 11:50 ID:+tIK8+9x
>もう片方の事件は、あとから捕まったので冤罪の可能性があり、死刑回避
>なんてことになったら不公平だろ
冤罪のままおわるわけないだろう?もちろんその状態のまま死刑は執行されないが
別に死刑が取り消しになるわけでもない。死刑が早まるか遅くなるかだけだ。
その時間が不公平というのなら他の刑罰でも変わらないといいたいのだよ。


689 :朝まで名無しさん:02/07/01 11:51 ID:XA6tQYSG
>>688
>>677-682を読んでるか?

690 :朝まで名無しさん:02/07/01 11:59 ID:XA6tQYSG
>>688
他の刑罰は、冤罪の可能性が有ろうが無かろうが刑を執行できる。
死刑は、冤罪の可能性があるから執行しないなんてことになったら
いつまでたっても執行できないわけだ。
執行されないまま寿命で死ぬ死刑囚もいるわけだが
それでも他の刑罰と死刑が一緒と言えるか?


691 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 12:07 ID:5lmbr8um
>>489
その知識は間違っています。
「目には目を」と書いてあるのはハムラビ法典。
そして、旧約聖書もかな。
新約聖書においてキリストは「目には目を」というのはやめろ、と
明確に否定しています

692 :朝まで名無しさん:02/07/01 12:22 ID:hd6RuEQM
>>690
100%冤罪ではない場合の死刑判決と、客観的に判断して冤罪の可能性はほとんどない
という場合の死刑判決が、同じ死刑であるのかが問題。
言葉を変えれば、公平・不公平の問題は解決するだろ。
例えば、「執行猶予付き死刑判決」と「死刑実刑判決」とか。

693 :朝まで名無しさん:02/07/01 12:46 ID:fyVOOfjq
>>676
冤罪被害軽減の1つの案として刑罰そのものの廃止と
言う考えは別に有ってもおかしくはないよ。
おれは冤罪死刑も含めた冤罪問題は刑罰廃止以前に
冤罪防止が優先だろって言いたかったの。
実際問題取り返しの付かない冤罪被害を減らすには
刑罰廃止より冤罪防止が有効だと思うがね。




694 :朝まで名無しさん :02/07/01 12:49 ID:+tIK8+9x
>他の刑罰は、冤罪の可能性が有ろうが無かろうが刑を執行できる。
この点がまずおかしい。冤罪の可能性がある状態で無期懲役が執行されてるかな?
まだその時点では懲役囚では無くただの被告じゃないのかな?
>執行されないまま寿命で死ぬ死刑囚もいるわけだが
>それでも他の刑罰と死刑が一緒と言えるか?
論点がずれてないか?判決が下りる過程は一緒だろう?
寿命で死ぬとか言った話は別問題
死刑確定といっても即絞首刑では無いんだぞ。

695 :朝まで名無しさん :02/07/01 12:52 ID:+tIK8+9x
あと廃止派の方
>>>687
この意見完全にまちがってるかな?

696 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 12:52 ID:9WvLOZGJ
分かっているとは思いますが現行制度では死刑には執行猶予はつきません。
執行が猶予された場合、猶予期間をすぎると刑の言い渡しが効力を失います。
執行猶予とは「もう一回やったらもう許さないけど、やらなければ、今回だけは
堪忍してやる。」という制度ですから、一定以上の
重い刑(5年以上の有期懲役、無期懲役、死刑)には適用され得ません。


697 :朝まで名無しさん:02/07/01 12:52 ID:e2RNWTot
「眼には眼を」の原典はたしかに「ハンムラビ法典」であるが、
これは損害倍賞の必要性を述べたもので、決して「復讐の是認」ではない。
つまり他人の眼を傷つけたならば、自らの眼をもって償いをせよ
(損害に見合う倍賞をせよ)ということで、
「眼をやられたら相手の眼をやり返せ」という意味ではない。

698 :朝まで名無しさん:02/07/01 13:03 ID:Kaz9pBaq
文明が前向きに発展し続ける限り、死刑廃止の方向に進むのは必然と言える。
進化した人類はいずれ復讐と言う感情を失う、それが起らなければ
復讐の連鎖でいずれ文明は崩壊するだろう。

699 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 13:05 ID:9WvLOZGJ
私もほぼ同内容のことを何度か書いています。

>>結局根本的に思想が違ってとにかく死刑を完全に悪とするか、そうでないかの差だと思う。
全くその通り。

>>冤罪や抑止力でのメリットうんぬんなんかはお互いの思想を元に後付けしてるのでずっと平行線。
冤罪の可能性のみを理由に廃止を唱えている人は、そうでない廃止派とは若干意見を異にします。
しかし、冤罪の可能性は減らせても0には絶対に出来ない、と考えていると見られるため、
彼等も、存置派と妥協できないだろうと思います。
そうでない廃止派は間違いなく妥協できません。
仰る通りです。

>>でもそれぞれ思想として間違っては無いと思う。
おおむね賛成です。おおむね、と書いたのはやはり合法的に人を殺す制度というのは、
おかしい、と頑固に考えつづけるからです。
しかし、思想としてというよりも、凶悪犯罪を見て、犯人を殺したい、
と感じる、という点では、多分私の他の廃止派も一致するとおもおいます。

>>ただ廃止派の掲げる思想が日本に合わないのは明らか。
大概の国では存置派の意見の方が強いです。
また、日本に明確に言語化された倫理規範(例えば勅語、聖書)がない以上
「明らか」というのだけは、すこし抵抗したいな、と思いますが。。。
確かに、あんまり強く抵抗できるとは思っていません。

>>また逆も当然あうはずが無い。
これは文意がよくわからないので説明を求めます。

>>そして廃止派は国それぞれであるのは気に食わないらしい。
ヨーロッパで廃止してるから、、、というわけではありません。
それも、廃止派が正当とみなされる可能性の例として、上げている程度ではないでしょうか。

700 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 13:06 ID:9WvLOZGJ
>>699>>695
打つ誌。。。

701 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 13:10 ID:9WvLOZGJ
>>697
「目には目を、歯に歯を」は同害復讐法とも呼ばれています。
この2例だけでなく、他に幾つも例をあげて同害によって復讐すべき旨を定めています。
近代民法的な金銭その他の対価による賠償は認めず、あくまで、
同害による復讐を定めているはずですが、誤っていたら、指摘してください。

702 :朝まで名無しさん:02/07/01 13:29 ID:JQogJskx
>>701
障害者を増やして国力を低下させるだけのお馬鹿な制度です。
文明人はこんな物は絶対に見習ってはいけません。

703 :太郎:02/07/01 13:34 ID:rvgmJQHh
>>698
>死刑廃止の方向に進むのは必然と言える。

何を根拠に?

>進化した人類はいずれ復讐と言う感情を失う、

犯罪者の起こした事件で君の子供が性奴隷と化し食べられても
なーんにも感じないのね、そんな 訳ねーだろ

704 :朝まで名無しさん:02/07/01 13:39 ID:JQogJskx
>>703
犯罪自体が全く起らないか極めて少ない社会になる事を前提としている。
よって死刑の必要性も低く復讐という感情もなくなる。


705 :太郎:02/07/01 13:44 ID:rvgmJQHh
>>704

だったら警察も裁判官も刑務所もいらんわな
で、いつの時代の話ですか?
100年以上先の話は勘弁してくれよ
時代背景が違う(予想できない)のだから
話は噛み合わん
それとも全体主義的発想か?

706 :紫陽花 ◆KGB6/Tcw :02/07/01 13:47 ID:9vXevjdS
>>703
>>698は進化した人類ですか??
そうじゃない限り議論は平行線。

707 :太郎:02/07/01 13:50 ID:rvgmJQHh
つうか
死刑反対派は
反対することで得るメリットを箇条書きで述べれ

明らかに、社会に貢献する廃止制度なら転向するぞな
バンバン、カキコすれ

708 :恐怖皇 にゃんすけ:02/07/01 13:54 ID:SaC7K6Tu
死刑制度は、見せしめによる犯罪抑止というよりも、遺族に復讐させない為の死刑だと思う。
死刑を廃止して、復讐する奴が増えると、国が滅茶苦茶になる。
犯罪が犯罪を生む例の一つだ。
本心で言うと、「やられたらやり返す」と言うのは、愚かな事だ。
イスラエルとパレスチナのように、延々と繰り返す事になる。
恨みと言うものは、いつまでも消えない。
私は、復讐は反対であるから、死刑に賛成します。

709 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 16:18 ID:Bbj+Kg/D
>>707
人の命を、メリットデメリットの議論によって左右することには根本的に反対です。
すでに、その時点で私とはスタンスが違います。

>>708
殺人の罪は死刑又は無期若しくは3年以上(15年以下)の有期懲役に
処せられることになっています。
今の運用では、概ねですが二人までなら故意に殺しても死刑にはなりません。
大体3〜4人で無期懲役若しくは死刑になるといわれています。
一人では無期、いや10年にもなかなかならないでしょう(尊属殺は別です)。
同じ人が死ぬのでも業務上過失致死(危険な作業等をしていて注意を怠った)
および重過失(重大なうっかりミスで人を殺した)なら5年以下、
障害致死(殺すつもりは無かったが怪我をさせようとした)は2年以下の有期懲役、
過失致死(うっかり殺した)に30万円以下の罰金または科料が科せられるだけです。
これは同意殺人や自殺幇助(本人に殺してくれと頼まれて殺す)が
7年以下の有期懲役であることに鑑みれば、
あなたがたにとっては驚くほど短い刑だと思います。
余談ですが交通事故については先ごろ立法があり確か10年以下の有期懲役になりましたが、
おそらく、法的安定性や刑の均衡からいっても
最大の6〜7年以上の刑が執行されることはないでしょう。


もちろん殺したわけや殺し方によっても違うので、一概には言えませんが、
理論上(そして恐らく現実に)人を一人殺したことがある人というのは、
天下を闊歩していますが、復讐によって殺された、というはなしは
寡聞にして聞いたことがありません。
ちなみに、これだけの刑の具体的内容というのは皆さん
恐らくご存じなかったと思いますが、死刑廃止論にばかり噛み付いて、
こういう部分についてはどうお考えなのでしょう。
わたしは、他の刑との均衡から考えても、やはり死刑というのは
その重さにおいてバランスを欠き異彩を放っていると思います。

710 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 16:30 ID:Bbj+Kg/D
>>710
余計な突っ込みがはいる前に補足しておきますが、
尊属殺の規定(法200条、尊属を殺したものは死刑または無期懲役だった)は削除されています。
しかし、尊属殺についての精神まで裁判所が失ったわけではありません。
有名な昭和48年4月4日のいわゆる尊属殺重罰規定判決(詳しい内容はパス
どうしても説明を求める、後で要請に応えて説明します)はありますが、
この事件はあまりに加害者が気の毒だった為、父親を殺してもなお
執行猶予をつけるべきだ、とされたもので、これとは違う、
普通の尊属殺人ではほぼ旧規定通りの運用がなされる筈です。

711 :朝まで名無しさん:02/07/01 16:31 ID:YBkJuMU6
>>709 K.W死刑廃止派さん

外患誘致の場合も、他の殺人罪との刑の均衡が必要だとお考えですか?

712 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 16:56 ID:RRy7whLo
>>711
外患誘致及び内乱については、他の刑罰との均衡を最大限考慮してもなお
死刑が相当だと考えています。
なぜならば、クーデター及び外患誘致は、民主主義の破壊を目的とし、
日本国民全ての人権と生命を危機に陥れる行為だからです。
なお、オウム関係の事件については、殺人等ではなく、内乱で処理が出来ないものか、
と考えていますが、これはまた別の議論かもしれませんね。
たしか、内乱の判例は2・26事件まで遡らないtないのですよね。
国内はもちろん世界的にも判例が少なすぎて、議論のしようがないというのが現実です。

その意味で、私は厳密な死刑廃止派ではありません。

713 :一個人として:02/07/01 17:09 ID:eg90BD1r

死刑は社会にとって必要なのです。
 廃止派の人に
 よく人権擁護とか耳にしますが、凶悪犯罪を犯したものを
 擁護する必要なんてないのです。
 わが国の裁判というのは諸外国に比べて あまりにも加害者を擁護する
 判決が多すぎるし、結果が出るまで時間がかかりすぎ
 とにかく もっと被害者側を擁護しろと・・ね
 廃止を望んでいる方へ
 その本人が若し、被害者側になったらどう思われますか?
 それでも廃止を望んでいますか?
 

714 :朝まで名無しさん:02/07/01 17:12 ID:r7VHIYlC
>>713
もうとっくに通り過ぎた議論だよ。
もういないよ、そんな廃止派は。このスレだけでも読んだ?

715 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 17:20 ID:RVm0pLRZ
>>714
ああ、すみません。わたしはそんな廃止派ですが。。。
わが国のは裁判が諸外国に比べて加害者に寛容だというのは初耳です。
イギリスやフランス、ドイツやアメリカの一部の州等は死刑を廃止していますが、
そういった国と比較して、未だに死刑廃止条約も批准していないわが国の
刑事政策が寛容であるとは思えませんが、かなうならばもうすこし具体的に
説明していただけますか?

716 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/01 17:21 ID:RVm0pLRZ
>>715後段は>>713です。失礼。

717 :太郎:02/07/01 17:54 ID:rvgmJQHh
K.W死刑廃止派殿が考える死刑に値する犯罪基準を希望する

猟奇的犯罪者が死刑に相当しない理由もきぼーん



718 :?I^:02/07/01 18:06 ID:n8JcnuwW
>>>489
>その知識は間違っています。
>「目には目を」と書いてあるのはハムラビ法典。
>そして、旧約聖書もかな。

私は旧約聖書の記載を見ました。

 レビ記24章17節

「人を打ち殺したものはだれであっても
 必ず死刑に処せられる。家畜を打ち殺す者は
 その償いをする、命には命をもって償う」

 レビ記24章21節

「家畜を打ち殺す者はそれを償うことができるが
人を打ち殺す者は死刑に処せられる」



719 :朝まで名無しさん:02/07/01 18:34 ID:Gk5/zQRt
江戸時代は 殺人=死刑 で余程情状酌量の余地があった場合 終身島流しだった
そうです。

そのほうが ややこしい裁判だの 判例だの と騒がず簡単で理にかなってると
思いません ?

今だったら 終身刑として ジェラシック・パーク みたいな逃げ出すのが不可能な
無人島に 送る事をお勧めいたします。

しかし そのほうが死刑よりきついかもな・・・





720 :朝まで名無しさん:02/07/01 19:45 ID:ev15hEg5
>>701
「同害」以上の害を与えてはいけないという解釈もあるんだよね・・・



721 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:02 ID:v0Rb2vy2
>>719
今の制度は「ややこしい」から、殺人は全部死刑にすれば「簡単」だ、か…。
よっぽど「ややこしい」事がキライなんだな、アンタは。

>>707 >>709
俺は、メリットとデメリットを秤にかけて考えた結果、死刑は廃止した方がイイと思ってる。
正確には「死刑は廃止した方がイイ」ではなく「最高刑は終身刑の方がイイ」だけどな。


722 :朝まで名無しさん :02/07/01 21:21 ID:6bCk7FO4
>>721
よっぽどひどい凶悪犯罪には死刑で
一人殺害などの犯罪では終身刑では駄目かね?
わざわざ全部の犯罪に対してじゃなく、ここの事件をみて死刑か終身刑か判断する。
一番バランス良いと思うが。

723 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:29 ID:0cUCBV5I
人類は復讐を放棄する勇気と強さを持つ必要がある。


724 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:37 ID:v0Rb2vy2
>>722
死刑にしたら、間違えた時にどうしようもなくなっちゃうからダメ。
詳しくは>>344参照のこと。

725 :太郎:02/07/01 21:39 ID:rvgmJQHh
>>723

・・・自分の子供が食われても
   その発言が出来るなら褒めちゃる

しかし、君の子供として生まれたくはないな

726 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:40 ID:k31Tp4Tk
 今から数年前の話だが、街(福岡県福岡市天神)で死刑反対の
ビラを配っている人達を見たことがある。
その中にギター持って裾の長いズボンを履いたいかにもヒッピー
見たいなのがいた。私はこの時思った。「ああ、こいつはただ
単に『反体制の運動』がしたくてやっているだけだな。顔もへら
へら笑っているし真面目に考えて運動しているんじゃないな」と。
死刑囚の家族が反対運動するなら、まぁある意味理解も出来よう。
ただ単に反体制の運動がしたくて「死刑反対運動」している人は
一体何を考えているんだろうと思う。

727 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:44 ID:XA6tQYSG
>>713
犯罪の中の0.01%にすぎないような凶悪犯罪者にやたら厳しく(死刑)
残りの99.99%の犯罪者に甘いんだよ
だから、日本の加害者擁護云々と、死刑とは本来関係ないはず


728 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:46 ID:XA6tQYSG
>>722
そのボーダーラインをわけるのが大変でしょ
懲役刑なら法律を変える必要はあるけど、
1日から1000年まで好きなように決められる。
それに対して、死刑はなるかならないかのデジタルなものだから使いづらい

729 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:50 ID:RWbhB7bv
死刑あってよいと思う。
もちろん終身刑が、一番いいと漏れも思う。
だが、コストを考えると、中共のように、
自殺を強要することもつい選択肢に入れたくなってしまう。

730 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:53 ID:rRRKNfTL
>>726
数年前に見た一人の話されてもねェ。
賛成派にもヒッピーっぽいのはわらわらおるやろ。

731 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:54 ID:/hLuxiQv
今の日テレ見てると賛成したくなるね

732 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:57 ID:b7oo3lm5
>>725
人々がそれくないの強さを持てないようでは、
この文明も長くはないだろう。


733 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:00 ID:GQN9B6hQ
>>731

自分が変わったといったアメリカの死刑囚。
死刑だからこそ変われたのだから、やはり死刑は必要だと思った。
終身刑で愚痴を言いながら死を迎えるよりは、よほど魂の浄化になるような気がする。

734 :太郎:02/07/01 22:02 ID:rvgmJQHh
>>732

感情をなくした人間になりたいのなら
ロボトミー手術がお勧め



735 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:04 ID:b7oo3lm5
>>734
感情があるからこそ耐えて克服する。
前に進むためには必要なことだ。

736 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:07 ID:GQN9B6hQ
>人類は復讐を放棄する勇気と強さを持つ必要がある。

今でも地球上に人類が多すぎるのに、どんどん増えていって結局は内部崩壊。
愛は、人類以外の地球を救い、人類は救われない。

737 :太郎:02/07/01 22:09 ID:rvgmJQHh
>>735
それって
右の頬を殴られたら、左の頬を差し出せと言ってるの?

世界のスタンダード アメリカにも同じこと教えてくださいな

738 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:09 ID:gmmLVF8d
冤罪がありうるから廃止すべきというやつ頭悪すぎ。

 もう何度も言われてるじゃん。車や飛行機,原発。人間の命を奪う可能性
があっても社会がそのリスクを容認している例はいくらでもある。犠牲を
上回るメリットを認めているからだ。死刑のリスクが冤罪なら,それを上回る
メリットを死刑に認めるならば存置派。認めないなら廃止派。それだけのこと。
冤罪があるから絶対だめだというのは論理破綻。
 抑止力・秩序維持,罪に対するバランス,被害者の復讐感情とか,あらゆる
論点(もちろん冤罪も)でメリット・デメリットを比較して廃止を主張するなら
わかるがひとつの冤罪死刑も許されないみたいな薄甘いヒューマニズムは
幼稚すぎ。

 だから矛盾ないように語ろうとすると「車は乗らない」とかいうやつがあら
われる。

739 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:10 ID:lGEhrbV1
死んだら、見る・聞く・嗅ぐ・触る・味わうどころか、
考えることも思うことも何もない、何もない。
「何もない」と「思う」こともない。
いざ自分がそうなる事を考えた時、始めて死の恐怖を覚える
そして「悪いことをした、ごめんなさい」?都合がいいとはこの事。
殺された人は「ごめんなさい」といって命が救われたのだろうか。

740 ::02/07/01 22:10 ID:n8JcnuwW
>>720
旧約聖書の記載からは
国家、または社会共同体が犯罪者に与える罰を規定しているように
見えます。

新約聖書では、死刑がどのように扱われているか
よく読んでみます。

旧約聖書は、何でもかんでも「死刑」のオンパレードです。

旧約聖書が、殺人の罪に対して死刑の罰を規定しているのを
そのまま現代に適用して良いか、よく考える必要があります。


741 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:11 ID:/hLuxiQv
>>738
そういう人間は無国籍で完全自給自足で暮らしてもらえば良し。
どんな科学技術も危険と隣り合わせだしね。

742 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:21 ID:k31Tp4Tk
>730
私の言いたい事はただ単に「反体制運動の延長」で「死刑反対」の
「運動」をしてくれるなよと言う事です。

743 :朝まで名無しさん:02/07/01 22:37 ID:v0Rb2vy2
>>738
冤罪があるから死刑廃止って主張は、大概の場合は
「死刑のメリットは冤罪死刑のデメリットを下回る」って
主張してるんじゃねーの?

車乗らないなんて書いてるヤツはネタだろ。
そんなもんマジに受け取るなよ。

744 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:25 ID:t7+Qqa3q
遺族の気持ちを考えたらってのもうざったいんですよ。昔からの知り合いならともかく、赤の他人に勝手に代弁されては我慢なりません。賛成派だろうが廃止派だろうが、簡単に人の本当の気持ちなんてわかるかよ。
俺自身、家族の命を理不尽な形で奪われた身だから言わせてもらいますけど、遺族の気持ちを語るなら、一回ぐらい会って話してからにしてくれや。

745 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:39 ID:sW8U3H8f
「悪いことをした=死刑」などと国が容認しているから
個人も自分にとって悪い事をした存在を安易に殺してしまうのだ。
重大犯罪者も殺してはいけない程に命は貴い物だと教えなくてどうする。


746 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:43 ID:gmmLVF8d
>>744
 一番尊重されるべきは被害者の感情
 次に遺族・関係者
 次に社会成員一般・市民感情

747 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:57 ID:jsfsG/gf
>>744 >>746
遺族の気持ちといても、具体的なものだけじゃなくて
抽象的に、自分の家族が殺されたら(自分が遺族になったら)どう思うか、
ってのもあるからね・・・


748 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:59 ID:gmmLVF8d
>>745
 よく出る廃止派の意見で一番幼稚なものだな

 刑罰全部を否定している。

 死刑制度があるから自分も殺人をしていいんだというのはただの電波なこじつけ。

 罪と罰はバランスがとられていると一応信じられている。人を何人殺そうが殺人者
が死ななくていいというなら,人の命とはその程度のものだ,罰として生活の自由を
奪われる「程度」ですむものなんだ,と教えることになるだろうな。そういうバランスな
んだと。

749 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:03 ID:sE6IG4jf
>>748
実際死刑廃止してる国がごまんとあるのに
死刑を廃止すると法の秩序が守れないなんて強弁するのはどうかと思うよ。

750 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:07 ID:itoh/WON
廃止して復活した国もあったように思うが、やはり問題が有ったんじゃないかな。
その辺はどう思いますか749さん

751 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:10 ID:OYFdWQxy
>>748
>死刑を廃止すると法の秩序が守れない

 どこにそんなこと書いてあるんだ?

752 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:10 ID:sE6IG4jf
>>750
さぁ、そのへんは詳しくないから。
けど、現在進行形で廃止してる国がある以上
死刑を廃止するのが不可能じゃないってことは確かだね。

753 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:11 ID:7xUQipPx
>>748
幼稚ではない、これこそ人類の進むべき未来だ。
死刑を容認した段階で殺人者と同等レベルに
成り下がる事を徹底的に教え込むべきだ。


754 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:12 ID:sE6IG4jf
>>751
国民の法律への信頼が揺らぐ程度の意味に受けとって。
子供じゃないんだから、文意ぐらい汲みとって欲しいんだけど。

755 :前前前スレ96:02/07/02 00:13 ID:4ww4nufP
>>753
それは洗脳では?あなた極端過ぎますよ。ネタだと思いますけど。

756 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:15 ID:OYFdWQxy
>>753
 だったら他の刑罰はどういう論理で正当化されるんだ?
人類の進むべき未来って犯罪の無い世界?「刑罰は教育だ」並
の電波意見だよそれ。

757 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:16 ID:OYFdWQxy
>>754

 つうかそっちが悪意を持って極端に書いてるくせにこっちの
せいにするとは・・

758 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:17 ID:sE6IG4jf
>>757
じゃあ、あんた法の秩序をどういう意味に受け取ったの?

759 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:19 ID:hFYSLl3L
死刑にされる人って年間何人くらいいるのですか?

760 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:20 ID:itoh/WON
2〜3人だろ。
まったく無い年もあるらしいから。

761 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:21 ID:OYFdWQxy
>>758
 つうか「国民の法律への信頼が揺らぐ程度」と「法の秩序が守られない」
で差がありすぎるだろうが

762 :前前前スレ96:02/07/02 00:22 ID:4ww4nufP
>>759
このWEBページは参考になるかも。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/7136/linker.html
http://www.asahi-net.or.jp/~ef4j-tkgi/dp/dp.html

763 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:24 ID:hFYSLl3L
中国の公開処刑とかはやっぱ、非文明的?冤罪多そうだな。
中国・・・


764 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:26 ID:VlyK55Ce
凶悪犯罪を犯した者は死刑(になるかもしれない)という
規定があること自体が、法に対する信頼のよりどころに
なっているということはないかな?

現実に執行された人数よりも、
死刑制度の規定があるということ自体が、重要なんでないかなぁ・・・

アムネスティのいうところの
「事実上の廃止国」や「通常犯罪での廃止国」だって、
死刑制度そのものは法典から削除しないってことだよね。


765 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:26 ID:7xUQipPx
>>756
最高刑が終身刑になる事で他の刑罰が正当性を失う事はないだろう。
犯罪のない世界にするために必要な事の1つだな。


766 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:27 ID:sE6IG4jf
>>761
だから、法の秩序をどういう意味に受け取ったんだって聞いてるんだよ。
国民の信頼で法の秩序が保たれてるとするなら、問題ないだろ。

767 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:29 ID:VlyK55Ce
>>761
そうでもないと思うぞ。
「国民の法律への信頼」が揺らぐと、
法律以外の方法で社会秩序を維持しようとする動機が働く。
具体的には「社会的制裁」とか「私刑」ってことになる・・・

768 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:30 ID:hFYSLl3L
>>762
どうも、ありがとう。

769 : :02/07/02 00:33 ID:ap/sD9wk
死刑という刑は生ぬるい。
生き地獄を味わすべき。

アフリカのある国では窃盗罪で片方の手首切断だ!
それなら、レイプはペニス切断でど〜だ?
殺人罪には臓器や目の玉を提供、
あと、毎月手足の指を一本ずつ切断!


770 :朝まで名無しさん:02/07/02 00:43 ID:OYFdWQxy
>>766

 法の秩序が守られなくなるといったら単純に言えば
犯罪が増加する,治安が悪化するということだろ?

国民の信頼「だけ」で法の秩序が維持されていると思っているのか?
国民の信頼が揺らいだら即秩序が崩壊するのか?それが極端だといってるの。
そんなことは書いてない。
 

771 :朝まで名無しさん:02/07/02 01:11 ID:OYFdWQxy
>>765

 全然会話になってないよ

772 :朝まで名無しさん:02/07/02 01:33 ID:pQuiIQ9s
刑罰の意義が教育的なものか懲罰的なものか
死刑廃止派は、どう捕らえているのでしょうか?

773 :朝まで名無しさん:02/07/02 01:52 ID:NboCmNzb
>>772
重労働を強いるなら終身刑でも刑罰としては十分重い。
寧ろ罪人によっては絞首刑なんて楽過ぎでしょう。



774 :朝まで名無しさん:02/07/02 02:04 ID:OB19AU1S
>>769みたいな意見は、実は結構大事。

775 :Ver5:4:02/07/02 02:21 ID:0DWiXbFv
>>396
「>1.殺人の抑止力
 >    有ったとしても冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。
 >2.罪と罰のバランス、被害者、国民の感情
 >    冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。

 それを言うと全ての刑罰が否定されるのでは?」
どうして「全ての刑罰が否定される」のか分からないのですが。

殺人の抑止力、罪と罰のバランス、被害者、国民の感情のどれかが
冤罪死刑のリスクより大きいことを、だれか示して下さい。
他の事でも好いですから「これは冤罪死刑のリスクより大きいぞ」と
明言して下さい。でないと冤罪死刑のリスクを考えているのかどうか
分かりません。
念のため私の立場を書きますと、「冤罪死刑のリスクのため原則として
死刑廃止。仲間が脱獄させる危険性が有る場合に限って死刑を認める。」
というものです。

776 :朝まで名無しさん:02/07/02 02:30 ID:pQuiIQ9s
>>775
なぜに冤罪リスクのほうが大きいと考えるのですか?

777 :朝まで名無しさん:02/07/02 03:17 ID:rYQGQeo2
>>774
しかし日本では残虐な刑罰は禁止されていると言う罠。

778 :朝まで名無しさん:02/07/02 04:34 ID:JxVTIaku
厳罰主義者って人生楽しくなさそうだよね。いつも誰かが何かやらかさないかってことばかり気にしてさ。こういう人間って、他人が自分より少しでも楽しそうにしてると、急に不機嫌になってやっかむようなみっともない奴らなんだよな。

779 :朝まで名無しさん:02/07/02 04:49 ID:JxVTIaku
死刑は必要悪であると思います。
もし死刑が廃止された場合、極刑=終身刑となるのでしょうが、そうなると、何をしても殺されないと言うことで、凶悪犯罪がハンパじゃなく増えます。無差別殺人で100人殺害したとしても、刑務所の中で三食家付きの生活が生涯保証されるわけです。しかも私たちの税金でです。
死刑=見せしめ(犯罪抑制)の効果も持ち合わせていると思うので、私は死刑肯定派です。

780 :朝まで名無しさん:02/07/02 07:39 ID:Njoxm9rT
>>760
92年を最後に、昨年まで執行ゼロの年はない。
執行再開後の執行数は次のとおり。

93年 7人
94年 2人
95年 6人
96年 6人
97年 4人
98年 6人
99年 5人
00年 3人
01年 2人

781 :朝まで名無しさん:02/07/02 09:06 ID:4XB3KbMj
>>779
死刑だって税金でかなりの期間養うことに変わりはないし(むしろ重警備でコスト高)
死刑を廃止して凶悪犯罪が増えた例は無いよ

782 :朝まで名無しさん:02/07/02 09:12 ID:6MWQv1l2
>>781

コスト高の件は、さんざん「どちらとも言えない」と書かれてるのに、まだ言うか。
過去ログ読んで、それでもコスト高だと言い張るのなら、根拠を示してもらいたいもんだね。

783 :朝まで名無しさん:02/07/02 09:46 ID:b430MmRM
死刑廃止だの何だのとまたあほらしい話題があがっているが
日本国民の 何パーセントの人が死刑制度を無くしたほうが良いと
考えているのだろう?
 そら終身刑でも 一生強制労働等で苦労してもらうというのであれば
話もわかるが・・・基本的に刑罰なので そんな人権だの 何だのと
言っていたら刑罰にならないんじゃない?
いまの日本の刑務所で終身刑なんてやったら ただ囚人に国の税金で
死ぬまで ただ飯 食わせるだけで終わってしまいますよ。
難民で その日の食べ物も無く死んでいく人たちから見たら衣食住保証
される日本の刑務所は天国でしょうね。

宅間・麻原・オウムの凶悪犯等 本当に死刑にせず終身刑で良いと思う
日本人が どれだけいると思いますか ?
国民の大多数が支持しない"死刑廃止"を叫ぶのは ばかげています


  



784 :朝まで名無しさん:02/07/02 09:50 ID:nOx3o9lc
>>783
何か売れるもの作らせたら元が取れる。

785 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:23 ID:6MWQv1l2
>>783

このスレだけでいいから、目を通してから意見を書いてくれ。

786 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:30 ID:4XB3KbMj
>>782
1日あたりのコストが高いという意味
終身刑と死刑の総コストがあまり変わらないんだからね

あと、過去ログを見る限り、終身刑の方が安上がりという書き込みの方が多いよ

787 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:39 ID:YCovssa7
>>786
よくわかりました。
それでは あなたが 自分のお金で 囚人の衣食住の面倒見てあげてね。

788 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:40 ID:S+4Ih3qi
>>787
じゃあ、お前は死刑囚が死刑されるまでの衣食住の面倒見るのか?(ワラ

789 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:44 ID:KTYjdPZa
>>788
787は死刑囚には衣食住は必要ないと思っているんだよ。
刑が確定した段階で即死刑が望ましいと思っているのさ。
こういう奴には何を言っても無駄。


790 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:47 ID:eGPbobh2
寧ろ、「俺が殺してやるから国民共よ金よこせやゴルァ」だろ。>>787の言い分は

791 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:51 ID:4XB3KbMj
http://www.mindspring.com/~phporter/econ.html
まあアメリカの例だけど
25歳の人間を50年収監したら80万ドル
死刑にしたら300万ドルかかるとのこと
必ずしも日本で同じ結果になるとは言い切れないけどね

792 :朝まで名無しさん:02/07/02 10:52 ID:4XB3KbMj
翻訳が違ってたらごめんね

793 :朝まで名無しさん :02/07/02 11:11 ID:QQQU36Su
k.wさん以外の廃止派はちょっとひどいな。
故意じゃなくても1人殺せば死刑って言ってるような賛成派と良い勝負だな。
k.wさんも迷惑してるんじゃないか?(w

794 :朝まで名無しさん:02/07/02 11:23 ID:4XB3KbMj
>>793
IDイイ!


795 :朝まで名無しさん:02/07/02 11:28 ID:MdsF745a
>>793
どこがひどいのか書かないんじゃ、説得力ないなァ。


796 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:29 ID:KE5PEh+C
>>791
なんで300万jもかかんのw?
人1人殺すのに300万jもかかんの?

797 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:31 ID:3DBuUdJs
亀井のこと?

798 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:41 ID:K56o3c1p
>>793 まともな廃止論者のkwも事故が恐いから、
車の運転は自分で絶対しないっていう社会性の欠落した奴だけどな。
世間一般常識人とはずれてないと、廃止論者にはなれねえ。

799 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:42 ID:M0e7peeJ
>>796
訳文を読んでみました。
俺もあんま自身はないんですが、この場合のコストというのは、
刑事裁判システムが消費するコストのようです。
要は、死刑にするかどうかの裁判は例外なく慎重になって長引くので、
金がかかってしょうがないということなのでしょう。

一方、最終刑が終身刑と決まっている場合は裁判が短くてすむので、
安上がりということのようです。
そのあと50年牢屋に入れても、そこにかかるコストは裁判にくらべればたいしたことないんですね。

800 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:46 ID:K56o3c1p
>>799 結局、司法関係者こそが社会のクソとい結論ですか?

801 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:47 ID:5kAFKBr9
>>793
一人殺しても死刑。

これのどこが問題なの?
例えば一人の人間を、何年もかけて、残酷に嬲り殺す・・
場合によっては複数人を殺すよりもひどい場合もあると思われ。
そもそも一人なら、という根拠は何なのよ?

802 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:47 ID:I4AFJ03+
>>800
司法以上の解決策も示せずに司法を貶めるお前が社会のクソというのが結論

803 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:51 ID:K56o3c1p
>>802 クソを目指す司法浪人生ですか?

804 :朝まで名無しさん:02/07/02 17:54 ID:M0e7peeJ
>>800
もうちょっと構造的なものだと思いますよ。
犯罪者を刑務所に入れる分には、ひとつの刑務所で大勢犯罪者を管理できる、
すなわち小人数の関係者(看守とか)で大人数の管理ができるわけで、
コスト的に有利だし、さらにそのコストを引き下げる努力も容易です。

一方、司法制度は、まあもちろん人権に関わる事柄なので当たり前ですが、
一人の犯罪者に対して、実に大勢の人間が動かなければなりません。
大人数で小人数の問題を解決しようとしてるわけで、コストが高くつくのは当たり前です。

805 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:07 ID:FxZNpyxm
>>798
まぁ、法というのは社会常識とも密接な性関連があるものだから、
思想的な理由を背景にして、現行法を変えようという主張は、
ある意味、社会性が欠落するものなのかもしらん・・・

もちろん、法の方が社会常識に合わなくなっているので、
社会常識に合わせるために法改正しようという場合は別ね。


806 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:27 ID:/jBR9Sls
>>798
あんたアホかい?
「自分の運転能力に自信がなく、それを無視して運転したら事故に繋がるかもしれないからやめておこう」と考えるところのどこに社会性の欠落があるんだ?KWは自分が得られる利便性より周りの人間のことを考えているぢゃねーか。
そういうあんたは、まさか前で走るドライバーが多少運転の下手な中年女性でも一切毒づいたりしないんだろうな?

807 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:32 ID:K56o3c1p
>>806 でもなあ・・
大の男のくせにそんな奴が今の世の中でまともな奴かなあ。
少なくとも「ふつう」の奴じゃねえよな。

808 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:37 ID:4XB3KbMj
>>807
日本に何百万といるよ

それより、廃止派に意見で対抗しないで、人格攻撃で対抗しているお前の方が問題
人間として最低級の行為だよ

809 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:40 ID:K56o3c1p
>>808 いや、廃止派は変わったひとが多いねって思ったのよ。
俺のような凡人の常識ではわからん。

810 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:41 ID:8qZrjw9x
>>807
じゃあKWがあんたの言に納得して「ふつう」の人間になろうとした結果、人を轢き殺してしまっても文句はないんだろ?

811 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:43 ID:K56o3c1p
>>810 変な反論ですね。
まあ、廃止論は凡百の一般人を納得させる意見ではなさそう。
あくまで「変わったひと」の世界の意見。

812 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:47 ID:8qZrjw9x
どうやら廃止派だから人として問題があるという一部賛成派の説は間違いのようだな。賛成派でも低能な奴はごまんといるらしい。

813 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:48 ID:t0XY3L6Y
煽り合いは勘弁してくらさい

814 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 18:53 ID:BDo8TeyD
ええ〜と、自称「普通の人」ですが、確かに、自動車に関する私の考え方は、
「少し」変わっていると思います。他の人に強要出来るような考え方だとは
思っていません。

廃止論は、実際民主的な手続きにのっとっては、非常に肯定されにくいと思います。
フランスやイギリスなど廃止した国においても大きな社会的反発を議会が無視して
廃止したものであることは有名です。
別冊ジュリスト憲法判例百選には死刑が合憲とされた昭和22年の判例が載っていますが、
その解説にも、「人権の保護や人権の基準は、世論調査によって決定されるものではない
ことを強調する」とした国連の規約人権委員会による1998年の日本政府に対する
最終所見を引用し、この問題(死刑が存置「されてしまっている」こと)については
民主的解決が事実上不可能であることをほぼ認めています。

死刑廃止論は、やはり一般市民には理解されがたいものだと思います。
一般に学者の中では刑法学者よりも憲法学者の方が死刑に反対する傾向にあります。

815 :朝まで名無しさん:02/07/02 18:58 ID:tJ+kLTFf
>>814

外患誘致や内乱での死刑を否定しないのであれば、死刑廃止ではなく
死刑は残したまま、刑法の改正に力を入れてもいいのではないですか?

816 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 19:00 ID:BDo8TeyD
>>740
新約聖書においてはめぼしいものを取り上げると、以下のような記事があります。

旧約聖書の「目には目、歯には歯に」ついて、
旧約聖書の学者としてのイエスはこれを明確に否定します。
くわしくはマタイ5-38以下。

それからマグダラのマリアが石打ちに会おうとしていたときに、
「あなたがたのうちで罪を犯したことのないものだけが、彼女に
石を投げつけなさい」と言ったことも参考になるでしょうか。
こちらは申し訳ないが、出典を忘れました。福音書の中のどこかです。


817 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 19:03 ID:BDo8TeyD
>>815
そうですね、厳密には、前にも申し上げた通り死刑廃止ではなくて、
通常犯罪における死刑廃止、を唱えています。
ただ、ここの存置派にとっては同じことではないでしょうか。

818 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:10 ID:K56o3c1p
>>816 やっぱり神がかってないと、廃止派にはなれねえべ。
kwのような変人の意見は「ふつう」の人間には受け入れられんわな。
死刑廃止には強い信仰心が必要だべ。

819 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:12 ID:1Q6pCDIb
>816
う、んなこと言ったら、総ての刑を廃止しないと。

820 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 19:25 ID:nty/RYvq
冤罪を理由とした死刑廃止は私にとってはつけたしにすぎませんが、
冤罪だけでも死刑廃止の十分な理由になると思います。

(ここからは半分、夜警国家観の説明になります。)
観念的な思考ですが、市民と市民は皆同じ力を持っています。
市民社会はある程度の弱肉強食社会であり、全ての行動や経済活動を
国家が統制することは絶対に許されません。
人は、犯罪を犯すのも、犯罪から身を守るのも基本的に自己責任において行うべきです。
警察や司法制度はあくまで犯罪に対する事後的な作用であり、
犯罪者を速やかに社会から隔離し、社会化(適合化・教化)することが求められていますが、
事前に可能性や危険性だけを理由にして市民の行動を束縛することは許されません。
国家権力は組織的なものであるため市民の力を遥かに超えた力を持っています。
そこには本来人が人を殺すときに存在する人対人という関係ではなく、
社会対人、という構造が生まれてしまいます。
社会が人に害なそうとするとき、人はほとんど抵抗することができません。
であれば、国家が人の人権を制限しようとするときは、その制限を
最小限にする義務が、国家にはあります。(憲法13条参照)
再犯の可能性があるとしても、上記のように可能性によって彼を拘束することは
許されません。
刑罰は、その体系において応報刑の体裁を取るかに見えますが、
その本質は犯罪者の教化・社会化であるべきだと思います。

突込みどころは、読んでおわかりのとおり結構あると思いますが、
おそらくこれが体系化された廃止論の公約数的な見解の冤罪を中心とした考察です。
変なところ、論理的に矛盾していると思われるところなどは、
突っ込んでくだされば、直したり、説明したりします。
なにしろ推敲するの面倒なんで。。。

憲法と刑法を学んでいない人の廃止論は、良くわかりません。
そちらの方々の意見は私とは違う可能性もあります。

821 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 19:30 ID:nty/RYvq
>>819
そうですね。
>>816>>740で聖書に同書いてあるのかな、ってなことが書いてあったので
引用しただけで、現在の社会に原理主義的に持ち込めるものではないことは
承知しています。
ただ、この精神を大きなバックボーンとして持っているため、
現行の刑法と刑法理論(不可分、ドイツ起源)は刑罰を
応報刑とはせず、教育系と位置付けています。
ただ前田雅英先生(今多分一番使われている刑法教科書の著者)のように、
応報刑としての価値なども比較的強く認める学者もいることは間違いありません。

822 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:32 ID:sTEV2d/O
>>814
神ではない人間のすることは何が正しいかわからないから、
「民主主義」という制度なワケだが、
死刑問題に関しては、廃止が「正しく」て、
存置されてしまっている場合は「民主的解決」が不可能・・・
しかも、死刑廃止が「正しい」と考える思想的背景には
神の教えがあるって言うんだから、皮肉な話だね・・・


823 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:32 ID:AcLICS4q
すまん。俺は馬鹿だからようわからんのだが
>刑罰は、その体系において応報刑の体裁を取るかに見えますが、
>その本質は犯罪者の教化・社会化であるべきだと思います。

二度と社会に復帰できないはずの「終身刑」でも教育は必要なのか?
それとも・・・結局、人道とか言って出すつもりですか?


824 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:37 ID:sTEV2d/O
>>820
しかし、社会契約論を前提とする限り、
国家権力の行使は市民の意思に従うことになるハズだが・・・

>国家が人の人権を制限しようとするときは、その制限を
>最小限にする義務が、国家にはあります。
なにが最小限度かを決めるのは市民ということにならんか?


825 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:38 ID:HrfM0qbU
>>823
俺も馬鹿なのでようわからんのですが、終身刑受刑者を出さないにしても、
教化、社会化は必要なんじゃないの。
それはその受刑者のためというよりは、
「どんだけ無茶な相手にたいしてまで教化、社会化は有効であるのか」
といういい実験になると思う。
その結果そういうテクニックが上がって、実際社会に出して問題なくなる人たちが増えれば、
結果としてプラスだ。

826 :823:02/07/02 19:45 ID:AcLICS4q
>>825さん
なるほどね。んでも、その実験を実証するためには「凶悪な犯罪者」を世に出して世間に被害を与えるかどうか?
って言う実験もしなきゃなんないんでないかい?
俺は自分の町に宅間みたいな奴が実験とはいえ放されるのは嫌だぞ。
それならいっそのこと大昔にあったロボトミーなんかで思考力や感情に制限かけた方がいいんでないべか?

827 :段造:02/07/02 19:48 ID:1Q6pCDIb
>825
なるほどね。それはあるかも。

ただ、こういう話があります。
ある死刑囚がいた。女性活動家がその死刑囚にインタビューしてみたりして
付き合って行く。 
死刑囚はものすごく反省しているし、刑務所での行動も模範的。
なによりも素晴らしい人格の持ち主。
こんな人間を死刑にしてはイカン、ということで猛烈な運動を開始して、
何とか終身刑に減刑させることに成功した。
そしたら、件の死刑囚は元の極悪人に戻ってしまった。
結局、死を直前に感じていたので立派な人格者になっていた、らしい、という
のが結論だったが。
判定は難しい。

828 :825:02/07/02 19:50 ID:HrfM0qbU
>>823さん
確かに実社会でそれを検証するのは問題ですが、
実社会でないと検証できないとなると・・・うーん

まあしかしそれは、もうちょっとちゃんとした保護観察処分みたいに、
そういう人たち相手の特定の監視システムがあれば、何とかなる問題かとも思います。
要は技術的な問題であって、その研究のためにも、
凶悪犯罪者に対してこそ、教化の試みは大事ではないかと。

829 :朝まで名無しさん:02/07/02 19:52 ID:SMB4k7EM
>>820 
>観念的な思考ですが、市民と市民は皆同じ力を持っています。
この仮定はずいぶん現実離れしているけど、本筋から離れるから争わない。

>市民社会はある程度の弱肉強食社会であり、全ての行動や経済活動を
>国家が統制することは絶対に許されません。
何故、市民社会が弱肉強食社会であると、国家の統制が許されないのか
論証されていない。「常識」ではこの文章は明らかにおかしい。

>人は、犯罪を犯すのも、犯罪から身を守るのも基本的に自己責任において行うべきです。
上がおかしいから、これも当然におかしい。

>警察や司法制度はあくまで犯罪に対する事後的な作用であり、
>犯罪者を速やかに社会から隔離し、社会化(適合化・教化)することが求められていますが、
>事前に可能性や危険性だけを理由にして市民の行動を束縛することは許されません。
上と同様おかしな前提をもとにしているからこの文の結論もおかしい。

>国家権力は組織的なものであるため市民の力を遥かに超えた力を持っています。
>そこには本来人が人を殺すときに存在する人対人という関係ではなく、
>社会対人、という構造が生まれてしまいます。
>社会が人に害なそうとするとき、人はほとんど抵抗することができません。
書き方はともかくとして、ここは常識的。

>であれば、国家が人の人権を制限しようとするときは、その制限を
>最小限にする義務が、国家にはあります。(憲法13条参照)
制限は設けるべきであるが、「最小限」にする義務は無い。
「公共の福祉」を守るほうが当然に優先される。

>再犯の可能性があるとしても、上記のように可能性によって彼を拘束することは
>許されません。
前提がおかしいのでここもおかしい。

>刑罰は、その体系において応報刑の体裁を取るかに見えますが、
>その本質は犯罪者の教化・社会化であるべきだと思います。
同上。

830 :825:02/07/02 19:54 ID:HrfM0qbU
>>827
まあおっしゃるとおり、なんせ人の心が相手の分野なわけで、そういう点で
まだまだ社会は有効な手段を持っていませんよね。それはわかっていいるつもりです。

ですから、所定の教育カリキュラムを消化したら外出てOK、とかそういうんじゃダメだよな、
とは思ってます。
犯罪者を積極的に社会に出せという意見のつもりではないです。

831 :829:02/07/02 19:54 ID:SMB4k7EM

829のオレの書き込みが一部消えてた。下記のように訂正。

×制限は設けるべきであるが、「最小限」にする義務は無い。
○国家による人権の制限にも「制限」は設けるべきであるが、「最小限」にする義務は無い

832 :823:02/07/02 19:59 ID:AcLICS4q
>>825さん
丁重にお返事くれてありがとね。
保護観察制度って話だけど現実に凶悪犯を教化したつもりで外に出しても、そいつが何か事件をおこせば当然、監督責任を負うものは叩かれまくるしょ。
例えばネオ麦の事件の時、奴の主治医が叩かれまくったよね。
そんなリスクを背負ってまで凶悪犯を出してやろうとする人っているかな?
理念はよくても現実的に実行不可でないかい?

833 :825:02/07/02 20:04 ID:HrfM0qbU
>>823さん
そうですねぇ。現実的には外に出すのは不可能かもしれませんねぇ。
非人間的ですが、孫悟空のわっかみたいなものをつくることができれば
(反社会的なことをしようとするとすごい苦痛がおそうような)
いいのにな、程度の理解の持ち主ですので私、ちと認識が甘かったようです。

834 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 20:26 ID:Nslij4lZ
>>823
終身刑は死刑同様、教育の意味が全くないので
採用すべきでない,というのが私の立場です。
おそらく同じような理由で(他にもありますが)現行法も終身刑は認めていません。

835 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 20:40 ID:Nslij4lZ
>>824
その意見はかなり的を得ていますが、政治学や憲法の思想は
それに対する答えをすでに出しています。
すなわち、一つは少数意見の尊重というのがそれです。
殊に少数の人間の権利を制限しようとするとき、
国家は少数意見を最大限尊重し、彼等を黙殺することを避けねばなりません。
ゆえに、国民の人権を守るための機関である裁判官は民主的な制度によって
選ばれた人ではなく、人権についてのスペシャリストがその任にあたっています。
彼等は独立して自らの良心にしたがって職務を行うこととされており、
裁判の結果を覆すことはに国会も政府も、あらゆる国民投票にさえも、
認められてはいません。

また、蛇足ながら多数決の結果と違う結論を選択しなければならない場合や、している場合も
多々あります。

例えば、あくまで例えですので、この内容には突っ込まないで下さい、
例えば、原子力発電所の建設に大多数の人が反対しても、
エネルギー政策の専門家が他に道なしとすれば建設されるでしょう。
大多数の日本人が韓国との友好に反対であっても、
専門家の立場から世界正義の観点や、外交上の安全の観点からそれが必要ならば、
韓国とも北朝鮮とも平和的共存を図りますし、逆に兵力を強めることもあります。
ヒトラーを選んだドイツ市民の選択はやはり誤っていました。


836 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 20:54 ID:Nslij4lZ
>>829
>>市民社会はある程度の弱肉強食社会であり、全ての行動や経済活動を
>>国家が統制することは絶対に許されません。
>何故、市民社会が弱肉強食社会であると、国家の統制が許されないのか
>論証されていない。「常識」ではこの文章は明らかにおかしい。

書き方が悪かったでしょうか。全ての国家の統制が許されないのではなく、
全ての行動を全体主義的に国家が統制することが許されないのです。
人は基本的に自由に行動することが出来る、ということです。
これは民主主義の根幹です。
ただし、現在の社会では国家による統制はかなり認められています。
しかし、それは必要にして十分であると認められる範囲においてのみです。
必要以上のものは認められません。独禁法などがこれにあたります。

>>であれば、国家が人の人権を制限しようとするときは、その制限を
>>最小限にする義務が、国家にはあります。(憲法13条参照)
>制限は設けるべきであるが、「最小限」にする義務は無い。
>「公共の福祉」を守るほうが当然に優先される。

仰る通り、当然、公共の福祉に鑑みて制限を設けることは許されますが、
その場合、その制限は必要最小限であることが求められ、
その制限が必要最小限であることの立証責任は国にあるとされています。

837 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 21:11 ID:ekMO1fiY
>>836の例
公務員の政治的行為を制限したことに関する判例(猿払事件・最判昭和四九年)
「…公務員の政治的中立性を損なう恐れのある公務員の政治的行為を禁止することは、
それが合理的で必要やむを得ない限度に留まるものである限り、憲法の許容するところである。」

酒類販売の免許制の正当性についての判例(最判平成四年十二月十五日)
「…一般的に許可制は、…職業の自由に対する強力な制限であるから、
その合憲性を肯定し得るためには、原則として、重要な公共の利益のために
必要かつ合理的な措置であることを要する。」

など、憲法に関する判例の至るところに、「必要かつ合理的」な制限
という言葉が出てきます。

838 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 21:20 ID:4C8MIl/7
>>829

>>人は、犯罪を犯すのも、犯罪から身を守るのも基本的に自己責任において行うべきです。
>上がおかしいから、これも当然におかしい。

では、だれの責任だとお考えですか?
現代社会は全て自己責任、私的自治の原則が通用しており、
また、それが正しいと思います。

>>警察や司法制度はあくまで犯罪に対する事後的な作用であり、
>>犯罪者を速やかに社会から隔離し、社会化(適合化・教化)することが求められていますが、
>>事前に可能性や危険性だけを理由にして市民の行動を束縛することは許されません。
>上と同様おかしな前提をもとにしているからこの文の結論もおかしい。

警察は、どんな凶悪だと思われている人間でも、未だ罪を犯していない
人間を逮捕することは許されていません。
そういう意味です。

839 :朝まで名無しさん:02/07/02 22:14 ID:icNQ0+Hn
>>838 今の世の中でも結核に罹って排菌してる奴は結核病院に強制収用してる。
社会防衛は不必要とでも?
伝染病も自傷他害の凶悪犯罪者も本質は同じ。
善良なひとの命が犠牲になるより、凶悪犯罪者の人権が大事と考えるのは
信仰上の理由からですか?

840 :朝まで名無しさん:02/07/02 22:19 ID:tJ+kLTFf
>>839

結核には、他人に感染しないタイプもあります。その場合は、再発しても
国費入院は出来ません。例を出すなら正確に表現してください。


841 :朝まで名無しさん:02/07/02 22:21 ID:icNQ0+Hn
>>839 排菌してる奴って書いてるのに・・ブツブツ・・

842 :841:02/07/02 22:22 ID:icNQ0+Hn
>>840 の間違い

843 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 22:36 ID:3IMiYfC6
>>839
法定伝染病は、隔離しないと他の人に感染する可能性が非常に高いため、
その拘束は必要にして合理的であると言えます。
それに対して、過去に犯罪を犯した、という経歴は、
科学的な因果関係からは、今後犯罪を犯す可能性が高い、ということにはなりません。
統計学的な意味はまた別かもしれませんが、それこそ、
過去にそういう人がいた、という事実は本人とは何の関係もありませんので、
それを理由にして必要以上に彼を拘束することは出来ません。
これは信仰上の理由ではありません。

844 :朝まで名無しさん:02/07/02 22:36 ID:l+STbXO1
>>838
>現代社会は全て自己責任、私的自治の原則が通用しており、

っておいおい。。。(w
私法と公法ではもちろん違うし、私法でもこの原則なんて崩れまくってるしな。
結局個別具体的に判断してるのが実情。
理論もあるけど後付けなだけだしね。

845 :朝まで名無しさん:02/07/02 22:44 ID:DEGG1+0/
>>843
では刑罰の意味ってなんですか?

846 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/02 22:49 ID:3IMiYfC6
>>844
すみません。ここにはそんな専門的な突込みをする人はいないだろうと侮っていました。^^;
汗汗。仰る通りです。
しかし、近代法学はナポレオン法典から始まったとも言われ、
われわれが今でも使っている法律のうちで一番古いのはやはりローマ法。
いわば刑法や憲法、行政法といったいわゆる公法の思想が民法の思想に追いついて来た、
というのが法学の歴史だとすれば、私的自治や自己責任と言った考え方を
憲法の人権思想の換言として用いることは決して不当ではないと思います。

また、公法の領域においては通常、私法以上に個人の権利を重視しなければならないでしょう。
って、>>829さんは>>844の批判の内容、理解できるんだろうか。。。
しかし、いずれにせよ、犯罪も防衛も自己責任の範疇であると思われませんか?

847 :朝まで名無しさん:02/07/02 23:00 ID:icNQ0+Hn
>>846 てめえはセコムの回し者か?

848 :朝まで名無しさん:02/07/02 23:06 ID:l+STbXO1
>>846
んー、どうだろうね。
個人的には自然権としての人権や、憲法の不可変部分に関しては異議が有りまくるので黙秘。
そんなことまで話たらいつまでたっても終わらんしw

ただ、私法が
私的な自由の不可侵→弱者保護/社会的な利益の尊重のために制限
と変わっていったように、公法でも、
自然権(ここでは自由権のみ)の不可侵から、合理的な制限へと移行するのは
自然な事だと考える。
無論、内心の自由に関しては(理論的には)不可侵で当然だが、
外形を備えるものには制限がかかるのは当然だろう。
合理的の基準をどこに置くかは人それぞれだけど。

と初めに戻ってしまった(w
読み飛ばしてくれてかまわんよ。

849 :朝まで名無しさん:02/07/02 23:15 ID:F+J7p4sz
>>834
似たような書き込みをアムネスティ会員の開いてるHPで(ここの人なら知ってるよね)見たことがある。

しかし死刑も反対、終身刑も反対なんて、じゃ何が最高刑なら文句ないんだろうねえ…

現実問題として、終身刑導入のない死刑廃止なんて実現可能性はまず有り得ないと思う。

850 :朝まで名無しさん:02/07/02 23:36 ID:OB19AU1S
>>849

そんなこと無いんじゃない?
前に死刑廃止したヨーロッパ各国の一覧表を見たけど、終身刑を最高刑に
している国は、その表には無かったよ。 
せいぜい懲役30年とか、そのくらい。

現実問題として、普通に暮らしている一般人にとっては、凶悪犯が死刑になろうが
あるいは20年で出所しようが、そんな事いちいち気にしないもんね。
例えば、去年何人死刑になったかなんて俺は全然知らないし、普通の人は大抵そんな感じじゃない?

851 :小倉譲、湊伸治、渡邊泰史、中村高次、伊原:02/07/02 23:38 ID:gr4uRnWY
足立区のHPに書きました。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/keijiban/bbs/wforum.cgi

もう2度削除された。また、削除されるかもしれんが、オマエラも立てろよ、たまには。
こんな文面です。

投稿者名:小倉譲、湊伸治、渡邊泰史、中村高次、伊原
URL :http://web1.archive.org/web/20011005070105/cgi.educities.edu.tw/aoiryuyu/josikouseikankin.htm
タイトル:女子高生監禁リンチ殺人事件


小倉が湊に、 「おい、あれやれよ」と言って小泉今日子の「なんてっ
たってアイドル」のテープをかけた。歌詞の中の「イエーイ」に合わせ
て脇腹に思いっきりパンチをいれる。

「痛い」と声を出すとまた殴られるため、こらえるので口が変なふう
に歪む。「先輩、この顔が面白いんですね」と小倉。

曲が終わってからも全員で殴る。

**さんの顔にロウソクをたらしたり小便を飲ましたりした。

渡辺はいつもは無関心でいるが、宮野や小倉に、なぜお前殴らないん
だと言われるのが怖くなりリンチに加わった。すでに、**さんは鼻や
口から血を流しており、 自分の手に血が付くことをいやがった渡辺は
、宮野が吸っていたシンナーのビニール袋を手にはめ殴る。

その後、宮野は疲れたのでタバコを吸う。小倉と湊は、**さんを真
ん中に立たせ、小倉が右から湊が左から、肩や顔に回し蹴りを数発いれ
ていた。

そのうち、**さんにパンチがもろに入りステレオにぶつかり倒れる
。全身を硬直させブルブルと痙攣して前のめりに手をつきながら倒れて
きたのを見て、 「仮病だ、このやろう」と湊がすごい勢いで怒る。

宮野も、蹴るとかでは甘いんで、もっとひどいことをやってやろうと
思い、鉄球の着いた鉄棒を持ち出し**さんの腹の上に落とし顔面など
を殴った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
伊原です。 今は結婚して幸せに暮らしてます。 殺したことを誇り
に思ってます。 主犯格の宮野裕史さんは服役中。 宮野さんの出所を
待ってます。 


852 :朝まで名無しさん:02/07/02 23:46 ID:tJ+kLTFf
>>851

このスレまで汚すな。ばか者!

853 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:01 ID:DAxJIOaG
>>850
だからさあ、何でそうヨーロッパと同じにしなきゃいけないわけ?

ヨーロッパ見習えって言うんだったら、死刑も廃止するかわりに憲法9条も廃止してPKFとかにも参加出来るようにすべきだってことも言えると思うけど、そんなこと言ってる廃止派なんていないじゃん。
戦争放棄を明記してるヨーロッパの国なんてあったっけ?

都合のいい部分ばっかり外国を見習えなんて言っても、受け入れられるわけないよ。「世界の趨勢」ってのが廃止派にとって強力な武器にならないのはそのせいだと思う。

854 :小倉譲、湊伸治、渡邊泰史、中村高次、伊原:02/07/03 00:03 ID:jgePPUNa
足立区のHPに書きました。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/keijiban/bbs/wforum.cgi

もう2度削除された。また、削除されるかもしれんが、オマエラも立てろよ、たまには。
こんな文面です。

投稿者名:小倉譲、湊伸治、渡邊泰史、中村高次、伊原
URL :http://web1.archive.org/web/20011005070105/cgi.educities.edu.tw/aoiryuyu/josikouseikankin.htm
タイトル:女子高生監禁リンチ殺人事件


小倉が湊に、 「おい、あれやれよ」と言って小泉今日子の「なんてっ
たってアイドル」のテープをかけた。歌詞の中の「イエーイ」に合わせ
て脇腹に思いっきりパンチをいれる。

「痛い」と声を出すとまた殴られるため、こらえるので口が変なふう
に歪む。「先輩、この顔が面白いんですね」と小倉。

曲が終わってからも全員で殴る。

**さんの顔にロウソクをたらしたり小便を飲ましたりした。

渡辺はいつもは無関心でいるが、宮野や小倉に、なぜお前殴らないん
だと言われるのが怖くなりリンチに加わった。すでに、**さんは鼻や
口から血を流しており、 自分の手に血が付くことをいやがった渡辺は
、宮野が吸っていたシンナーのビニール袋を手にはめ殴る。

その後、宮野は疲れたのでタバコを吸う。小倉と湊は、**さんを真
ん中に立たせ、小倉が右から湊が左から、肩や顔に回し蹴りを数発いれ
ていた。

そのうち、**さんにパンチがもろに入りステレオにぶつかり倒れる
。全身を硬直させブルブルと痙攣して前のめりに手をつきながら倒れて
きたのを見て、 「仮病だ、このやろう」と湊がすごい勢いで怒る。

宮野も、蹴るとかでは甘いんで、もっとひどいことをやってやろうと
思い、鉄球の着いた鉄棒を持ち出し**さんの腹の上に落とし顔面など
を殴った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
伊原です。 今は結婚して幸せに暮らしてます。 殺したことを誇り
に思ってます。 主犯格の宮野裕史さんは服役中。 宮野さんの出所を
待ってます。 


855 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:06 ID:aAJYvGOw
>>853
何でそう、ヨーロッパと別にしなくちゃいけないわけ?
特別な事情がない限り、ヨーロッパでうまくいっている方法は
日本でもうまくいくと考えるのが妥当でしょ

裁判制度はヨーロッパから丸ごと輸入したものなのに
都合のいいことだけ「日本流で」と言う賛成派は特別なのかい?

856 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:08 ID:sHhI4417
>>855

何を根拠にヨーロッパの方がうまくいっていると言っているんだ?

 日本より治安のいい先進国など存在しないぞ

857 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:12 ID:aAJYvGOw
>>856
死刑制度を復活させた国が見あたらない点

858 :853:02/07/03 00:13 ID:DAxJIOaG
それと「普通に暮らしてる一般人は凶悪犯が死刑になろうが20年で出所しようが気にしない」って?
「去年何人執行されたか知らない」って?

あんたはそうなのは勝手だが、他人も同じだと決めつけるのはいかがなものかと思うがね。

少なくとも俺は、新聞で報道される凶悪事件の裁判や死刑執行のニュースには十分関心を持ってるぞ。

859 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 00:15 ID:tnDCfmAx
>>843
教育による犯罪の予防が第一。
第二に犯罪類型とその刑罰の公示による予防。
だと考えます。

応報刑としての考え方は、刑期の法定及び算定にはとり入れられていますが、
本質ではないと考えます。

860 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:21 ID:DAxJIOaG
>>857
おいおい、終身刑導入の話はどこ行った?

あんたが最初に言ってきたのは「終身刑導入したヨーロッパの死刑廃止国はない」ってことじゃなかったっけ?

861 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:21 ID:sHhI4417
>>859

 理論はわかったから具体的にどうやったら殺人を減らせるんだ?

862 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:22 ID:66hbunln
死刑制度は違憲なんだってさ。
NY連邦地裁が決定
連邦政府控訴へ・・・   新聞に載ってるよ。


863 :857:02/07/03 00:23 ID:aAJYvGOw
>>860
俺じゃないよ


864 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:24 ID:66hbunln
米国の連邦レベルの死刑制度について
「多くの無実の人を死に追い込んでる」として
違憲とする決定を下しただって・・・
陪審員制度だと冤罪多いのかなあ・・・

865 :862 =864 :02/07/03 00:25 ID:66hbunln
日経の社会面より。


866 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:25 ID:4VrvIjl1
>>853
別にヨーロッパを見習えなんて言ってないよ。
>>849で「終身刑導入のない死刑廃止なんて実現可能性はまず有り得ないと思う。」
って書いてるから、そんな事ないんじゃない?って言ったまで。
最高刑が終身刑だろうが懲役30年だろうが、決めるときにはギャーギャー騒ぎに
なっても、いざ決まってしまえば、そんな事みんな一々気にしなくなると思うよ。

>あんたはそうなのは勝手だが、他人も同じだと決めつけるのはいかがなものかと思うがね。

俺は「普通の人は」そういうニュースにあんまり関心を持たないって言ったのよ。
まぁ、この点に関しちゃあアンタはあんまり普通じゃないんだろうね。
試しに学校や職場で皆に聞いてみなよ「去年日本で何人死刑になったか知ってる?」って。
正解を言えるヤツなんか、たぶん半分も居ないと思うよ。

867 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 00:29 ID:tnDCfmAx
>>848
やっとまともな反論がでてきたと思ったのに、読み飛ばしてかまわないなんて、、、
そんな寂しいこと言わないで下さい。
この議論は、どうしても毎回初めに戻らざるを得ないんです。
やってみれば分かります。っていうかわかるでしょ?

内心の自由は不可侵で、外形を備えた場合には一定の制限がかかる。
これには賛成です。合理的の基準をどこにおくかですが、
やはり、生命を奪うというのは合理的であるといえないと思います。
ま、ひとそれぞれ、というのも意見だとは思いますが、高度の人権に関わる以上、
判例によって実質的判断の結果を明らかにして欲しい。
最判昭和二三年三月十二日、死刑と残虐な刑罰についての判例は、
死刑が憲法に予定されているかいなかの議論を繰り広げ、
憲法がその存置の必要を認めていると解せられると、憲法の解釈はしていますが
実質的判断はしていない。
そこに、あの判決への不満があります。


868 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:34 ID:nTbAUmvP
>>859
>教育による犯罪の予防が第一。

その教育効果は犯罪を犯したものにしかないでしょ。
犯罪の予防という意味なら応報による厳罰で
いまだ犯罪を犯していない人への効果を視野に入れたほうがいいのでは?

869 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 00:36 ID:tnDCfmAx
>>861
そんなことは知りません。
ただし、死刑制度によって殺人が減った、という証拠がない以上、
死刑制度が必要なものである、とはいえないです。

>>862
それは合衆国憲法のはなしですが。。。
>>865
確かに、陪審制は一時の感情に流されやすく、
冤罪の可能性は日本のような制度よりも高いと思います。

>>853
ただ、日本の司法制度も私法制度も、それについての学説理論もほぼ全て
ヨーロッパから輸入したものですけどね。。。
木に竹を継ぐ難しさがあるのかもしれませんね。
精神的支柱が違いますから。

870 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:36 ID:4VrvIjl1
>>861
生命保険加入・支払いの条件を厳しくして、そう簡単に保険金殺人なんか
出来ないようにすれば、殺人事件ってかなり減るんじゃない?


871 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:37 ID:sHhI4417
>>867

 死刑が抑止力をもつとして、死刑が無い場合よりあった方が殺人が少ない
としたらどう考えたって合理的じゃないか。そういう場合でも死刑に反対なのか?
あくまで仮定だから答えてくれ?

872 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:39 ID:nTbAUmvP
>>869
>死刑制度が必要なものである、とはいえないです

勘違いしていませんか?
現行制度を変えて死刑廃止を訴えるなら
死刑制度廃止による社会のメリットを提示しなければいけないのですよ?
存続のメリットを提示しろというのはお門違い。

873 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:42 ID:66hbunln
池田小事件の犯人が「交通事故で死ぬのも私に殺されるのも同じ」
って言っててびっくりしたけど、死刑にされて死ぬのも交通事故
で死ぬのと同じだと思うのかな・・・


874 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 00:45 ID:tnDCfmAx
>>868
確かに犯罪の予防は社会的に大変必要なものだと思います。
そういう意味で、2番目には罪刑を法定することによる予防をあげました。
しかし、それ以上に、通常の義務教育などによる予防が重要だと思います。
刑罰はほんの一部の社会不適合者に対する義務教育の延長だと捕らえます。
本来一般人にたいする教育は、まさしく教育によって行われるべきだと考えます。

>>709に列挙しましたが、そもそも一般的にいって人を殺すことに関する場合の刑は
非常に軽いです。
現行刑法があまり一般予防(←→特別予防)すなわち社会一般人にたいする
威嚇的効力に重きをおいていないと判断する根拠です。

875 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 00:47 ID:tnDCfmAx
>>871
その場合は、私の理論的立場ではなお反対ですが、
感情から、その理論を放棄する可能性はあります。

876 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:50 ID:aAJYvGOw
>>872
そういって議論から逃げていくんだよな

877 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:50 ID:66hbunln
>>通常の義務教育などによる予防が重要
中年も切れやすいらしいけど、これも義務教育での
教育を怠ったことが原因?

死刑になる程の犯罪者は心病んでるのでは?
それか脳がおかしい。


878 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 00:51 ID:tnDCfmAx
>>872
ログを読んでください。

おもに>>836最終段
>>837>>848>>867

879 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:52 ID:q7Truj9+
>KW氏
>>814
>死刑廃止論は、やはり一般市民には理解されがたいものだと思います。
>一般に学者の中では刑法学者よりも憲法学者の方が死刑に反対する傾向にあります。

一般市民には理解しがたいならどうやって是非を判断するの?
法の是非は誰が判断するの?専門家?

880 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:53 ID:sHhI4417
>>875

>>私の理論的立場ではなお反対

 感情論でなくてさ、死刑によって犯罪者1人を殺すこと
によって2人の一般市民の命が助かるとした場合、
なぜあなたの理論だとそれが非合理と判断されるの。
まじで知りたい。



881 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:56 ID:4VrvIjl1
>>880
死刑という行為自体がダメ、って考え方だからだろ。
過去ログぐらい読んでから書き込めよワンパターン野郎。


882 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:58 ID:66hbunln
猟奇大量殺人とかは教育というより(もちろん教育も大切だけど)
医学的なアプローチが必要だと思う。
多くの犯人は男性でおそらくその残虐性の背後に
性衝動があると思う・・・


883 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:00 ID:tnDCfmAx
>>877
基本的には義務教育や、その他の啓蒙活動によって予防することが重要だと思います。
その中には、経済的安定を図ることや文化活動の促進など、
広く社会政策と呼ばれる者を含みます。

私も実際、凶悪犯罪者はキチガイだと思います。
ただし、キチガイには責任能力がないので、有責性がありません。
「おまえ、だめだろ!」って言っても無駄ってことです。
彼等は、気が違ってしまったことについて責任がないので
応報刑によって罰を与えるのは気の毒(子供と同じだから)です。
また教育の意味もありません。
故に精神病院行きになるわけです。
それでも、いわゆる精神病ではない、と裁判所が判断した場合に、
刑罰を科されるわけですけれども、本当に、彼等がいわゆるまともな人間なのか、
ちょっと信じがたい思いもありますね。

884 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:01 ID:4VrvIjl1
>>882
医学的なアプローチって、例えば『時計仕掛けのオレンジ』みたいなヤツ?

885 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:07 ID:tnDCfmAx
>>880
統計というのはあくまで統計であって、具体的な因果関係ではないからです。
また、ある犯罪者が死刑にならないことによって、他の犯罪が誘発されたとしても、
それは彼に責任があるわけではありません。
新たな犯罪者に責任があるのみです。
将来現れるかどうかもわからない新たな犯罪者の責任を、
関係のない犯罪者が負わされるのは不合理だと考えるからです。
彼の負うべき責任は、彼の犯した犯罪についてのみであるべきです。

犯罪者一人を殺すことで二人の一般市民が助かる、ということが
今までの統計からわかったとしても、それは将来についての予言ではありません。
そこに、その統計を信ずることの如何わしさを感じるのです。
ちなみに、いわゆる正当防衛ならば一人を助けるために悪人一万人殺そうが
十万人殺そうが、いいと思います。

886 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:08 ID:8EeJdyey
>>835
>ゆえに、国民の人権を守るための機関である裁判官は民主的な制度によって
>選ばれた人ではなく、人権についてのスペシャリストがその任にあたっています。
しかし、「法」を決めるのは「立法府」であり「司法」でなはい。
それに「司法の独立」は「司法の独善」であってはならず、
その意味で「司法の民主的統制」は重要な意味を持つ。
(歴史的に見れば「陪審制度」が端的な例)


887 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:10 ID:66hbunln
>>883
>>彼等は、気が違ってしまったことについて責任がない
確かに・・・
しかし、米の猟奇殺人犯の育てられ方みたけど、なんか
凄いね・・・
アルコール依存症の母親にビール一杯のために売り飛ばされたり・・・
殺人犯の人格を形成してきた環境というのも大切では・・・?
となると、重要なのは子供の育て方?
でも、バスジャックの子みたいに両親が必死でも
犯罪しちゃうときはしちゃうんだな・・・

888 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:10 ID:tnDCfmAx
>>881
仰る通り、あくまで死刑は「殺人」の一態様にすぎない、という考え方が
根底にはあると思います。
>>885もそうこじつけた考え方ではなく、本心ですが。

いずれにせよ、かわりに答えてくれてありがとうございます。

889 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:12 ID:sHhI4417
>>885

 だから因果関係があると仮定してだよ。

 んじゃ一人の死刑によって100人助かるとしたらどうだ?

>将来現れるかどうかもわからない新たな犯罪者の責任を、
>関係のない犯罪者が負わされるのは不合理だと考えるからです

 その不合理性と、100人の命がたすかる合理性のどちらを
とるのか?

890 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:17 ID:tnDCfmAx
>>886
確かに立法府は司法府とは別ですが、裁判所には違憲立法審査権があります。
司法府は法を無から作り上げることはほぼ(例外アリ)許されませんが、
作られた法律を実質的に廃止する権能は持っています。
制度上、全ての国民が賛成する法律でも司法府の反対によって有名無実化することが
可能なのです。
無論、司法の独立は独善となる可能性もあり、そうならないために
全ての裁判官は行政府によって任命され、国会の弾劾裁判によって
罷免される可能性があり、最高裁判事については国民審査も行われます。
その意味で、確かに司法の民主的統制は重要だし、実際に行われていると
言えると思います。

891 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:17 ID:/tluON25
>>876
何で?
前スレにもあったけど、存置派と廃止派は対等じゃないんだってば。現状維持派より変更派の方が苦労しなきゃならないのは当然だろ?
これは死刑論議に限った話じゃない筈だが…

892 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:20 ID:4VrvIjl1
>>K.W死刑廃止派
老婆心から忠告するが、>>889は何を言われても延々と
「仮定」の質問を繰り返すだけのワンパターン野郎だから、
シカトした方がいいよ。

893 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:22 ID:q7Truj9+
>KW氏
オレの>>879を飛ばさんでホスィ、れすホスィ。

894 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:23 ID:tnDCfmAx
>>889
私の言う因果関係とは、銃を心臓に向かってうつと死ぬ、というぐらいの
明確な因果関係です。
一人の人を死刑にすると凶悪犯罪が減る、というのは
目に見える因果関係ではありません。
あくまで心理学や統計学の範囲のものですから、その前提に無理を感じます。

しかし、仮に、私の言うほどの強い因果関係があるとすれば、
そのときには、その因果関係を断ち切る他の手段を。
それすら見つからなかったとき、初めて、もう一度考えなおします。
そうならないと、わからない、としか言えません。五分五分だと思います。
逆にいえば、これが私にとっての最大の譲歩です。

895 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:24 ID:sHhI4417
>>892
 おまえが答えられないからといってつまんないコメントはくな。

 K.Wは質問には答えるだろう

896 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:24 ID:tnDCfmAx
>>893
ごめんなさい。今から読んで考えます。
すぐ、レスします。
故意に無視したわけではありません。ほんとうに
もうしわけない、

897 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:25 ID:8EeJdyey
>>890
違憲審査権に関しても、結局は「憲法解釈」の問題となり、
その「解釈」が国民の意思から乖離してしまえば、それは「司法の独善」。


898 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:26 ID:7BdlFhqd
>>891
その現状とやらを細部にわたって理解している上で賛成してるのか?いまだに法務省は死刑の情報を隠したがっているようだがね。お前はなんとなく賛成してる程度だろう?研究者ならそんな発言しないよ。

899 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:32 ID:tnDCfmAx
>>893
>>890がある程度の答えになっていますかね。
どうでしょう。
わが国の制度は、おそらく他の先進国の制度と同様、上記のような
制度を採っています。いわゆる三権分立です。
現実に美味く行っているか、また議論があるかもしれませんが、おいといて、
国民の要請>国会の立法
それが行政の運用によるフルイと司法の違憲立法審査によるフルイにかけられます。
いずれも専門家による判断と言ってよいでしょう。
前者については色々問題や議論もありますが、ありえるとおもって、
普通は言われていないと思いますが敢えて書きました。
後者が主眼です。

それと、マスコミという第4権のちからや、学者の影響力も侮れませんけど。。。
これは公の制度ではないので、存在することは確かだと思いますが、
評価はしかねます。

900 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:33 ID:sHhI4417
>>894

 失望だな。このような極端な仮定でさえ五分五分などと言っているようでは・・
100人の殺人が減るという仮定でも「わからない」のか?やはり「合理性」の
基準が一般人とはかけ離れている。
 さらっと合理性が問題と書いてるけどそんなに簡単にはいかないだろうよ。

901 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:34 ID:4VrvIjl1
>>895
じゃあ毎度毎度くだらない「仮定」の質問を持ち出さないで
ちゃんと自分の考えを書いてみろよ。
アンタのやっている事は、相手が答えに窮するまで延々同じ
質問を繰り返すだけ。
しりとりで『「る」で終わる言葉攻撃』をやるヤツと同じだ。

902 :前前前スレ96:02/07/03 01:35 ID:5Oz1zn2z
ID:sHhI4417は論理的に考えるということの意味を履き違えている。
結論に合わせて仮定を立ててどうする?
その仮定から死刑存置という結論が出たところで何の意味もない。

ちなみに僕は存置派です。廃止派の人も存置派がID:sHhI4417みたいな人間ばかりで
ないと言うことは認識しておいて下さい。



903 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:36 ID:HFEKkB56
>>899
あなたは死刑廃止派ですか。失敬な。

904 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:37 ID:sHhI4417
>>902 さむっ

905 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:39 ID:2deA4dYL
犯罪抑止効果に関してはよく分からんが
制度化された“復讐”という面で死刑存続キボン

906 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:40 ID:gknWk0NX
>>905

いいタイミングで登場して、場を和やかにする存在だな

907 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:41 ID:/tluON25
>>898
隠しちゃいないだろ?
ちゃんと執行は発表されるようになってるじゃん。

むしろ死刑の情報が公開されて困るのは廃止派じゃないの?
「死刑の現実は隠されているから廃止派が増えない。」って言えなくなるもんな。

908 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:43 ID:4VrvIjl1
>>905
その理屈でいくと、犯人に復讐したいと思う人が居ない場合に
死刑に出来なくなっちゃうのでは?

909 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:44 ID:tnDCfmAx
>>897
それは違います。
それならば、司法府はもっと民主的な組織であるべきです。
司法府が民主的でないのは、憲法の番人として少数意見の尊重や
マイノリティの人権を社会から守るためです。
たった一人の人権を守るために、過半数の国民から反対されることや、
ときに外国政府と戦争になる危機を犯して(参考、大津事件)でも、
裁判官は独立して自分の良心のみに従って裁判を行わなければなりません。
それが先進国としての証です。
参考までに、
大津事件においてロシア皇太子に切りかかった犯人を、
政府の力に屈せず無期懲役とした直後にイギリスが不平等条約の改正に応じた
という経緯があります。

また、司法府の独立性を保つため憲法は、裁判官の行政府による罷免を禁止し、
また、任期中の給料の減額も禁じています。
後者については、立法府行政府には同様の規定はありません。

910 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:44 ID:sHhI4417
>>901 

 賛成派はどんな仮定にも答えてるよ?過去ログよんだら?
おれも仮定によっては死刑廃止派になることはありうるね。一部の廃止派
がいうように死刑が社会の残虐度を増してかえって殺人をふやすという
仮定が正しかったことが証明されるとか。
なんでそんなに「また仮定だ!」ってヒステリックに反応してるの?(w

911 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:47 ID:8EeJdyey
>>909
法律に詳しいみたいだから、
「公務員の政治活動の自由」に関する最高裁の判例の変遷は知っていると思うけど、
学者衆には評判の悪い「猿払事件」判決は、なんで出てきたと思う?

(マニアな話なので、ワケわからん人、スマソ)


912 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:48 ID:tnDCfmAx
>>900
別にいやみで言うわけではありませんが、
「あなたは〜の理由で、他の人の命を助けるために死になさい。」
と、命令されるようなものです。塩狩峠を思い出しますが。。。
その理由が、人を一人殺したことがあるんだろうと、
その他の理由であろうと関係ありません。
どんな合理的な理由があっても人を殺すことは許せません。
それ意外の方法で救うことを考えるべきです。
全ての人間は、手段として用いられるべきではない、目的となるべきである、
という考え方です。カントの思想らしい。出典は知りません。悪しからず。

913 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:49 ID:2deA4dYL
>>908
場違いに低レベルな書き込みしてスマソ
低レベルな感情論に過ぎないけど
自分の嫁さんや子供がどっかのDQN達に監禁されて、
残酷な虐待と暴行受けたのたに惨殺されたとしたら、
もし死刑制度なかったら自分で殺りにいくだろうなと思っただけです。

914 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:50 ID:8EeJdyey
>>909
あと、司法権の独立を否定はしていないし、
少数意見の尊重やマイノリティの人権を守るというのもその通り。
ただ、その理由づけ(憲法解釈)において、
社会が納得できないものであってあってはならんという話だよ・・・


915 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:54 ID:gknWk0NX
>>910

K.W死刑廃止派はすべての死刑を廃止しろとは書いてないじゃないか。

仮定の話で「死刑に賛成」ということばを導き出して、何の意味があるんだ?


916 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:54 ID:tnDCfmAx
>>911
しりません〜
今手許にジュリストしかないんですけど、そこまではのってないし、、、^^;
なんか面白いはなしがあるんですか?興味津々

917 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:56 ID:tnDCfmAx
>>913
正直、自分でヤリに行く、というのは賛成です。
親までなら我慢します。多分親は私が復讐することを絶対に望まないから。
<多分なんだか絶対なんだか。。。

愛する弟、妹、恋人、そして将来あるかもしれない子供だったら、
絶対に許しませんね。私は。

918 : :02/07/03 01:57 ID:CPpVaH2P
>>912
哲学は1つの考え方に過ぎないね

>どんな合理的な理由があっても人を殺すことは許せません。
>それ意外の方法で救うことを考えるべきです。

こう書かれてても犯罪者(殺人者)は存在するわけだし
救うことは難しい、考える事は良い事だと思うけどね


919 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 01:58 ID:tnDCfmAx
>>903
の意図がよくわからない。
もしなんか怒ってたりするなら、教えてください。
書いたことが間違ってるなら、ちゃんとみなおすんで。

920 :朝まで名無しさん:02/07/03 01:59 ID:4VrvIjl1
>>913
うん、同感。
俺もそうなったら、自分の手で殺してやりたくなると思う。

でも、刑罰って俺やアナタの恨みを晴らすためにあるモノ
じゃないような気もするんだよね。

じゃあ何のためにあるのか?って言われると、うーんって
考え込んじゃうんだけどさ。

921 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:00 ID:tnDCfmAx
>>914
そうですね、多分お互いにもうすこし突っ込んで話さないと、
どこまでをけしからんと考えてるのかわからないような気もしますが、
多少意識に誤差はあるでしょうね。
特に死刑の存否についてとか。。。^^;

922 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:00 ID:8EeJdyey
>>916
昭和44年の都教組判決では、公務員の政治活動の自由を
極力認めようという判断がなされたんだけど、
昭和48年の猿払事件判決では、広く制限するような判断になった・・・

これをもって学者衆は判例の「後退」だと言うワケだが、
社会の実情を見ると、44年判決が出てから、公務員の政治ストなんかが
横行するようになって、なんとかしてくれってな状態だったんだね。
「人権保護」と言っても「社会の要請」も無視できないという話・・・


923 :前前前スレ96:02/07/03 02:02 ID:5Oz1zn2z
>>912
間違ってませんか?カントは死刑を思いっきり肯定してますよ。


924 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:03 ID:tnDCfmAx
>>918
〜考えるべきだと思います。
と書く「べき」でした。すみません。
ただ、人の命を数で計算してはならない、と考えます。
尊い犠牲、なんて言う言葉は、嫌いです。
特に、私がなるのは、いやです。あなたもいやでしょう?
きっと、みんないやです。嫌だと思う。嫌なんじゃないかな。。。


925 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:06 ID:LKNGSylT
目には目を、歯には歯をのハムラビ法典て
感情的な調停って意味が大きかったのかな

現在の刑法体系も、被害者の遺族、民衆の感情面
を考慮されたものになってるんですか?

926 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:06 ID:q7Truj9+
>>899
法そのものの価値は専門家が判断するって事?

927 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:07 ID:sHhI4417
>>915

 抑止力によって100人助かるという仮定でも死刑反対か、
それなら賛成する。ただしその仮定は可能性が低いので反対。

 というのでは同じ廃止派でも大違いじゃない?

前者はどう考えてもあれだろ・・



928 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:08 ID:4VrvIjl1
>>925
復讐は、ついついやりすぎてエスカレートしがちだから
ブレーキをかける意味の法律だって話を聞いた事が有る。

929 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:09 ID:tnDCfmAx
>>922
なるほど。
そういう背景があったんですか。
勉強になりました。やべぇ、普通に嬉しい。。。

しかし、私は、公務員については政治的中立性を保つ義務があると言う判断自体、
それほど不当なものだとは思いません。
憲法判断としても、決して不当なものではなかったと思います。
っていうのはね、前も書きましたが、私の父は判事だったんですが、
判事の家族って、結構普通の生活は出来ないんですよ。
人からものをもらうとか、絶対駄目だし。親切はやっても受けても駄目。
逆に言うと、そう思ってたから、背景まで突っ込んだ勉強はしなかったなぁ、
またひとつ利口になった。

930 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:10 ID:/AiGpGi5
>>913
他人に頼むより自分で犯人を殺す人の方がずっと評価できる

931 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:12 ID:LKNGSylT
>>928
なるほど、確かに社会によっては復讐にかける怨念が凄いとこもあるしね
仮に、中東あたりで死刑完全廃止になったら
死刑が有る状態よりずっと凄いことになりそうだ(w

932 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:14 ID:tnDCfmAx
>>923
う、、、
ちょっと、そのへんはつっこまれるとよわいです。
ただ、たしかこうだったと思います。

カントは上記のように考えながら死刑を肯定しています。
なぜかというと、彼は極端な倫理主義者なので、応報刑を相当としました。
つまり「目には目」です。しかし、これは飽くまで、殺人に対するサンクションとしての死刑で
見せしめや、他の犯罪の抑止を目的とした者ではない。
故に、殺人よりも軽い犯罪には死刑の適用を許さない、ということです。

まだ、中世的な「一銭切り」のような、小さな犯罪に大きな刑罰が科される時代の思想です。
当時としては、むしろ革新的で人道的な思想だったと思います。

933 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:18 ID:8EeJdyey
>>929
公務員であっても可能な限り政治活動の自由を認めるべきだ、
公務員については政治的中立性を保つ義務がある、
どっちも、憲法解釈として一般的の市民感覚からでも納得できるよね・・・

死刑を憲法違反だと「解釈」するにしても、
やっぱり、一般的の市民感覚からでも納得できるような「解釈」でなければ
ならないんでないかなー
(少なくとも一般人には理解しがたい、という逃げはイカンと思うぞ)


934 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:18 ID:tnDCfmAx
>>926
ありていにいえば、そうです。
制度上そうなっているということです。
ただし、>>922が教えてくださったように、
世論の力は決して無ではありません。
ただし、強制力というか、法の構成力とまでは行きませんからね。

ただし、法を作るところまでは民衆の延長としての国会です。
それをさらにフルイにかけるのが専門家の役割ということ。

はっきりいって、国会議員は法律の専門家じゃありませんから。

935 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:19 ID:SogRoSHs
K.W死刑廃止派 ◆West/TGo って司法受験生?
法学部学生?頭いいね。

936 : :02/07/03 02:19 ID:CPpVaH2P
>>924
私個人の問題になるなら
もちろん数で考えられるのは嫌です
他人のことでも損得で命の価値を
はかることには反対かな・・たぶん

飛行機テロのように打ち落とさなければ
また多くの人が犠牲になると言うのなら
正直言えば考えるし悩むことになると思います

尊い犠牲、確かに嫌な言葉かも知れませんね



937 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:22 ID:tnDCfmAx
>>933
はい、逃げません。逃げちゃ駄目だ^^;

公務員の政治活動の自由についての制限はあくまで
職業選択の自由という背景を持ち、また、人権の制限であるに留まります。
しかし、死刑というのは、人権の制限ではなく、その否定だと考えます。
なぜなら、死刑によって人はすべての基本的人権を奪われるからです。
故に、公務員の政治活動の自由に関する意見の対立とは、
問題の大きさ、あるいは質が異なり、それを参考にすることは出来ないと思います。

938 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:24 ID:tnDCfmAx
>>935
司法試験諦め。。。
っていうか、ちょっと別の仕事してみたくなって、勉強やめちゃいました。
やっててもすぐにはうからないし。。。どう考えても3〜5年かかる。
法学部法律学科卒です。
みんな自分の専門の土俵ならこんなもんでしょ。
手許に資料もいっぱいあるし

939 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:27 ID:8EeJdyey
>>937
つまり、「生命権」は他の「人権」とは異なる
特別なモノだってことだよね・・・

で、「生命権」を特別視するならば、
刑法における法益としての「生命」も、
特別な保護を要する法益ってことにならんか?


940 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:28 ID:SogRoSHs
人は教育による啓蒙や医学的な治療によって生まれ変われる
可能性があるということでしょ?
それを否定し、その機会を奪うから死刑は反対と・・・
刑罰が教育のためであるとしたら犯した罪に対する
償いというのは何なの?

941 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:29 ID:tnDCfmAx
>>936
なんか、そういえばホワイトハウス近くに落ちたやつは、
実は打ち落とされたんだ、なんて噂が立ったことありましたね。

責任のある立場に立ったら、結局判断するしかないし、
そのときには、人の命を選択したり、評価したりすることになるんでしょう。
そういう人を、非難は出来ませんよね。
でも、仮定としてそういう状況を作って判断するのは、ちょっと。。。
仮定だと分かっていても、私にはつらすぎます。
親と恋人とどっちか死ぬならどっちって、、、ハンターハンターじゃないけど、
まぁ、それみたいなもんでしょ。
実際そんなことがあれば、判断するけど、
そうならないうちに口に出したくもないし、考えるのもいや。
これについては思考停止です。それが僕なりの人間性の証明。
きちんと考えられる人は、それはそれで立派だと思いますけど。
現実から逃げ出さないで、全て直視出来る強さがあるわけだし。

942 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:34 ID:LKNGSylT
死刑存廃の問題は、死刑制度と現在の法体系の整合性って面と
社会的なコンセンサスって面の両面で考えなければならない問題だってことだよね

どうしても法律オンチの俺なんかだと
法体系の整合性って面が盲点になりがちではあるけど

943 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:34 ID:q7Truj9+
>>934
ん?専門家が法そのものの価値判断をするのなら
なぜ立法府の国会議員を選挙で決めるのですか?
最終判断者は誰?
国家の主権者である国民?それとも専門家?

944 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:35 ID:tnDCfmAx
>>939
これは既出で、書くたびに内心の抵抗があるんですが、
刑法における保護法益というのは、同じ保護という言葉を使いますが、
実際に保護しているのではなくて、TBの言い換えにすぎないと思います。
なにしろ、刑法上の議論になった時点で侵害されているわけですから。
保護されるべき人は、既になくなって、人ではなくなっています。(出生から死亡までが人ですよね)
ゆえに、その被害者の人権はもはや保護に値しません。
というか、存在しません。さもなくば、死後何年まで保護しなければならないのか、
別に規定する必要があると思います。あらゆる点で。

ああ、、、また書いてしまった。

945 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:38 ID:tnDCfmAx
>>940
私は、償いというのは強制されるものではないと思います。
すくなくとも経済的な補償はともかく、それ以外の償いは。

罪の償いは、一人一人が、それこそ教育によって取り戻した心で
考えるものなのではないでしょうか。

それはそうと、前段は私の考えを過不足なく完全に表現していますね。
なんとなく、「そんな可能性ないから死刑なんだろ」とかいわれそうで、
はっきり書けなかったんですが。。。
可能性があるかないかは、誰にも分からない。

ともあれ、理解感謝

946 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:39 ID:2deA4dYL
法体系を守って整備する司法の役割は法治国家ではもの凄く重要だけど
ついつい一般の人には見過ごされてしまうのは解る。
俺も感情論では、法体系を守るって視点は欠落しちまう(w

947 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:42 ID:SogRoSHs
「殺され損だ」ってよく言いますよね。
池田小の犯人の人は最初強姦罪で起訴されたとき
「しょうもない女強姦して実刑くらったら寒い」
と思って精神病院に入院したと言っている・・・
多くの人(犯罪者も被害者も)は刑罰を犯罪に対する償いやその字の通り
罰だと捉えていて、教育の場だとは捉えていないように
思うのですが・・・

948 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:43 ID:8EeJdyey
>>944
>保護されるべき人は、既になくなって、人ではなくなっています。
>ゆえに、その被害者の人権はもはや保護に値しません。
具体的な事件における被害者の「具体的な法益(権利)」に関しては、
理屈としては、その通りだが・・・

しかし、刑法の「規定」においては「法益」とは「抽象的」なものだろう。
つまり、刑法とは、法益侵害行為を罰することにより、
法益を保護するというものではないのかな?


949 :前前前スレ96:02/07/03 02:44 ID:5Oz1zn2z
>>932
なるほど、そう続くんですね。それなら納得出来ます。
死刑を肯定した歴史上有名な思想家は、ルター・モンテスキュー・ルソー・カント・ヘーゲル・ロンゾブローゾ等、
逆に否定した思想家はベッカリーア・ビクトル=ユーゴー・ドストエフスキー・トルストイ等です。


950 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:47 ID:tnDCfmAx
>>943
どうしてこう、素人の質問って言うのは直線的で本質的で、答えるのが難しいんだろう^^;
動揺した瞬間に六法がどっかに行ってしまった。
最終判断者は最高裁判所です。憲法81条に確か明記してあります。
「最高裁判所は全ての法律、命令、規則または処分が憲法に適合するかを
決定する権限を有する終審裁判所である。」とかって。
これは国会などによる憲法裁判所などの設置を許さないという主旨です。
しかし、立法権が司法権と別にあると言うことの意義は、
あなたが思っている以上に大きいのです。
大丈夫、決して裁判所の権限は強くありません。
でも、どういう風に?とか聴かれると、こんどは憲法の教科書まで開かなくちゃ
ならなくなるので、勘弁してください。

951 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:47 ID:8EeJdyey
一般市民の感覚からすれば、
刑法で保護される「生命」は自分の生命でもあるんだよ・・・
仮にそれが侵害されたときに、侵害者はいかなる罰を受けるのか?
自分の生命に見合うだけの罰を受けるのか?
Yesなら、自分の「生命」は尊重されていると感じるだろうし、
Noなら、自分の「生命」は軽視されていると感じるだろうね・・・


952 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:48 ID:SogRoSHs
>>償いというのは強制されるものではない

確かに。犯罪被害者の遺族が犯人が教育によって生まれ変わり
社会でまっとうに生き、ときに心の底から涙を流すのを見て
犯人を許す気持ちが芽生えたという話を聞いたことがあります。

でも、遺族や社会が望んでいるのはやはり償うことだと思う
のですが。

953 :朝まで名無しさん:02/07/03 02:56 ID:CPpVaH2P
>>934
なるほどね

>仮定としてそういう状況を作って判断するのは、ちょっと。。。
仮定だと分かっていても、私にはつらすぎます。

こういう人間性?かどうかは分かりませんが
そんな人がいるのも大切な事だと思いました
私は現実を直視するわけではなく妄想みたいなもので
命の価値(数で考える)は難しいことだし
ある意味そんなものは無いかのかなと・・・
ただ命は大事にしたいと思っています

そんな意味からも死刑にたいしては
結局はその効果が重要になるのかなと

なんかスレ違いになった気がするので
これで失礼します



954 :前前前スレ96:02/07/03 02:57 ID:5Oz1zn2z
最高裁判決(昭和23年3月12日大法廷)

上告棄却。
 生命は尊貴である。一人の生命は全地球よりも重い。死刑はあらゆる刑罰のうちで最も冷厳な窮極の刑罰である。
 死刑制度は常に、国家刑事政策と人道上の双方から批判と考慮がある。死刑制度とその運用は常に時代と環境とに応じて変遷している。
 憲法13条で、生命に対する国民の権利については、立法その他国政上最大の尊重を必要とする旨を規定している。
 しかし、同時に「公共の福祉」という基本的原則に反する場合には、生命に対する国民の権利といえども立法上制限ないし剥奪されることを当然予想している。
 憲法31条では、法律の定める適理の手続きによって、生命を奪う刑罰を科せられることが明らかに定められている。
 即ち憲法は、刑罰として死刑の存置を想定し、是認したと解すべきである。
 死刑の威嚇力によって一般予防をなし、死刑の執行によって特殊な社会悪の根元を絶ち、これによって社会を防衛せんとしたものである。
 また個体よりも全体に対する人道観を優位とし、結局社会公共の福祉のために死刑制度の存続の必要性を承認したと解せられる。
 刑罰としての死刑そのものが直ちに憲法36条の残虐な刑罰に該当するとは考えられない。
 ただ執行の方法などがその時代と環境とにおいて人道上の見地から一般に残虐性を有するものと認められる場合には、勿論これを残虐と言わねばならない。
 将来もし火あぶり,はりつけ,さらし首,釜ゆでの刑のような残虐な執行方法を定める法律が制定されたとするならば、
 その法律こそまさに憲法36条に違反すると言うべきである。

同判決・補充意見(4名)

 憲法は死刑を直ちに残虐な刑罰として禁じたものということができない。しかし憲法は制定当時の国民感情を反映して規定されたのであり、
 死刑を永久に是認したとは考えられない。
 ある刑罰が残虐であるかどうかの判断は国民感情によって定まる。国民感情は時代によって変遷する。

 正義と秩序を基調とする平和的社会が実現し、死刑の威嚇による犯罪の防止を必要と感じない時代が来たならば、
 死刑もまた残虐な刑罰として国民感情により否定されるに違いない。しかし今日はまだその時期が来たとは言えない。

上記は昭和23年の最高裁の死刑合憲判決ですが、今でも「今日はまだその時期が来たとは言えない。」
というのは同じでしょうね。





955 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 02:57 ID:7QGrXYcc
>>948
>つまり、刑法とは、法益侵害行為を罰することにより、
>法益を保護するというものではないのかな?
それは、認めます。
しかし、その法益保護は一般予防効果によるものですよね。
私は前述の通り、一般予防効果を認めない、もしくは
期待することは可能だが立法と量刑において考慮すべきではないという立場なので。

また、刑法が抽象的な法益を守るというのは首肯する点もありますが、
実際に適用される段階では、少なくとも、仰る抽象的な法益とは常に未来のもので、
過去のものではありえないと思います。
刑罰はあくまで本人の帰責性に基づいて過去の法益侵害について適用されるものですから。
それに、ここではあまり主張していませんが、やはり
刑法は倫理道徳を保護するものではないという原則に照らしても、
応報刑的な考え方には賛成できません。

956 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:00 ID:7QGrXYcc
>>949
どうでもいいですが、ロンブローゾだけ異彩をはなっていますね、その面々。
そやつの思想だけは、ちょっと、、、

957 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:03 ID:7QGrXYcc
>>949
そして、その他の肯定した思想家たちは、決して現在の価値観の中で肯定したわけではなく、
中世的な残虐刑の残る社会で、いわば刑罰権を縮小するなかで、
こういうものだけは死刑で良い、とした人たちですよね。
彼等が、現在の価値観を共有したとき、はたして死刑を肯定するでしょうか。
カントはするかな。。。あいつは、かたいからな。。。

958 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:03 ID:q7Truj9+
>>950
素人でスマンね。

>最終判断者は最高裁判所です。憲法81条に確か明記してあります。
>「最高裁判所は全ての法律、命令、規則または処分が憲法に適合するかを
>決定する権限を有する終審裁判所である。」とかって。

私の聞いてるのは、憲法に適合するかを決定する最終権限の事ではないよ。
その憲法の是非は誰が最終的に判断するのか?って事。

959 :前前前スレ96:02/07/03 03:03 ID:5Oz1zn2z
>>956
確かにある意味「別格」ですよね。2ちゃん風に言うならDQNな学者。

960 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:05 ID:PREwlPz0
まあ死刑を廃止するかどうかについて、国民感情が重要なファクターだというのは
わかりやすくていいと思う。
死刑廃止論者はだから、
「ほら、もう日本人の大半は、死刑を望んでないんですよ!」
というアンケート結果なりなんなりを提出して初めて、
現実的な廃止に向かうというわけですね(ちょっと単純化しすぎか)

そうすると、死刑廃止の実現にもっとも必要なのは、法解釈とか倫理論ではなくて、
実は大衆を動かす政治力なのかもしれないですね。


961 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:06 ID:7QGrXYcc
>>954
そうですね。

しかし、さっきも書きましたが、やはり死刑の合理性の判断が抜け落ちている気がします。
憲法に合致するか否かを判断する裁判所として、姿勢に過誤があるとまでは言えませんが、
多分弁護士がそこまで踏み込まなかったのでしょうね。
くやまれます。
そこで合理性の判断までしていれば、結論がどちらであれ、
また、深い議論が出来たと思うし、廃止派ももうすこしやりやすかったと思うのです。

962 :前前前スレ96:02/07/03 03:07 ID:5Oz1zn2z
>>957
おそらくルソー・ヘーゲルは肯定するでしょう。
彼らの意見は社会契約説及び世論を重視すると言うものですから。
ロンゾブローゾ以外では、ルターも現代的な視点から見れば狂信者に属する人なので
「別格」と見なしてよいと思います。

963 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:08 ID:LKNGSylT
感情論抜きの純粋に法解釈上は、
死刑が無い方が法体系的には収まりがいいんですか?

964 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:11 ID:8EeJdyey
>>955
特別予防に重点を置くべきだ、という主張は理解するが、
それだけでは>>951のような感覚を「納得」させることはでないと思うぞ・・・


965 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:11 ID:7QGrXYcc
>>958
失礼。

で、ええと、「法」と言われたので法律のことかと勝手に思いました。
憲法自体の是非ですか。。。考えたこともなかったな、うそです。
9条とかについては考えたことありますけどね。
裁判所にはその権限はありませんね。
国会と国民です。
ただし、憲法の改正にも限界があるとされています。
だれがしているのかって言われると困りますが、通説です。

966 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:12 ID:7QGrXYcc
>>960
たしかにそれが出来れば早いんですが。。。
むりでしょ。たぶん、ざんねんながら。

それに廃止した国でも世論は存置だったんです。
そのへんに一条の光明を見ているのです、私は。


967 :前前前スレ96:02/07/03 03:13 ID:5Oz1zn2z
>>961
しかし最高裁といえど、合理性を判断するのは越権行為なのでは?
裁判所は飽くまで「法の番人」であって、憲法等法に書かれている範囲で合理的な
判断を下すのが仕事のはずです。例え最高裁が「合理的でない」と判断したところで、
憲法を変える力を持つのは国民の直接投票のみなので、国民が合理的だと判断すれば
司法はその判断に従わなければならないと思います。

968 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:16 ID:7QGrXYcc
>>962
いや、わたしはルソー・ヘーゲルについては違う意見を持っています。
たしかに、彼等の思想は仰る通りのものですが、
その背景には、中世的な社会をより人道的思想によって破壊するという
社会的要請がありました。
それに応えた彼等の精神まで遡ると、今なら反対してくれるんじゃないかな、
と、考えています。
かってなことをいうな、とヘーゲルのあの怖い顔で怒られそうですが。

969 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:18 ID:8EeJdyey
>>966
>それに廃止した国でも世論は存置だったんです。
民主主義という観点では「不健全」な立法だよな・・・
(まぁ、民主主義が絶対とは言わんけどね)

970 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:18 ID:q7Truj9+
>>965
今現在の法学上の解釈云々よりあなたの意見が聞きたい。
憲法の是非は国民が決めて良いのですよね?
あと憲法の改正に反対ですか?

971 :前前前スレ96:02/07/03 03:26 ID:5Oz1zn2z
>>969
それに関しては少し前スレで書いたんですが、消えちゃったからなぁ。
イギリス、イタリア、ドイツに関しては下のページを参照にして下さい。
http://www.sipeb.aoyama.ac.jp/~mt-home/students/okuyachi/sekai.html
フランスに関しては次スレで書きます。

972 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:27 ID:7QGrXYcc
>>967
私の言うのは憲法13、31条の合理性ではなく死刑の合理性です。
たしかに同判例に拠れば、憲法は死刑の存置を予定している、とされます。
その判断は正しい。
しかし、もうひとつの補充意見(井上判事)があります。
曰く(ジュリストから略しつつ引用)、

憲法13条、31条の「裏面解釈」より、36条は絶対に死刑を許さぬ趣旨ではないが、
「憲法は…固より死刑の存置を命じているものではないことは勿論だから、
若し死刑を必要としない…時がくれば国会は進んで死刑の条文を廃止するであろうし、
…事実上裁判官が死刑を選択しないであろう。

つまり、死刑を廃止することは現行憲法でも可能なのです。
決して、憲法が不合理だ、と判断すべきだというわけではありません。

私自身は13、31条は改正すべきと思いますが、
それを最高裁が言うのは、仰る通り越権行為でしょう。

973 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:31 ID:7QGrXYcc
>>970
憲法の是非は国民が決めて良いと思います。
ただし、基本的人権の尊重、国民主権、平和主義、の3本柱は
変えることは出来ないというのが通説でもあり、私の意見でもあります。
つまり、ヒトラーを独裁者にするような改正は
たとえ国民が望んでも許されないということです。

憲法の改正には賛成です。
9条も含めて不備な部分は多いです。
なにしろ50年以上も前のものですから。。。

974 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:39 ID:WODd/8KN
刑罰は教育の場であって償いでないなら
加害者の償いというのは何なのでしょう?
「人を殺しても数年で出てきてのうのうと暮らしてやがる」
というのはある意味刑罰が犯罪にみあった償いでないという
感情の表れなのでしょう・・・
償いの深さは個々人によって違いそうです。
償いは法の範疇ではないということ?
「死んでおわびします。」という人もいるから
強制される死である死刑は償いではないということか?
「死んでおわびします。」は非生産的な状況ではあるが
それはそれでその人の決着のつけ方か?


975 :前前前スレ96:02/07/03 03:41 ID:5Oz1zn2z
>>972
なるほど、確かに現行の憲法は死刑の存在を否定している訳ではないが、
積極的に肯定しているわけではないですからね。
現行の憲法でも死刑を廃止に出来るというのは分かります。
ただ憲法で死刑を禁止するのは、刑法から死刑という量刑を無くす以上に
困難な道のりでしょう。

971の補筆。
リンク先のイギリスの項には書いてありませんが、僕の記憶ではイギリスで
廃止されているのは一般犯罪に対する死刑のみで、軍事犯罪に対する死刑は廃止
されていなかったように思います。未確認ですが。

976 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:44 ID:WODd/8KN
軍事犯罪に対する死刑ってテロのこと?

977 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:46 ID:7QGrXYcc
>>974
まず、やはり償いは法の範疇ではないと考えます。
道徳や倫理は法とは無関係です。
法とはただ強制するばかりのものですから。

わたしは、死ぬぐらいなら、いくらでも出来ることがあると思います。
そんなことで、何かを償うことは出来ないと考えます。
まぁ、これは思想の問題ですし、
「死んでお詫びします」というのはまぁ、一つの決着のつけ方だとは思います。
先生に無理やり頭を下げさせられた同級生を見て、
ざまあみろとは思っても、反省してるな、とはおもわないでしょう。

なんか支離が滅裂だな。。。
切り貼りして読んでください。
もぅ推敲するのめんどい。。。

978 :前前前スレ96:02/07/03 03:49 ID:5Oz1zn2z
>>974
もう残りも少ないので詳細は次スレで書こうと思いますが、
現在の先進諸国における刑罰の教育的側面は飽くまで副次的なものであって、
根幹となる思想は「応報刑」の考え方です。
それは先進諸国の刑法がフォイエルバッハの唱えた「罪刑法定主義」の上に
成り立ってことからも明白です。
この考え方からは「絶対的不定刑の禁止」という考え方が派生してきます。
これは「教育刑」とは相反する規定です。

979 :朝まで名無しさん:02/07/03 03:49 ID:WODd/8KN
>>イギリスで 廃止されているのは一般犯罪に対する死刑のみで、軍事犯罪に対する死刑は廃止
  されていなかった
つまり国家転覆を図ったテロのような罪は死刑は適用されるということ?

980 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:49 ID:7QGrXYcc
>>975
どこかで、私の書き方がおかしかったのか分かりませんが、
わたしは、完全な死刑廃止論者ではありません。
内乱と外患誘致には認めても良いかな、、、と、
それによく考えたら、13、31条がないと正当防衛の位置付けも微妙になりますしね。

まぁ、それでも改正の余地はあると思いますが、
死刑を憲法で禁止する、というのはとりあえず念頭にはありません。

イギリスは、多分それであってます。
手許の資料(前田刑法)にそんなようなことがかいてあります。

981 :前前前スレ96:02/07/03 03:52 ID:5Oz1zn2z
>>976
>>979
確かそうだったと思います。日本で言えば「内乱罪」「外患誘致」等が
これにあたります。
EU参加は死刑全廃を条件としているので、この軍事犯罪に対する死刑の存続という事柄も
イギリスのEU参加への足かせとなっているようです。

982 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:54 ID:7QGrXYcc
>>979
クーデタのことです。テロでもいいですが。

>>978
ちなみに私は教育刑であると言う立場を支持しますが、
応報刑としての側面から刑期が決められていることの合理性を認める、
という考え方です。

っていうか、福田平の教科書が確かそんな考え方なんです。
フォイエルバッハの考え方についても、
カンとの影響を受けながら、結論は間違えている、とかいってた気がする。
その影響が強いんです。

983 :前前前スレ96:02/07/03 03:57 ID:5Oz1zn2z
981の補筆
テロは軍事犯罪には当たらなかったと思います。
飽くまで「国家機能の停止」を目的とした犯罪だけが軍事犯罪に当てはまるんだったと
思います。

984 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 03:58 ID:7QGrXYcc
>>983
朝憲紊乱、ってやつでしたっけ?
判例は226まで遡るという、あの。

985 :朝まで名無しさん:02/07/03 04:00 ID:E71AjOuo
なんでニュー速なくなってんだコラ!

986 :朝まで名無しさん:02/07/03 04:00 ID:WODd/8KN
うーん、死刑といってもつきつめると奥が深いですね。(当たり前ですが)
単純な感情論だけでもないのですね。
勉強になります。


987 :前前前スレ96:02/07/03 04:03 ID:5Oz1zn2z
>>984
すみません。そこまでは分かりません。
なんせ、日本は一般犯罪に対する死刑は廃止し、軍事犯罪に対する死刑は残すと言うような制度を取って
いないので、軍事犯罪と一般犯罪の線引きがどこでなされるべきなのか判断してこなかったのではと思っています。
イギリスではどうなってるのかが気になる所です。

988 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 04:07 ID:7QGrXYcc
>>987
いや、内乱等のいわゆる「政治犯罪」については
懲役ではなく禁錮を採用するなど、明確な区別があります。
明治の立法ですから、おそらく、その辺ははっきりしていると思います。

989 :朝まで名無しさん:02/07/03 04:09 ID:WODd/8KN
軍事犯罪ってあんまり日本には縁なさそうだからかな?

990 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 04:11 ID:7QGrXYcc
刑法の「罪」の項の最初の方に軍事的犯罪は列挙されていますが、
かなりの部分が戦後削除されています。
利敵行為や、同盟国への行為などがあったようです

991 :前前前スレ96:02/07/03 04:12 ID:MUeeSR12
>>988
明治ですか、そこまで遡って考えたことはありませんでした。盲点でした。
勉強になります。
今でも明治の頃からの規定が残っている条項とか結構あるみたいですね。
監獄法などには多いと聞いたことがあります。

992 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 04:15 ID:7QGrXYcc
>>991
ちなみに民法も明治の立法ですよ。明治29年かな?
刑法は40年です。他にも、法律自体は明治時代のものは
結構残っているはずです。
監獄方は知りませんでしたが、なるほど、そうかもしれませんね。

993 :前前前スレ96:02/07/03 04:23 ID:MUeeSR12
>>992
そうだったんですか。条文を読んでるだけでは分からないものですね。
ありがとうございます。

ここは良スレですね。

994 :K.W死刑廃止派 ◆West/TGo :02/07/03 04:25 ID:7QGrXYcc
次スレに行く前に寝ましょうか。
おやすみなさい。

色々勉強になりました。
ありがとうございました。

995 :朝まで名無しさん:02/07/03 18:18 ID:vxLkN0jS
KWの一人勝ちじゃん。
存置派も廃止派も、何の法的知識も根拠も無しに
感情論だけでギャーギャー煽り合ってたってよくわかるね。

996 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:57 ID:2CKnbvOx
1000

997 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:57 ID:gz53mgq6
1000
kana


998 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:58 ID:2CKnbvOx
こんどこそ
1000

999 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:58 ID:2CKnbvOx


1000 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:58 ID:2CKnbvOx
1000


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)