2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆藤波辰巳★★

1 :飛龍生ソーメン:01/10/12 19:25 ID:Wp10ptvw
 この人がいなければ、タイガーマスクもライガーもいなかった?
 ジュニアヘビー級の開拓者として、あるいは長州やタイガーとともに、80年代
の新日ブームの立て役者として、数多くのライバルと、数限りない名勝負を残し
た"炎の飛龍"。

 昭和の香りを残す最後のレスラー、「藤波辰巳」。
 藤波のすばらしさと、藤波を通して古き良き時代を語ろう!

「プ板走馬灯・藤波編」
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=wres&key=997981653

2 :お前名無しだろ:01/10/12 19:25 ID:???
1は全身ユニクロ

3 :お前名無しだろ:01/10/12 19:34 ID:???
チンポ

4 :お前名無しだろ:01/10/12 19:46 ID:Du/a8Z3g
 俺 大学生の4年間は北海道にいたんだけどよくプロレス
の巡業がきて下宿の仲間でよくいったんだけど他のレスラ−
は声を掛けても無視だったり睨みつけたり無愛想なのが多い
中で藤波選手は本当に気さくな人でイヤな顔ひとつせず子供から
お年寄りまでみんなに手をふったり話しかけたりしていた
リングの上でも私生活でも最初で最後のベビ−フェ−スだと思う
 だから社長とかストレスが溜まりやすい職務よりも
もう少し補佐的(裏から経営者を支えるような・・・・・)職務に
ついてほしかった 最近の写真みるとファンとしては少しつらいです

5 :お前名無しだろ:01/10/12 19:54 ID:???
(  )
ノ( * )ヽ ブッ
 ノωヽ\
     \
       \  ベシ
        ●( `Д)
         ノ 1ヾ
          / (

6 :お前名無しだろ:01/10/12 19:54 ID:???
(  )                    (  )
ノ( * )ヽ ブブブッ      ブブブッ /( * )ヽ
 ノωヽ                 /ωヽ
     \\          //
     \ \●       ●//
      ● \ ベシベシベシ/●
     ベシベシ●( `Д) ●ベシベシ
          ノ 1ヾ
           / (

7 :お前名無しだろ:01/10/12 19:55 ID:???
(  )         (  )        (  )
ノ( * )ヽ ブブブッ ノ( * )ヽブブブッ ノ( * )ヽ
 ノωヽ        ノωヽ       ノωヽ
     \\     |    //
     \ \●    ●  ●//
      ● \ ベシベシベシ/●
(  )   ベシベシ●( `Д) ●ベシベシ   (  )
ノ( * )ヽ −− ●ノ 1ヾ  ●−− ノ( * )ヽ
 ノωヽ −− ●  / ( ●−−   ノωヽブブブッ

8 :お前名無しだろ:01/10/12 19:55 ID:???
          ●●●●●●●
       ●●●●●●●●●●●
    ●●●●●●●( `Д)●●●●●
   ●●●●●●●●●●●●●●●●
  ●●●●●●●●●●●●●●●●●●

9 :おつまみ納豆カレー味:01/10/12 19:58 ID:2vwZSFBA
これからもよろしくお願いします。

10 :K2:01/10/12 20:26 ID:AM6dM1OM
新スレたちましたね!

>4さん おっしゃるとおり私も藤波にはもっとサポート的な
ポジションに就いて欲しいと思っています。その方が本来の力を
発揮出来るはず。今の新日は誰がやってもきついよ。

11 :お前名無しだろ:01/10/12 20:29 ID:K07VROrg
>10さん 本当そうですよね
だから藤波さんに直接ファンの声がとどくような
レスであればいいなと思います
 藤波さん元気だしてね

12 :お前名無しだろ:01/10/12 22:16 ID:???
鶴田の「社長になろうと思ってはいけないんだよ、ね、藤波クン」
を思い出してしまった……。

13 :飛龍生ソーメン:01/10/12 22:38 ID:Wp10ptvw
>>4
>>11
 そうですね、冬の時代を支えたとはいえ、藤波に社長をやって欲しいとは思い
ません。特にマット界一の老舗であり大所帯なので、注目されやすく、叩かれや
すくもあります。「傀儡政権」「お飾り社長」なんて言う人も多いですが、実際
矢面に立つのは社長ですし……。
 言いにくいことですが、社長就任後の言動が藤波の評価を下げていることは事
実です。だからこそ社長業は他の人に任せてほしい(しかしそうなると、木村健
悟が社長か!?)。

 もっとも、藤波はどんな選手の良さも引き出しますが、藤波の良さを引き出せ
る選手は、残念ながら今の新日本には少ししかいません。そこが不幸なところで
すね。

14 :飛龍生ソーメン:01/10/12 22:54 ID:Wp10ptvw
 間違って旧スレに投稿しちまったい。こっちに再投稿します。失礼。

 帰国第1戦のマスクド・カナディアン戦を観たのですが、藤波のオリジナル・ホ
ールドとして、ドラゴン・スープレックス、ドラゴン・スクリュー、とともに
「ドラゴン・クラッチ・ホールド」の名前が、舟橋アナから出ていますね。

 これは前スレ401、402にある、「ドラゴン・クラッチ」のことなのか?
 それとも「ドラゴン・ローリング」(要するに高角度前方回転エビ固め)のこ
となのか?

 あと、前スレ545、549で話題になった藤波のダブルリスト・アームサルト(古
舘アナは「網打ち原爆!」と実況しています)を発見!
 79.4.27(横浜文体)のブリスコ戦で使っています。

15 :お前名無しだろ:01/10/12 22:54 ID:???
最後のドラゴンロケットをやったのは天龍戦だっけ?

16 :お前名無しだろ:01/10/12 23:13 ID:???
んじゃ来年からはマサが社長と言うことで(w

17 : ◆PddKlULY :01/10/12 23:16 ID:???
しうJ し゛ 十ょ み

18 :お前名無しだろ:01/10/12 23:33 ID:Wp10ptvw
>>15
多分そうだと思います。

19 :お前名無しだろ:01/10/13 00:13 ID:???
>>18ありがと
それじゃドラゴンスープレックスを最後に決めたのはいつかな?
全然記憶にないです

20 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/13 00:52 ID:RdwlgUiQ
新スレ、初書き込みです!

無我でのバックランド戦の模様を各誌で見ました。
二人共"いい顔"してた!
開始時の握手の写真、ホント昔のムードそのまま!!
コブラツイストを決める藤波の表情など、当時の写真かと見紛うばかりでした。
WWFのヘビーとジュニア、2大王者の激突再び・・・
両雄のあの"顔"を見られただけでも「やった甲斐がある」試合だったと思います。

皆さんの云う通り、社長としての藤波の表情は、私も見ていて時折辛くなります。
昔は常に"ボブ戦での顔"を見せてくれていたのに・・・

11さんの仰るように、前スレも含めて我々のこの声が「藤波辰巳」に届かんことを・・・
(・・・前スレとか、見ていてくれないかなぁ・・・)

21 :TRTR:01/10/13 01:25 ID:Ax1E4foM
> あと、前スレ545、549で話題になった藤波のダブルリスト・アームサルト(古
>舘アナは「網打ち原爆!」と実況しています)を発見!

あ、この549って私でした(笑)。その後、「フィッシャーマンズ・クラップ・スープ
レックスだったと思います」って、飛龍生ソーメンさんからレスまで貰ってますね。(^^;
ブリスコ戦で使ってましたか。私は地方で一度見た記憶があるので、最低でも実戦で2回は
使っているんですね。

22 :おつまみ納豆カレー味:01/10/13 06:34 ID:6z.GawB.
無我に行って来たのですが、友人が「これって金曜8時じゃん」と言っていました。
やはり自分らにとって「金曜8時」といえば猪木であり藤波であり長州だったと思います。
ボブと藤波の試合、もっと見たかったです。
(実は仲野選手目当てで行ったんですけどね。すっごく満足度の高い興行でした)

23 :お前名無しだろ:01/10/13 08:16 ID:k84hTC9w
前スレで10.8の感想を述べた者です。どなたかが「会場の目」について質問されてたのに
その場でレス付けるの忘れてたので、ここで。私個人の感じ方としてはかなり好意的に
見られていたと思います。好試合続きでドームの雰囲気がいい感じになっていたのも幸いでしたが。
ボブのオーバーアクション、ドリーもテリーもスピニングトーホールドを首固めで返される、
といったシーンで笑いは起きましたが、冷笑的、嘲笑的なものではありませんでした。
大仁田のおかげかTシャツでのファイトも「ま、しょうがないよ。」という感じですね。
そしてなにより暖かいというか労わしく見ていたであろう人をマジで感嘆させたドリーの
エルボースマッシュとボブのキーロックリフト!「いやーいいもん見たなあ!」
という声がそこらで聞えました、本当に。
ただ藤波のカウンターのスリーパーからのドラゴンスリーパーという流れだけは「それはない!」
という程度だったかな。うん。ニコニコしてる顔、試合後、多かったですよ。

24 :お前名無しだろ :01/10/13 08:31 ID:o/RFM/Ho
ドラゴンリングイン

25 :お前名無しだろ:01/10/13 08:41 ID:???
私といたしましてはやはり新日道場最強という
イメージがございまして、ぜひ新日本の若手選手にも
無我のリングで体現していただきたいです。

西村調にやってみました。

26 :K2:01/10/13 10:28 ID:guzZY.1c
>23さん お返事ありがとうございます。質問した者です。
それまでのいい流れも手伝って 好意的な雰囲気だったようで
安心しました。私達にとっては存分に楽しめるカードでも
平成のファンにとって意味のないものだとちょっと寂しいな
と感じていたもので・・・・。
無我はドーム以上に好評だったみたいだし ここ最近はホッと
できますね。

27 :飛龍生ソーメン:01/10/13 11:49 ID:kFKqC8z2
>>19
 「ドラゴン藤波探検隊」によると、IWGPタッグリーグ決勝で猪木に見舞ったのが
最後みたいですね。
ttp://www.373.com/dragon/dragonnessen/dragonhiryuugenbaku.html

>>21
実況で「第三の秘密兵器!」と言っていますが、第一、第二は何でしょうね?

28 :K2:01/10/13 12:22 ID:bqpFXlRI
>14
網打ち原爆は78.7.27剛戦でも放ってますねぇ。低空かつ高速な 見事な反り
でした。

「ドラゴンクラッチホールド」とはなんでしょうね?舟橋氏に限らず昔のアナは
結構技の名称間違えますからねぇ。

「第三の秘密兵器!」は重大発言! 1と2の説明なしにいきなり3に飛ぶとは・・・。

29 :お前名無しだろ:01/10/13 12:30 ID:???
>>27
15年以上封印してるのか。
もう見れないのかなぁ。

30 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/13 13:40 ID:RdwlgUiQ
>29
封印を解いてからは4回しか放ってないんですよね。
願わくば前田に一発お見舞いして欲しかった!!
'86.6.12では「掟破りのドラゴン」を頂いてますもんねー

ダブルリスト・・は各解説では実戦では未使用という事になってるようですが、結構使ってたんですね。
あと写真でしか見た事ありませんが藤波は"リバース・アーム・ソルト"も見事でしたよね。
本人は『プロレス必殺技2001』のインタビューで「俺は身体硬い方だから」なんて云ってますけど(笑

31 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/13 15:33 ID:RdwlgUiQ
>30
あ、"一度目の"封印ということです。
二度目・・・つまり現在の封印が解かれる時は来るのでしょうか?

32 :飛龍生ソーメン:01/10/13 20:05 ID:bPWvlD.s
>>22
 無我についてですが、運営は西村に任せて、藤波は主としてバックアップ、と
いう風にはできないのでしょうか?
 今回の無我は、週プロにも「今年のベスト興行」と書かれたていますが、プロ
デュースしたのは西村です。西村ならもう少し興行を組んでくれそうですし。

 これからも、「金曜夜八時」時代の名優に再び会える場を、無我が提供してく
れますように……。

33 :お前名無しだろ:01/10/13 20:07 ID:???
ふふん ふふん ふふ ふ ふん!

だーーーーーあ!

34 :お前名無しだろ:01/10/13 20:33 ID:bPWvlD.s
>>14
 カナディアンとの試合ではプランチャも使っています。
 ドラゴンロケットよりも先に、プランチャが出ていたというのは新鮮な驚きで
す。

>>30
 猪木、佐山、前田ら体の柔軟な選手と比べると、藤波のブリッジは高さと反り
が及びませんね。それでもあれだけ美しかったのは、激しい練習のたまものでし
ょう。

 体が柔らかければ怪我をしにくいので、藤波ももっと怪我が少なかったかもし
れません。そう、あの腰の負傷も……。

35 :飛龍生ソーメン:01/10/13 20:34 ID:bPWvlD.s
 あ、旧スレ落ちた……。

36 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/13 23:59 ID:RdwlgUiQ
>35
藤波の思い出に存分に浸れた、本当に良いスレッドだったと思います。
本スレも劣らぬ良スレたらんことを・・・

旧スレを立てた「1の方」も本スレを見ておられることでしょうが、ROMのみなどと云わずに是非参加してくださいよ(笑
やはり旧スレあっての新スレですから。

37 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/14 00:25 ID:b0bETHus
>34
プランチャの方が先だったとはちょっと驚きです。
さすがに特別な名称は付かなかったようですが・・・
キッド戦でも使ったらしいですね。

トペも藤波が初使用というワケではなかったのに固有名詞を得たというあたり、当時の衝撃の大きさが窺えます。

38 :お前名無しだろ:01/10/14 00:39 ID:???
>飛龍原爆解禁!!!
えせかぁ〜?
お前あんまし詳しくねぇなぇ

39 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/14 01:06 ID:b0bETHus
>38
仰る通り、特に詳しいワケでも無いもので・・・
何しろ藤波の全盛期には子供でしたから。
でも、藤波辰巳というレスラーが好きだという気持ちは皆さんと変わらないつもりですので、そこはご理解のほどを・・・

上レスでの私の事実誤認がありましたら、教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

40 :お前名無しだろ:01/10/14 01:21 ID:UGEzctOM
>>37
 トペの日本初公開は確か百田光男ですよね。
 プランチャは誰なのかしら……。

 ドラゴン・スープレックスも、単に「フルネルソン・スープレックス」という
名称だったら、インパクトもやや薄れていたかもしれません。
 この名前は、新間、桜井、舟橋の三氏合作だそうです。帰国後に発表する予定
が、実況中舟橋アナが興奮してつい口走ってしまった。
 冷静な舟橋アナが興奮してしまうほど、実際に目のあたりにした一発は衝撃的
だったということでしょうね。

「スープレックス! スープレックス! 鮮やかなスープレックス!」

41 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/14 01:41 ID:b0bETHus
>40
そうですね、百田がS50年に見せています。
プランチャは・・・日本人なら星野あたりなのでしょうか?
"日本マットでの初公開"という事ならマスカラスなのかも知れませんが・・・

ドラゴンスープレックスは「本来はギブ・アップをとる技」と藤波自身がエストラーダ戦後のマット上で話してましたね。
確かI・コロフやアグアーヨもカウントをとらずに即レフェリーストップとなった記憶があります。

42 :TRTR:01/10/14 02:39 ID:PgW21Hr.
あ、懐かしい書き込みが・・・。(^^;
「飛竜固め!、飛竜固め!」(当時の雑誌では、飛龍、ではなく飛竜と書かれて
いました)
確かに、当時の映像を見ると、物凄い衝撃ですね。

43 :飛龍生ソーメン:01/10/14 14:27 ID:yqmI1vMh
 わたしもリアルタイムで見た訳ではないのですが、見た人によると当時の衝撃
は本当にすごかったみたいですね。

 ジャーマンが最高難易度の技とされていた時代に、フルネルソンで投げる。信
じられなかったし、そもそもそんな発想さえした人はいなかった。山本小鉄でさ
え「そんなこと、できるはずがない!」と発言したと言われています。

 加えてそれまでのプロレスラーには存在しなかったようなシャープな筋肉美と
躍動感、プロレスから連想されるこわもてのイメージを覆した好青年的な雰囲気
・風貌。すべてが新鮮だったそうです。

 今も昔も、鳴り物入りでデビューもしくは凱旋というのは失敗に終わる例がほ
とんどです。団体側の打算やお膳立てが見えて、反感を持たれるんですよね。
 藤波が成功したというのは、そんなファンのシビアな目を上回るだけのインパ
クトを与えたからでしょう。

44 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/14 14:51 ID:/UZBOqI3
凱旋帰国時の、ファンへの"永遠の公約"「アイ・ネバー・ギブアップ!」・・・
これは実際にリング上で発した言葉なのでしょうか?
ヘビー級に進出した頃までは藤波のトレードマーク的なセリフでしたよね。
(私生活においてもかなり勇気づけられたものです・・・)

また、この発言以降で藤波が「ギブ・アップ」した試合というのはあるのでしょうか?
ご存知の方いらしたら、お教えください。
(何年か前に、天龍と組んだタッグマッチで蝶野(?)にギブアップ負けしたのが結構ショックだったので・・・
あれが公約以来、初だったのかどうか・・・)

45 :ロケット2:01/10/14 14:58 ID:x2+pEOOc
しかし、今ジュニアの頃の写真を見ても到底ヘビー級に転向しそうな感じが
しないですね。 今でいうと、田村や美濃輪みたいな感じかな?
凱旋前には今では考えられない、3年8ヶ月もの長期に渡り、ドイツ・アメリカ・
メキシコを転戦してどのスタイルにも適応できるようになった藤波。
「どっかで集中して体をデカくする」海外遠征しかできない最近の若手は
不幸かも?

\

46 :飛龍生ソーメン:01/10/14 16:40 ID:F9iAqbHz
 カナディアン戦のあとの、リングインタビューでの発言です。

舟橋「ファンのみなさまへ何か一言お願いします」
藤波「そうですね、頑張ります。I never give up!」

 藤波のギブアップ負けですが、80.2.15フロリダで痛めている足を攻撃され、3
本目4の字固めに屈しています。これが宣言以後、最初かな? 続く 80.3.28の
タッグマッチで、1本目やはりグラハムの4の字固めでギブアップ。
 あとはご指摘の97.11.2、今年のG1での安田戦(8.5)などでギブアップ負けを
喫しています。

 あと2、3あったと思うのですが……。
 ラバーソウルみなみさんのところにギブアップ負けデータがあったのですが、
なくなっていました。

47 :飛龍生ソーメン:01/10/14 16:41 ID:F9iAqbHz
>>45
 そうですね、当時はあの体で受けのファイトをやっていたのですから、かなり
ダメージがあったのではと思います。決して脂肪太りにならず、ヘビー級の体を
つくったのは見事ですね。

 海外修行の軽視は、WWFの世界進行と関係があるのかもしれません。つまり修行
の場の減少、縮小です。
(わたしは海外事情に疎いので、事実誤認あればご指摘ください)

48 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/14 22:08 ID:/UZBOqI3
>46
生ソーメンさん、ありがとうございます!!
昔からずっと気になっていたことなので・・・

マイク・グラハム戦というと、NWAインターJr.のベルトを奪われた試合でしょうか?
相手の地元でホームタウンデシジョンがあったような記述を読んだ憶えもあるのですが・・・
あと蝶野に敗れたH10.8.8IWGP戦もギブアップ負けでしたかね。

>45
カール・ゴッチの「レスラーにマッスル(肉)はいらない、テンデンス(筋)が大事だ」という言葉を、まさに"体現"していましたよね。
当時の藤波の写真を見ると、ビデオで観たアントニオ・ロッカの身体を思い出します。
そういえば藤波はアルゼンチン・バックブりーカーを決め技にしていた時期がありましたね。
ヘビー級相手では出すのが難しかったのでしょうが、もっと使って欲しかったです。
(ヘビー転向後もキッドや高田のJr.相手にしか見せなかったようですし)

49 :K2:01/10/14 22:21 ID:yUlnoRkk
>48
アルゼンチン使ってましたね! 藤波のイメージからは程遠いにもかかわらず
ビシッと決めてました。

ここで藤波板名物?のなんでもベスト5しませんか?
題して「ビデオ化・DVD化して欲しい藤波の名勝負・名場面ベスト5!」
今まで市販されていないと思われる(間違ってても可)ものでこのまま
お蔵入りさせたくない試合を選ぶのはどうでしょう?
ダイジェストじゃなくノ−カットでもう一度、というのも可。
この声がビデオパックニッポンまでとどけ〜!

50 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/15 01:28 ID:CHyzt0HS
>49
まずテレ朝にフィルムが残って無いというのを無視して『寝屋川のC・ゲレロ戦』!
私、これは新宿のプロレス居酒屋で一度観たきりなんです。

次に'80.2.1スティーブ・カーンとのダブルタイトルマッチ!
ファビュラス・ワンズの二人は共に藤波に敗れていますね。ヘビー級での二人の雪辱戦も見たかった。

そして'84.11.1ボブ・オートンJr.とのWWFインター戦。(個人的に凄く懐かしい試合なので・・・)
翌'85.2.6H・ホーガン戦(2連戦の後の方ですね。)
最後に'86.10.20武藤敬司戦(これも2連戦の2戦目。藤波が「前回と違って彼の闘志が伝わって来た」と賛えた試合です。)

まだまだありますが、とりあえず上記の5試合を挙げさせて頂きます。
また、収録済みのモノがありましたらお教え頂ければ幸いです。

51 :飛龍生ソーメン:01/10/15 02:21 ID:wZ1EEbSZ
>>48
 蝶野戦はギブアップだったかな? レフェリーストップのような気もする…

 アルゼンチン・バックブリーカーと言えば、猪木もなぜかビッグマッチでは見
せることがありますね。

>>50
 猪木vsディトンなどもゴングのムックで「残っていない」と断言されていたに
もかかわらず、発売されましたからね。埋もれているだけで、実は残っている可
能性に期待したいです。
 武藤戦は、もしかすると武藤DVDに入っているかも(ムタとあわせて3、4種類
出ていたと思うので)。

 わたしのランキングは、もう少し待ってください。

52 :お前名無しだろ:01/10/15 02:29 ID:jHGPAwRJ
>>51
ドラゴンのギブアップ負け
3年前のGT初戦、山崎に腕ひしぎでギブアップ
同じくその年のIWGPタイトルマッチ、蝶野にSTFでギブアップ
よく年のドン・フライ戦。腕ひしぎでギブアップ
その年のG1.永田のナガタロックの前にギブアップ
去年のGTでは飯塚のスリーパーでギブアップ
今年のGT、中西のアルゼンチン、安田のスタンディングヒールホールドでともにギブアップ負け。

はっきり言ってギブアップ多過ぎ… タッグ入れたらもっと凄いかもね。

53 :お前名無しだろ:01/10/15 05:05 ID:eOD59jXX
何年か前のGIで橋本に腹固めでギブアップ負けを喫して以来、
激増しましたね。
ただ、ネバーギブアップ宣言ってのは、
本来の意味で”あきらめない”ってことで言ったのを、
プロレス用語のギブアップと受け取られて
言葉が一人歩きしちゃったという話を何かで読んだ覚えがあります。
それにしても、昔は”ギブアップ負け=根性無し”みたいな風潮も有りましたね。

54 :お前名無しだろ:01/10/15 05:12 ID:???
藤波ほどギブアップ負けの多い選手はいない。
武藤は昔から意外と多い。
蝶野は最近増えた。
橋本はなぜかギブアップだけはしない。
健介もギブアップ負けはあんま見たことない。

55 :お前名無しだろ:01/10/15 05:15 ID:h97NYtGs
藤波は日本プロレス界の宝だ!!
まだまだ引退しないで欲しい。
できれば馬場みたいに生涯現役で。

56 :名無しさん@お腹いっぱい:01/10/15 05:47 ID:K0I61Izi
ヘビー転向したころ、ホーガンやマードック、アンドレとかの
外人勢に囲まれて
こりゃ、ジュニアのままのほうがいいんじゃないの?
絶対、小さすぎて試合がかみ合わないと
思ったけど
今の新日の中では、別に小さくも無い事実が
今の新日の一番の問題だろう。

57 :お前名無しだろ:01/10/15 07:50 ID:hxmT3dAZ
>>55
馬場さんはそんなに長生き出来たほうでもないからなあ・・・
馬場さんにはもっと長生きして欲しかったよ。
レスラーとしてマットに上がり続けなくても、ファンクスみたいな
スポット参戦でも良かったからさ・・・

体大事に・・・して欲しかった・・・なあ・・・

58 :旧スレの1:01/10/15 14:38 ID:???
>1 飛龍生ソーメンさん
新スレ立て、ごくろうさまでした。案の定というか、そのタイミングではスレ立て規制に引っかかって
(1ヶ月くらいは立ててなかったのになんで?)私には不可能だったのでよかったです(^_^;
>36 飛龍原爆解禁!!! さん
いやいや、お心遣いどうもですm(_ _)m
前スレにもカキコしたのですが、私が前スレを立ててみたのは1のレスに書いたとおりで「老いも若きも」
マターリ語れるようなスレになってくれたらいいなあとの思いからでした。
2chという場所柄か、個人のスレはどうしても「レスラーをコバカにするスレ」になりがちなので、
そうではないものになって欲しいという願いをスレタイトルにも込めたつもりだったので、皆さんのおかげで
願いが叶って大変嬉しく思っております。

59 :飛龍生ソーメン:01/10/15 15:35 ID:yebmSGAF
>>53
 長州もG1で蝶野に敗れて以来、ギブアップ負けが目立つようになりましたね。
 1度ギブアップすると、張りつめていたものが切れてしまうんでしょうか。

60 :飛龍生ソーメン:01/10/15 16:10 ID:yebmSGAF
>>49
 さて、わたしのベスト5は

VSマスクド・カナディアン(78.3.3)
VSチャボ・ゲレロ(78.10.20)
VSスティーブ・カーン(80.2.1)
VS阿修羅原(80.4.3)
VSキラー・カーン(82.3.26)

次点
VS剛竜馬(79.10.2)

61 :飛龍生ソーメン:01/10/15 16:11 ID:yebmSGAF
(続き)
 ジュニア時代の試合が中心です。
 まずはカナディアン戦。飛龍原爆を日本で初披露した凱旋試合、ネバーギブアッ
プ発言とともに必見!
 そしてやはり、チャボ戦ははずせません。
 2冠王者になったS・カーン戦も、ジュニア時代の栄光を語る上では欠かせま
せん。
 場外で額を割られて以降、藤波の試合ではめずらしい殺気の張りつめる阿修羅
原戦。シュート・テクニックの片鱗を見せた!
 ヘビー級転向後の試合から選んだのは、キラー・カーン戦。若手時代から何度
となく戦っている両者ですが、MSGシリーズでのフルタイム戦はその集大成。藤波
の日本人対決でも、屈指の名勝負だと思います。
 衝撃の王座交代劇、剛竜馬戦は原戦とどちらをとるか悩みましたが、この試合
はリターンマッチと一緒に見たいし、しかし4日後のリターンマッチは撮影され
ていないし……ということで落としました。

62 :飛龍生ソーメン:01/10/15 16:11 ID:yebmSGAF
(続き)
 わたし自身は所有している試合もありますが、市販して欲しい=多くの人が見
る価値がある、と判断して選定しました。
 最近の新日ビデオは、テレビ局に残っていないものでも、エアチェックしたも
のからビデオ化しているものも多いです。なんとかして、すべてビデオ化して欲
しいですね。

63 :K2:01/10/15 17:19 ID:5oduakdm
>49
飛龍原爆さん、生ソーメンさんレスありがとうございます。

私もチャボ戦はより多くの人に見て欲しいと思いますし、あのジュニア
史上に残る名勝負が残っていないというのは残念でなりません。

残り4戦は、ドラゴンスープレックスで決着をつけたらしい剛戦(78.11.30)、
そのドラゴスープレックスが封印のキッカケになったタッグ戦(80.3.?、
ゲレロが舌をつまらせたというやつ)、名勝負数え歌の中でも私の一番好きな
83.8.4 の長州戦、その長州と仲間割れした 82.10.8 のタッグマッチを
ノーカットで。長州のマイクアピールは映像として見た事がないので・・・。

>61
79.10.4 剛戦は収録されてんかったんですか? ショックです・・・。
見たかった・・・・。

64 :お前名無しだろ:01/10/15 18:22 ID:yebmSGAF
>>63
 82.10.8は本放送でも、マイクアピールはなかったようです
(参考:ttp://www.373.com/DRAGONSP/DRAGON2/kora.html)
 「革命戦士長州力 〜反逆の炎は燃える」や全4巻の「パワーホール」にも未
収録です(DVD-BOXは不明)。

 そのためか、いろいろな説が流布していますね。古舘アナの創作、控え室付近
での発言…いろいろありますが、当時の記事によると(ゴング57年12月号。
「検証 長州力」に再録)マイクをとって発言したとあります。やはり実際に、
会場で言ったのだと思います。
 またビデオではなく、レコードには収録されているそうです。もっとも、持っ
ている人の話によれば「何を言っているのかよく聞き取れない」という話でした。
 果たして映像は残っているのか……。

65 :飛龍生ソーメン:01/10/15 18:32 ID:yebmSGAF
>>60
 もう一つ次点を。

藤波、鶴田、マスカラス vs M斉藤、戸口、高千穂

 ゴングのムックによれば、オールスター戦の映像はテレビ東京は所在不明、日
本テレビはニュース用の3分に編集したもののみ残存、テレビ朝日のみが所有を
確認できたそうです。

 ゴングの情報を信じるなら、全日側からは完全な形での放送・ビデオ化はすで
に不可能。日テレ・全日の英断さえあれば、テレ朝のビデオ化は可能と思います。

66 :K2:01/10/15 19:04 ID:zkAs5u9B
>64
永島専務の本によると「噛ませ犬」という台詞は永島氏が考えたもの、
というような内容が書いてありましが、いろいろ謎が多いですね。

>65
オールスター戦は私も次点でした!
もうひとつ追加するとカネック(79.5.30)も見てみたいです。
藤波は足を負傷し、カネックはマスクが破れ、延長にもつれ込んだ
という話ですが・・・。

67 :毒龍:01/10/15 19:09 ID:???
>>52 >>54
昭和時代、藤波ほどギブアップが少ないトップレスラーは居なかった。
藤波ファンはそれが自慢だった。

>>53 >>59
ギブアップが増えたのは、明らかにUWFの影響でしょう。藤波に限らず、トップレスラー
はほとんどギブアップしなかったのに、UWFの出現により本格的なサブミッションが
ファンにも知られるようになり、サブミッションが極まってもギブアップしないと言う
のはリアリティに欠けるようになった。リングアウト勝ちや反則勝ちもする訳には
いかなくなったので、自然と「ギブアップでも良し」という事になったものと思われます。

68 :テレチコワ:01/10/15 19:14 ID:???
「私はカモメじゃない!」

69 :飛龍生ソーメン:01/10/15 19:59 ID:yebmSGAF
あ、おいらのID、MSGになっている・・
藤波スレにふさわしい。

70 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/15 20:00 ID:CHyzt0HS
>63
私も長州戦では'83.8.4が一番好きです。
ベスト5選出の際もかなり悩みましたが、対長州は他に多数ビデオ化されているので、あえて外しました。
>64 、66
S59年に発売された「革命戦士 長州力」というレコードには、10.8や10.22等の実況が収録されていましたが、マイクアピールまで入っているのは22日の試合後の方でした。
10.8の方は桜井氏の「藤波と長州は減俸ですな、はは・・」というところでフェードアウト・・・
22日のマイクも、やはり何を言っているのか解らなかったです。
(頭の「フジナミーッ!!」という叫びだけは聴き取れるのですが・・・)
8日のマイク映像が残っているなら、このレコード及び各ビデオ等に収録されているはずですし、やはり無いのでしょうか・・・

各記事を読んで、私も"かませ犬発言"は長州の反逆をより盛り上げるための、『後づけの演出(藤波へのアピールは実際にあったのでしょうが)』だと思っていました。
会場にいたファン、マスコミも長州のあの甲高い早口が果たして聴き取れたかどうか・・・
真相を御存知の方、いらしたら是非御願いします。

71 :飛龍生ソーメン:01/10/15 20:17 ID:yebmSGAF
  「プロレスリング・イラストレイテッド」誌の「2001年世界レスラー500傑」
で、藤波は187位ですね。

 日本人の感覚とは結構違うランキングですが、これはこれで興味深いです。

72 :飛龍生ソーメン:01/10/15 20:19 ID:yebmSGAF
追加
URLです。
http://www.100megsfree4.com/wiawrestling/pages/pwi/pwi50001.htm

73 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/15 20:37 ID:CHyzt0HS
>71 72
現在においてのランキングですからね・・・187位は大健闘だと思います。
WWFJr.、WWFインターを保持していた80年代ならば、トップ10入りも可能だったでしょう。
藤波は海外でも非常に評価が高かったですから。

このランキングでの、武藤の4位は素晴らしいと思います。
武藤と藤波・・・御互い全盛期同士でぶつかったら、どんな試合になり、どちらが勝ったでしょうね・・・?

74 :お前名無しだろ:01/10/15 20:55 ID:???
>64>70>66
わたしの知る限り、長州がかまし犬発言の真偽を語ったことはありま
せん。一方、藤波はビデオ「飛龍伝説」にて「彼が実際にマイクをとっ
て言った」と語っています。

ゴングの記事は・・パブの可能性があると思います。二人の抗争を盛
り上げるための。当時の新間ならそのくらいはやるでしょう。

75 :K2:01/10/15 23:36 ID:BU1n41M2
>73
藤波vs武藤 全盛期同士の対決 は私にとっては三沢vs武藤以上に興味あります。
藤波のピークを85年頃とすると、武藤はいつ頃なんでしょうかねぇ?

76 :清春:01/10/15 23:38 ID:???
このスレの削除依頼を出しました。

77 :K2:01/10/15 23:38 ID:BU1n41M2
>74
確かにあの「過激な仕掛け人」なら可能性ありますね。

78 :海の王子:01/10/16 00:59 ID:pvD9bVdz
私はちょっと(だいぶ)おかしいかもしれないけど、84.11.1の
カウボーイ・ボブ・オートン戦が藤波のベストバウトだと思うんだ
けどねえ。2番目はやっぱり82.10.22広島の長州戦かな〜。ジュ
ニア時代なら、スティーブ・カーン戦。札幌じゃなくて、東京体育
館の方。

79 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/16 04:44 ID:???
>78
オレも'84.11.1オートン戦は大好きっス。
藤波もさることながらオートンも素晴らしかったっスよね。
S・カーン戦は一本目をカーンがジャーマンで取った試合だったっスかね?
よく取り上げられるのは2冠に輝いた札幌の方だけど、試合としては確かに東京の方が見応えあったかも。

80 :53:01/10/16 08:27 ID:Hy4qK5Me
>59 飛龍生ソーメンさん
>67 毒龍さん
レスありがとうございます。
ギブアップが増えた件ですが、
毒龍さんが仰るように、UWF以後、リアリティに欠けるという部分で
不透明決着を観客が望まなくなった事が大きな要因だと思います。
観客のニーズに応える形で、新日ではギブアップ決着が増加し、
全日ではKOに近い3カウント決着が増えたのではないでしょうか。
ギブアップを取る技をフィニッシュにしているレスラーも多くなりましたよね。
個人的には返し技決着も好きなんですが。

81 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/16 10:41 ID:KhrUJEqh
>53
私も「ネバー・ギブアップ宣言」はそういう(プロレス全般や人生においての)広い意味でのモノだとは解っていましたが、やはりリング上の藤波にもそれを望んでしまっていました。
藤波もファンの期待を裏切らず猪木の卍にも長州のサソリにも耐え抜いてくれましたよね。
(レフェリーストップや負傷によるTKO負けは仕方ないです。)

毒龍さんの仰る通り、藤波は「ギブアップ」しないレスラーでした。
やられている姿、相手の技に耐えている姿が本当に絵になるレスラーでした。
必死の形相で「もういいからギブアップしてくれ」とこちらが思うまで耐えぬき、針の穴ほどの勝機を見つけて反撃に転じる藤波。
その姿にテレビの前で、会場で、何度ドラゴンコールを送ったことか・・・時に心の中で、時に喉を嗄らして・・・

今のファンの方にも「藤波の"耐えるレスリング"は凄かったんだ、そういう時代があったんだ」ということだけは、解って欲しいと思います。

82 :K2:01/10/16 10:45 ID:Lc/uOlWj
>50、78、79
オートン戦の評価高いですねえ。オートンが馬に乗って入場
してきたり、試合中にオートンが「スーパーボーイ、カモン!」
と叫ぶなど、オートンの気合いが充実してました。

海の王子さんの 10.22長州戦は盲点でした! 後半の喧嘩ファイトは
見ごたえありましたよね。

83 :お前名無しだろ:01/10/16 10:53 ID:b+8hQ3tE
藤波が手を怪我してて、タイトルマッチお流れになりそうになって、
試合前にマイクで「やります!」と宣言して、猪木がリングで泣いてた
試合ってなんですか?

84 :お前名無しだろ:01/10/16 10:58 ID:b+8hQ3tE
藤波のラスト飛龍原爆ってSSマシンにした時だと思ってたけど、
違うのね。コンガザバーバリアンに決めたジャーマンが印象的。
腰をやってなければなー。

85 :「紅夜叉は利用された」のbU:01/10/16 12:45 ID:CILzA+C7
自分的には「正規軍対維新軍」5対5勝ち抜き戦がかなりインパクトを受けました。
小林・寺西の曲者を圧倒的な強さで葬りましたからねぇ。
特に寺西選手に決めた「逆サソリ」完璧に決まってました。

あと、藤波対マスクドスーパースター(この人も名選手)のWWFインタ戦。
意外と話題に上ってないけれど、確か初防衛戦だったっけか??
結構耐えまくった試合だつたと思います。
もう一度、この二人の試合も見てみたいなと。
なんせ、マスカラス以外だと、この人のかっこ良さは抜き出てましたから(笑)

86 :お前名無しだろ:01/10/16 17:27 ID:aZH7hQ6K
>85
ハイジャックバックブリ−カーよかったYO!

87 :飛龍生ソーメン:01/10/16 18:26 ID:4YGYk+SE
>>83
 それはちょっと記憶違いがあるのでは……

 79.6.1高松での猪木の対戦が予定されていましたが、2日前のカネック戦で藤
波は左足首を負傷。藤波は懇願するものの、猪木に負傷している足を蹴られて断
念しています。

88 :飛龍生ソーメン:01/10/16 18:42 ID:4YGYk+SE
>>81
 藤波はギブアップをしない、という印象をもっとも強く感じさせたのは、やっ
ぱり85.9.19の猪木戦でしょう。
 神通力にやや衰えは見えたものの、完全に決まった完全に決まった卍に対し藤
波の意地はレフリーストップを選んだ……。

 もっとも、「これ以上続けると藤波の腕が破壊される」というレフリーストッ
プの理由については、「あれは苦しいいい訳だった。あれはレフェリー・ストッ
プにすべき瞬間だったのだ。そうとしか言いようがない」と週プロのインタビュ
ーで答えています。正直言ってよく分かりません。
 もっとも、このインタビュー「足四の字はシュートにない技だが、あのシーン
はシュートだった」など、禅問答のような弁答が目立ちます。

89 :53:01/10/16 20:42 ID:FLRhFEJv
>81 飛龍原爆解禁!!!さん
確かに。リング上にも望んでいましたし、実際応えてくれていましたね。
腹固めで敗れた橋本戦は会場で観戦してましたが、
なにか一つの節目を迎えたような気がして、もの凄く寂しくなりました。
(藤波に限りませんが)耐えに耐えた末のロープブレイクに持ち込めるどうか
という攻防も見応えがありました。
実際、自分でも仕事で辛い時なんかはそういう姿を思い出して頑張ったものだなぁ(<若かったのぅ)

>83さん
カネック戦?手の甲を負傷していて、予定されているタイトル戦に出場出来ないため、
リング上で返上予定だった所を「やらせて下さい!」とマイクでアピール。
防衛戦が実施されたというものですね。
いつの試合だったかは憶えていませんが。(リアルタイムでは見てないもので。)

>88 飛龍生ソーメンさん
インタビューはルー・テーズのものでしょうか?

90 :飛龍生ソーメン:01/10/16 21:39 ID:clFH22tI
>>89
 ん? キース・ハート戦のことかな?
 だとすれば、手の怪我は上田馬之助にやられたものです。
 詳細は
ttp://www.373.com/dragon/dainennpyou/1980.html
の6月29日から7月2日にかけて見ちくり。

 インタビューは週プロの113号、インタビューされているのはお察しの通り
ルー・テーズ、インタビュアーは流智美です。

91 :お前名無しだろ:01/10/16 21:45 ID:cHHJeYnd
83>ドン・ダイヤモンド戦では?その場面俺も
印象に残ってるよ NWAインターJを返上して後がない
WWF戦の時。

92 :おつまみ納豆カレー味:01/10/16 21:57 ID:fj7Eaht2
勘違いだったらすみません。
確か84年のサマーファイトシリーズでカネックと長州のシングルを立て続けにやった記憶があるのですが。
どうでしたっけ??

93 :お前名無しだろ:01/10/16 23:18 ID:clFH22tI
>>92
7.5大阪府立体育館ですね。カネック戦がWWFインター選手権、長州戦が
ノンタイトルでした。

94 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/16 23:31 ID:KhrUJEqh
>92
ありましたねー。'84.7.5 大阪府立体育会館でしたっけ、
カネックとのWWFインター戦(ピンフォールで防衛、バックドロップからでしたかね?)の後、長州とのシングルマッチ。
試合後カネックは「フジナミとチョーシューはチャンピオンシップを無視している!!」と激怒していましたね。
確かにカネックにしてみれば屈辱だったでしょう。

当時の長州は(例のIWGP乱入や猪木戦連敗の影響で)維新軍の中でも浮き上がっており、精神的に不安定に見えました。
(ご指摘の藤波戦では凶器を使っての反則負け、同シリーズ中のカネックとの一戦でもマスクを剥がしにかかったりと・・・)
今から見れば新日離脱の兆候だったのでしょうが、あの時は「どうしちゃったんだ?長州!」という思いでした。
そういう状態だったので藤波も20日の長州戦を待てなかったのでしょうか・・・(藤波から申し入れた2連戦だったと思いますので)

95 :53:01/10/17 00:04 ID:cVFqebRP
>90 飛龍生ソーメンさん
あっ!これですね。キース・ハート戦だったのか。
フォローありがとうございました。
この年表ハラショーです!ラバーソウルみなみさんスパシーボです!

>91さん
上記アドレスの年表(ドラゴン大年表)と、
手元の資料(新日本プロレス20年史)を合わせて調べてみました。
D・ダイヤモンド(=20年史の記述、大年表ではダン・ダイヤモンドと記述<タイプミス???)
とはWWFジュニアとNWAインタージュニアを1度ずつ行ってますね。
WWF戦はMSGのマットで昭和55年12月29日(現地時間)にとして行われていますね。
この時、NWAインターJr.は健吾がチャボに取られた直後でした。
前後しますが、NWAインターJr.戦はマイアミで昭和55年4月16日(現地時間)に行われています。
この後、7月に防衛戦を行う予定だったのが、右手薬指骨折の為、返上しています。
私は、この辺りは見ていないので全く記憶には無いのですが・・・。

それにしても、赤の広場でドラゴンスタミナラーメンの屋台を引く話は
どーなったのだ!?

96 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/17 00:10 ID:T/AEa1Bo
>89=53さん
御覧になった橋本戦とは'94年のG1クライマックス・両国での試合でしょうか。
このG1での敗北は忘れていました。
確か橋本のキックをドラ・スクで切り返し続け、結構攻め込んだのでは・・・

しかし、あの時、橋本はIWGP王者でしたよね、それも"凄く強い"王者・・・
藤波も初日のパワー戦で腕を痛めていなければまた違った展開になったかも知れませんが、それでもあの時の橋本には勝てたかどうか・・・
4月のIWGP戦でも押されまくっていましたもんね。

藤波も時代の移り変わりは悟っていたのでしょう。
気持ちの『張り』が消えたことが後のギブアップ負け増加に繋がり、そのターニングポイントとなったのがこの橋本戦だったのかも知れませんね。

97 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/17 01:02 ID:???
>>84
'86.10.27奈良大会っスね!
11.3の木村健吾戦が決定した直後の試合、バーバリアンの巨体を見事なジャーマンに決めてピンフォール!!
木村戦に向けて気迫を見せたっス!!!

98 :お前名無しだろ:01/10/17 07:12 ID:z2gcn6rB
ネタつきないねえ、みんな。ところで流れを邪魔して悪いんだが旧スレで誰か触れてたか?藤波が「プロレスファン出身」最初のトップレスラーだったってこと。

99 :83=84:01/10/17 08:59 ID:WUelvXmm
>>87>>89
情報ありがとうございます。
>>97
わかっていただいてうれしいです。ブロディに決めたジャーマンと並んで大好き
なジャーマンです。

100 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/17 11:34 ID:T/AEa1Bo
>84,97,99
ブロディ戦の時は「汗ですべってフックが弱かった(藤波談)」ために2カウントを奪うに留まりましたが、バーバリアンからは完全なピンフォール勝ちでしたもんね。
しかし藤波はこのジャーマンを決めた際に歯グキを骨折してしまい、一週間後の11.3木村戦は流れてしまいました。
(代わりに行われたのが"猪木・ケビンVS木村・武藤"・・・前田が批判した例の"やり過ぎ(?)鉄拳制裁"試合でしたね)

この時期、藤波は怪我が目立ちました。
前年の秋も膝の故障でブロディとの初対決が流れていますし、この年の春には前田戦での負傷、そしてこのアクシデント・・・
やはりスーパーヘビー級との体格差から来るハンディが藤波を苦しめていたのでしょうか。

・・・にも拘わらず、ブロディやバーバリアンらにジャーマンを決めていった藤波のファイティング・スピリット・・・
素晴らしかったですね。

101 :お前名無しだろ:01/10/17 16:11 ID:82mB8hYB
>85さん
遅レスすみません
手元にある「ザ・プロレス」に、5対5の決戦の模様が
載っているのですが・・・

「正規軍、先鋒は藤波辰巳!!」と古館アナが読み上げると
エキサイトする長州。
維新軍先鋒小林を原爆葬、そして次鋒の寺西を渾身の力で
サソリで葬った藤波(このときの写真がカコイイ(・∀・)!!)

友人とプロレス遊びをするときサソリ固めを必ず片手で
かけるようになったのはこのあとからでした。

102 :K2:01/10/17 16:34 ID:kHTCgQOv
>85、101
おー 5対5決戦 なつかしいですね〜!
意表をついた先鋒・藤波で今までにない試合展開を楽しむことが
できましたよね。寺西が悪役に徹していい味だしてました。

三戦目の対谷津なんか、見てて泣きそうでしたよ〜!

103 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/17 17:24 ID:T/AEa1Bo
>85, 101
『サソリの猛毒が寺西の全身っ、五臓六腑を貫いているっ!今夜ばかりは掟破りではありませんっっ!!!』

・・・古舘アナの名調子も冴え渡る寺西戦サソリ、比類無き格好良さでしたね。

藤波のサソリ固めといえば、他には>>78海の王子さん、>>79年寄りファンさんが挙げておられるオートン戦(鬼神の表情で、片腕を突き上げて観衆にアピールしながら)が忘れられないです。
試合内容も無論ですが、当時藤波が置かれていた立場がまたなんとも・・・
新日崩壊の危機を支える為、勝つ事は勿論"強さ"を見せなければいけなかった藤波・・・
あの強豪オートンをサソリで締め上げた時の表情、筋肉の躍動、(加えてアピール)どれをとっても「新日は不滅だっ!そしてそのエースは俺だっ」と叫んでいるようでした。(私的解釈含んでます・・・)

去って行ったライバルの技をあえてフィニッシュに選んだ藤波、その胸中はどのようなものだったのでしょうね・・・

104 :回転足折固め:01/10/17 17:28 ID:ocPegzgt
コーナーに追い詰めたホーガンにカウンターで斧爆弾食らって負けた
試合って、WWFかかってました?飛龍十番勝負でしたか?
「おっホーガンに勝っちゃうの?」っていう寸前で負けたんですんごい
悔しかった思いがあります。
「5対5決戦」といえば「プロレス大勝負」という漫画をまだ持ってるなー。

105 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/17 17:29 ID:T/AEa1Bo
>102
谷津もプレッシャーに耐えてよく頑張りましたよね。
次の高田戦はどちらにとってもベストマッチでしょう。

106 :お前名無しだろ:01/10/17 17:34 ID:ycE7D1tA
激しくガイシュツだけど
5:5の藤波vs谷津戦、ドラゴンがロープ宙吊りスポット失敗して
場外に頭から転落!で、2度目は見事成功して、宙吊り、カウントアウト。
今見なおすと、寺西の仕事っぷりが一番良いね

107 :K2:01/10/17 18:32 ID:YCGD7/3n
>105
イイ試合でしたね!谷津が勝った瞬間の古舘アナの脱力感が笑えました。

>106
御指摘のとおり藤波がエプロンで谷津に攻撃をしかけるよう誘ってました。
一発目はかなり過激な落ち方してましたねえ。
しかし最初から宙づり狙ってたのかな? 二度目は明らかでしたけど・・・。
その辺の読み方がプロレスの面白さですね。

108 :飛龍生ソーメン:01/10/17 18:35 ID:AfEJ8egD
>>98
 考えたこともありませんでしたが、確かにそうですね。
 それまでは、なりゆき、やむにやまれず、廃業力士の受け入れ先として
プロレス入りした人が多かったように思います。

 プロレスにあこがれた藤波が、今度は藤波にあこがれてプロレス入り
するファンを育てる…藤波のプロレスへの恩返しですね。感慨深いこと
です。

109 :お前名無しだろ:01/10/17 20:28 ID:eSJ8LNAN
>>104
 85.2.5名古屋での試合ですね。藤波がレフリーのミスター高橋に気をと
られた隙をついての一撃での逆転勝利でした。
 翌日の大阪でも、藤波はホーガンと対戦しており、前日以上の攻勢を
見せてにもかかわらず、遮二無二になったホーガンに足を引っ張られて
両者リングアウトに終わっています。

110 :飛龍生ソーメン:01/10/17 20:34 ID:eSJ8LNAN
>>105
 そうですね、谷津がすでに2戦消化していたとはいえ、高田の奮闘に
谷津は防戦一方でした。もしやの金星を期待して、大いに興奮したの
ですが、格の差は突破できず…残念。

 この試合の市販ビデオは、エアチェック映像から作成していますね。そ
のために試合の1部がカットされていて、がっかりしたものです。テレビ局に
は残っていないんでしょうか。

111 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/17 21:40 ID:???
>>104 >>109
あの2連戦での藤波は強かった。
2.5では場外でホーガンの額を叩き割り(っつーか背後からのドロップキックで鉄柱にゴンッ!)エプロン上からそこへストンピングの嵐!
2.6のホーガンの額には痛々しいバンソーコーが・・・
容赦無くそこを攻め立てるドラゴン、あの時期、猪木だってあそこまで超人を追い込めなかったっスよォ!!
新日はあそこでエース交代すべきだった・・・

112 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/17 21:47 ID:???
ちなみにどちらもノン・タイトル戦だったっス

113 :飛龍生ソーメン:01/10/17 22:08 ID:dJc+VUnJ
 ネバーギブアップ発言とチャボ戦フィニッシュの動画。

http://www.asahi-net.or.jp/~ja3s-icmy/nevergiveup.mpg(2.55MB)
http://www.asahi-net.or.jp/~ja3s-icmy/781020.mpg(3.53MB)

114 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/17 22:30 ID:T/AEa1Bo
>113
生ソーメンさん! ありがとうございますっっ 超感激ですっっっ!!!

日本初公開のドラゴンスープレックス、カナディアンの首が直角に曲がってましたね。
チャボ戦のコブラ、チャボの太ももに落ちかかる藤波の鮮血もはっきり解ります!
そして「アイ・ネバー・ギブアップ!!!」・・・

どれも藤波激闘史における永遠の名シーンですね・・・感激です・・・

115 :K2:01/10/17 23:54 ID:Q0rOZnQA
>113
生ソーメンさんすご〜い!
きれいに見えますよ〜!

116 :お前名無しだろ:01/10/17 23:57 ID:???
なみはやドームでドラゴンがみせたよ!
タッチワーク!カットプレー。再現不可能な美しくハイキックでない延髄切り。
まだ頭に焼きついてるYO。

117 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/18 00:19 ID:???
>>113
今見るとネバーギブアップ発言って結構アッサリだったんスね。
もっと派手なアピールだったと思ってたけど・・・

でも、良いものを見せてイタダキました!!
生ソーメン氏、感謝っス!
>116
IWGP奪取試合っスね 観に行かれたんスか?
まずはベルト獲得オメデトウっスね!ドラゴン!!!

118 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/18 00:23 ID:???
>117
おっと『IWGPタッグ』でしたっス

119 :TRTR:01/10/18 01:51 ID:AAxGzwcY
5対5決戦ですが、あれはやはり「3人抜きはまずい」という配慮があったので
しょうかね?(猪木ですら国際軍に2人までだった)
浜口vs藤原戦でも、ジャンピングパイルで3入ってますしねぇ。
「あぶないあぶないアニマル浜口〜!」

120 :旧スレ1:01/10/18 15:07 ID:???
先ほどビデオ屋で「新日本プロレス ジュニア・ヘビー級列伝1」を借りてきました。
あとでゆっくりと鑑賞したいと思っています。もし前スレでガイシュツだったら
申し訳ありませんが、もしご覧になった方いらっしゃいましたらみどころなどを
教えていただけたらと思います。

121 :お前名無しだろ:01/10/18 15:56 ID:???
>>119
もちろんそれもあると思いますが、大将同士を純粋に一騎打ちさせるための
星のやりくりの結果、というのもあると思う。

122 :飛龍生ソーメン:01/10/18 17:40 ID:uNyYl5XK
 飛龍十番勝負第2戦のホーガンとの試合ですか、もしかしてアックス・
ンバー初公開なのでしょうか?
 どうも、古舘アナの実況を聞いているとそのように思うのですが、ご存じ
の方、おられますか?

123 :飛龍生ソーメン:01/10/18 17:51 ID:uNyYl5XK
>>114>>115>>117
 ふぅ。
 いや大変でした。

編集専用マシンM/B故障→病院送り
サブのキャプチャカード→相性問題で使用できず
USBキャプチャを使用→メインマシンでは、なぜか音が取り込めず

 仕方がないので、ノートパソコンにつないでキャプチャ。そこから、USB
リンクケーブルでメインマシンに移して、余分な部分をカット。このとき、主
に音声関係で問題がいろいろ発生。面倒な作業を経て、ようやく完成しま
した。

 2、3日で消しますので、お早めに。

124 :K2:01/10/18 20:49 ID:603kjenq
>122
テレビでは初だと思います。私もよくわかりませんが古舘アナが
「数日前にタイガー戸口が第一の犠牲者・・・」らしきことを
言っていたような・・・。

>123
数々の関門をかいくぐられた御様子。ホントにありがとうございます!

>120
アグアイヨめがけて飛ぶ超高速ドラゴンロケットは凄いですゾ!

125 :おつまみ納豆カレー味:01/10/18 22:00 ID:mCjzf8oH
みなさん、遅レスですみません。
ありがとうございました。やはりダブルヘッダーをやってましたね。

もう一つ印象深いのがワンマッチ興行。
藤波辰巳対木村健吾
この試合の前の週に藤波選手が本当に珍しくテレビに向かってアピールしたんですよね。
あそこまでテンションの高いドラゴンも初めてだった。
で、試合はむしろ「健吾やるじゃん」って印象が強かったのを覚えてます。
確か入場料は2000円だったかな??これって安いと思うけど。

126 :お前名無しだろ:01/10/18 22:09 ID:ogNmm2mt
藤波の名勝負は福岡ドームでの橋本戦。
ドラゴン死んだかと思った。
次は剛に負けた試合。
藤波には負けが似合う。

127 :回転足折固め:01/10/18 22:43 ID:ANgEQh7m
藤波ってプロレス大賞のMVPって取ったことありましたっけ?
長州戦、猪木戦、前田戦と年間最高試合は何度かとってますけど。
まあこのあたりが「相手を光らせる天才」と言われる所以なんでしょうけど。

128 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/18 23:16 ID:FMOv7n7u
>>120 旧スレ1さん
もう御鑑賞されたかも知れませんが、とりあえず・・・

とにかく随所で放たれるドロップキック!これが絶品!!
"弾丸のような"という形容がピッタリの素晴らしさですよ。

試合の方では、私的にはロスでのマンド・ゲレロ戦、メキシコでのレイ・メンドーサ戦が良かったですね。
ゲレロ戦はなかなかの好勝負、フィニッシュのジャーマン(勿論藤波の)も美しく決まっています。
"メキシコの鉄人"メンドーサ戦では、高速のダブルリスト・アーム・ソルトを見舞う所が必見かと・・・

藤波はこんなにも素晴らしい防衛戦を、海外でやっていたのですね。
鑑賞後の御感想なども是非、レスしてください。

129 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/18 23:30 ID:FMOv7n7u
>>123
生ソーメンさん、本当に御疲れ様でした。改めて感謝です。

130 :飛龍生ソーメン:01/10/18 23:35 ID:uNyYl5XK
>>125
 87.1.2と1.14の2試合に関して言えば、主役は木村の方だと思います。
 凶器入りとはいえ、ついに藤波をフォール。1.14もおっしゃるとおり大奮闘で
した。
 とはいえ、凶器をなぜ、リングに残していく!
 もうひとつ、敗戦の代償が「海外に出る!」は少しショボくないか?(^^;

>>126
 藤波の代表的名勝負は、悲壮感が漂っているものが多いですよね。
 チャボ戦しかり、猪木戦しかり、前田戦しかり、健介戦しかり。

131 :飛龍生ソーメン:01/10/18 23:35 ID:uNyYl5XK
>>127
 85年頃に1度取っています。3賞に関しては常連といってもいいほどで、東
スポ紙上でもこの点を指摘し、「藤波がいかにバランスのいいレスラーか分る」
と書かれていたことがあります。

歴代のプロレス大賞
http://www.sponichi.co.jp/battle/taishou/2000resule.html
http://homepage2.nifty.com/kenken-taiki/proresking.htm

 一覧してみると、初期はMVPを猪木に、ベストバウトは馬場に、という傾向が見
えますね。
 藤波のベストバウト受賞が2回、というのは少なすぎるような気もします。が、
このあたり、指摘されたような「コマーシャルな試合」の少なさゆえなのか……。
わたし自身は、2度の猪木戦は眞知が泣く藤波の試合だったと思うのですが……。
 それにしても、鶴田と天龍、ベストバウト取り過ぎ!

132 :回転足折固め:01/10/18 23:51 ID:uAxY/UCG
>>127
情報ありがとうございます。しかし藤波VS前田と長州VS鶴田を生で見れただけで、
大阪人としては幸せだったなあ。
>>130
木村はジェットセンターでユキーデに見初められて、ニールセンと新日襲撃を
たくらんでいたんですよね(藁。

133 :53:01/10/18 23:55 ID:bYG/ixyE
>96 飛龍原爆解禁!!!さん

>御覧になった橋本戦とは'94年のG1クライマックス・両国での試合でしょうか。
遅レスすみません。
その通りです。
緒戦のパワー戦は、逆一本背負いを切り返しての”飛龍逆さ押さえ込み”で勝利しましたが、その時痛めた腕が、馳戦、橋本戦へ尾を引いてしまいました。。。
確かにそこから、世代交代を身体で感じ、張りつめていたモノがほぐれていったのかもしれませんね。

>125 おつまみ納豆カレー味さん
ワンマッチ興行は会場に行かれたのですか?
私も観に行きました。
正確な入場料は記憶にありませんが、安かった事は確かですね。

あの試合は確か、藤波が健吾を逆エビ固めに捉え、
ロープに逃がさずに逆片エビ固めに移行しギブアップを奪ったのでしたよね。
力の入り具合がもの凄かった。

134 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/19 00:04 ID:???
>>122
週刊プロレス86年3/18号の『Weekly Memorandum Photo』でその日の事が取上げられているっス。
それに拠ると「アックスボンバーはこれが日本初公開」となっているっス。
確か当時は『ホーガン・ハンマー』とも呼ばれていたっスねー。

技の名前といえば、月刊『プロレス』82年10月号のマードックインタビューでこんなのがありましたっス。
その頃(新日移籍一年目)多用し始めた"カーフ・ブランディング"の呼び名について・・・
「カーフ〜というのはブルドッキングヘッドロックの事だから、プロシアン・ドロップかキャノン・ボールジャンプだろうな」

プロシアン〜は雑誌によっては使ってたスが、キャノン・ボールジャンプというのは使われた記憶が無いような・・・
スンマセンがこの呼び名がTV等で使用されたかどうか、御存知の方いましたらレスくださいっス・・・

135 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/19 00:13 ID:???
同インタビューでマードック先生、藤波についてはこう言っていましたっス

「フジナミなんてまだまだボーイだ。ただスピードはあるし油断のならない相手だ」

まだ藤波をグリーンボーイ扱い・・・?
御互い『プロレスの名人』と認め合うようになるのはもう少し先の事っスね・・・

136 :お前名無しだろ:01/10/19 00:48 ID:mUxyWX9w
>>132
 うらやましい…わたしの生観戦歴は遅く、91.5.31です。この興行も大阪城ホー
ルでした。藤波の20周年興行で、わたしが初めての生観戦を決意したのは、も
ちろん藤波の20周年を祝うためです。
「わたしが20周年に大阪を選んだのは、大阪が非常に好きだからです。それと
私事ですが、女房が大阪なんで」
 大阪での藤波の名勝負といえば、前田戦とチャボ戦。チャボ戦の舞台になった
寝屋川の体育館も今はない。

 長州VS鶴田は、近年「長州と鶴田の実力差を示す好例」のように言われてい
ますが、そのような味方はいささか短絡だと思います。
 鶴田ははじめから長期戦を狙っており、長州もそれに合わせた節がある。とな
れば、もとよりスタミナで勝り、かつロングマッチの経験が豊富な鶴田が有利な
のは当たり前。スタミナが切れるまでは、ほぼ互角か鶴田がやや有利程度だと思
います。
 また、仮に実力差を認めるにしても、スタミナ切れを押してジャーマンや延髄
斬りを出し、試合後もアピールを行って帰った長州に、意地とプロ意識において
感じるものがありました。

137 :飛龍生ソーメン=136:01/10/19 00:52 ID:mUxyWX9w
>>134>>135
 うーん、プロシアン・バックブリーカーという言い方は聞いたことがありま
すが、プロシアン・ドロップはしらないなあ。もちろんキャノン・ボールジャン
プも。

 後年、ゴングのインタビューで「フジナミはいい選手だが、技を受けすぎ
る。これを改めればもっと上に行けるだろう」といったコメントを呼んだ記
憶があります(残っているはずだが、見つからない…)。

138 :飛龍生ソーメン=136 :01/10/19 00:59 ID:mUxyWX9w
>>137
もちろんコメントはマードックのものです。

139 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/19 01:12 ID:???
>>137
レスどうもっス!
プロシアン・バックブリーカーは私も聴いたことあるっスが、「ドロップ」の方も週プロかビッグレスラーあたりで見た記憶がありまス。

このインタビューは先日、本を整理していて見つけたモノで、レスしたマードックの発言はほぼそのままっス。
本人がああ言っていたのに今では完全に『カーフ・ブランディング』になってしまいましたねえ。
まぁ、語感もイメージもテキサスっぽいし、ここまで定着したんスから、いいと思いまスが・・・

「技を受け過ぎる」・・・
うーん、ジュニアの時は寧ろ『攻め』のレスラーだったと思うんスが、ヘビー進出後は小さい体で試合を組み立てる為にああいうスタイルになったんじゃないでスかねー・・・
あと、猪木の"ポリスマン"としての役目もあったし・・・

140 :53:01/10/19 01:46 ID:Z5VaB3n1
>134 どーせオレは年寄りファンさっ!!さん
>137 飛龍生ソーメンさん
ゴールデンタイムで放送していた頃は、実況でどう呼ぶかによってかなり左右されるのではないでしょうか?
カーフ・ブランディングやラリアート=ラリアットやら。
実況にどう呼ばせるか、というのは、実況担当者がどこから学習しているかによりますが。

マードックにしてみれば、”自分は猪木のライバル”であって藤波より格上と意識していたと思います。
藤波自身もマードックを試合を通して学んだ師匠のように思っている部分があるようですね。
うろ覚えですみませんが、
藤波のインタビューでベイダーが藤波に対する気持ちの事を
「俺がマードックに対するような気持ちを持っているんじゃないか」
と語った事がありましたから。

141 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/19 02:05 ID:7dWlL+sk
>140
確かに藤波、そう語ってましたね。
しかし、マードックもS60年に出たプロレスアルバム「今こそ絶対藤波辰巳」内のインタビューで、

「彼(藤波)があんまりプロレスが上手いから、オレは彼のタイツを脱がして恥をかかせてやりたくなるのさ(笑)」

と云っていました。
これってこの頃にはマードック先生も、藤波を十ニ分に評価していたということですよね?

>134 137
キャノン・ボールジャンプ・・・私も聞いた憶え無いなァ・・・

142 :蛇次:01/10/19 03:30 ID:???
昔話、たのしいかぁ?
藤波の試合は単なるアトラクションなんだからよ!
な?原爆宣言

143 :お前名無しだろ:01/10/19 11:07 ID:lNPt9Jyj
マードックは藤原喜明からサブミッションの数々を盗んだことを
あけすけに話していました。既に歴戦の強者だった彼ですが新日本での戦い、ライバルたちがより彼を「深い」レスラーにした、
と思います。ま、'82年当時ならマードックには藤波はボーイですよ。風貌的にもね。

144 :お前名無しだろ:01/10/19 11:35 ID:???
個人的には前田との試合が印象深い。Uと試合するのを嫌がる選手が
多い中、真っ向から受けて立った藤波、男です。
歴代Jr.の中でも抜群にかっこいい体してましたね。
鶴田VS長州で鶴田が常にリングの真中にポジションを取ろうとしていたと
聞いて、鶴田(馬場)の奥深さを知ったっす。

145 :お前名無しだろ:01/10/19 12:31 ID:G4Z+28Ix
藤波は温泉で新技考案

 試合を欠場し、ひと足先に19日のIWGPタッグ王座の初防衛戦が行われる
大分・別府に入った。新日本関係者は「新必殺技もあるみたいで、温泉につかって
ゆっくり最終調整をしているようだ。技の名前は『飛龍血の池地獄』『湯布院』とか
いろいろ考えているみたい」と証言。挑戦者組の3冠王者・武藤敬司がひざ痛を
悪化させているのとは対照的に余裕。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/battle/oct/o20011018_50.htm

146 :お前名無しだろ:01/10/19 12:54 ID:AV2jJyuo
>145
話題ないんで相当句苦し紛れで記事かいたんだろうなあ・・・。

147 :お前名無しだろ:01/10/19 12:58 ID:3fYu/afp
>145
ド・・ドラゴ〜ン・・・・・

148 :お前名無しだろ:01/10/19 13:12 ID:???
>>142
このスレは、当時を知っているファンにとっては『昔話』というより『想い出話』という言い方の方がピッタリだと思う。
想い出話は楽しいモンだよ、だから過去の名勝負や出来事の特集をメディアも頻繁に組むんだYO
それもファンのニーズだから。

オイラもこのスレ好きだよ、(たま〜にカキコする) 懐かしいYO

149 :回転足折固め:01/10/19 14:29 ID:PUF76A9w
橋本にボコボコに蹴られながらIWGP奪取の後、アラブ(?)にTVロケ。
その合間にトレーニング。帰国してリターンマッチでまたボコボコ。
その後またTVロケ。殺人スケジュールだなあ(藁。

150 :お前名無しだろ:01/10/19 14:44 ID:???
>>145
報知って前も『武藤、ふぐ食べて満腹』みたいな記事書いてたからなぁ

www.yomiuri.co.jp/hochi/battle/oct/o20011001_20.htm

151 :お前名無しだろ:01/10/19 14:52 ID:???
今日の日刊スポーツのキリン・ラガービールの広告でメイン
で取り上げられてましたね>ドラゴン

道場の裏庭に穴を掘ってビールを冷やしていて、練習の後の一杯
が最高だったとか。

152 :148:01/10/19 18:42 ID:???
昔話ですまんが、ちょい質問させて。
今までも度々話題に上った《85.2月の対ホーガン2連戦》についてなんだが、発表された当初は5日の一戦だけ、しかも〈飛龍十番勝負の8戦目〉という事だったらしいけど、そうなんですかい?
もしそうなら、何ゆえ変更されたんでしょ?
知ってる方、スマソ教えて。

153 :お前名無しだろ:01/10/19 18:49 ID:poY4T6F9
>>145
「飛龍血の池地獄」…「オレが田上だ」に勝るとも劣らないネーミングだ!
やめろ!

154 :お前名無しだろ:01/10/19 19:00 ID:Env6MqS/
>>145
『湯布院』・・・なんて読むんだ?
「とうふいん」?

155 :K2:01/10/19 23:01 ID:KT1avptc
>152
その情報は初耳です。もしそうなら2/6はどんなカードだったか
というのも気になりますね。

156 :53:01/10/19 23:11 ID:grbB18is
>152=148さん
そういえばそうでした!
2連戦で片方だけ十番勝負に組み込む(または、8戦目、9戦目にする)のも不自然とは思いますが、
2連戦になったいきさつは判らないですね。

>153さん
いや、それを言うなら”劣るとも勝らない”かも・・・。

>154さん
「ゆふいん」ですね。

それにしてもやはり、ラーメン好きの私としては
「愛川欣也の探検レストラン」に出演したときに作っていた
ドラゴンスタミナラーメン(鰻要り)の味が気になるのです。

157 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/20 00:51 ID:MYl+h0Tq
>>152=148さん
私もそういう話だった憶えがあります。
当時の月刊ゴング(時期を考えると85年3月号かな?)にそれについての記事があった記憶が・・・

'85新春黄金シリーズの序盤に「飛龍十番勝負を復活させ、2.5名古屋ホーガン戦をその8番目とする」という発表が新日からなされ、スポーツ紙上で報道もされたが、ホーガンが一時帰国(シリーズ中盤を抜け、最後一週間に再来日)直前に、
「最終戦5日、6日の2連戦にしろ。一戦目で俺が認める闘い振りを藤波が見せたら、二戦目はWWFのタイトルを賭けてやる」
と新日に申し入れ、フロントも受諾した・・・

・・・確かこのような内容だったと思います。(すみません、そのゴングが今、手元に無いもので・・・まだ持ってるハズなんですが・・・)
しかし、これが事実なら、当時のビンスとホーガンはかなり新日サイドを舐めていたのでは?
マッチメイクに口を出し、藤波の"挑戦資格を試す"などと・・・
尚且つ、あれだけ善戦した藤波なのに6日の試合はノン・タイトル戦・・・
(まぁ、舐めた言動は他にも多々ありましたが)

より詳しく御存知の方、いらしたらレス御願いします。

158 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/20 01:55 ID:MYl+h0Tq
>156=53さん
「探検レストラン」かどうか覚えてませんが、'60.9.19猪木戦の次の日に愛川欣也の番組に出ていませんでしたっけ? 藤波。
ドラゴンスタミナラーメン・・・食べてみたい・・・

>150さん
『武藤、ふぐ食べて満腹』・・・いいなあ、報知。

159 :お前名無しだろ:01/10/20 11:42 ID:GyLvVEur
>>157
>>157
 2.5,2.6のメインはキングコング・バンディと猪木の2連戦ですね。
 で、セミが藤波とホーガン残れたまた2連戦。

 ホーガンの発言は2大2連戦をあおるアングルではないでしょうか?
 メインの方もボディスラム・マッチというギミックがありましたし。

160 :お前名無しだろ:01/10/20 15:40 ID:Ki2j2IrE
<新日本:大分大会>
◇19日◇大分・別府ビーコンプラザ◇観衆3500人

▽IWGPタッグ選手権試合60分1本
 西村修、藤波辰爾=勝ち(王者組)
  {24分12秒 足4の字固め}
 獣神サンダー・ライガー、武藤敬司=負け(挑戦者組)

161 :お前名無しだろ:01/10/20 15:47 ID:???
社長、、、
武藤から取っちゃたんですか、、、
やり過ぎですよ、、、

162 :お前名無しだろ:01/10/20 16:59 ID:1qIW8+v7
>>161
別府温泉の効用です。

163 :お前名無しだろ:01/10/20 17:49 ID:WQvTlsxk
>>134
私も月プロ発売当時にマードックのインタビューを読んで以来
TVを見るときはいつも気にしているんですが、実況においては
プロシアン・ドロップ、キャノン・ボールジャンプともに日本では
使われてはいないと思います。

しかしながら'69年に発行された『ぼくらプロレスファン』という本では
同技を「プロシアン・バックブリーカー」と解説し、
カーフ・ブランディングを「ブルドッギング・ヘッドロックのこと」
と説明しています。

また、かつて古館アナはその実況のなかで
「解説の桜井さんがカーフ・ブランディングと名付けてくださった
ディック・マードックのプロシアン・バックブリーカー!」
と発言したことがありました。

つまり、日プロでワルドー・フォン・エリックが使っていた時期から
マードックの新日登場までがプロシアン・バックブリーカーで、
それ以降が東スポ桜井康雄命名によるカーフ・ブランディング
ということになっているんだと思います。

桜井氏の勉強不足が招いた混乱といったところでしょうか?

164 :飛龍生ソーメン:01/10/20 18:56 ID:IAkI30JV
>>157
>>163
 昭和57年に出た「プロレス新必殺技」という本によれば、
かつてはドイツ出身のワルドー・フォンエリックが得意としていたのでプロ
シアン・バックブリーカー(ドイツ式背骨折り)と呼ばれていた。
 また、最近はマードックが多用しており、彼のイメージからカーフ・ブラン
ディングと呼ばれるようになった、とあります。

 マードック以降がこの呼び名であるのは、間違いなさそうです。

 桜井氏と言えば、「原爆固め」「ハイジャック・バックブリーカー」も氏の
命名、フィギュアー・フォー・レッグロックを「4の字固め」と訳したのも氏
だそうで、これらがすべて定着しているのを見ると、東スポのプロレス界
への影響力が感じられます。

165 :お前名無しだろ:01/10/20 21:19 ID:IAkI30JV
991.1.17 横浜文化体育館のベイダー戦を見た方はいますか?
わたし、見逃したんです。藤波-ベイダーのベストバウトだとiう話ですが…

166 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/21 00:03 ID:???
>>163 >>164
情報感謝っス!! そっか 桜井氏の命名だったスか・・・

ところで同時に進行していた《ホーガン2連戦について》でスが、>>157飛龍原爆さんが御読みになったというゴングS60.3月号、私持っていたっス!!
それによると十番勝負8戦目だったことも変更のいきさつも、ほぼ飛龍原爆さんのレス通りでシタ。
となると、>>155K2さんの仰るように当初の6日のカードが気になるっスが、それについては資料が無かったっス・・・

まぁでも、状況から考えて《猪木-ホーガン決着戦》が組まれていたのでは・・・そして藤波は初来日のバンディ戦。
しかし、
    『1 フロントとしてはIWGPまでこのカードは温存したかった』
    『2 ホーガン(または猪木)が対戦を渋った』
    『3 猪木-ホーガンでは人気が頭打ちだった』

・・・といういずれかの理由で変更されたのでは、と勝手に思った次第っス。
>>159さんの仰るホーガンの「盛り上げ策」も一理あるっスねー。

・・・ならタイトル賭けろっつーのっス!!! それでチケット売ったんスから・・・

167 :お前名無しだろ:01/10/21 00:59 ID:NpikSt72
>165
私見てますよ。確かにベストバウトと呼べる内容でした。
特に藤波ベイダー戦というとパワーで圧倒するベイダーをテクニックでかわし返し技で藤波とるか、というのが
パターンでしたがこの試合、藤波がフライングエルボーで形勢逆転してから場外乱闘でベイダーの目の辺りを
流血させた上に真っ向勝負で攻め込んで「強い」藤波を見せた、
という点で特筆物でした。

ご承知のようにこの試合、バックグラウンドが特別でしたからね。復帰後の藤波のベストバウト群から
忘れて欲しくないものです。

168 :TRTR:01/10/21 01:42 ID:lyddhyxN
>パターンでしたがこの試合、藤波がフライングエルボーで形勢逆転してから場外乱闘でベイダーの目の辺りを
>流血させた上に真っ向勝負で攻め込んで「強い」藤波を見せた、

 そういえば、一時期結構フライングエルボー使ってましたね。
 最初に見た時は「なぬ?そこは逆ラリアットじゃないんか?!」って混乱した
 記憶が・・・。(^^;
 そのうち使わなくなったって事は、あまり評判よくなかったんでしょうかね。

169 :旧スレ1:01/10/21 04:45 ID:???
>>124 K2さん、>>138 飛龍原爆解禁!!! さん
亀レスになってしまい大変申し訳ありません(^_^;)ゞ
レンタルしたはいいけれど、そのあと私的にはありえないほど忙しくなってしまい、
先ほどようやく鑑賞し終わりました。このあとに全体の感想及び個別の感想を分けて
書きたいと思いますが、かなりアルコール入っているので記憶と視界が霞んで…。
そんなわけで旧スレや過去レスでガイシュツでもご容赦ください(^_^;

170 :旧スレ1:01/10/21 04:49 ID:???
で、全体の感想なんですが…「か、か、かっちょええ〜!」
基本的にはこのヒトコトに尽きてしまうのですがそれではあまりにも能がないので。
● 別にいわゆる「昭和プロレス」崇拝、平成プロレス全否定派ではありませんが
 こうしてみてみるとひとつひとつの技の説得力が素晴らしいですね。藤波の技各種は
 もちろんのこと、剛竜馬のジャーマン、サイドS、ネックブリーカー、レイ・メンドーサの
 ブレーンバスターなど、平成プロレスでつなぎ技に成り下がってしまった数々の大技の
 凄みを再確認できたことは嬉しいです。
● ドラゴンレッグロールクラッチ・・・いいです!ジャーマンもDロケットもいいですが
 今回ビデオをみて一番良かったのがこれ。ぜひ西村あたりに後継してほしいものです。
● これもガイシュツかもしれませんが、私が藤波を好きな理由のひとつに、当時から現在に
 至るまでニーパットをつけないコスチューム、というのがあります。そのことに今回ビデオを
 みて改めて気付きました。

171 :旧スレ1:01/10/21 05:00 ID:???
●vsカルロス・ホセ・エストラーダ 戦
  記念すべきWWWFジュニア王座奪取試合&ドラゴンSH初公開!「ドラゴンSHはその場の思い
 つきだった」という藤波のコメントにもあらためてこの人すげぇ〜って思いました。
●vs剛竜馬 戦
  全体の感想でも書きましたが剛は素晴らしい選手でした(過去形ですが)。本多多聞のデッドエンド
 を彷彿させるジャーマンは見事の一言。ただし藤波自身が語っているとおり、猪木vsS・小林の代理
 戦争といった趣が強く、どこまでも凛々しく爽快な藤波に対してどこまでもクドくて暑苦しい剛という
 どうしようもないスター性の違い…(^_^; ただ強いだけでは一流にはなれても超一流にはなれないと
 いう世の無常を痛感させられたカードです。
  印象的だったのは藤波がテイクダウンを取るのにみせた、ドラスクの原型とも思えるムーヴ。相手の
 足を片手で掴み、もう片方の手をスイングして巻き込むドラスクに対し、この試合でみせたのは足を
 両手で抱え込んで自らが回転しながら相手を倒す形でした。

172 :旧スレ1:01/10/21 05:04 ID:???
●vsマンド・ゲレロ 戦
  飛龍原爆解禁!!! さんのおっしゃるとおりの好勝負でした。でもなにげに一番印象深いのは
 フィニッシュの藤波のジャーマンに対する実況の「ドラゴン飛龍!ドラゴン飛龍!」(笑)
●レイ・メンドーサ 戦
  このビデオに収録されている試合の中では初めてドラゴンロケットが登場、まさにロケット!
 藤波のプロレスの振幅の広さが実証されている試合だと思います。
  飛龍原爆解禁!!! さんご推薦のダブルリストアームソルトも美しい。私の中でこの技のbPの
 使い手は工藤めぐみだったりしたのですが再考ですね(笑)
  あと、藤波がみせた、座った相手に足をフックさせての(ストレッチプラムを連想すると分かり
 易い)腕固めはけっこうエグイと思いました。

173 :旧スレ1:01/10/21 05:06 ID:???
●vsペロ・アグレヨ 戦
  このスレではおなじみ(?)の、フィニッシュがドラゴンSHでギブアップという試合。藤波のエルボー
 スマッシュが新鮮♪福岡晶のぐるぐるパンチを彷彿させます・・・って私は別に女子プロヲタでは
 ありませんので、念のため(^_^;
  観客層も当時は背広姿のサラリーマンが難しい顔をしてリングサイドを陣取っているのが当たり前ですが、
 この試合から黄色い声援と悲鳴がひっきりなしに聞こえてきます。こうした新しいファン層を開拓したのも
 藤波の隠れた(?)功績だと思います。
  また、全篇を通してみられる華麗なドロップキックですが、この試合を境に形が変わっています。
 具体的には、この試合以前にはジャンプする際にやや斜めに跳んで蹴った反動で反転する形(今でいえば
 三沢型)でしたが、この試合以降は現在の正面跳び(豊田真奈美型)になっています。足の負傷との因果
 関係は不明ですが、もし詳しい方がいらっしゃればフォロー頂ければ幸いです。

174 :旧スレ1:01/10/21 05:11 ID:???
●vsエル・カネック 戦
  藤波の気性の激しさを垣間見れる1戦。マスク剥ぎの報復で痛めた足のシューズを
 脱がされ裸足で放った撃墜ドロップキックがフィニッシュ。負傷が痛々しいです。
●vsトニー・ロコ 戦
  記憶には全然ないので実質はじめて見たけど素晴らしいですねぇ>トニー・ロコ
 ハーフスタンディング式腹固めともいうべきメキシカンストレッチや、吊り天井の際に
 腕をとらずフックした両足に全体重をかけて前傾する拷問技など、私的には非常にみる
 べきものが多かった1戦でした。

175 :旧スレ1:01/10/21 05:14 ID:???
●vs剛竜馬 戦
  一瞬の逆さ押さえこみでまさかの王座転落する試合(2日後に奪回するが)。さきにも
 書きましたが、剛自身が「藤波はライバル」と公言するだけあって素晴らしいです。
  あと、剛との試合でみられるのは張り手合戦。私は思います。藤波の張り手というのは
 長州におけるストンピングと同様の意味で、最強の必殺技だなぁ、と。
●vs木村健吾 戦
  メキシコ帰り・白タイツの健吾兄さんとの試合。健吾兄さんのバックドロップ、卍固め、
 コブラツイストなどは実に切れ味抜群で「本当の猪木ムーヴ後継者はコイツじゃないのか」
 と当時こどもゴコロに感じたことを思い出しました。

え〜、以上です。長々とすいません&ご静読サンクスでした・・・ハァ、疲れた

176 :旧スレ1:01/10/21 05:19 ID:???
>>169の>138は>>128の間違いでした。
すいません&おやすみなさい…Zzzz

177 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/21 06:05 ID:wHlumwO/
>169〜176  旧スレ1さん
丁寧な観戦記、ご苦労様です。
仰る通り、藤波を始め、猪木、坂口、長州らはサポーター類を一切着けませんでしたね。
私もそこが好きでした。(別にサポーターが悪いとは思ってませんが)

ドラゴンレッグロールクラッチ・・・やはりいいですよねぇ。
この技にかけては藤波が世界一だったと私も思っています。

あと、剛は確かにクドくて暑苦しい・・・同感です。(嫌いじゃないですヨ)

178 :K2:01/10/21 13:04 ID:k4fUUzCx
>169〜176  旧スレ1さん
お疲れ様です!楽しく読ませて頂きました。
ジュニア藤波はカッコイイ!の一言ですよね。ヘビー藤波は
新鮮さや華やかこそ凱旋時より薄れたものの、ひとつひとつの
技を大事にする、ハートを感じさせてくれる最高の
レスラーです(私にとって)。

179 :飛龍生ソーメン:01/10/21 13:34 ID:FW0EIQWJ
>>165
 991.1.17のベイダー戦と言えば…、ゴングの三者三様で絶賛され、
「今年始まったばかりだけど、年末まで忘れないでおきたいね」との
コメントがありました。

 にもかかわかず、年末どころかそのときの前半期ベストバウトを挙
げるときにはもう忘れられていたという……(T_T)。

180 :お前名無しだろ:01/10/21 14:48 ID:zB6LPU11
>179
うーん、あれは「藤波史的」名勝負ですからね。みんなその辺で
絶賛したんでしょうがそういう視点ではNWA戦や20周年をとるでしょう、忙しい記者さんは。
私の記憶違いでなければ浜松の長州戦が割に厳しい評価だった分
ベイダー戦の評価が高くなったのでは?
負傷の引き金であり、武道館での試合が流れ藤波絶叫、という
因縁の相手でしたしね。

181 :飛龍生ソーメン:01/10/21 18:52 ID:FW0EIQWJ
>>169-176
 木村健吾との試合は、彼のベストバウトだと思います。
 藤波にとっても、ジュニア時代の試合ではチャボ戦に匹敵する名勝負
では? 少なくともわたしはそう思います。

 ドロップキックの話題はわたしも何度か振っているのですが、なぜか食
いつきが悪いです。
 わたしはプロレス技で1番好きなのはドロップキックで、いい一発が見れ
ると必ず巻き戻してスローで見直すほどです。
 藤波のドロップキックに関しては、残念ながらどんどん衰えていっていま
すね。当初は"正面跳びの側面蹴り前方受け身"というとてつもなく高度だ
ったものが…いまでは"正面跳びの尻受け身"になっている……。

182 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/21 19:55 ID:wHlumwO/
>181
エストラーダ戦やマンド戦で見せたドロップキックはまさにそれです。
『ドラゴンスープレックス』のレコードジャケがエストラーダ戦でのその写真でした。
(生ソーメンさん、旧スレでもドロップキックについて触れておられましたね)

空中で見事に"旋回"する様は後年トム・ジンクやダグ・ファーナスも見せてくれましたが、藤波は助走無しで至近距離から見舞ってましたからねぇ、凄かったです。
ヘビー級に移ってからも、"正面跳びの側面蹴り"は何度か見せてくれましたが、「キックの瞬間に相手から目が離れているのでつま先だけでの"チップ"が多くなった」という指摘が何かの本でありました。
それでも私は、S60年頃までは、他のレスラーに比べれば藤波はまだまだ一流の"ドロップキッカー"だったと思うのですが・・・

183 :53:01/10/22 00:47 ID:GdhgZTD+
旧スレ1さん
観戦記、ご苦労さまでした。
読み応えありました。

さて、ドロップキックは確かに変化しましたね。
何故変わったのか判らないのでレスにはなってませんが、
当初は猪木と同じ飛び方だったのに。
また、飛距離も矢の様に飛んでゆくものから徐々に
その場で迎撃するものに変化していったのは、ちょっと悲しかった。
長州戦では、正面飛びで自爆してサソリの餌食になってましたから。
木戸(旧UWF移籍以前)もドロップキックの名手と言われてましたね。
ドロップキックをうまく出来るというのはテクニシャンとしての指標になってたのかな?

184 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/22 01:47 ID:???
旧スレ1さん、私もさっき、『Jr.ヘビー列伝 1』借りてきて観たところっス!!
(置いてあるビデオ屋をやっと見つけたモンで・・・)

剛に見舞った藤波のスラップ(張り手)は強烈でしたっスね。
S54.10.2剛戦での藤波、コワかったっス。
ゴング前、握手すると見せかけて顔面に一撃!! 張り手合戦では打ち勝ったうえに天龍のような顔面キック!!!
よく、『藤波は"受け身"のレスラーだ』と云われるケド、決してそんな事は無いっスよ。
ここ一番(例えばS58.7.7長州戦)での喧嘩度胸、荒っぽさは超一流っス!!
その"凄み"をたま〜に垣間見せてくれるコトも、ドラゴンの魅力でスよね。

185 :お前名無しだろ:01/10/22 03:51 ID:jchgV5NH
ドロップキックですか。期間限定でよければ鶴藤長天てみんな
ある意味名手だったと思いません?あの天龍も細いころは
しなやかに跳んでいたような。長州が'89〜'91にときおり見せた
それはフォームの綺麗さでは日本人屈指でしたし、ジャンボの
若いころの異常な跳躍力と後年の破壊力はいわずもがな。
三銃士、健介、三沢、川田あたりまでの日本人エースはたいてい
ドロップキックでおおつ!というシーンがありましたよね。
この技がこれから淘汰されていくとしたら寂しいですね・・・

186 :飛龍生ソーメン:01/10/22 15:02 ID:lt79knyW
>>185
 ドロップキックは運動神経さえよければ、そこそこ華麗に蹴ることはできます。
その反面、意外な面子(すでに名前の挙がっている木戸など)に名手がいるのが
この技の面白いところですね。

 オールスター戦の藤波と鶴田、あるいはマスカラスも加えての合体ドロップキッ
クを見たことがありますか?
 両足踏み切りの藤波はフォームが美しく、片足踏み切りの鶴田は勢いと高さが
素晴らしい。

 ジュニア時代の藤波は、連射の早さも素晴らしかったですが……

 近年、空中殺法は高度化の一方ですが、基本技のドロップキックに名手が減っ
てきているのは寂しい限り。

187 :おつまみ納豆カレー味:01/10/22 19:54 ID:flpt/igY
話がそれてしまって何ですが、ドロップキックが「美しい」と思ったのは
ダグファーナスのそれを見た時でした。
全盛期の藤波とカンナムの試合とか見てみたかったなぁ・・・

188 :152:01/10/22 22:35 ID:???
遅レス スマソ!!
皆サン、「ホーガン2連戦」についての情報どーも!!!

ドロップキック・・・オイラが「巧いっ!」と思ったのは、ジム・ブランゼルとトム・ジンクかな。
185さんの云うように、鶴藤長天も上手かった。
あまり目立たないけど、長州の一撃はなかなかのもの。
鶴龍との抗争期、谷津とのタッグで見せたダブルドロップキックは見事だった。
相手をロープに振り、二人してダッシュ! 「谷津 飛べーっ!!!」の叫びと共に宙に舞う長州・・・
うーん、懐かしい・・・

おっと、藤波スレだったな、ココは、スマソ。

そういえば藤波の"延髄斬り"って飛ぶタイミングや踏み切り方なんかが、ドロップキックと同じに思えるんだが、どう?
やはり延髄斬りはジャンプの前に猪木のような"ため"があった方がカコイイ気がするのだが・・・

189 :K2:01/10/22 23:43 ID:XkeXVqns
>184
年寄りファンさんも「ジュニア列伝」ご覧になりましたか!
剛に負けた試合後は頭からタオルをかぶり 控室でずっと
動かなかったらしいですね。

関係ないけどジュニアの藤波は随分背が高く見えますよね。
「ジュニア列伝 2」も是非見て下さい!

>186
鶴田、マスカラスとの合体ドロップキックは名場面でしたね〜。
鶴田の片足踏み切りの方が 相手に楽に体重を乗せられる感じが
します。藤波の両足踏み切りは自爆した時、観客にわかりやすい
というという点まで考慮してるのかしら?
「合体」と言えば、初代タイガーと決めたブッチャーへの一発が
印象深いです。

>188
延髄は誰も猪木にかないませんね!
飛び方、両手の広げ方など芸術的。

190 :お前名無しだろ:01/10/23 04:04 ID:???
>>179
返事遅れましたが、ありがとうございます。
リターンマッチは見ているのですが・・・

リターンマッチでは試合後、が印象的でした。
控え室で、両手を広げ満面の笑みを浮かべて藤波を待ち受ける長州・・・
これを見たときは最高のライバルが最高の友へ、というドラマを感じて感動しました。

191 :飛龍生ソーメン:01/10/23 04:21 ID:???
>>189
 新日出身の選手は両足踏み切りが多く、全日出身の選手は片足踏み切りの方が一般的ですね。
 最初のコーチのやり方、考え方が伝統として続いているのかもしれませんが、

 鶴田は、「スープレックスは遠くまで見えるように、大きく弧を描いて投げ
ろ」とファンクスに教わっています。
 馳も新人時代、「お客さんはこんなところからも見ているんだぞ」と、馬
場に会場の一番遠い席まで連れて行かれて言われたそうです。

 全日は、大きくダイナミックに飛ぶことを重視しているのではないでしょ
うか?

 ただ、やってみるとわかりますが、素人の身には片足踏み切りの方が
楽です。日常的に利き足で踏ん張る癖がついているので、両足踏み切り
は難しい。そういえば長州は片足踏み切りだったような……。

192 :飛龍生ソーメン:01/10/23 16:29 ID:???
>>188
 うーん、それを言うなら猪木の延髄斬りも、彼の背面式ドロップキック
と同じ踏み切り方、タイミングのような気がします。

193 :K2:01/10/23 16:32 ID:oXBGWBCg
>191
長州は片足ですね。気合いもろとも勢い良くぶちかましてます。

2chで「流血はほとんどセルフカット・・・」というネタが以前
ありましたが、チャボ戦のロケット自爆→超大流血 は本物です
よね? 本物であって欲しい! 試合が進むにつれ顔中真っ赤に
なっていくあの出方は尋常じゃなかった。
運び込まれた病院でかおり夫人と知り合ったんでしたっけ?

194 :回転足折固め:01/10/23 16:47 ID:SubqpA0O
昔大阪の某スーパーマーケットでかおり夫人を拝見したことがあります。
実家の方があちらにあるんでしたっけ?>堺市。

195 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/23 17:12 ID:re8BeoS4
>192
そうですね。
猪木は延髄もドロップキックも"溜めて"ジャンプしますし、対して藤波はどちらも瞬間的に"ヒラリッ"といった感じで飛ぶんですよね。
飛び方に関しては個人の感覚差もあるでしょう。
見た目に藤波の延髄の方が"軽く"見える(私的にですが)のは、それだけ彼が軽快に跳ぶからなのでしょうね。

ブロディ戦で放った延髄5連発は凄かったです。
4発は耐えた超獣も5発目には堪らずダウン!!
威力は決して猪木にも劣っていなかったと思いますよ。
>193
かおりさんはあの試合を観て藤波のファンになったんでしたっけ?
詳細は忘れましたが昔、どこかで連載されていた「藤波辰巳物語」みたいな物でそのことを読んだ覚えがあります。
確かにチャボ戦絡みでしたよ。

196 :飛龍生ソーメン:01/10/23 19:32 ID:KQUmiKfC
>>193
 どうなんでしょう、あのカメラワークではよく分からないですね。

 前田戦での流血は間違いなく本当でしょう。前田がコーナーから離れ
た直後、もう流血していましたね。あれだけ素早く切れる選手は、テリー・
ファンクぐらいのものです(笑)。ミスター高橋が直前に近寄ったわけでも
ありませんし、不自然な部分は見あたりません。
 そもそも目の上なんて危ない部分を、わざと切るとは思えません。

 かおり夫人とのなれそめは、またドラゴン年表にお願いしましょう。
ttp://www.373.com/dragon/dainennpyou/1978.html

>>194
 かおり夫人の実家は、寝屋川だったような気がします。

197 :立浪富士見:01/10/23 22:37 ID:???
マッチョドラゴン
http://www.nurs.or.jp/~go5628/c3b_op.mpeg

198 :飛龍生ソーメン:01/10/23 22:42 ID:mPD1/Par

精神的ブラクラです。

199 :0とは:01/10/23 23:39 ID:???
>197
はあなたの耳を破壊します。

200 :0とは:01/10/23 23:40 ID:???
200!

201 :藤波の技はかっこいい:01/10/24 08:55 ID:???
2001年1月4日の東京ドーム大会で観客を
暴動寸前にまで追い込んでしまった脅威の新技「ドラゴン○○○○」ってなんです?
誰もこの先を知らないんです。気になってしょうがないです。
藤波ファンのみなさん、この無知な男に愛に手を。

202 :回転足折固め:01/10/24 09:41 ID:uWTLcWUj
>>196
寝屋川でしたか。超私的な質問に丁寧にお答えいただきありがとうございます。

203 :お前名無しだろ:01/10/24 12:40 ID:INQOaZuJ
>>201
必殺技「ドラゴンストップ」です。
その後のリングでのマイクがすごい。
興奮気味に何かをいっているのだが、何しろ一単語も、
いや一文字も聞き取れない。

204 :お前名無しだろ:01/10/24 12:46 ID:52r8/w4+
技のうまいレスラーとしては一流だが
社長業としゃべりは3流以下
親日は猪木、永島、長州が動かしている
社長はお飾り

205 :お前名無しだろ:01/10/24 14:01 ID:0H+CruRu
新日の人事が間違い、というより汚い。
社長を隠れみのにしてウラで動いてるヤツ出て来いよ。

206 :お前名無しだろ:01/10/24 14:34 ID:+OjvNjHc
>201
あんたどっかで見たねえ。

207 :お前名無しだろ:01/10/24 15:34 ID:YIs5Y60a
三冠とるつもりらしい。
かんべんして。

208 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/24 15:54 ID:???
>207
いやっ ここまできたら三冠も獲って欲しいっスねーっ!!!
まだまだ47歳!! 今の藤波の歳にL・テーズはB・ロジャースからNWAを奪取して6度目(第44代)のチャンピオンになっているっスよ。
藤波っ!!! 頑張れっス!!!!

209 :藤波の技はかっこいい:01/10/24 16:30 ID:???
>>195
 猪木の延髄斬りは、日本刀のそれも居合い抜き、藤波はフェンシング、
天龍はナタの1撃、という感じかな。

 鶴田は青龍刀、長州は蛮刀か(やや苦しい)。

210 :ドラゴン・マスター:01/10/24 16:42 ID:Q6+Uyuyl
それにしても、一体いつ頃からタッツァンとバカにされる風潮になったの??
ジュニアの頃の細身にボインな肉体が見てて恥ずかしかったから?
よく分からん「ドラゴン・ボンバーズ」あたりかな?
控え室でなぜか前髪をちょっと切りながらアントンに詰め寄ったときから?
やっぱジャン鶴が引退する時の藤波批判からかな??

211 :飛龍生ソーメン:01/10/24 18:18 ID:???
>>210
 「辰っあん」は昔から、悪意のないあだ名としてあだ名で呼ばれていまし
たが……

 結局は積もり積もって、でしょう。
 でも直接のきっかけはやはりドラゴン・ボンバーズかな。藤波の優柔不断
有言不実行招いたこととと片づけるのは簡単だけど、あれは運も悪かった。

 鳴り物入りで入門した南海龍(あ、そういえばこの人も「龍」だ)ともう1人
(名前忘れた)がものになりませんでしたからね。
 自分の欠場中に、長州が着々と実権を握りつつあるのを見て、何とか自
分の居場所を作ろうとした結果のアイデアだったと思うのですが…。

 メンバーはあと誰でしたっけ?
 ライガー、越中、ブラックキャット?

212 :ドラゴン・マスター:01/10/24 18:36 ID:Q6+Uyuyl
>>211
すいません間違えです。「タッツァンと」じゃなくて「タッツァンて」でした。
ちなみに南海龍と一緒に入ったのは高見洲(たかみくに)とかいう、
190`ぐらいの巨漢元力士だったかな。

それにしても紙プロあたりでのバカにされ方はヒドいよね。
「まだらドラゴン」「こんにゃくドラゴン」とか書かれちゃって。
猪木、蝶野、橋本、オーちゃんあたりにもバカにされまくりだし。
やっぱ鶴さん引退時の発言・・・・
「藤波は戦えないと分かっているのに散々、名前出されて迷惑だった。
オレが逃げてるみたいな印象植え付けられちゃって・・・
どうせだったら前田とやりたかったよっ」
って発言は、けっこうショッキング。
晩年は鶴田の異常な強さが認められて、潔い引退もファンの好感度アップされてたしね。

213 :お前名無しだろ:01/10/24 18:58 ID:8kc9VNUF
あと飯塚もいましたね。ボンバーズ。吉田豪あたりは藤波好きの裏返し(?)で藤波をいじってるけど、他の面子はただ馬鹿にしてるだけって感じですね。

214 :K2:01/10/24 19:12 ID:17vpGrTY
>212
紙プロは「学生が書いてんのか?」という程低レベル。
まともな情報誌とは思えない。

鶴田の潔い引退も プロレスに対する情熱の差 という気がします。

しかし 藤波の優柔不断さは周りを混乱させることも事実。
今はつらい時期ですが、時が経てば鶴田のように見直される部分が
必ず出てくると思います。人格でみればダントツなんですから。

あっ、ここはレスラー藤波を語るスレですよね。

215 :飛龍生ソーメン:01/10/24 20:07 ID:zP4vcDPJ
>>212>>213
 ドラゴン・ボンバーズは1度自主興行もやっていたような気が。確か相手
はブロンド・アウトローズ。

 唯一越中だけが、正式に離脱表明していましたね。「今の藤波さんから
は何がやりたいのか見えてこない」と。現在、越中が長州派なのはこのと
きの不信感が端を発しているのか……。
 橋本は社長としてはともかく、選手としてあるいは人間としては、藤波に
親愛の情や尊敬の念があるように思います。

>>214
 紙プロ、特に吉田豪の記事はとにかく恣意的で、作為的な部分引用、誇
張歪曲が目立ちます。話半分に受け取るべきですね。

>あっ、ここはレスラー藤波を語るスレですよね。

 一応、スレを立てた人間としましては>>1に「藤波のすばらしさと、藤波を
通して古き良き時代を語ろう! 」とある通り、藤波に(無理矢理でも)絡めれ
れば、ほかの話題もOKだと思っています。

216 :飛龍原爆解禁!!!:01/10/24 20:11 ID:w8uaHCV1
>209
成る程、面白い例えですね。

>211, 213
野上は入っていませんでしたっけ? ボンバーズ。

>212, 214
まぁ、昔は藤波が一番プロレスのことを考え、鶴田はプロレスへの愛情が希薄、みたいな言い方されていましたしねぇ。
サラリーマンレスラーとか、安定志向だとか・・・
私は鶴田も好きだったので結構、辛かった。
だから晩年(という程でもないけど)の再評価は素直に嬉しいですが、それに絡めて、藤波の評価を貶める輩も出て来たのはちょっと・・・
(これについては、旧スレで生ソーメンさんも触れておられましたね)
それらの中には、かって鶴田を批判していたファンやマスコミも多数含まれているのでしょうが・・・

藤波がプロレスサミットや越境対決を提唱していた時も、"鶴田は消極的"みたいな印象をマスコミが煽って、彼にしてみれば迷惑だったのでしょうねぇ・・・
(藤波のせいじゃないけど)
亡くなる前に藤波宛てに友好的なFAXが届いたそうですが、嬉しかったですね・・・

217 :お前名無しだろ:01/10/24 20:50 ID:???
紙プロは他者を貶める事でしか紙面を成り立たせる事が出来ない、
駄目すぎる雑誌。
ライターの記事、レスラーなどへのインタビュー時、座談会もどき等。
特に座談会もどきは酷すぎる。同人誌レベル。

218 :飛龍生ソーメン:01/10/24 22:53 ID:zP4vcDPJ
>>216
 藤波は「長州はプロレスに就職してきた男。自分はプロレスにあこがれ
て入ってきた」という発言をしたことがありました。実際、長州はプロレスを
「マンガ」と呼んで馬鹿にしていた時期があったとか。
 天龍も「長州に出会うまでは、プロレスに身が入らなかった」と告白していま
す。
 言ってみれば、藤波以外は全員サラリーマンだったわけです。

 もっとも、プロレスに目覚めてからの長州、天龍は、サラリーマンはサラ
リーマンでも「モーレツ・サラリーマン」(死語?)だったと思います。プロレ
スへに愛情では負けていても、プロ意識ではこの二人の方が上でしょう
(二人とも1度は団体を起こしている以上、もはやサラリーマンではない?)

 鶴田は有り余る才能に恵まれながら、必要以上に欲を出さず悠々自適
の人生を送ったあたり、マードックにも通ずるものがありますね。

 わたしものんびりした性格なので、どちらの人生を選ぶかと言われれば、
鶴田やマードックのような人生を送りたい。ただどのタイプが1番人を引き
つけるかと言えば、長州、天龍でしょう。

219 :飛龍生ソーメン:01/10/24 22:53 ID:zP4vcDPJ
>>216
>亡くなる前に藤波宛てに友好的なFAXが届いたそうですが、嬉しかったですね・・・

 一時はさんざん言われておきながら、FAXをもらって素直に喜び当たり
、藤波の人の良さがうかがえてほほえましいです。

220 :飛龍生ソーメン:01/10/24 23:40 ID:zP4vcDPJ
>>208
 10.28福岡国際センターのIWGPタッグ防衛戦が世界タッグとの2冠戦
に決定したようですね。

 勝つか!?
 負けるか!?
 引き分けか!?

 まずタッグ取りで、3冠に挑む展開を希望。

221 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/25 01:30 ID:???
>220
現在の世界タッグ王者は武藤&ケアだったっスかね?
うーむ・・・実力的には、五分ってトコっスか・・・
どちらが勝つにせよ、いい試合を期待するっス!

しかし・・・あのモスマンがここまで来るとは・・・涙っスねぇ・・・

222 :お前名無しだろ:01/10/25 10:16 ID:iEmmixOy
藤波は今のところ好きだが三冠に挑戦したら本気で軽蔑する。
どう考えても職権濫用じゃない。三沢や小橋らが築いてきた
歴史への冒涜。自分が若いころ磨いた「インタ」や「UN」に対する思い入れがあるなら今の全日本ファンの「三冠」への思いも
汲み取るべき。それにしても何で藤波や長州という名前が
マスコミで公然と語られているのに全日本のレスラーは怒りを
表明しないのか。とにかく王者が自分にとって都合のいい
レスラーだからってあんまりはしゃぐな、みっともない。

223 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/25 15:32 ID:???
>222
気持ちはわかります。
藤波の日プロ入門がS45年、その時、エース馬場はインター王者、一年後に猪木がUN奪取、
仰るように藤波は2つのベルトを若き日に間近に見、触れてもいるでしょう。
三沢や小橋、川田、ハンセンらの激闘は私も憶えています。

しかし、三冠の歴史を築いたのは三沢らだけではありません。
その前の『PWF』『インター』『UN』・・・B・Iは別にしても、鶴田、天龍、長州といった、藤波と同世代のライバルがそれぞれ王者として凌ぎを削った(実際ベルトを一本ずつ保持して同時期3人が王者だった時もあった)歴史もあるのです。
それらのベルトにあの頃、一人新日を守って孤独な闘いを続けていた藤波が挑戦するとしたら・・・
『俺達の時代』を憶えているファンにとってそれはある種の"感慨"もあるのでは・・・?
私はそう思うのですが。

尤も、本当に挑戦するかどうかは判りませんよね。
マスコミ向けのリップサービスでしょう、やっぱり・・・

224 :どーせオレは年寄りファンさっ!!:01/10/25 15:38 ID:???
>223
・・・と思う次第っス・・・
話題がシリアスなんで文章カタくなっちまったっスね・・・
長レス、正直スマンっス。

225 :ドラゴン・マスター:01/10/25 16:22 ID:+qeudah+
>>223さん
ちょっと前に「引退カウントダウン」とか言ってた選手が挑戦なんてすべきじゃない、
って>>222さんは言いたいんでしょう。

まぁその「引退カウントダウン」自体が大きく騒がれることも無かったんですが。
曖昧な姿勢で「引退撤回」だとか「全日出る」「三沢とやる」とか一連のカード変更・・・
その辺のコンニャクぶり(紙プロと同じ書き方スマン)がファン離れを起こしてますね。

226 :お前名無しだろ:01/10/25 22:52 ID:QqWfJALB
>217
「タカコ・パニック」事件は醜いの一言だった。

227 :お前名無しだろ:01/10/26 01:19 ID:???
>>226
なにそれ?

228 :お前名無しだろ:01/10/26 01:32 ID:???
西村修が藤波さんを踏襲しようとしている感があるが、
西村には無理な気がする。
同じ無我でも、また違う気がするね。
西村も好きだけどさ。
だけど、ムーンサルトとか、もっと違う技を出した方が
いいんじゃないの?
昭和も結構だけどさ、平成も悪くないと思うよ。

229 :K2:01/10/26 11:05 ID:RgMZAL/X
>222、223、225
この件に関して何かコメントしようと考えていたんですが・・・
難しい問題ですねえ。どれが正解というのはないと思いますので
私も個人的な意見を言えば、藤波がコンディションに自信を持てるなら
見たいです。歴代の選手権に負けず劣らず、かつ藤波にしか出せない
醍醐味を平成ファンに提供出来るなら是非やって欲しい。
藤波がんばれ〜!

>226
それ教えて下さい。

230 :お前名無しだろ:01/10/26 11:41 ID:WmujMYrq
藤波の張り手はかっこいい

231 :お前名無しだろ:01/10/26 19:17 ID:sNztClIB
>229
「タカコ・パニック」事件

「タカコ・パニック」は井上貴子ファンクラブの名称。
ここがここが会報誌上で、「嫌いなプロレスマスコミ・関係者」のアンケートを行った。
その結果、週プロの面々が上位に入ることになった。
これを紙プロがいつもの調子で、おもしろおかしく紹介。業界的にはまずい暴露話も
記事には含まれていた。
それを読んだヤスカクが激怒。村浜選手に「よけいなことを言うな」と、電話で圧力を
かけたり、訴訟うんぬんまで話は進んだり・・・。

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)